2018年7月19日 (木)

ブロック塀の怖さ

Img_2550
今回の大阪の地震ではブロック塀が倒れ、幼い命が失われました。

朝、いつも通り自宅を出て間もなく校門だという所で、まさかプール脇の塀の下敷きになるなど誰も想像出来ず、その状況を考えると胸が痛くなります。

建築に携わる身としては、一言でブロック塀は危険としか言えず、鉄筋を入れようが支えを取ろうが、積み上げたブロック塀は大地震で必ず倒れます。

実際にブロック塀を立て、配筋を入れたり、モルタルを詰めたりする状況を眼前で見ていても”倒れるだろうな”と常に思っていました。構造上無理なのです。

ブロック塀はせいぜい1mまでにして、上部遮蔽はアルミパネル等で倒れても被害を最小限にするしか有りません。現行の建築基準法では厚さ10cm以上のブロックで、2mまでの高さに制限されていますが、2mの軽量ブロックであろうと下敷きになったら生死のほどはわからず、非常に危険ですね。

そもそもブロックの基礎はフーチン状になっておらず、ただ土間を突き固めた上にモルタルを敷いているだけのなんちゃって基礎なので、配筋がしっかり組まれていれば猶更、バタンとそのまま倒れます。

ブロック塀も大谷石の塀も兎に角危険なので、出来る限り近寄らないようにしましょう。

Img_2552
時折通る道で最も危険なのがこのブロック。12段積まれているので高さは2.4m超過ですが、既に割れてたわみ、道路にはらんできています。

出来る限りこの道は通りたくないのですが、近道なのでついつい通ってしまいますが、このブロック塀から最大限離れて通っています。

Img_2554
ここは都心の一等地なのですが、お風呂屋さんが廃業したまま放置されており異様な雰囲気です。

この塔屋も僅かな鉄骨で支えられているだけなので、震度6弱であれば間違いなく倒れるでしょう。近隣からは相当苦情が入っているものと思われますが、行政が何もせず放置する状況が俄かに信じられません。

こちらは廃屋ですが、一般住居も空き家率は既に15%とも言われており今後益々増加して行きます。不動産はすっかり負動産となっており、仕事柄怒られそうですが持たない方が賢明だと個人的に思っています。

話が逸れましたが、日々通る道や避難経路に危険な塀や家屋が無いか事前に検証しておく事も、重要な防災だと思います。

2018年7月18日 (水)

JAL プレミアムエコノミー

20170127004745
昨年の夏休みは何処にも行かずに終わったため、今年は何処かへ行こうという機運になり、突然行き先を探す事になりました。

子供達も大きくなり、恐らく家族揃って旅行に行けるのもこれが最後だろうという事が最大の要因なのですが、何だか寂しいですね。

01387q3a9353
手軽に行けるハワイが第一候補となりましたが、ハワイは時期を選べは破格値で行けるので敢えて今回の候補からは除外。

スカッと晴れ渡る空や、あの空気感は捨てがたいのですが我慢我慢。

候補として家族から自由闊達な意見をもらうと、イタリアやフランス等も候補に上がりましたが、いかんせん搭乗時間が長過ぎるので、エコノミーではなくビジネスありきになると、一人50万超過となり検討するまでも無く予算の都合で却下。

何とか予算内で行ける場所を検討すると、前回NYと比較検討したオーストラリアが再浮上。

しかし広大なオーストラリアは、ケアンズ、シドニーで随分と気温も異なります。日本からはケアンズ、シドニー、ゴールドコースト、メルボルンに就航路線あり。

オーストラリアは南半球なので日本とは逆に冬なのですが、訪れる8月末としては日本の春頃の気温。

南半球に行った事がこれまで一度も無く、時差は意外にも1時間しかないという興味も手伝いオーストラリアに決定。

201602_07
しかし、最も行ってみたかったケアンズは日本の航空会社は就航しておらず、JETSTARのみ。7時間半ほどなのでJETSTARでも良かったのですが、もう一つの問題は気温。

