« 爪痕 | トップページ | 脚力減退 »

2010年7月15日 (木)

三女誕生

Dpp_0018

先月、結婚前から我が家に存在したミニチュアダックスが逝きました。ダックスの平均寿命15年を全うしての大往生でしたので、本人も悔いはないでしょう。

人間同様、ここ数年立派な老犬でしたが半年程の間で目が見えなくなり、耳も聞こえなくなりましたが、嗅覚だけで日常生活は自身でこなしていました。なかなか手のかからない愛犬でした。

いつもいる存在のそれが無くなるのは、心にぽっかりと穴が開いた様で、主を失った犬小屋は実に寂しげに佇むばかり。

実は先週の休みに越谷のペットショップまでMINIを走らせ、次なる家族を物色。そこに希望通りの新たな家族を見つける事が出来ました。

しかしながら、今のペット事情はしっかりしており、重要事項説明もきちんと行われます。ペットを虐待しない、ペットを家族の一員として迎える等、事細かに基本事項の説明を受け、署名を行います。

同日連れて帰ろうと思っていたのですが、ペットショップに来たばかりで、ストレスからかおなかの調子が少々悪いとの事。回虫が原因か、ストレスが原因か検査中で、その結果が出て安定してからのお渡しとおっしゃられる。

実にしっかりしているペットショップ。素直に応じたものの、また来週越谷に来るのが難有りと伝えると、親切なこちらのペットショップは届けて下さると快諾。

Dpp_0019

待つ事一週間。純白のBMWにて送迎された、新たな家族が本日到着しました。

本当は午後から走りに行く予定でしたが、こいつの相手で一日があっという間に過ぎ去ってしまいました

こちらはミニチュアダックスとチワワの混血。生後2か月ですが、全く人見知りをせず愛想良しで、腕白過ぎる程元気。実に楽しい家族に出会えました。

Dpp_0020

私の性格上、先日のMINI同様、今回の家族も当然家族には極秘。家内も最初は怒っていましたが、彼女を一目見るなりその愛らしさに負けてしまっていました。

子供達はそれはそれは大喜びで、これ程までに喜んでいる姿は見た事が無いですね。すっかり三女としての地位を得た彼女は、すっかり馴染んで落ち着いた様子です。

しかしながら、しつけがこれからの彼女は、リビングの方々で粗相をしまくり、一日ティッシュと雑巾で駆けずり回った私でした

« 爪痕 | トップページ | 脚力減退 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三女誕生:

« 爪痕 | トップページ | 脚力減退 »

フォト
無料ブログはココログ