« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月25日 (金)

奥多摩ライド

Dpp_0003

日本決勝トーナメント出場決定!御蔭さまで私も皆さま同様に寝不足です。誰も3-1など予想した方はいらっしゃらなかったと思われますが、眠気も吹き飛ぶ90分でした

所要も有り、寝不足も想定し本日はお休み。2輪に傾倒していたため、家内には何もサービスをして挙げられていなかったので、MINIを購入してしまった罪滅ぼしも兼ねて、奥多摩をドライブしてきました。

Dpp_0001

お決まりのへそまん。私が幼少の頃から存在していたと思われたので、買い物ついでにご主人にお話を伺うと、60年前から営業されているとの事。これからも末長く頑張ってください。へそまんは久々に食べてみましたが、あんこが目一杯詰まっており大変美味でした。

Dpp_0004

陣屋にてそばとこんにゃくを家内に食べさせてあげようと案内しましたが、何と木曜定休にもかかわらずお休み!ワールドカップの徹夜明けでお休みにしたのでしょうか?

食いそびれたままお店を探し、奥多摩有料道路に入って暫く走ると、左手に見える「やませみ亭」を見つけ試しに訪れてみました。

軽食とあるので全く期待していなかったのですが、定食950円も合格レベルで、紅茶とケーキもコペンハーゲンの食器で提供。聞けば昨年8月にオープンしたばかりとの事で、なかなか面白い場所を見つけました。

Dpp_0005

本日の家内への誘い文句は温泉でしたので、小菅の湯を考えていましたが、しっかり第四金曜日定休で没でしたので、ネットで調べた挙句、「数馬の湯」を訪れました。

感想は最悪。入浴料は大人¥800もする上に、内部は狭く、露天風呂も3人も入れば一杯。景色は空しか眺められません。この狭さと湯質で\800は高額過ぎ、造りも大衆浴場。良い点は一つも有りませんでした。再び訪れる事は有りませんね。

まあ救いは家内が久々の温泉?で気分転換が出来たと喜んでくれた事ですね。

さてMINIにて初めて峠道を走ってみましたが、思いの外ロールが激しい。またランフットタイヤは段差超えの突き上げが激しい。エンジンはそこそこ回していれば、二人乗車では元気に走ってくれますが、少々アンダーパワー気味ですね。

まあ峠を攻めるスポーツカーでは無いので、普通にコーナーを楽しむ分には十分かとは思います。NAの1.4Lでこれだけ楽しめるのであれば満足としましょう。

2010年6月24日 (木)

晴耕雨読

P1020434

定休の本日も見事に朝から雨。昨日の予報では午前は持ちそうだったので、2時間ほど走る予定が全く出られず欲求不満。

仕方が無いので再びMINIのカスタムを実施。

P1020433

欧州車に多いブルーミラーに変更してみました。結構紛い物の様な、ブルーやゴールドのミラーが1万円程度で販売されているのですが、MINIのミラーは純正もミラー表面が一部広角ミラーと合わせている様な、特殊な加工がされているので、市販されている最も高いミラーを敢えて使用してみました。

P1020435

Before

3

After

このミラーはただ単に両面テープで張り付けるだけの代物ですが、何と2.6万円。超広角、永久撥水処理加工済みと銘打っているだけの商品なので、今後の経過が楽しみです。

1

ついでなのでカバーもメッキからユニオンジャックへ交換してみました。エクステリアをクローム仕様で統一してみたのですが、正直実に平凡

これらのおふざけパーツが許されるのもMINIならではと感じ、早速交換してみました。なかなかワンポイントとなって吉。こんなミラー付けて走れるのはMINIの特権ですからね。

簡単にこのミラーカバー外せると考えていましたが、爪が5か所掛っており、正直外すのは大変です。ミラーを取り外さなくてはならないようでしたが、無理に力を掛けるととミラーが割れてしまうので、結構手を変え品を変え苦労しました。

2

続いてはフットペダルカバーの交換。標準オプションのペダルカバーは2万円弱ですが、アクセサリー的でメッキカバー+ゴムスリットで今一つ不安。

その他アフターパーツを散々探しましたが、ハーマン製のこのアルミペダルしか存在せず。何とこのペラペラのアルミの板と、8本しか入っていないビスで3.6万円!!!

