« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

中卒の組立工、NYの億万長者になる。

Dpp_1287

不毛地帯は漸く3巻目に入りました。読み飛ばすのが勿体無いので、じっくり読んでいますが山崎 豊子さんにはただただ敬服するばかりです。とにかく面白く、少々寝不足気味です

不毛地帯の間で読んでしまったこちらの本、「中卒の組立工、NYの億万長者になる。」は必読すべき内容です。同じ日本人としてこれだけ米国で成功された方がいらっしゃる事は、同じ民族としてある意味誇りです。

実はこちらの著者、大根田勝美様は仕事で大変お世話になった方なのですが、実にジェントルで素敵な方です。ご自身の苦労話や、どうやって立身出世されたのか世間話的にお伺いしておりましたが、想像だにしないほど、努力家で苦労人で有られた事を、この書で更に拝見し、ただただ驚くばかりでした。

仕事がキツイなんて言っている自分が恥ずかしくなります。自身の生き方、仕事への取り組み方を鑑みるきっかけになる大変興味深い本ですので、騙されたと思って是非一度読んでみて下さい。

私の愛読書の中にこちらを加えさせていただきます。

2010年1月26日 (火)

奥多摩ライド

1

本日は最高気温10度と適温でしたが、北風が吹き荒れていたので、荒川ライドを急遽多摩川へ変更。向かい風に立ち向かうのは致し方無いとしても、砂埃でとても目が明けていられない状況に陥る荒川上流は避けて正解。

多摩川はやはり風の影響を受ける箇所は限られているので、それほど影響されず北上出来ました。風の影響か、出歩いている人々もロードバイクも少なかった感が。

多摩川のお決まりコースもいい加減飽きてしまったので、GPSを見て突如奥多摩へ向かってみました。最近深酒をしていないせいか、本日はすこぶる体の調子が良く、体が山道を求めている?気がしたからでした。

2

へそまんでお決まりのトイレ休憩と記念撮影。多摩川から奥多摩へ続く国道は、道幅が狭い上にダンプが多くお勧めは出来ません。経路は単純で分かりやすいのですけどね。

道中はやはり砂嵐に見舞われ、目がゴロゴロし苦悶な表情にならざるを得ませんでした。雨が全く降らないのも困りものです

3

風の影響は有ったものの、太陽の暖かさで快適に走れ、久々のワインディングロードは実に爽快でした。景観を楽しみながら、適度な勾配を楽しめる奥多摩は誠に貴重ですね。

本来なら奥多摩湖まで登ってみたかったのですが、出立が遅かったためタイムオーバー。標高220m程で折り返したので、体力が有り余っており少々欲求不満。次回も再び奥多摩を目指します。

走行距離 107.1km

平均心拍/最大心拍 131/170bpm

平均ケイデンス 78pm

走行時間 4:13

消費カロリー 2405kcal

2010年1月23日 (土)

財布落としました

Dpp_1166

不覚にも財布を落としました。と言ってもロードバイクで持参してた財布なのですが、万が一を考えて4000も入れていたのです

普段は2000円程しか入れていなかったのですが、出先で走行不能などトラブルとまずいと思い、何を思ったか1000円札を畳んで入れた矢先に落としました。走行中に落とす事はないので、恐らくバックポケットから物を出し入れした際に引っかかり、知らぬ間に落としたのでしょう。

自宅内も散々探しましたが、帰宅して戻した記憶が無いので間違いなく出先で紛失。潔く諦めたのは良いのですが、さて困ったのは再び何を財布にするかと言う事。

ロードバイク始めた当初は1000円札をただ折りたたみ、バックポケットに忍ばせていたので、コンビニでお金を出すと当然汗まみれ...。店員の困った顔が忘れられません

これではいけないと、自宅内で財布代わりのケースを探しまわりました。コンパクトで汗でも紙幣を守るケース。それはメモリースティックを入れるケースがぴったりでした。正に打って付けで愛用していたのですが、まさか落とすとは。

Dpp_1168

同様にメモリー系の、フラシュメモリーケースにしばし財布にしていましたが、チャックがどうにも使いずらい。結局ヨドバシカメラに行って、メモリーカード用のケースを700円で買って来ました。

