« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月14日 (日)

ミノウラ ローラー台 GYRO V270

ロードバイクに傾倒してから1年目が経過し、いよいよ購入してしまいましたローラー台。

MINOURA GYRO V270 限定メッキバージョン。ご多分にもれず「限定」の一言に弱く、愚かにもあえて割高な物にしてしまいました。購入価格は送料込みで\35,000程。

Dpp_673

東京もいよいよ梅雨に突入したので、しかるべきタイミングで購入出来ました。今後は折角の休日に限って雨...!などと言っても脚だけは回せるようになりました。日本は雨が多く乗れない日々が続いたりもしますので、自転車乗りは購入すべきアイテムでしょう。

届いた箱は想定より少々大きく、本体は更に輪を掛けて大きい。ダンシングをしても倒れない様に、横幅がかなり開いておりかなりの面積を占有します。

折りたたみ式となっていましたが、ジャイロ部分が格納出来ず重量が有るため、折りたたみは不可であり立て掛けること等論外です。軽量と謳われていますがしっかり10kg有ります。今後何処を定位置とさせていただくか、家内の機嫌を取りながら検討していきます。

思いの外場所を取るため、一帖分のスペースが確保出来ないとローラー台の使用は厳しい。何より家族の理解が必要です。ただでさえ邪魔なロードバイクなのに、更にこれを宅内で回すなど到底想像すら出来ない状況ですからね。セッティングするとこのような状況です。Dpp_672

早速組み立ててバイクをセッティングすると、8畳間がかなり狭く感じられましたが病後という事も手伝い、暫くは部屋の片隅に置かせて貰えそうです。夢は3帖で良いからトレーニングルームが欲しいですね。

心配された騒音と振動はやはりそれなりに存在し、木造住宅の2階での使用は一般的なピアノが弾ける時間帯となります。回転数を上げると振動が激しくなるため、ローラー台とバイクのギアを高負荷にしてケイデンスを最大限抑えて使用しています。それでも洗濯機から発生する様な震動と騒音が使用中は絶えず生じます。1階で使用出来ればもう少しマシなのでしょうがバイクが置ける空間は私の場合2階の洋間の限られたスペースしか無いのです。

Dpp_674 付属のクイックレリーズを使用すると容易に脱着が出来ます。この点は特筆すべき点ですがフロントのレリーズと揃わなくなる点と、このレリーズのレバー形状が古臭いデザインという点が妥協しなければならない点です。

Dpp_675 このジャイロによって負荷を掛ける事が出来ます。唸る音が少々気になりますが、これでもかこのモデルからは随分と改良され低騒音なのでしょう。レバーの上げ下げで解除が楽に行えます。使用後の熱は相当な物でタイヤの表面が少々溶けますので、高価なハイグリップタイヤはあっという間に無くなりそうです。

Dpp_676 正直いらない変速機。ワイヤの取り回しも面倒ですし、形状が太いハンドルには固定すら出来ません。負荷はバイクのギアで行えるので、この様なワイヤではなくジャイロ本体に有れば最良です。

2009年6月10日 (水)

HONDA AIRPORT(荒川自転車道)

私のロードバイクでのお決まりコースは荒川下りでしたが、書店の自転車コーナーで発見した「関東サイクリングロードマップ」で新たなルートを見つけ、新型GPS OREGON300と共に荒川上りにチャレンジして来ました。

Dpp_626 中央の「荒川自転車旅マップ」は自転車を始めて間もなく購入した一冊ですが、今考えても何故これを買ったのか理解出来ないほど酷い内容。初心者は右も左も分からず浮足立って、この様な物にまで手を出してしまうとは愚か。

「関東サイクリング~」はなかなか使えます。主要サイクリングロードが網羅されており、知り得なかった新コースを策定出来ます。本日のルートはこの中から荒川自転車道を選択。

少々雲が厚く太陽は一日拝めませんでしたが、かえって気温も上がり過ぎず無風で走り易い一日でした。無風の日に走った事など久しく記憶が無い。

初めての荒川自動車道は道幅こそ狭いものの、路面も荒れてはおらず標識も出ており安定して走れますが、突然標識が不案内だったりする。

1 早速道を外れて牛が放し飼いになっている一本道に迷い込む。放牧?された牛が数十頭も斜面の草を一生懸命食していました。くれぐれもここは埼玉県です。

ルートを外れてもGPSが有るので安心。とはいえ予算をケチり英語版にしたので表示がかなり見にくい。ただ日本語版との価格差は何と5万円!ボリ過ぎじゃなかろうかとあえて今回は英語版に。まあある程度の方位や外れたルートの距離感など、本日初めて使用してみましたがまあ便利です。