やはり温暖なケアンズも8月末はまだ若干寒い時期で、18度~26度ほどなのでグレイトバリアリーフで泳ぐような気温でもなし。

散々あれやこれや考えているうちに嫌になってしまい、総合的に考えてシドニーに決定。

Shutterstock_62789941
漸く決定したシドニーで予約を入れようとWEBを調べると、いずれも”予約受付終了”という追い打ちをかけるような悲しい表示。またしても行動が遅かった事を反省。

ダメもとでHISに電話を入れて調べていただくと、満席でしたがツアー用の座席は満席だが、ビジネスはまだ6席余っているとの事。

価格を尋ねると往復航空券だけで一人¥322,000。航空券だけで破綻なので丁重にお礼を申し上げて終了。

しかし、プレミアムエコノミーなるものが確か有った筈と思い、再度電話を入れて調べていただくと、こちらの価格は一人¥218,000でありビジネスより¥104,000も安い。

これなら何とかなると窓際の2席を2ヶ所押さえてもらいました。

電話だと座席の位置や発着時間など、色々相談できるので有難いですね。

11
届いたメールで支払いを済ませてからJALのHPを調べると、プレミアムエコノミーとはこんな感じのシートでした。

ビジネスの様にフルフラットにはなりませんが、僅か7時間強のフライトなので、エコノミーより足元が広く、深くリクライニング出来るこのシートで十分でしょう。

何よりさくらラウンジが利用できるところが最高ですね。

何度も暗礁に乗り上げて諦めかかった今回の夏旅行の計画はこれにて終了。後は旅行に行くまでがむしゃらに働くだけ。必然的に仕事に熱が入りそうです。

2018年7月17日 (火)

新型ジムニーシエラ 試乗

Img_2757
購入後の試乗記ですが、様々な方が情報発信されているので私は簡単に。

何度か通りかかって目にしていた、お世話になっているディーラーの店頭にはジムニーAT、ジムニーMT、ジムニーシエラATの3種の試乗車が用意されていました。

現車も見ずにジムニーを購入せざるを得なかった4年前とは雲泥の差。

MTにも乗車すべきなのですが、面倒なのでシエラATのみ試乗させていただきました。

Img_2749
走り出して10mほど走って僅かな段差を超えたのですが、これだけでボディの剛性が向上していることが分かりました。

15インチでタイヤが厚い事と、シエラはトレッドが広いのでショックの吸収が若干早いのかもしれませんが、その後の試乗で段差を超える度に、やはり剛性は高くなっていると分かりました。

カタログを見るとラダーフレームを3ヶ所のクロスメンバーで補強してあるので、フレームのねじれが極めて抑えられているわけです。

JB23に乗っている身としてはこの違いは歴然。

Img_2748
唯一残念だったのは荷室が殆ど無くなっている事。

座席の居住性を確保するためにセットバックしているのですが、ここまで狭いと何も積めず、日常遣いとしては少々困ります。

但し、シートを倒せば左右のホイールハウジングが無くなっている分も含め、逆に積載量は増えており、倒したシートも現行車と違ってフルフラットになるので、片側だけでも倒しておけば新型の方が使い勝手は向上かも。

困るのは4名乗車で荷物を積むシーンだけなので、4人乗車想定の場合は潔くルーフボックスを取り付けた方が賢明でしょう。

Img_2763
ジムニーとシエラを比較するとボディは同一なので、単純に前後バンパーの出幅とオーバーフェンダーの違いのみ。

バンパー自体の強度はほぼ同一だと思われますが、衝撃を吸収する奥行きが異なるシエラが世界基準という事を踏まえれば安全性の違いは言わずもがな。

Img_2776
インテリアは小ざっぱりしていて少々寂しい位ですが、そのうち賑やかなアフターパーツが登場するでしょう。

エアコンやスイッチなどの操作系は大きく武骨なデザインであり、グローブをしていても使い易い様に設計されていると説明を受けても日本人にはピンときませんが、世界で愛されているジムニーが酷寒の地での用途も想定していると言われれば理解出来ます。