Dpp_1169

やはりこれが最良ですね。開閉が楽で大きさも気密性も良い。現在は上限2000円を常に入れています。今度こそ落とさなように注意しなくてはなりませんので、鈴でも付けときますかね

2010年1月20日 (水)

大寒

951

一年で最も寒いとされる本日は「大寒」。それにしても1月とは到底思えない暖かかさ、と言うか異様に暑かったですね

当然恰好のバイク日和なので、”山”も考えましたが出立が遅れてしまったので、再び多摩川へ。本日はお日柄も良く随分多くの方が、散歩、ランニング、バイクと繰り出していらっしゃいました。

南風が少々有りましたが、やはり河川が住宅等で囲われている多摩川は、断然荒川より風の影響が少ない。本日荒川を走っていたなら、南下する為に相当なエネルギーを消費しなければならなかったでしょう。多摩川は風が有っても往路、復路ともそれほど影響を受けませんね。

さて、本日最大のミスはウエア選び。最高気温17度と信じられない数値が出ていましたが、ウエアを選んでいる最中はどうも肌寒い。暑くてもジャケットをオープンにすれば問題無かろうと思っていましたが、10分も走らないうちに汗が噴き出す始末。

フロントファスナーを半分下げて、サイドの通気口を開けても体温は上がるばかり。フェイスマスクやシューズカバーは外して行って正解でしたが、ジャケットはこれ以上どうにもならない。どうにか100km耐えて走りましたが、随分大量に汗かきましたね。

持参したドリンク2本で足りずに、コンビニで1本買い足した位ですから、夏場と変わらない程汗をかきました。外で走って全身の毛穴が開いたのは久々でしたから、気持ち良かったですね(家ではいつもローダー台で強制的に汗かいていますが...)。

955_2

多摩川の上り下りも流石に飽きたので、遠目に見える観覧車を目指して急遽進路変更。橋を渡り一般道へ。

途中のスタンドでガソリン価格を見ると、おやレギュラーが127円。またじりじりと上がってきていますね。最近車もバイクも乗らないので、とんとガソリン価格に鈍感になりましたが、既に中国が日本の輸入量を超えて、中東各国が軸足を本格的に中国に向けて来ている有り様で、日本を軽視した原油価格は足元見られて、買取価格が高くなるのでしょうね。

954

観覧車の正体は想定通り読売ランドの観覧車でした。結構近くにあったのですね。学生の頃お付き合いしていた彼女と、アイススケートに一度訪れたきりですから、かれこれ20年近く前の事になるのですね。再びバイクで一人訪れるなんて感慨無量です。

そして本日は休館日。というよりも、掲示を見ましたが平日はほとんど休館みたいですね。少子化で入場者も減って、平日運転させても経費倒れになるからなのでしょう。ここもいつまで耐えてくれることでしょうか。

957

帰り道、町を見渡すスポット発見。多摩地区が一望出来ますが、もっと良い場所が有りそうなので、改めてまた探してみますかね。

読売ランドに行くためには、読売ランド駅から一気に100mまで急勾配の坂が待っています。まあ距離は実に短いのですが、久々に坂を登って息が上がりました。平地ばかり走っていましたから体がいつの間にか軟になっていますね。たまには坂にも挑まなければなりません。

さてこのショートヒルクライムですが、坂とカーブの形状はなかなか良いのですが、道はスピードを出させないように、ラインの溝が切られておる上に、酷く痛んだ減速帯も介在し大変危険。お勧め出来ません。

本日も100km越えて程よい疲労感。そろそろ一杯やってきます。

走行距離 107.5km

平均心拍/最大心拍 142/165bpm

平均ケイデンス 79pm

走行時間 4:13

消費カロリー 2715kcal

2010年1月16日 (土)

チェーンオイル FINISH LINE ROAD

Dpp_1243

チェーンオイル皆さん何をお使いでしょうか?店頭には各社から数種のチェーンオイルが並び百花繚乱とばかり、手に取って効能を読んでは結局どれが最良なの?と悩むばかり。

ロードバイクに乗るまでは、自転車のチェーンオイルなど錆びて固着したら塗る程度にしか考えておらず、歴代の我家の自転車はどれもチェーンは真っ赤に錆びて、伸び放題でした。

