« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

不思議なご縁

Dpp_0003

年度末で走り回っている中、どうしてもハンズに行かなくてはならなくなり、ついでにバイクコーナーで無駄遣い。ベアリング部にテフロングリースとバルブキャップ2色。

Dpp_0005

コルナゴに履かせたオレンジタイヤ用に、オレンジバルブにしてみました。どうでもよいですね...。こんな小さなカラーアルミバルブが2個で525円。牛丼の大盛りが食べられますね。

さて本日は予報に反して曇天でどうにも寒い。晴れ時々曇り、最高気温15℃の予報に疑問を抱き、ウエアは厳寒期仕様で工事が終わっているであろう、荒川河川敷を走る事にしました(本日カメラを子供が持って行ってしまったため写真無しです)。

コンボイのように続くダンプと砂利道の迂回路はすっかり無くなっていました。無駄な公共事業は、予算を年度末ぎりぎりに使い切ったようですね。本当に意味のある工事だったのでしょうか?

そして本日不思議なご縁がありました。

荒川を予定もなく河口に向けて走っていると、後方から見知らぬロードバイクが接近。暫く後ろを走っていましたが、ペースが落ちたようだったので、再び抜き去ると、同じペースで追走される。

うーん。これは前回のおデブ?ではないが、風除けにされている??しかし、背後にはつかず斜め後方を走っている。抜き去っていただいて構わないのですが、抜かずに同速で走っており、速度が上がるとチェーンが遊んでいる。さてさてどういう意味か

何となく振り返って、本日はどちらまで行かれるのですか?と聞いたら、実に礼儀正しい返答をいただき好感を得る。面白い人だと思って、ついつい話し込んでしまい、世間話をしながら河口まで到着してしまいました。

聞けば私の自宅からロードバイクで20分程の場所にお住まいであり、ロードバイクを始めた時期もほぼ同じ。しかしこの方、様々なレースに出場、月に1000kmも走っていた強者。とても私ごときの脚力で、ついて行けるレベルでは無いのですが、しっかり彩湖周回路まで教えていただき、帰路までお供してしまいました。

社会構造の歪みから、人間関係が希薄になっておりますが、なかなか不思議なご縁が有るものですね。Nさんまたご一緒させて下さい

走行距離 95.0km

平均心拍/最大心拍 130/159bpm

平均ケイデンス 70rpm

最高時速 42.3km/h

走行時間 3:52

消費カロリー 2209kcal

2010年3月24日 (水)

メンテナンス

Dpp_0001

本日は一日雨。昨日の送別会の酒もしこたま残っていたので、体を休める意味もあり一日自宅に籠り切り。何もする事がないので、部屋の掃除と溜まったワイシャツにアイロンがけ

全てが終了したので、これからのシーズンを前に、バイクのメンテナンスを行いました。各所のボルトの緩みをチェックし、ワイヤーにオイル注し等々。なかなか優秀で全くボルトは緩んでいませんでした。

例の空気漏れチューブレスタイヤの最後の一本もこの際補正。石鹸水をたっぷり塗って空気充填、これにてチューブレスタイヤの空気激減からは解放されます。

Dpp_0026

買おう買おうと思って、10年以上が経過していたノギス。ハンズで2000円程度でした。こんなに安いならもっと早く買っておけば良かった。結構便利ですよこれ。パイプやビスの口径、クリアランスなどが0.1mmまで正確に計測出来ます。ハーレー弄るのにもこれは役立ちそうですね。

もう一つは最近使い出したデジタル空気圧計。これ、バイクや車のタイヤの空気圧も計測出来て大変便利。

バイクの準備も万端になりましたので、後は天候に恵まれる事を祈るばかりです

2010年3月22日 (月)

爆弾低気圧

3連休最終日にお休みが取れたので、家の雑用を片付け夕方から1時間ほど近所を走ってきました。しかし昨日の強風は凄かった様で、道路は至る所に太い枝や、砂、粗大ごみ 等が散在しており、路肩走行は大変危険を伴いました