Img_2782
ロードスターと同様に覗かないと分からないような部位に、セイフティー解除機能ボタン等が有り。

理論上、リフトアップすると自動ブレーキはお飾りとなってしまいますが、そのうち何処かの企業が対策品を出して欲しいと望みますが、車両購入時に「自動ブレーキは万全ではなくメーカーはその責任を負わない」とする文書に署名させられるほど重要な自動ブレーキですから、ここへ社外メーカーがリスクを負ってまで介入する事は無いでしょうね。

Img_2787
シートは平凡で非常に残念。Xアドベンチャーの様に合皮で良いので、オプションで質感の高いシートをオプション設定しておいてもらいたかったですね。

新車販売効果が一巡したら、お決まりの特別仕様車扱いで登場ですが。

Img_2780
男は黙ってMT車。運転するのは家内ですが。

JB23Wよりもシフトブーツがごつく大きく、シフトレバー自体も異常に長い気がしますがJBもノーマルはこんな具合だったでしょうか。

現在愛用しているMOMOのシフトノブを転用したかったのですが、長さが足りないかもしれません。

Img_2777
メーターはベル&ロスの如く、飛行機の計器類の様で好印象。欲を言えばもう少し色遣いに派手さが欲しい所。

スクエアのケースにベルロスの如く、四方をビスで固定した形状のステンレスカバーをアフターパーツで販売してください。ボディと同色のカバーでも可愛いかもしれません。

革巻きハンドルは若干細い印象を受けるのですが、これもAPIOさんが交換用ハンドルを販売してくれるので交換ですね。

クルーズコントロールは無いより有った方が良いのですが、設定速度上限は100km設定。1.5LのNAですから、ジムニーは左側を大人しく巡行ですね。オーディオの操作ボタンが備わった事は大変有難い。

Img_2799
たかがフェンダー、されどフェンダー。

前後のパンパ―サイズの違いは車両を並べてみなければ実感できませんが、このフェンダーによって違いは歴然。

当初は維持費も考えてジムニーの選択肢も2割ほど有りましたが、現車をみたらその2割は消滅してしまいました。

Img_2759

ゲレンデバーゲンやJEEPオーナーにとっては、所詮ジムニーだろうと言われそうですが、良いんですジムニーで。

高い税金とガス代を払う能力も有りませんが、個人的に大きな車には興味が無く何よりATがダメなので選択肢も無し。

消去法で妥協して購入した筈のジムニーが、実は非常に奥が深く楽しい乗り物だという事に気付き、フルモデルチェンジでこれほどまでに進化したのだから買い替えない訳には行きません。

これまで納車待ちを経験したのはハーレーのFXSTSBの半年待ちが最長ですが、まさかジムニーが一年待ちになろうとは。

逆に考えれば現在のJB23Wをまだ一年乗れるという事ですから、これはこれで結果として良かったのかもしれません。

今後、新型ジムニーシエラのネタが増えそうなので、カテゴリーにJB74Wというタグを設けました。納車までの状況など面白いネタが有れば記載させていただきます。

2018年7月16日 (月)

新型ジムニーシエラ 購入しました

Dsc09641
カタログ見ながら無駄な時間を過ごすのが嫌で、新型ジムニーシエラを購入してきました。

Dsc09639_2
現在のジムニー JB23Wを購入した時の事を思い出すと、何処のスズキディーラーに行っても試乗車どころか実車も無し。

中には実車を見たければ、中古車屋さんへ行ってみて下さいと言われた営業の方も居ました。

唯一、ディーラーのモータープールに停められていたジムニーを偶然発見し、試乗を申し入れましたが、それは出来ないと断られエンジンだけかけてもらいました。

結局ボディのカラーサンプルも無く、古臭く薄っぺらい紙カタログでパールホワイトにするかガイアブロンズパールにするか悩み、結局汚れが目立たないと思われた後者に決定。

今回は3台も実車を拝見できた上に、試乗も出来た事に感涙です。

Dsc09640
気心の知れた担当者さんなので15分程試乗させていただき、10分程車両の説明を受けて購入を決めました。

モデルや色で悩む時間も勿体ないですからね。こういう交渉事は短時間で済ませてしまいましょう。

営業さん曰く、私はこれまでの商談相手として最短時間だったそうです。

オプションを含めた価格はほぼ240万になりましたが、下取りも高いジムニーであり、次こそは10年乗るので決して高い買い物ではありません。

唯一の問題は一年待ちという事ですね。

2018年7月15日 (日)