詐欺みたいな商品ですが、これしかないので仕方がない

4_2

Before

こちらがノーマルのフットペダル群。アクセルペダルはプラスチックで、ブレーキとクラッチはスチールのアームにゴムカバーと国産車並み。

欧州のマーチですからこんな物なのでしょう。クラッチは雨の日に滑ると事故の原因となるので、ロードスターで使用していたペダルカバーを無理やり装着していましたが、何とも情けない。

7

After

いやはや取付に苦労しました。スチールのアームにビス穴を8本も開けなくてはならず、電動ドリルを駆使して2時間も掛りました。これ普通の人なら絶対に取付出来ませんって。

まあ終わってしまえば、見てくれと踏み心地は格段に改善されました。車で最も使用頻度の激しいクラッチペダルですから、これで安心出来ると考えれば安い物?

2010年6月15日 (火)

梅雨入り宣言

2

昨日梅雨入りが宣告された関東地方。本日の休みを有効に使うべく、MINIにて雨模様の奥多摩を流してこようと準備して就寝。当然サッカー見てから就寝したので、かなり寝不足気味....。

ところが目覚めると、カーテンから差し込む日差しが強い。これは細くなった脚に活を入れるべく、神が与えて下さった貴重な晴天に違いない。とMINIからチネリに乗り換え、荒川を疾走してきました。

1

最高気温29度。全く曇る事も無く終始晴天!少々熱射病気味でしたが、とにかく爽やかな夏空の元、最高の贅沢ですね。

先週も雨で走れなかったので、再び半月振りのロングは、やはり体が重い。取敢えずお決まりのホンダエアポートまで走り、本日はここから荒川河口を目指してみました。

3_2

途中左のグリップがどうも外を向いていると思ったら、完全に緩んでいました。車載工具では対処できないので、負荷を掛けないようにして乗りきりました。先日のシューズのクリートのボルト飛びと言い、一度メンテナンスしなくてはなりませんね。

5

そして荒川河口到着。南風が強く、逆らって南下したものの脚は既に売り切れてしまい、疲労困憊で到着。ここまでで90km走破。平地の90kmで音を上げるとは、サボった影響で酷く体力が衰退しているようです

4

帰路は南風を背にして快調そのもの。しかし20kmを超えると、何故か北風に変わり、再び向かい風...。暑さと体力消耗で115km地点で一度休憩。熱射病でぶっ倒れては洒落になりませんから。

結局133kmを走り、満身創痍の状態で帰りつきました。水は2L消費し、携帯食料は全て空に。家を出る際の体重は62.5kgで、帰宅後は59.5kgと3kg減。しかし体脂肪率は帰宅後も12.2なのは何故??

梅雨入りの晴れ間、体力の限界まで走れて感無量です

走行距離 133.2km

平均心拍/最大心拍 141/167bpm

平均ケイデンス 73rpm

最高時速 46.9km/h

走行時間  5:05

消費カロリー 3288kcal

2010年6月 9日 (水)

MINI 自己満カスタム2

Dpp_0035

折角の休日が雨。今週も走れなかった...。足が一回り細くなってきた感が有りますね。仕方がないのでローラー台で我慢します。

さて午後になっても小雨がパラついていたので、本日の出走は諦めて、再びMINIの自己満足パーツを装着してみました。

Dpp_0027

こちらはドアロックピン。摘まんで使用する様な代物では無い程に小さく、ロックボタンで操作するのだから使わないでしょ?と割り切っている様子。

Dpp_0057

このどうでも良いロックピンをウイングマーク化粧。ただそれだけですハイ。¥4,200円也。

Dpp_0047

お次はクロームインテリアキット。Harley同様、まずはクローム化が基本なのでしょうか。やたらとメッキのリングが入っています。この手のパーツで以前懲りていたのですが、やはりこちらも台湾製。恐らく貼ってある両面テープは使い物にならないでしょう。

Dpp_0034

BEFORE

Dpp_0053

AFTER

センターに鎮座するドでかいスピードメータやドリンクホルダー、エアコン吹き出し口、スピーカー、シフトの台座まで、これでもかとメッキリングになりました。

改めて考えると、MINIは円形を基本にインテリア、エクステリアが造形されているのですね。

懸念された両面テープは予想通り。結局市販の強力両面テープをカットし、一個一個貼り付けなければならず、30分で終わるはずが1時間半も掛りました。しかもドアノブのリングはレバーに干渉して取付できない。やれやれ