一昨日の夜中は余りの強風に家が揺れて、流石に眠れず、電車も朝から止まったまま。爆弾低気圧と気象庁は唱えていましたが、確かにその名の通りの威力。有る意味台風より酷く、改めて自然の猛威を感じました。

P1020177_2

さてすっかり遅くなってしまい、家を出たのは16時過ぎ。まずは気になる桜の咲き具合を見に、近所の柳瀬川沿いを散策。例年の提灯は吊るされており、準備は万端でしたが、肝心の桜は一つも咲いていませんでした。来週までお預けですね。

その後何処を走ろうかと考えながら幹線道路を流しましたが、連休最終日で何処も道路は渋滞。路肩は枝や砂で危険な状況故、20km強で本日は引き返しました。どうにも今月は走れない

まあ強風下の20kmでしたが、しっかり汗掛けてさっぱりしました。やはり宅内で悶々とローラー台漕ぐより、実走で1時間走った方が爽快ですね。

P1020184

早々に自宅へ戻ったので、懸案のチューブレスタイヤの再装着を試みました。オルカとチネリはチューブレスタイヤにしたのですが、あっという間に空気が抜ける始末。実際に満充填して減圧程度を測ると、最も程度の良い物で一晩に一割減。酷い物だと一晩で3分の一に空気が抜ける始末。

自転車雑誌を読むとチューブレスタイヤの評価は高いのですが、タイヤの装着といい、この密着度といい、結構扱いの難しいタイヤだと私は思います。やはりクリンチャーが最も扱いやすい事は間違いない。

まあそうは言えども購入してしまったので、何とか試行錯誤を繰り返し、チューブレスタイヤの空気漏れを防ぐ方法を見つけました。タイヤをホイールに装着する時も石鹸水を多用しますが、タイヤをホイールに密着させる際も、石鹸水をタイヤのリムと、ホイールのハブに全周にたっぷり塗りつけて空気を充填。

こうすると空気は格段に漏れなくなりました。石鹸水をリムに塗ったまま空気を充填すると返って漏れると思い、リムを綺麗に拭き取って装填していましたが、これは逆効果だったようです。石鹸水がリムに残る事によって機密性が高まるようです。

それにしてもチューブレスタイヤには随分と手古摺りました。これ、出先でパンクしたらチューブを入れて対処と有りますが、正直大変面倒な事になります

走行距離 23.9km

平均心拍/最大心拍 132/164bpm

平均ケイデンス 68pm

最高時速 45.3km/h

走行時間 1:01

消費カロリー 588kcal

2010年3月19日 (金)

代官山

0

外回りにて数年振りに代官山を訪れました。その昔、代官のお屋敷群があったからその名が着いたと言うような事を聞い記憶が。不毛地帯の壱岐正もこの地に住まいを構えている設定でしたね。

代官山は、古き良きでもなく、斬新さを売りにした訳でもなく、何というか完成された町では決してなく、新旧が混在した微妙な位置づけの町ですが、なかなか洒落たお店が点在していますね。

散策する時間が無かったので、単に道中をカメラに納めてみました。一眼レフ持ってくれば少しはましな写真も撮れるのですが、いつも携帯しているデジカメではどうしてもスナップ写真になってしまいますね...。

1

駅前の通りはひと工夫欲しい所ですね。住宅が点在するので仕方ないのでしょうが、カフェやショップの賑わいが少ない。”町の空気”が弱い気がします。

2

この通りにも結構佇まいが凝ったお店が有りました。今度家族で寄って見ようと思います。何の商品を扱っているかは別にして

3_2

このカフェも素敵でした。ランチもやっている様子。花粉には悩まされますが、ここ数日の春の日差しのもとではついつい足を延ばして歩いてしまいますね。営業は好きに外回りが出来て幸せです

2010年3月17日 (水)

清瀬 オッティモ

本日は家内の誕生日なので、必然外食と相成りました。というか、家内が自身で企画したので、私は仕事からお店に向かうだけだったのですが

家内の誕生日+子供の卒業祝いと銘打った本日の企画、さてや六本木?麻布?と心配していると、地元清瀬と言うでは有りませんか。清瀬にそんな洒落たお店有ったかな?と清瀬駅南口にてお待ち合わせ。