オートバイではチェーンオイルは欠かせず、定期的に粘度の非常に高いスプレーオイルを吹きかけていました。これがまた飛び散ってバイクを汚すのです。

ハーレーはベルトドライブなので、オイルも必要無く音も静か。基本的にメンテナンスフリーでたまにひび割れや亀裂を確認する程度で実に楽ですが、ショベルなどの太い金属チェーンには少々憧れますね。

さてロードバイクに話は戻り、私がロードバイクに使用しているのはFINISH LINEのDRYを愛用していました。乗り始めた頃にオートバイ用のオイル吹きかけ、一度酷い目に遭った事がありました

今回他のシリーズも使用してみようかと、全ての種類を大人買い?してみました。それぞれのオイルを塗布し、インプレをご紹介致します。

Dpp_1249

まずこちらはFINISH LINE ROAD。強化セラミック潤滑剤を試してみましょう。表示は晴・雨・雪に対応するマークが付いていますので全天候型ですね。

Dpp_1244

「フルオロポリマーとポロンニトライドで強化されたセラミックによる超高性能合成潤滑剤です。このユニークな技術により、クリーンで強固な潤滑被膜が長期間持続します。」と謳われています。

Dpp_1245

粘度が非常に高く一滴一滴が塊となるので、その一滴ごとをチェーンの玉に置いて行きます。無駄なオイルが出ないので経済的かもしれません。臭気はほとんど無く室内でも快適に使用できます。

上の写真は100km走った状況。ドライで舗装路のみを走ったのですが、驚くほど汚れていました。

9998

試しにウエスでその真っ黒な汚れを拭いてみると、一枚では足りずに2枚使用しなければならないほどの汚れ!とにかく真黒です。使用方法は「コーティングを完全にするために、1~2日間走行してから再度ロードを給油します。」とありますが、どれだけの距離走ってから給油するのかが分かりません。

この異常な汚れはこれまで使ってきたどのオイルにも勝ります。ウエアに付着しようものなら一巻の終わり。事実これまで私服のパンツを2枚駄目にした事が有ります

総評としては、稼働音は実に静かで潤滑性能も非常に高いと感じましたが、メンテナンスは大変です。5つ星評価だと★★★★でしょうか。

2010年1月15日 (金)

ポジショニング修正

Dpp_1275

オルカのポジションを見直し、すこぶる快適になった事は以前に書かせていただきましたが、今回はその詳細をご紹介。

設定を僅か5mm、10mmの変更するだけで劇的に変化するロードバイク。この難しくも楽しい永遠の課題と言える奥深いセッティング。

2代目となったオルカは初代ピナレロFP5の数値を基に、自身で組んでから約半年強になりますが、そういえばその後微調整を全くしていませんでした。ピナレロからオルカに乗り換えただけで、余りの性能差に感銘を受け、乗り味の違いで満足してしまいポジション修正をすっかり忘れて快適に乗っておりました

それほどオルベア オルカのバランスは素晴らしいと言う事なのですが、何処に行ってもまず見かけません。売れていないのかも知れませんが、被らない事もいたく気に入っている理由の一つです。

さて今回の正月休みに、毎日とっかえひっかえ3台のロードバイクを乗り比べましたが、乗り味が異なるのは当然ながら、ポジションに違和感を覚えてしまいました。もしや3台のポジショニングが相当狂っている??

スケール片手にノートに各バイクの数値を書き込むと、正に数値がバイクごとにバラバラ。しかも最も距離を走り、山を登った最多出場のオルカの数値が最も不適と判明

私のサドル高(BB中心からサドル上面)は750が適正値。しかし3台を比較すると745~760まで15mmも異なる始末。SB値(サドル先端からブラケットを持つ位置)は690~720までと30mmも異なる!その他サドルの後退値やハンドルとシートの高低差も同じく10mm前後異なっていました。

そこで最も理想数値からかけ離れていたオルカのステムを今回交換する事に。

Dpp_1268

こちらが今回交換するために購入したITM製カーボンステム。クロモリフレームに使用していたアルミのステムに比べると異様にゴツイ。カーボンにしても結局強度を保つために、太く大型になるので重さはほとんど同じです。

