« ミノウラ ローラー台 GYRO V270 | トップページ | パンドラの箱 »

2009年7月10日 (金)

100年に一度の不況?

P1000214 100年に一度の不況だとマスメディア各社は煽りたてますが、そもそもそれほどの不況なのでしょうか?確かに派遣切り、コストカット、挙句は正社員までも安泰ではいられない近況であります。新聞各社の予測では10年度後半に漸く景気回復をいった予測が大半を占めています。

私の業種に関しても楽観は許されずやはり09年度は耐え忍び、来年度は具体案は有りませんが持ち直してほしいと言う希望的観測のみで、徴候となるものは見えてきていません。

以前プレジデントにて100年に一度の不況などそもそも誰が言った言葉なのだ!とありましたが、こちらは米国のグリンスパン議長でした。金融の番人が発した言葉ですからその意味にはなるほどと納得せざるを得ませんが、別のコラムにでは戦後は?とありました。

確かに僅か60数年前の日本は、敗戦後焼け野原であり物資も雇用も現在とは比較にならないほど劣悪で有り、100年に一度っておかしいんではないの??と言う実に分かりやすい内容でした。確かに戦後に比べれば大不況と言っても、住む家は有り、お金を出せば食糧は容易く手に入ります。もっと前向きに考えられないものでしょうかね。

政府が不安を煽り、景気対策と銘打って官僚の訴えるまま、じゃぶじゃぶ税金を使って負債を膨らましているとしか思えません。日本は本当に終わってますね...。サミットでも相手にされていませんし、世界各国から既に抹殺されている亡国になっていると思いませんか?

さて写真は通勤電車内でたまたま見つけたHISの広告。今年は病気のことも有り旅行は自粛する予定でしたが、病後家族を何処にも連れて行っていないので近場で考えてみるかと。海外旅行は作対でドルは1割下がり、サーチャージも無しと確かにお得かもしれません。

そして10月6日10時スタート!の通り10時ちょうどに電話をしましたが話し中!

え?繋がらない訳??結局繋がったのは10時10分。既にセブ島もハワイも全て完売でした。僅か10分での出来事。電話対応の方に尋ねると10時ジャストに回線が開き、瞬く間に完売したとの事でした。一体どこが100年に一度の不況なわけ?

さてさて私の夏休みは未だに決まっていません

« ミノウラ ローラー台 GYRO V270 | トップページ | パンドラの箱 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 100年に一度の不況?:

« ミノウラ ローラー台 GYRO V270 | トップページ | パンドラの箱 »

フォト
無料ブログはココログ