« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

パンク対策

011

先日の炎天下でのパンクで危機感を感じた為、改めて装備を見直してみました。

007_2

先日景気良く新品のチューブをバーストさせたボンベ式ポンプ。バルブから外れないように、力を込めながら充填ボタンを押さなければならず、どうしても微妙な空気量の調整が難しい。慣れが費用ですが、半年に一回程度の使用頻度では慣れる事も困難。

今後の使用が危ぶまれますが、使いこなせれば80kgまでこのボンベで一気にチャージ出来るので実に悩ましい所。

008

既にカーボンポンプはオルカとチネリに積んでおり、これ以上のポンプの買い増しは無駄と判断したため、少々大きくて重い事が難点ですが、MTBに積んでいた手動ポンプをコルナゴに移植する事にしました。

015

どうにも不細工ですが背に腹は代えられないので、しばしこれで安心を買う事にします。そういえば私を救ってくれたTREK乗りのお兄さんはこれと同じポンプを積んでいました。

これまで4回パンクしており、ストックしていた予備チューブが底をつきましたので、白いポンプ探してみますかね

2010年7月24日 (土)

朝練

1

最近お陰さまで忙しく休みが取れないので、今朝は半休を取って出勤前に朝練を行ってきました。と言っても自宅を出たのは9時過ぎでしたが..。

既に朝から気温は30度、荒川沿いを走っている頃には体温に近い気温だった事でしょう。荒川の花火大会の事前準備を行っており、ノスタルジックな提灯の設営作業中でした。

2

ローラー台専用と化したコルナゴを本日は選択。暫く走るとケイデンス表示が微動だにしない事を確認。まだ取り付けて一年程しか経過していないはずなのですが、ローダー台で使用していたせいか、ケイデンスセンサーがバッテリー切れの様相。

ご存知かと思われますが、今時電池交換が出来ないセンサー故、また4000円強払ってセンサーを購入しなければなりません。ポラールの唯一の泣き所ですね。

3

ケイデンスに続いて何とパンク。炎天下の元、全く日差しを遮る物が無い場所に限ってパンク

コンチネンタルの耐パンクタイヤを履いているにも関わらずパンク。3台とも耐パンク仕様にしたので、ここ半年ほどはパンクと無縁だったのですが、忘れた頃にやって来ました。

汗が滝の様に流れる中、久々のパンクにチューブが入っていたか?パッチは?と少々焦りながら作業開始。コルナゴには手動ポンプを積んでおらず、カートリッジボンベのエアポンプを携帯していました。いよいよこれが試される日が来てしまいました。

4

炎天下で朦朧としながらチューブ交換。初めてボンベに穴をあけガス充填okに。チューブ装着に微量のエアを入れますが、勝手に慣れていないせいか、上手く適量が入らない。

どうにかチューブを程良いエア量にして、タイヤを戻し、いよいよガスの全量を充填!

「バン!!!」と言うけたたましい破裂音とともに、チューブが破裂しました

このボンベ、レバーを引くと一気にガスが凄い量で噴出される様で、若干リムに引っ掛かっていたチューブがそこで破裂したようです。見事にチューブに穴が空いてTHE END。

頭を冷やすために、延々バイクを引いて橋の下の日陰へ退避。暫し休んでから再びタイヤを外し、本日パンクした本来のチューブの穴を捜索。しかしガスボンベはスペアカートリッジを持参しておらず既にガスは空。万事休す。

チューブの穴を探すにもエアが充填出来ない。さて貴方ならどうしますか??

正解は口で吹きこむ。フレンチバルブも微量の空気なら口で吹きこめる様です。結局この作業を繰り返し針穴を発見。耐パンクタイヤのお陰か、浅い小さな穴でした。以前のタイヤなら見事に貫通して、大穴が空いているのですが多少は救われる様です。

漸く穴を発見出来たのでパッチで塞ぎ、タイヤを再び戻したので、後はエアを充填するだけ。さすがに口では走行出来るまでのエアは充填出来ません。さてどうするか?