結論はアルミやスチールのステムで充分。高級なカーボンステムを付けて見栄を張りたいだけの輩は、無駄な金払って自慢して下さいっていう感じですね。悲しいかな私も後者...。このちっぽけな部品一つで\22,000とは正気の沙汰ではない。

Dpp_1279

こちらが交換前のオルカのステム。デダ製のアルミステムですが\15,000。こちらはサイズ90mmで、今思えば腕の中の空間が小さく結構窮屈なポジションでした。

Dpp_1282

ステムを引っこ抜いてハンドルが宙ぶらりんの図。ケーブルに負荷が掛かるので真似しないように。

Dpp_1283

ITMの110mmのステムに交換。そしてスペーサーを10mm下げて、シートの高低差を70から80mmに広げました。

これでSB値は690から700へ。計算上は710mmになるはずだったのですが、シートの後退幅を5mm前に移動して75mmにしたので希望数値にはなりませんでした。

しかしこの改善後のセッティングで、予想以上に快適に100km走れ、無駄なく筋肉が使用出来ている実感が有りました。また半年経過したら120mmのステムを試してみるかもしれませんが、楽しみは暫く取って置く事と致しましょう。

Dpp_1281

手前がお蔵入りとなったステム。これでお蔵入りとなったステムは、カーボン、アルミ、スチールと既に3本になりました。

ロードバイクをご存じ無い方は、今回の事は何の事やらさっぱり見当もつかないと思われます。実際私もロードバイク初めて1年半が経過する現在まで分からないし、分かろうともしませんでした。

たかだか5mm、10mmの違いなんて所詮プロレベルのお話でしょ?と。しかし分かってくるんですよね距離走ると。面白いですよロードバイク

2010年1月13日 (水)

暴風圏内

JALの株価が遂に7円。京セラの稲森会長が鳩山首相の意向を受け就任決定。本当に沈まぬ太陽を地で行くようなシナリオになって来ましたが、日航は再起する事は可能なのか、させるべきなのか?巨額の税金が投与されている現実を、我々国民はもっと当事者としての意識を持つべきではないでしょうか。

888_2

まあ固い話はさておき、本日は早朝から台風の如く強風吹き荒れる夜明けで有り、100kmランを計画していましたが、大晦日の遭難騒動jに懲り自宅待機。

午後になると風は幾分穏やかになったので、30km程軽く走るつもりで出立。

しかしいざ出立すると強風は収まっておらず、冷気も予想以上に厳しい。とにかくまず体を温めようと必死に10km走行すると、体も柔軟性を帯びてすこぶる快調!一路多摩川を目指して走りだしました。

最初の写真は小平で見つけた神社の茅葺の鳥居で、ついつい立ち寄って撮影。葺き替えて間もないと思われるこの茅葺をしばし見つめておりました。何故か心が安らぎますね。

8821

そうそう、先日クロモリフレームのコルナゴはステムを3度目の交換で、ステムを90mmから100mmに交換しました。交換後初めてのライディングでしたが、当初少々遠い気もしましたが、体が温まり柔軟性を伴うと適正で有りました。

88923

30kmのショートで引き返す予定でしたが、強風の中多摩川まで再び足を延ばしてしまいました。多摩川は...強風+寒波で誰もいない!!多摩川サイクリングロードを正に貸切!

喜び勇んで強風に逆らい北上してみました。多摩川は東西へ伸びている方位や、周囲を住宅や樹木で囲われている事も有り、荒川の様に北風が強靭では無い。多少北風が吹いていましたが荒川で鍛えられているので、楽勝で突き進んで行けました。

荒川は人工的に河川敷きが形成されており、無機質な感が否めませんが、多摩川は自然の河川を感じる事が出来るので、心が癒されますね。景観を楽しみながら走る事が出来る多摩川サイクリングロードは、結構素敵かもしれません。

88925_2

本日の最高気温は8℃の予報でしたが、風の影響を加味すると恐らく体感温度は5℃前後では無かったでしょうか。家内が本当に走りに行くの?と心配するほど寒かったのですが、10kmも走ると体はアイドリング完了。

全身が薄っすら汗をかき始めてきて調子が上がってきますが、隣に停車した国産アメリカンバイクのライダーは信号待ちで、エンジンに手を翳していました。そうなんですよね、わ私もモーターバイクに乗っている時は、手がかじかんでエンジンのシリンダーヘッドに手を翳していた物でした。