4 荒川自転車道はこういった感じで高低差も無く延々道が続きます。ただ道幅がかなり狭くなっている箇所も多く、追い抜きには神経を使います。因みに私は抜かれた方です念のため。

2 そして到着したホンダエアポート。なぜここにエアポート?なぜホンダ?故本田宗一郎さんはオートバイから自動車、そして航空機を作る事が夢でしたが、その遺産がこちらなのでしょうか。

滑走路に向けてベンチが開放してありましたので、しっかり飛行機を眺めながら休憩して来ました。傍らには遊覧船も繋留されており不思議な場所です。

3

そのまま突き進み目的地の武蔵丘陵森林公園(東松山IC先)へ向かいましたが、荒川自転車道は途中から砂利道になっており敢え無く断念。工事中だったので護岸補強工事を行っている様でした。

本日の走行距離95km 所要時間4時間7分 消費カロリー2480kcl

本日はLSDを試しに取り入れ心拍145を保って走行。これまでのスピード重視で走るよりも効率が良く、安定して走れる上に疲労も消費カロリーもかなり抑えられました。ハートレートモニター大活躍ですね。

2009年6月 9日 (火)

CREATIVE ZEN STONE 価格破壊

ロードバイクの情報交換サイトにて面白い物を見つけました。早速AMAZONにて購入した商品を今回ご紹介。AMAZONの流通網はお急ぎで当日に届き、通常購入でも翌日にはこうして届く。一度TVで巨大なAMAZONの書籍流通センターを視聴しましたが実に広大で最新のオートメーション化がなされていた。外資の巨大資本は初期投資も実に思い切りがよく初動も早いが不採算と見れば撤退も早い。

先日もガイヤノの夜明けでドールが日本の農業に参入し、大規模農園を既に成功させていてビジネスモデルを知りましたが、分かっていながら二の足を踏んでいる日本企業がいつも先を越され先駆者を追いかける構図になっている。私もやってみたい事業構想は密かに持っているのですが資本金と行動力が悲しいかな無いのです。P1000124

さてさて届いたのはCREATIVEという未知なるメーカーのMP3プレーヤー。恐らく台湾製なのかと思われますが、超小型にも関わらず2Gの容量でスピーカー内蔵。こちらイヤホンとシリコンケースまで付いて幾らだと思います?

正解はANAZONをご覧いただければ分かりますが衝撃の\2480!安い!安過ぎる!これだけ低価格の商品でも利益確保出来る事実を知ると、日本企業が液晶TVや半導体にて海外の低価格攻勢を受け撤退に追い込まれる構図がまざまざと分かります。

P1000129

大きさは500円玉と比較してもその小ささがお分かりいただけるかと思いますが、こちらをロードバイクではヘルメットのあご紐に付けて音楽を聴くと皆さんおっしゃいます。実際に実験していませんが確かに聴けるかもしれません。こんな小型でも音割れせずに結構な音量を奏でます。

P1000139 裏に有る3本線部分がスピーカー部分。イヤホンは今回使用しませんがクリップ付きのシリコンケースであご紐等に固定します。ソフトも使い易くフォルダごと曲をまとめて取り込むと、本体のスライドボタンでジャンルやアルバムごとに曲の移動が出来ます。15時間駆動(恐らくイヤホン使用時)でこの低価格は驚愕。家内に見せたところ価格に驚き、自身用にもう一つ買う様にせがまれました。数ヶ月前に買ったSPEED製のMP3プレーヤーは一体なんだったのか...。

P1000134 そしてもう一つお役立ちGOODSはUSB電源用のコンセントプラグ。最近のMP3等はUSBからしかチャージが出来ず、いちいちパソコンを立ち上げなければならず面倒。この不便を解消するこちらはAMAZONで\980円。2プラグで海外でも使用可能故重宝しそうです。

フォト
無料ブログはココログ