東京23区内から都落ちし、清瀬に移り住んで早10年が経過しましたが、未だに南口を歩いた事は皆無。さてさてどの様なお店なのでしょうか。

P1020126

そして駅から徒歩5分程で到着したのがこちらのお店。昭和を思わせるようなノスタルジックな歓楽街の中に、少々地味な佇まい。ちょっと一見さんお断り的な雰囲気の店構え。

家内は友人と共に一度訪れた事が有り、大層こちらのお店をお気に入りで、家族を是非連れて行きたいと考えていた様子。連れていくと言っても、結局支払いは私なのですが...。

お店は小さく、個室やパーテションも無くフルオープン。内装、雰囲気云々言う方は別のお店に行ってください。町の飲み屋さん的な、日本人が忘れた古き良き時代を感じられます。

P1020092

カルパッチョ?正確な品目を覚えておらず申し訳ございません。ただただ美味しかったですよ。こちらは確かスズキだったかな、あっという間に平らげてしまいました。

P1020095

こちらは家内が無理に頼んだ裏メニュー??チーズ揚げトマトソース和え。いやー珍しい物を食べさせていただきました。子供たちも大喜びです。無理な注文出してすみませんでした。

P1020110

何と!サプライズ。子供の小学校卒業をお祝いして下さいました。思わずリッツカールトンが頭を過りましたが、実に嬉しい演出を有難うございました

私も家内も運動しているせいか、とにかく底なしに食べてしまうので、家族5人で凄い量を平らげて来ました。我が家のエンゲル係数はとにかく凄いですよ...。本日は昨晩浴びるほど飲んだお酒の影響で、流石に一滴も飲めませんでしたが、次回はチャリンコでお邪魔して飲んで来ようかと思います。

マイナーな清瀬にお住まいの方、是非一度お立ち寄り下さい。お世辞抜きで美味しい料理を堪能出来ます。ご馳走様でした!

2010年3月14日 (日)

本日は晴天也

P1020075

本日は最高の天気でしたね。先日の休みは雪で自宅軟禁でしたら、走れないフラストレーションで体が疼いてしまい、夕方のアポイントが無くなった事を幸いに、少々仕事を早めに切り上げて走ってきました。

自宅に帰宅するやスーツからウエアに着替え、夕暮れまで僅か2時間ですがペースを上げて存分に走る事が出来ました。日が長くなる事は実に有り難い。

本日も先日風邪を引いたMIDレンジでのウエアでしたが、平地はこれでも暑いくらいでしたから、そろそろパンツはハーフでも良いかもしれませんね。風も穏やかで日はたっぷり、本日の様な貴重な晴天は仕事をしている場合ではございません

P1020068

本日は時間も無いので、荒川下りとしましたが、例の砂利道閉鎖は未だに状況変わらずで、折り返して再び荒川北上。秋ケ瀬公園から引き上げる車列は、ディズニーランドのそれの様に大変な渋滞でした。不景気の最中、お手軽レジャーで公園が流行っているのでしょうか?ファミリーカーの渋滞を横目にすいすい走り抜けさせていただきました。

P1020069

何ともう河川敷は菜の花が一面咲き乱れ、黄色い護岸と化していました。すっかり春なのですねぇ。季節感を肌で感じる事もロードバイクの楽しみ。

P1020082

お決まりフォト。本日のお相手は一カ月振りに登場となったオルカ。実は新調したチューブレスタイヤの機密性が悪く、空気を入れても2時間もすると圧は半減してしまい、とても走れる状況では有りませんでした(実際何度か走っていましたが....。)

本日も自宅で入れた110KGの空気圧は、2時間走って計測すると前後とも規定値以下の、80KGしかない有様。チューブレスは空気の漏れが少ないなど、大ウソであります。クリンチャーの方が余程空気は漏れません。一体どうすれば良い物か。