しかしロードバイクは自身がエンジンなので手の先から、足の先まで温まるのです。隣のモーターバイクのしぐさを見ながら、自身の手を見ると汗が染み出たグローブが目に写りました。

強風でしたが、実に爽快で楽しいライディングが出来ました

走行距離 53.6km

平均心拍/最大心拍 131/161bpm

平均ケイデンス 70pm

走行時間 2:09

消費カロリー 1189kcal

2010年1月11日 (月)

多摩川サイクリングロード 2

3

先日走った多摩川サイクリングロードに再挑戦。本日は連休最終日と言う事もあり、選択を躊躇しましたが、先日以上に混んでいれば車道を走れば良かろうと判断。

本日はしっかり経路を記憶してきたので、新小金井街道から東八に入り府中街道左折にて多摩川へ。これが自宅からの最短距離でしたが、多摩川に入るまでにちょうど20km有りました。20kmと荒川に入るまでの倍の距離が有りますが、このルートは車道でも比較的道幅が有るので走り易い。

そして多摩川に到着すると思いの外人が少ない。今年一番の寒さと、今にも泣き出さんばかりの厚い雲に覆われた空模様ゆえ、外出する人が少なかったようです。

1

まずは道が続く限り北上してみようと走ってみましたが、10kmにも満たない距離で道路は寸断。上記写真の先からは舗装が酷くなり、暫くここでバイク乗りの様子を見ていましたが、やはり皆ここで引き返していました。

そうするとここから南下しても狛江の前で砂利道になってしまうため、純然たるサイクリングロードは全長にして約20km程しかないのではないでしょうか?

2

仕方がないので南下して一般道に出て、何となく多摩川沿いを下りながら世田谷街道へ。学生時代にお世話になった二子玉川まで出てみましたが、駅前の東急の開発は真っ最中であり、私が通った東急自動車教習所はマンションが建設中でした。

思い出の場所が変貌を遂げるのは、時代の流れとはいえ実に淋しい

4

二子玉川から羽田までも考えましたが、時間が既に15時を廻ってしまい、折り返して再び多摩川サイクリングロードへ。

本日100kmを久々に超えましたが、100km走るとやはり充実感が有りますね。程良い疲労感が気持ち良い。

実は暫く登場しなかったオルカには改造を加えておりました。全体のサイズを5~20mm見直し、ステム交換も行い、本日がテストランとして100km実走行してみましたが大成功。更にオルカが楽しくなりました!

走行距離 103.5km

平均心拍/最大心拍 138/170bpm

平均ケイデンス 81pm

走行時間 4:08

消費カロリー 2546kcal

2010年1月10日 (日)

補給食

Dpp_1118

補給食?耳慣れない言葉ですが、最近アスリートには常用句の様になり、商品も随分増えた気がします。

ロードバイクを始める3ケ月前に、会社のリクリエーションにてマウンテンバイクで自宅からお台場まで行き、往路でハンガーノック(燃料切れ)に陥り、本当に道路にぶっ倒れた事が有りました。

意識はもうろうで、体は動かなくなり、息は絶え絶えで一体私の体はどうなったの??となります。あの当時は現在の様に、栄養補給と水分補給がどれだけ大切かと言う事を皆目知りもしなかったのです。あな恐ろしや

ロードバイクに乗る様になり、書籍を読み漁り実体験することにより、スポーツする基本は備わりました。そして私の補給食はというと。

これまで色々買ってみて、散々食べてみたのですが、別段高くて不味い補給食でなくとも良いと感じるようになりました。結局は自分が美味しく食べられて、消化が良くカロリーが早く摂取出来れば尚良し。

本日も会社帰りにドラックストアーに寄って、袋一杯補給食(お菓子ですね)を買って来ました。これだけ買って1500円程。ドラックストアーは安いですね。

ロングに出る時はバックポケットをこれらの補給食でパンパンにして家を出ます。帰り着く頃には綺麗に無くなってますからね。最近は虎谷の羊羹がお気に入りですが、1個210円もするので、これはある意味自分へのご褒美として、山頂やロングの折り返し地点で食するようにしています。