Dpp_0048

作業終了後。リオのカーニバルの山車が通り過ぎた後の様な有様。片付けるのもまた面倒。

Dpp_0056

作業終了。高級感ではなく、何となく賑やかになった感じ。フロアマットもジョンクーパーワークスのチェッカー柄に交換しましたが、これは所謂カーペットではなく、ゴム質のマットで手入れも大変楽。

そういえば何故カーマットって、オプションで高額なのでしょうか。国産車でも納車セットは当然ご入り用ですよね?と、儲けはここでいただいていますと言わんばかりの付属品。しかもカーペットだから土足で踏めば当然砂まみれ。このゴムマット中々便利です。

アフターパーツが多いだけに、ついつい無駄な金を使ってしまう....。

2010年6月 5日 (土)

ホームベーカリー

Dpp_0001

我が家は家族5人であり、子供も部活に入りやたらと食べるようになり、日々食パン2斤が無くなります。大体スーパーに買い物に行くと、食パンは6斤購入するので、買い物籠の一つがほとんど食パンで占拠されます。

家内と買い物に行く度に山の様に購入する食パン。されこれはどうにかならないものか。そして食パンの原材料を読むと、何やら怪しい添加物が満載。毎日こんな食パンを子供たちに食べさせ続けて良い物か?と色々調べて辿り着いたのが、ホームベーカリー。

結構一般化されている様で、各社から機械が販売されている。初心者は無難なパナソニックにしようと、発売間もない新型機を購入。

餅が出来たり蒸しパンが出来たりと、不要な機能が付いていますが已む無しと1斤用を購入してみました。価格は\24,000程。

届いた機械は我が家に有る、20年物の持ちつき機と互角の大きさと容姿。さて実力の程やいかに。

Dpp_0002

蓋は二重になっており、上がドライイーストを投入する構造。一度ドライイーストを入れ忘れて大変な物が出来てしまいました

Dpp_0003

更に蓋をあけるとこちらにパン焼きの器が現れます。底の羽根で投入した強力粉を捏ねてパン生地を自動で作ってくれます。

この器に強力粉と水、スキムミルク、水あめ?等を入れ、蓋を閉じてスイッチを押すだけのお手軽さ。

99

我が家では6時半に焼き上がるようにタイマーセット。起床と共にパンを焼く香ばしい匂いが家中に立ち込めます。蓋を開けると器の中でパンが焼き上がっています。

Dpp_0002_2

焼き上がりから直ぐに取り出さなくてはならず、これが少々面倒な作業ですが、立派なパンがお目見えします。

肝心の味は一言、炊きたてのご飯の様に、自家製パンは最高のご馳走。ミミまで美味しく食べられます。家中の者が朝食を楽しみにするようになりました。

パナソニックで販売されている、投入して焼くだけのベーカリーの元が有りますが、こちらは一袋200円強なので市販の食パンより高い。ただ味は配合済みなので、失敗なく美味しく焼けます。

現在ホームベーカリーの本を購入(随分出てました)し、色々なパンを作ろうと検討中。

食パンを単純に作るのであれば、市販の強力粉とドライイースト、その他の味覚原料を入れても100円にも満たない様子。電気代も10円程度ではないでしょうか。日々食パンを購入している方なら、絶対にお得で有り、自宅で焼きたてのパンが食べられる幸せの為に購入をお勧めします。

難点はパンが無添加故に日持ちがせず、2日で食べなくてはならない。まあ安全の証拠ですからね。場所も少々必要ですが、我が家では毎日使う物なので、思い切ってリビングに置いてみました。キッチンにはこの手の機械を置くスペースって無いのですよね。

さて今度は何パンを作りましょうか??