本日は日没まで軽く走るつもりでしたが、太り気味の方(デブ)が勝手に背後について5km以上も走り、これ見よがしに抜いて行ったので、しっかり煽って同様に抜き去ってあげました。相手にしなければ良いのですが、信号無視などこう言ったマナーの悪い輩が妙に増えた気がします。お陰で無駄な体力を使ってしまいました

走行距離 70.8km

平均心拍/最大心拍 142/177bpm

平均ケイデンス 81pm

最高時速 43.0km/h

走行時間 2:40

消費カロリー 1724kcal

2010年3月13日 (土)

銀座 山形屋

Dpp_1381

スーツは何処で購入されていますか?AOKI、スーツファクトリー、デパート。

私は以前はスーツなど吊るしで十分という考えでしたので、もっぱらAOKIの2着¥39,800を買っていましたが、どうにも生地の悪さが否めません。

以前の職場の所長が、スーツ買うなら山形屋が良いよと教えて下さいました。山形屋ってオーダースーツだから高くないですか?と尋ねると、普通の生地で作っても一着5万円程度だよと。

AOKIに比べれば高額ですが、オーダーメイドで5万円なら決して高くはない。

さて、自身の体系に有ったスーツを一度着てしまうと、吊るしのスーツは着られません。騙されたと思って、一度山形屋で一着スーツを作ってみてください。スーツとは本来オーダーで作るべきだったのだと衝撃を受けます。※決して私は山形屋さんとは利害関係にありません

Dpp_1382

気がつけば山形屋にて作ったスーツは、夏冬合わせて7着ですが、冬物がそろそろやれて来たのでいい加減行かなければなぁと思いながら数年経過。職場が変わり大泉学園には行けないので、今回は銀座店に初めて伺いしました。ここは唯一便利な場所に有り。

私のサイズデータは山形屋さんにて記録されているので、新たに採寸する必要はなし。しかし今回、スリムタイプにされてはいかがですか?と申し出があったので、なるほど今の若い人は皆腰回りを絞ったスリム型かと....。

年甲斐にも無くそのスリム型にしてもらいました(゚ー゚;。生地を選んで、裏地を決めて、ボタンは何色、2ボタン?3ボタン?と、とにかく何でもオーダー出来るので、楽しいですよ。調べてもらうと最後にスーツを作ってから、早4年が経過していました。自身の着ているスーツのタグの裏に、製造年月日から名前まで、データが全て記載されている事を、この時初めて知りました。なかなかやりますね、山形屋。

スーツを選び終わると、おや?ワイシャツも結構揃っている。これもオーダーなのでしょうか?そうなのでした。

試しに2着作ってもらいました。ボタンの色や、背中のタック、襟の仕様やカフスまでこちらもオーダー自由。形状記憶生地で一着\7,000程度です。

さて着心地は???うーん素晴らしい。鎌倉のワイシャツも一度着てみたいと思っていた所でしたが、こちらも既製のYシャツとは比べ物にならないほど着心地が良い。

冷静に考えると、私の場合、私服は全くと言って良いほど必要無いのですね。休みはロードバイクで出てしまうのでジャージだけで十分ですし、週の6日はスーツですから、スーツに多少お金掛けた方が有意義なのですねぇ。これも悲しい現実ですが(;д;)

Dpp_1366

そしてこちらも新兵器登場。ビジネス雑誌を読んでいたら、パナソニックから新型アイロン登場とあり、見ればなかなかのデザイン。そういえば我が家のアイロンは、もう10年近く使っているなと。

パワースチームまで付いて、購入価格\12,000。安いのか高いのか分かりませんが、アイロンの中では最高級品の様子。

Dpp_1367

使ってみると実に快適。両端が尖っているので、生地の上で往復させても皺にならない。スチームの量も従来の倍ほどで、表面の加工もすこぶる良い。すっかりアイロン掛けが楽しくなりました。え?自分で掛けるのかって?はい、我が家では家庭の平和の為に、アイロン掛けと洗濯は私の役目なのでした(´Д⊂グスン