この他の補給はもっぱらコンビニであんパンやサンドイッチ、おにぎりで補っています。本当はご当地の旨い店や牛丼屋に入って食べたいのですが、レーパン姿がどうにも落ち着かなく...。

そして何よりロードバイクが盗難に遭う事が心配で一人に出来ないのです

2010年1月 8日 (金)

沈まぬ太陽

Dpp_1131

遅ればせながら映画化も有り、一ヶ月掛かって漸く5冊を読み終えました。

山崎 豊子さんの作品は今回初めて読破しましたが、この沈まぬ太陽は凄い。これだけのリサーチ、ヒアリング、取材は想像を絶する時間と労力を割かれており、敬服するばかりです。

実話に基づいたこの作品、国民航空と名は変えてありますが、正しく経営破綻寸前の日航であり、主人公恩地 元は実在する人物。この人と関わりの有った人が、偶然にも私の身近におり、ただただ驚くばかりでした。

とにかく日航機墜落の場面については、当時私は確か高校生時分だったかと思われますが、500名以上の命を奪った史上最悪の墜落事故で有り、同時多発テロと同様の衝撃を受けた記憶が未だ残っています。

それにしても壮絶です。墜落するまでの30分の間に、家族に宛てたご主人の手記の場面を、帰宅途中の電車で読んでいて、本当に涙が出て困りました

映画は既に観た人の感想は聞いているので、私はビデオで見るつもりですが、本は絶対に読むべきです。驚愕し考えさせられる内容ばかりですが、これ程完成度の高い小説はなかなかお目にかかれません。

読み終えたのですが手放す気になれず、私の愛読書として手元に置いておくつもりです。この本の表題を見るだけで、主人公の実直さを感じ勇気が湧いてきます。

私も輝ける委員長になりたい!家族は悲惨ですけどね...。

次も山崎さんの「不毛地帯」を読むつもりです

2010年1月 7日 (木)

多摩川サイクリングロード

1_2

一度眺めた事は有ったのですが、初めて多摩川サイクリングロードを走って来ました。勝手が分からないので、迂回路を間違えたり、行き止まりに遭遇したりと洗礼を浴びてきました。

とにもかくにも大変なのは、道幅が狭い上に交通量が多い事。歩行者、自転車、老若男女ととにかく追い越しや回避に神経を使います。

谷垣自民党代表が接触事故を起こした事象もたやすく予想が出来ます。ロードバイクで走っていても、他の車両が歩行者の脇をすれすれでかわして行ったりと、見ていてハラハラします。私が歩行者だったら怖くてここは歩けません

正月の延長の水曜日とはいえ、土日であれば更に通行量も多いと思われ、平日以外近寄りたくありませんね。至る所に歩行者優先!事故多発!自転車は速度を守って!など立て看板が設置されています。相当事故が多発している様ですね。

2_2

当初羽田まで出てみるつもりでしたが、突然歩道が砂利になってしまい進む事が出来ず。一般道に出てみましたが狛江付近で迷ってしまい、結局多摩川を北上。日野の先まで出てTIME OUT。LSDでゆっくり走る分には、多摩川サイクリングロードもどうにか使えそうです。

荒川と違って建物に囲まれている河川敷き故、強風に見舞われる事が少ない様に感じましたが、たまたま本日風が無いだけだったのか。

荒川の河川工事が終わる3月末まで、多摩川サイクリングロードを制覇してみたいと思います。

走行距離 82.2km

平均心拍/最大心拍 135/166bpm

平均ケイデンス 81pm

走行時間 3:15

消費カロリー 1925kcal

2010年1月 6日 (水)

営業成績

1

今年は4日から仕事始めであり、早速日常業務に追われ始めました。

今朝いつもの様に日経新聞を手に取り、140円置いて店を出ると店員が追い掛けて来るではありませんか!「お客さんお金が足りません」と言うので、「何を言う、140円払ったではないか!」と抗議すると、今年から160円に上がったと言う。

4日も新聞買った際には何も言われなかったので、突然の事に驚くばかり。知らなかった旨詫びて20円払いました。しかしこの景気低迷+デフレの中、一気に20円も値上げする日経新聞は実に強気であるなぁ。