再び答えは、走っているバイクを止めてポンプを借りるでした。平日故なかなかバイクが通らず待つ事10分、漸く頼んでポンプを拝借し充填完了し、どうにか家路につきました。

TREK乗りのお兄さん、心より感謝申し上げますm(__)m

2010年7月19日 (月)

CUSTOM Ⅳ

Dpp_0043

さてこちらは何?筒状の変わったパッケージに入っていました。

Dpp_0046

BEFORE

Dpp_0059

AFTER

所謂ナンバープレートを少々オフセットする専用金具でした。ノーマルはBMWのロゴが入った真四角なベースプレートにナンバーが垂直に取り付けられるのですが、こちらの金物にするとナンバーが少々下がり、角度が着きます。

Dpp_0061

これまたMINIのオーナーしか分からない、どうでも良いパーツ。こんなパーツでも1万5千円もしますから

2010年7月18日 (日)

CUSTOM Ⅲ

Dpp_0038

MINIのアンテナ交換。

右がノーマルアンテナ。芯にワイヤーを巻いてコーティングしている様な、なかなか洒落たアンテナなので、全くこれで問題無いのですが、変えてみたくなるのが人間の性。

左のショートアンテナに交換してみました。

Dpp_0036

BEFORE

Dpp_0039

AFTER

ただ単に短くなっただけですね。MINIを所有している人しかカスタムした事が分からない、カルトなカスタムでした

2010年7月16日 (金)

脚力減退

Dpp_0001

いよいよ梅雨が明けた様ですね。さすがにノーネクタイで営業に出ていますが、それにしてもこの暑さは体に応えますね。帰りの電車では、座っている方々は私も含め、ほとんど爆睡ですから

さて我が家に来て3日目のおチビさんは、どうにか馴染んできた様ですが、そこかしこに用をたしてしまうので、家中大変な状況になっています。子犬を育てるのってこんなにも大変だったのですね

Dpp_0002

カーテン、スリッパ等、興味を示したものは、残念ながら無残な姿になりそうです。どの程度家が破壊されるのか、いささか心配になって来ました...。

P1020506

そして本日は暑さの影響か、朝から頭痛がして午後半休に。帰りがけの電車でひと眠りしたら何故か頭痛は治まったので、体に鞭打って荒川河口まで行ってきました。

雲は正に入道雲で、夏の強烈な日差しがたっぷり。思えば丸一ヶ月振りのロングだったので、LSDと考えて心拍をかなり抑えて走りましたが、まあ脚が回らない事。更に河口付近5kmから強烈な南風が襲ってきた為、ここで体力を使い切ってしまいました。

帰りは息も絶え絶えに帰ってくる有様で、1ヶ月のブランクを思い知りました。しかも左足のハムストリングが攣って散々な状況でした。ローラー台だけでは駄目でしたね。

これからの時期は熱波による体力の消耗も加味して走らないと、熱中症で倒れる恐れも有りますから要注意ですね。疲労困憊で本日は再び良く眠れそうです。

走行距離 90.2km

平均心拍/最大心拍 149/170bpm

平均ケイデンス 70rpm

最高時速 40.4km/h

走行時間  3:40

消費カロリー 2602kcal

2010年7月15日 (木)

三女誕生

Dpp_0018

先月、結婚前から我が家に存在したミニチュアダックスが逝きました。ダックスの平均寿命15年を全うしての大往生でしたので、本人も悔いはないでしょう。

人間同様、ここ数年立派な老犬でしたが半年程の間で目が見えなくなり、耳も聞こえなくなりましたが、嗅覚だけで日常生活は自身でこなしていました。なかなか手のかからない愛犬でした。

いつもいる存在のそれが無くなるのは、心にぽっかりと穴が開いた様で、主を失った犬小屋は実に寂しげに佇むばかり。

実は先週の休みに越谷のペットショップまでMINIを走らせ、次なる家族を物色。そこに希望通りの新たな家族を見つける事が出来ました。

しかしながら、今のペット事情はしっかりしており、重要事項説明もきちんと行われます。ペットを虐待しない、ペットを家族の一員として迎える等、事細かに基本事項の説明を受け、署名を行います。

同日連れて帰ろうと思っていたのですが、ペットショップに来たばかりで、ストレスからかおなかの調子が少々悪いとの事。回虫が原因か、ストレスが原因か検査中で、その結果が出て安定してからのお渡しとおっしゃられる。

