« 代官山 | トップページ | メンテナンス »

2010年3月22日 (月)

爆弾低気圧

3連休最終日にお休みが取れたので、家の雑用を片付け夕方から1時間ほど近所を走ってきました。しかし昨日の強風は凄かった様で、道路は至る所に太い枝や、砂、粗大ごみ 等が散在しており、路肩走行は大変危険を伴いました

一昨日の夜中は余りの強風に家が揺れて、流石に眠れず、電車も朝から止まったまま。爆弾低気圧と気象庁は唱えていましたが、確かにその名の通りの威力。有る意味台風より酷く、改めて自然の猛威を感じました。

P1020177_2

さてすっかり遅くなってしまい、家を出たのは16時過ぎ。まずは気になる桜の咲き具合を見に、近所の柳瀬川沿いを散策。例年の提灯は吊るされており、準備は万端でしたが、肝心の桜は一つも咲いていませんでした。来週までお預けですね。

その後何処を走ろうかと考えながら幹線道路を流しましたが、連休最終日で何処も道路は渋滞。路肩は枝や砂で危険な状況故、20km強で本日は引き返しました。どうにも今月は走れない

まあ強風下の20kmでしたが、しっかり汗掛けてさっぱりしました。やはり宅内で悶々とローラー台漕ぐより、実走で1時間走った方が爽快ですね。

P1020184

早々に自宅へ戻ったので、懸案のチューブレスタイヤの再装着を試みました。オルカとチネリはチューブレスタイヤにしたのですが、あっという間に空気が抜ける始末。実際に満充填して減圧程度を測ると、最も程度の良い物で一晩に一割減。酷い物だと一晩で3分の一に空気が抜ける始末。

自転車雑誌を読むとチューブレスタイヤの評価は高いのですが、タイヤの装着といい、この密着度といい、結構扱いの難しいタイヤだと私は思います。やはりクリンチャーが最も扱いやすい事は間違いない。

まあそうは言えども購入してしまったので、何とか試行錯誤を繰り返し、チューブレスタイヤの空気漏れを防ぐ方法を見つけました。タイヤをホイールに装着する時も石鹸水を多用しますが、タイヤをホイールに密着させる際も、石鹸水をタイヤのリムと、ホイールのハブに全周にたっぷり塗りつけて空気を充填。

こうすると空気は格段に漏れなくなりました。石鹸水をリムに塗ったまま空気を充填すると返って漏れると思い、リムを綺麗に拭き取って装填していましたが、これは逆効果だったようです。石鹸水がリムに残る事によって機密性が高まるようです。

それにしてもチューブレスタイヤには随分と手古摺りました。これ、出先でパンクしたらチューブを入れて対処と有りますが、正直大変面倒な事になります

走行距離 23.9km

平均心拍/最大心拍 132/164bpm

平均ケイデンス 68pm

最高時速 45.3km/h

走行時間 1:01

消費カロリー 588kcal

« 代官山 | トップページ | メンテナンス »

Road Bike」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆弾低気圧:

« 代官山 | トップページ | メンテナンス »

フォト
無料ブログはココログ