新型ジムニーシエラ 一年待ち

Dsc09645
やらなければならない事が山積しているのに、時間があると届けていただいたカタログをついパラパラと捲ってしまいます。

また買い替えるつもりでしょう!と家族から怒られるので、誰も居なくなってからですが。

車やバイクの購入を検討し出すと時折この様に時間を浪費してしまうので、カタログを片付得てしまえば良いだけの話なのですが、ついついこの様な時間がまた楽しいのだと勝手な持論で眺めてしまうのです。

昨今はWEB情報も貴重な情報源であり、これもついついスマホで記事やら動画を閲覧してしまうため、通勤時に読んでいる日経ビジネスが未開封のまま数冊溜まっています。

Dsc09647
そして先日目にした記事では、既に予約が殺到しており納車は何と1年待ちなのだとか。7月5日に販売開始、僅か1週間で1年待ちとは凄い人気ですね。

シエラは月産200~300台ほどしか生産ラインを確保していない模様なので、単純に3000台予約が入れば単純に1年ですから、1年待ちと言われても納得。

対してジムニーは月産能力が2000台前後らしいので、1万台の受注で4、5ヶ月待ち。

S660も販売当初は半年~一年待ちであり、中古が新車価格を上回っている様な状況でしたが、一巡してしまうと中古価格も一気に下落。

私は偶然見つけた中古を購入しましたが、ちょうど天井を打った時期に購入してしまったので、半年後の売却時には想定していたほどの価格では有りませんでした。素人の株式売買に似ていますね。

S660は現在に至ってはほぼ新車は売れていないでしょう。

購入層はほぼ中高年であり恐らく40代~50代。非常に面白い車では有りますが、実用性を切り捨てており、極限まで狭い乗車空間で体にも無理が生じますから、長いお付き合いは望めず。

S660ほど極端では有りませんが、ジムニーも2ドアであり趣味性の高い車なので、何処で販売が頭打ちになるか興味深い所。

売れ線は維持費の安いジムニーであり、普通車のシエラは幾ら見た目が良くても生産ラインを大幅に拡大する事はしないでしょうね。

2018年7月14日 (土)

新型ジムニー試乗車勢揃い

Img_2657
早朝5時に仕事に向かう途中、いつも私がお世話になっているスズキのディーラーさんの店頭に新型ジムニーを発見。

朝焼けに輝くジムニー、しかも3台も並んでいるではありませんか。

実車を見るのはこの日が初めてであり、私が購入するとすればこのツートンカラーのいずれかなので、思わず信号待ちをしながら暫し悩みました。

キネティックイエロー、ブルーメタリック、シフォンアイボリーメタリック、車を購入する際にはきまって色で迷いますね。

ジムニーにはこの他にも単色が9種類あり、個人的にはジャングルグリーンとミディアムグレーが気になっています。

ほぼ毎日この道を通るのですが、その度に悩みそうですね。

こちらのディーラーさんでJB23Wを購入して以降5年近いお付き合いになりますが、非常に良く対応していただいています。

ジムニーの試乗車が3台も揃っているお店は他には無いと思いますので、朝霞のお店ですが是非行ってみて下さい。

2018年7月13日 (金)