2010年6月 2日 (水)

本日は晴天也

P1020414

鳩山政権一年持ちませんでしたね。安倍、福田、麻生と内閣総理大臣の任期は一年ではないのか?(小学生ならそう思いますよね)に続いて8カ月とは。この国は世界にどれだけの醜態を晒せば気が済むのでしょうか。

まあ日本政権を嘆いていても仕方が無いので本題に。本日は良い天気でしたね。湿度が低く気温も最適で正にサイクリング日和。

最近MINIに傾倒し過ぎていたので、本日は荒川を100km走って来ました。本日のお相手は久々にコルナゴ。リアディレーラーの異音はそのままで一日耐えました。

先週の休みは雨で走れなかったので、本日は半月振りのロングライド。結構きつかったですね。やはりサボると覿面に体が重く動きません。

スポーツはやはり日々のトレーニングが欠かせません。反省しながら重い体を無理無理動かしてどうにか100kmを走りきりました。

P1020418

お決まりの荒川河口口。重い体を操りながら辿り着きましたが、やはり爽快ですね。良い汗をかけて帰宅後のビールが楽しみです。

ロードバイク始めてから、食事も酒もとにかく美味しく、夜も死んだように眠れます。もっと早く始めておけばよかったのですが、今更嘆いても仕方有りません。梅雨前までに走り込んでおきたいのですが、仕事が許してくれないでしょう

走行距離 106.9km

平均心拍/最大心拍 145/169bpm

平均ケイデンス 78rpm

最高時速 48.7km/h

走行時間  3:56

消費カロリー 2665kcal

2010年6月 1日 (火)

巧みな演出

Dpp_0010

昨今の若者は所有欲が無いと言われています。先日も雑誌を読んでいたら、豊かな物に囲まれて育った現代の若者(20代ですね)は、物に対する執着が無く、ブランドにも拘らず、物欲その物が希薄になっているそう。

確かに今年私が面倒をみる事になった、20代の部下も物欲が無い。携帯が有るので時計は不要と言って腕時計はしていない。うーん確かに仰る通り。

休日は何しているのかと尋ねると、特に何もないですね...。と。

何か有るだろうと深堀しても本当に無いらしい

正に雑誌で読んだ典型的な若者がここにもいました。車も高級腕時計も全く関心が無いらしい。確かに浪費しないし、堅実に貯蓄に回せる利口な連中なのかもしれません。

でもどうにも元気が無い。というかエネルギーを感じないのです。結局物欲って、その物が欲しいから貪欲に頑張って、絶対手に入れたるぞー!と無尽蔵な力に代わるモチベーションの根源だと私は思うのです。

私などは物欲の塊(バブル期を謳歌?した40代は総じてそうらしい)なので、とにもかくにも食指が働いた物を貪欲に追い求めてしまいます。これが無かったらこんなに仕事してませんて、本当に。

若者よ!物欲を持つのだぁ!と私の部下には日々刷り込んでいます

Dpp_0017

さてMINIが我が家にやってきてから約一週間になりますが、仕事で疲れて帰ってきても、ガレージに鎮座しているこいつの可愛い顔を見ると、ついつい顔がほころんでしまいます。

MINIは"買う"のではなく"飼う"と専門誌に有りましたが、確かに犬っころを飼っている様な感覚に陥ります。このデザイン旨いよなあ。

最近このデザインについて興味を持って、マーチ、ヴィッツ、フィット(MINIに似せている?順)との違いをしげしげと観察しているのですが、僅かな曲線だったり、エンブレムの微妙な位置や大きさで、明らかに異なる車になってしまう。

生産効率や採算性を上げると、デザイナーの意図した僅かな曲線美等が削がれてしまうのでしょうね。国産車の横並びのデザインも、もう限界点を有に超えていますからね。中国、韓国との追い上げから逃げ切るには、避けてきたデザインで勝負するしか道は無いと思うのですが。

Dpp_0007_2

そして付属品も実にユニーク。車の取扱説明書って、実に無味乾燥で説明書です然とした物ですが、また遊び心が有るのですよ。本当に巧みにユーザーの心を捉えますよね。一見自動車雑誌見たいですからね。頑張れよ国産車。

Dpp_0008

そして最も驚いたのがこの鍵。これが自動車の鍵ですからね。

お客様のVWやアルファロメオ、ベンツ、BMWの鍵はこれまでも拝見しており、高級車とはこの様な演出から始まるのだとは感じていましたが、このユニークな鍵は違った意味で所有欲を擽ります。

これを穴に刺して、スタートボタンと押すとエンジンが掛ります。本当は鍵刺して回した方が、簡単で有るのですが、この面倒な儀式が楽しくなってしまうのです。

学生の時分にインダストリアルデザインに憧れて、盛んに車や家電をデザインした過去が有るのですが、やっぱりこの様な仕事をしてみたかったですね。奥山清行氏の様な、日本人がこれからも世界で活躍してくれる事を祈るばかりです。

フォト
無料ブログはココログ