実にしっかりしているペットショップ。素直に応じたものの、また来週越谷に来るのが難有りと伝えると、親切なこちらのペットショップは届けて下さると快諾。

Dpp_0019

待つ事一週間。純白のBMWにて送迎された、新たな家族が本日到着しました。

本当は午後から走りに行く予定でしたが、こいつの相手で一日があっという間に過ぎ去ってしまいました

こちらはミニチュアダックスとチワワの混血。生後2か月ですが、全く人見知りをせず愛想良しで、腕白過ぎる程元気。実に楽しい家族に出会えました。

Dpp_0020

私の性格上、先日のMINI同様、今回の家族も当然家族には極秘。家内も最初は怒っていましたが、彼女を一目見るなりその愛らしさに負けてしまっていました。

子供達はそれはそれは大喜びで、これ程までに喜んでいる姿は見た事が無いですね。すっかり三女としての地位を得た彼女は、すっかり馴染んで落ち着いた様子です。

しかしながら、しつけがこれからの彼女は、リビングの方々で粗相をしまくり、一日ティッシュと雑巾で駆けずり回った私でした

2010年7月 6日 (火)

爪痕

1

昨日は記録的な豪雨が東京都襲ったとの事。私は幸い事務所内にいたので、全くその現象を知りませんでした。確かに深夜帰宅した際には、大量の水が流れた跡が気にはなっていたのですが。

湿度といい、天候といい、すっかりに日本も亜熱帯気候になってしまいました。地球はいつまでバランスを保ってくれるのでしょうか

さて明日が仕事になってしまったため、本日を振休みとして取得出来ましたが、本日もすっかり梅雨空で夕方から再び豪雨との予報。本日走らないと、3週間全く無走行になってしまうので、空模様を気にしながら、振りだしてもすぐに戻れるよう、自宅付近を徘徊。

2

近所の柳瀬川が濁流と化したTV映像を今朝見ていたので、川沿いを覗いてきました。確かに相当に水位が上がった様子で、木々や柵に大量の草木が巻き付いていました。

家内の話ではこの川で子供が下校途中で流されたと、学校から連絡が有ったそうですが、その後結局誤報で有る事が分かった様です。多摩川でも一人流された様であり、突然水位が上がる昨今の豪雨は実に怖いですね。

結局曇天の元、22kmを1時間程掛けて走る事が出来ました。まあウォーミングアップにしかなりませんでしたが、全く実走していないよりマシですからね。来週はしっかり走りたいと思いますが、梅雨明けまでにはまだ2週間も有りますからね

2010年7月 3日 (土)

告白

Dpp_0002

仕事が立て込み少々疲労困憊。暑さのせいも有るのでしょうが、外回りはきつくなってきましたね

クールビズ浸透のお陰で、お客様もノーネクタイで違和感を感じなくなっていらっしゃるので、これだけでも大変助かっています。手に持ったジャケットが日々よれよれになるのだけは避けられませんが、コナカの洗えるスーツ?やおじさんの背中が透けて見えるシースルースーツ??だけはどうにか手を出さずに、今年の夏も乗り切りたいものです。

さて仕事がきつい状況が続きますが、TVで拝見した映画「告白」の予告編を見て、興味を持ったので早速購入してみました。

何故か私より家内が先に読み始め、一晩で一気に読み終えてしまいました。感想は面白い!の一言。

私も翌日、夜を徹して読んでしまいました。サッカーでの寝不足に続いて、今度は読書。全く仕事に影響しないのか?しっかり影響しています

湊かなえなる、30代半ばの女流作家さんの存在は今回初めて知りましたが、各種新人賞を受賞した現代作家の様。

なかなか表現を躊躇してしまう様な事実を、勇気を持って表現し、現代の歪曲した若者の人間心理に切り込んでいる、これまでに無い小説でした。

アマゾンの評価では賛否両論で、「こんな本がベストセラーになる現代は末恐ろしい」、「HIV患者の血液飲んでも感染するはず無いでしょ?」、「読み終えた後の後味の悪さ」等酷評も多かったのですが、小説と割り切って楽しめば良く構成されています。

多少ストーリー展開が、ん?という所も有りますが、それはご愛敬で許容出来る範囲。人間心理において潜在意識を探求した末に辿り着く自己愛。決してハッピーエンドではなく、大変重く暗い題材ですが、私は読破した後に充実感を覚えました。

フォト
無料ブログはココログ