防犯対策

Img_2595
ボクシングや極真空手をやっていたので、今でも腕に多少の自身は有るのですが、相手は素手である筈もなく一人である事も稀でしょう。

私の枕元にはこれらの防犯対策品を置いて寝ています。

Img_2597_2
地震などの夜間の震災時にも懐中電灯は必須。極端ですがレーザーレーサーの最大サイズと最小サイズを揃えています。

大型の方はこれだけで武器になりますが、非常に重い上にグリップが滑りやすいので振り回したら飛んで行きそうなので、防犯としての使い勝手は今一つ。

小型の方は電池ではなくUSB充電の専用バッテリーなので、意外な事にポケットに入るサイズのこちらの方が明るい。大型を購入した意味は無かったですね。

Img_2599
こちらは懐かしいヌンチャク。極真空手の師匠のお店で購入したのですが、もう25年以上昔の骨董品。

当初かなり練習したので上手くなりましたが頭を直撃すると洒落になりません。接近戦において今でもヌンチャクは結構使えます。

Img_2600
ただ実際に役立つのはこちらでしょうね。ヌンチャクは掴んで構えるまで一瞬の隙が生じますが、同じ体制ならこちらの方が先に防御可能。

家族を守るために何度かシュミレーションを行ってみましたがこれが最速。

Img_2602_2
この警棒、実は我が家には3か所分散して隠してあります。

映画の様に突然賊に踏み込まれても、何処かのポイントでこれが掴める様にしているのです。

そして、私は就寝の際も普段着であり、いつでもそのまま外に出られる格好にしています。普段着といっても迷彩パンツにほぼ厳ついTシャツなので、恐らく襲ってきた側も面食らうでしょう。

日本は他国に比べ安全ですが、いつ何時悲しい事件の被害者になってもおかしくない現代。自分の身は自分で守りましょう。

2018年7月11日 (水)

可愛いリモワ

Dsc09023
私の初めての海外旅行は確か24歳の時に訪れたロンドン。この時に購入した旅行鞄はディスカウントストアで購入した安価なプラスチック製の1万円ほどの安物鞄。

この鞄で2回旅行へ行き、その後一度買い替えたものの、その後生活が困窮して海外旅行とは無縁に。

結婚後、転職して漸く極貧生活から抜け出せたので、奮発して購入したのが現在も使用しているブルーの大型リモワ。

子供がこの鞄に乗ってはしゃいでいた頃から使っているので、恐らく10数年が経過していると思われます。

Img_2046
国内、国外問わず家族旅行の際にはいつも利用しているので、かれこれ利用も10回以上になるでしょう。

今もデザインが変わらない完成度の高い素晴らしい鞄だと思います。

シルバーのリモワは昨年シンガポールで購入しましたが、このアルミ製鞄は非常に美しい。頻繁に同じ物を見る事がマイナス点ですが、使い勝手も質感もサイズも言う事無し。

この鞄は預けず機内持ち込みにしているので、2回の海外旅行でも傷み無し。

Img_2318
そして毎回預けている大型リモワですがついに壊れました。

回転台から受け取って鞄を転がすとタイヤに引っかかり感有り。ある一定方向のみで引っかかりが有るので、鞄をひっくり返して観察すると台座がパックリと割れていました。

受け取り場所に居た係の方に申し入れを行い、ANAにて修理をしていただけることになりましたが、購入からかなりの年月を経ているので、もしかすると何割かは自己負担になるでしょう。

係の女性に最初に尋ねられたのは登場クラス。何故登場クラスが関係するのだろうかと思いながら、ビジネスだと伝えると若干対応が変わった気がしました。

今回の破損ケースでは経年劣化による影響も大きいので、もしかするとエコノミーでは航空会社負担にはならなかったかもしれません。

Img_2323
修理に出すにあたり他のキャスターも確認すると、もう1ヶ所同じように台座に亀裂が見つかりました。

恐らく次回当たり所が悪ければ今度はこのキャスターが破損するでしょう。ダメもとで事前に接着剤で補強しておいた方が良いかもしれません。

この4輪キャスターは移動が楽で使い勝手が良いのですが、今回のケースの様にキャスターが折れる事が非常に多い。これを嫌って2輪にする方もおり、私も購入時には悩んだのですが結果的には4輪で正解でした。

Img_2325

良く観察するとあちこち傷が入り、小さな穴が開いている事も発見出来ました。

何処をどうぶつけたら穴が開くのか分かりませんが、飛行機への積み下ろしでは実に勢い良く放り投げられていますから小さな穴など気にしてはいけません。

今回の破損状況確認や手荷物破損報告書等を作成するために、30分程空港で足止めを食う事になりましたが、この間対応をしてくれたANAの女性スタッフの方の対応が非常に良く、ついつい長話に。