新聞ネタでは、今年からコスト削減のため、日航も全日空も機内の新聞配布廃止となるらしい。日航だけで3億削減出来るので、全体の収益からすれば微々たるものですが、まあ小さい事もコツコツと行う様子。これからは飛行機乗る時には新聞買わなくてはなりませんね。

さてさて正月休み500km走破結果発表!結果は380kmに終わり、大幅未達で終わりました。営業成績だったらぶっ飛ばされてますね

8日間のうち2日は家族サービスに充てたので、6日間は毎日走っていました。が、日々の暴飲暴食と朝寝坊がたたりこんな結果に。結構楽勝と思った数字でしたが、”正月”故の落とし穴が有りましたね。未達に終わり自身の不甲斐なさに少々落ちみましたが....。

まあ一日平均60kmを走っていたので、普通に考えれば極めて健康的な正月休みであり、お陰様で体は相当筋肉質になりました。今年もロードバイクで良いスタートは切れました。

ロードバイク始めて良かった事

  1. とにかく食べる物が旨い!
  2. 適度な疲労感でぐっすり眠れる!
  3. 血の巡りが良くなって疲れにくくなった!

悪い事と言えば、晴れた日は仕事を休んででも走りに行きたくなる事位でしょうか。一年半が過ぎましたが飽きるどころか、ますます深みにはまっている状況です

2

正月休み最終日はコルナゴで80kmを走りましたが、3台乗り比べると衝撃吸収の違いから長距離ではカーボンに比較し疲れが出ますね。まあそれも些細な差ですから、そんなマイナスはカチッとした安定感の元では霞んでしまいますけどね。

今回スタイル優先で思い切ってハンドルを下げて試走してみましたが、20kmで手首が痺れる始末で、本田エアポートにて車載工具でハンドルを元に戻しました。見栄を張ってはいけませんね。ただ計算上からも、ステムがもう少し長くても良い気がするので、現在20mm長いステムが届くのを待っている状況です。

走行距離 78.8km

平均心拍/最大心拍 133/164bpm

平均ケイデンス 78pm

走行時間 3:02

消費カロリー 1775kcal

2010年1月 2日 (土)

謹賀新年

1

新年明けましておめでとうございます。皆さまの本年の抱負はいかがでございますか?私は2010年こそ、昨年のツキを取り戻すべく是が非とも良い年にします

昨日元旦は我家恒例の横浜ツアーに行って来ました。ただ元旦の朝から晩まで横浜を遊び倒すだけなのですが、子供も私もこの日が結構楽しみだったりするのです。

2

元旦は朝から一日晴天に恵まれ、屋外アイススケートリンクを子供たちが4時間も回っていました。私と家内は待っている4時間を読書に費やす事が出来て、これはこれでお互い充実。元旦からカフェの屋外チェアでコーヒー飲みながらの読書は、実に安上がりで充実した時間でした。

日が落ちてからは中華街を食べ歩きましたが、昨年よりも間違いなく人出が少ない!閑散とまではいきませんが、明らかに人口密度が少なく淋しい感じを受けました。不況で出歩く人が減少しているしている影響でしょうが、活況が一体いつになったら戻るのか不安が過りました。

さて元旦は一日食べ歩いたので、2日は午後からお決まりルートを走って来ました。正月故に酒が多くなり、不規則な生活になっているせいか、どうにも体が重い。ついついだらだら食べて飲んでが繰り返されますから、臓器に負担が掛かっている様です

5_2

本日も往路は北風で結構苦戦しましたが復路は一気に軽快。本日走っている台数は比較的少なかったように感じました。皆さん三が日位は家でゆっくりしてますよね。

6

結局本日は日が落ちるまで60kmを走りましたが、正月休みノルマの500km走破は残り一日を残して301kmという惨憺たる有様。夜遅くまで飲んで、10時頃まで眠り、朝とお昼兼用でおせちと雑煮を食べて、気が付けば14時と...。

まあ正月故の自堕落生活がのんびりしていて良いのですが、この生活リズムだと全く距離が伸びない!まさか300kmで断念する訳にも行かないので、せめて明日の最終日は100kmは走ってこなければなりますまい。

走行距離 65.5km

平均心拍/最大心拍 139/165bpm

平均ケイデンス 81pm

走行時間 2:29

消費カロリー 1486kcal

フォト
無料ブログはココログ