2010年3月10日 (水)

自宅軟禁

Dpp_1423_2

しかし今年に入ってから良く雪が降りますね。雪が降る度に積もらないでくれと祈るのでありました(ロードバイクに乗れない事が何より辛い)。

折角の休みでしたので、午後には路面が乾く事を期待していましたが、結局曇天からの回復空しく軽く走る事すら出来ませんでした。まあ先週の高尾山を走った際に、ウエアを厳寒期より1ランク上げ、ライトウィンター仕様にした影響で風邪を引き、数日寝込んだので有りました...。

天気予報をそのまま信じてはいけませんね。多少標高が高いという事も有りましたが、大垂水付近は10度を軽く切っていましたから。長距離のウエア選びは実に難しい物です

Dpp_1424

さて自宅軟禁となってしまった本日、手持無沙汰でありまして何をしようかと。そうそう、交換予定であったペダルをこの機会に交換する事としました。

コルナゴ用に購入していたLOOKのKEO2 MAX。踏面が20%UPとか、金属採用とか云々の効能が有るようですが、私にとってはどうでも良く、3台が共通のクリートで利用出来れば良しなのです。

Dpp_1422

交換は10分で完了。見た目は他の2台のペダルと比較して、何となく安価に感じます。キャッチは他車と同じ感覚ですが、リリースのひねりが少々角度的に大きい。初期的なバネの強さを差し引いても、明らかに角度が若干必要。膝に負担が掛からない様に注意が必要です。

Dpp_1420

ペダルがあっけなく終わってしまったので、宿題で有ったチェーンオイルの試験結果を発表いたします。と言っても個人的主観なのであくまでご参考という事で。

総評は「どれを使っても一緒」という結果です。そう言うと元も子も無いので、FINISH LINEオイルの中で私なりに今後どれを使うかという結果をご報告します。

Dpp_1429

二度と買わないのはFINISH LINE WAX。臭いはキツく、液はサラサラ過ぎて使用量が大。作動音も大きく良い事なし。しいて言えばチェーンが汚れにくいという事ですが、潤滑性能が劣るのでは意味が無い。これが商品化されている意味が理解出来ない。

Dpp_1433

つづいて卒が無いのがこちらのFINISH LINE セラミックシリーズ。ROAD / WET LUBE / WAX LUBEと3種類有りますが、正直どれも変わりません。セラミック系なのでベタ付きが有り、重いオイルです。その分使用量は少なくて済み経済的。チェーンの汚れは粘着性故それなりに有ります。特にスプロケット系の汚れ取りは少々面倒です。反面潤滑性能は抜群で大変音も静かです。

Dpp_1430

最も使い勝手が良いのが、FINISH LINE DRYでしょうか。さらさらな液体なので量は使ってしまい、臭いも多少有りますが許容範囲。汚れの程度も普通ですが、スプロケットに対しての汚れの付着は少なく、拭き取りも至って楽。

今後はDRYを不断に使って、気が向いたらROADを使用する感じですね。私は雨の日は絶対に乗らないのでDRYで十分です。

どれも使用してみると、100kmも走ればチェーンは真っ黒で、スプロケットも刃先は同様。長距離走る毎にオイルを拭き取って、新しいオイルを挿すのであればどれを選択しても同じなのです。そう言えば我が家のママチャリとMTBのチェーンは、オイルを挿した記憶すら無い

2010年3月 7日 (日)

カラリオ故障

Dpp_1404_2

昨年のお正月にamazonにて¥19,000で購入したカラリオ EP-801Aですが、今年の年賀状印刷の際にやたらと縞模様が出るので、都度ノズルクリーニングを繰り返さなければならない始末に。