リモワの鞄に関しては、壊れ易いがやはりリモワは可愛いという結論に至りました。

今回の破損でそろそろ買い替え時かとも考えたのですが、使い込んだ鞄には思い出が沢山あり、、子供達も小さい頃この鞄に乗っていた事を時折懐かしんでいるので、当面手放す事は出来ないかもしれません。

2018年7月10日 (火)

ジョギング再開

Dsc09563
最近またロードバイクに一切乗れていません。最後に乗ったのはGWだった記憶があるのみ。

雨に打たれるのが嫌であり、強風などの悪天候でも出る事を躊躇ってしまうので、私の場合天候が安定していて、ほぼ一日休みが無いとロードバイクの出動とはならず。

また余りの暑さで熱中症になるリスクと、紫外線を浴びる事による皮膚や眼球の負担も考慮るするとやはり屋内運動。

ローラー台で週に一回は汗はかいていますが、これだけだと飽きてしまうので、膝を痛めて依頼止めていたジョギングを2年振りに再開する事にしました。

当時、普通のスニーカーで走っていたため膝を痛めてしまったので、専用のジョギングシューズが必須と考え、色とデザインが気に入った物を購入しました。

Dsc09565
ミズノのランニングシューズですが、モデルが古いのか定価12000円が8000円だったので良い買い物が出来ました。

早速10kmを走ってみましたがジョギングシューズ凄し。飛ぶように軽快に走れ、アスファルトの衝撃も実に良く吸収してくれます。

試しにスポーツシューズで同じ10kmを走りましたが全くダメですね。道具を選ぶ事の重要性を改めて実感した次第。

ジョギングの良い所は30分、1時間と短い時間を利用して、ウエアを着てシューズを履くだけで出掛けられる。何より暗くなってから走れるので紫外線を浴びる事も無く、涼しい風に吹かれながら気分も良い。

フルマラソンやレースには興味は有りませんが、基礎体力を保つ意味でジョギングは続けて行こうと思います。

2018年7月 9日 (月)

備蓄品更新

Img_2525
大阪の地震、近畿地方の大雨、千葉県沖地震と日本列島は災害が頻発しています。

久し振りに地震アラートが大音量で鳴り出しましたが、何も出来ずその場に立って周囲を見回すだけだった私。これでは命を落としますね。

備えの備蓄品は定期的なチェックを行わなけばなりませんが、面倒なので半年に一回ほどで見直しを行っています。

今回も備蓄品倉庫を検証すると既に消費期限切れの食材がごっそり出てきました。

このいわしの缶詰は2016年6月に期限切れとなっていましたが、2年過ぎた状況でも美味しくいただけました。缶詰はもっと消費期限が長くても良いのではないでしょうか。

Img_2498
備蓄品の代表格の水はこれまた2017年12月で消費期限が切れており半年超過。

確か2017年初め頃にアマゾンで大量買いしてそのまま倉庫に仕舞っていました。

Img_2499
2Lの6本入りなので箱のまま保管し易いサイズでした。

Img_2502
今回アマゾンに発注したのは2Lの8本入りだったので、当然ひと箱の外寸も大型化。

これでは開梱して収納しなければならないかもしれないと一瞬焦ります。

Img_2508
そんな不安は杞憂に終わりジャストサイズで収まりました。

2L*40本なので80Lも必要かと言われそうですが、人間一人生きて行くためには一日2Lの水が必要であり、我家は家族が多いのでこれでも1週間分にしかなりません。

直下型に襲われれば2週間は物資が届かないでしょうから、本来この倍の量が必要。しかしながらそんなスペースは無く、更新の度に消費しなければならない出費を考えると、やはりこの量が妥当なのかと。

備えあれば憂いなしですが、実際の備蓄はロスも非常に多く実に難しいですね。

«新型ジムニー シエラ

フォト
無料ブログはココログ