挙句妙にインクの減りが速い!6年以上使った、ノイズの大きなカラリオの方がまだましだったのではと思い始め、騙し騙し使って年賀状を刷り終えると遂に壊れました。

購入してから2シーズンで年賀状400枚程度、CDラベル10枚程度印刷しただけで故障とは...。

仕方が無いので何処に修理に出せば良いのかネット検索。なになに、修理基本料金は...何と!\11,500が基本料金で、これに技術料、部品代が加わるそうな。

確かにプリンタの本体価格はほとんど赤字販売で、購入後のインクジェットで元を取ると散々聞いていましたが、それにしてもこの高額な修理費用はあまりに酷い。

正直容易く壊れたエプソン製品に嫌気がさし、キャノン等に買い換えようと思ったのですが、不幸にもインクカートリッジのストックがひと箱残っているのでした。買い換えるタイミングは正直難しい。

という訳で、修理に出すより買った方が安いという事で、再びアマゾンでEP-802Aを購入。こちらは無用な無線LAN機能が付いているだけで、801と基本機能は同じ。価格は\19,600でした。今度壊れたら今度こそキャノンに買い替えますが、この複合機は、プリンタ、スキャナ、CDラベル印刷と機能凝縮型なのは良いのですが、取り扱いが非常に繊細。

CDの印刷スライダーなども手でちょっと押してしまうと、すぐに異音が始まります。少々手荒に扱っても壊れないようにしていただきたい。最近の家電は使いもしない機能ばかりがついて、しかも壊れやすい。TOYOTAでは有りませんが、MADE IN JAPAN神話は既に崩れ去っていると私自身感じますね。

さて壊れたプリンタどうしましょうかね

2010年3月 3日 (水)

相模湖周遊

天候に恵まれないと嘆いていると、エアポケットの様に本日は晴れ間が見え、暖かな一日であるとお天気お姉さんが微笑む。

昨晩何処に行こうか深夜まで地図を睨み、行った事の無い高尾山に決定。国道20号から高尾山→大垂水峠→相模湖一周で帰宅と、120kmのルートを策定。GPSにルートを落し込んで出立。

1_2

こちらは高尾山駅。現在工事中でしたが、昨今増えたハイカー向けに改装中なのでしょうか。土日の早朝は中央線に乗る年配のハイカーが目立ちますが、皆さん男女問わず元気ですよね。大変良い趣味だと思います。

5

高尾山駅に到着したものの、さて登山道は?どこから入るの?と小学校の遠足以来の高尾山なので、売店のおばちゃんに色々レクチャーを受け、まずは大鳥居を目指す事に。

鳥居を発見しいざ山道!と意気込むと、石畳の急勾配が目に入り、一気呵成に上っていくとゲートが道を塞ぐ。誘導員にもしや自転車は駄目?と伺うと、駄目ではないが上っていく者はいないという。

確かに道幅は狭く、グループの登山客が一歩一歩上っていくような道であり、その脇をロードバイクが抜けて行くのも気が引ける。潔く引き返すことにしたのですが、途中で年配のロードバイク乗りと話に花が咲いてしまい、色々情報をいただきました。その方は所沢球場からここまでロードバイクで来て、これから徒歩で登山をするとの事。どう見ても50代なのに、年齢をお聞きすると何と何と70歳!御見逸れいたしましたm(_ _)m

2

何故か高尾山に妙な施設を発見。なかなか良く出来ておりましたので、モナリザと愛馬の妙なショットを撮影。

ロードバイクだと身軽なので、ついつい走り回って妙な物を探してしまいますね。

4

最終目的地の相模湖。単なる汚い大きな池...。

高校時分にバイクで走り回った、20号の大垂水峠も越えてきましたが、こんなに勾配がキツかったっけ?とダンプが掠める国道を黙々と進みましたが、砂埃と排気ガスでとても快適な道ではない(ノ_-。)。帰り道では花粉症が全開してしまい、くしゃみと鼻水に耐えながらの帰宅に。

GPSを持ちながらも本日も道を誤り、一日掛けて145kmを走って来ました。エネルギーコントロールが上達してきたのか、結構楽勝なロングランを楽しめました。

走行距離 144.9km

平均心拍/最大心拍 129/167bpm

平均ケイデンス 72pm

最高時速 57.3km/h

走行時間 6:10

消費カロリー 3406kcal

フォト
無料ブログはココログ