« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月24日 (水)

奥武蔵グリーンライン vol.2

3

朝鮮から開戦よろしく韓国に砲撃を加えた、昨日のニュースは実に衝撃的であり、私にとっては同時多発テロ以来再び震撼した出来事となりました。

本日も両者が応戦しようものなら、とても遊びに行っている事態では無いと思いながらも、天気につられて奥武蔵へ再び挑んで来ました。

今朝は久々に冷え込みましたが、秩父の日中の最高気温は12度。ウエアの選択に相当悩みましたが、山頂付近は遅らく5度前後と予想し完全な冬装備にしました。

この選択は正しく、登りこそ汗だくになりましたが山頂は真冬。湿ったウエアはしんしんと冷え、手も足も凍てつく様に冷たくなりました。当然下りは真冬仕様でもウインドブレーカーは必須でした。

2

前回は林野庁?に占拠されて記念撮影が出来なかった「刈場坂峠」の標識前にて。この台座白アリに食われて傾いてきていました

早朝の曇天と打って変わり、青空と日差しが実に気持ち良い。

先日地図で見るとこの先が有り、「白石峠」が標高850mで最も高い事が判明。本日は更に先のこの峠まで往復9kmも走ってみましたが、850mを超えると一気に150m程下る事になり戻ってくるのが大変。

しかも標識や眺望も無く、ただ白石峠と書いた看板が有る4差路の様な場所でした。やはり刈場で眺望楽しんで折り返す事が良いみたいです。

しかし下りは実に寒かった。鼻水と涙が止まらず、薄手のグローブがジンジン傷みました。

4

下界に降りると実に温かい。前回の挑戦は3週間前であり、高温が続いていたので全く紅葉は拝めませんでしたが、この間に急激に気温が下がった影響で、何と山の紅葉は全て終わっていました

仕方がないので帰路の側道に群生していた紅葉を撮影してきました。これにて秋の山岳ツアー終了。

走行距離 118.4km

平均心拍/最大心拍 135/173bpm

平均ケイデンス 65rpm

平均・最高時速 20.5km/h・48.9km/h

走行時間  5:49

消費カロリー 3491kcal

最大高度 850m

気温 10度(山頂は恐らく5度?)

2010年11月17日 (水)

KEO2 MAX

Dpp_0070

すっかり寒くなってエンジン付きも無しも、バイクにとっては億劫な季節になってしまいました。

FLHXにて外環でも流してこようかと予定していましたが、本日の貴重な水曜休みも朝から小雨で断念。一日映画と読書で過ごす事にしました+ローラー台で汗を流しますかね。

Dpp_0071

少々退屈だったので問題が生じていたペダルに手を入れました。実はCOLNAGOに使用していた最新のLOOK KEO2 MAXがどうにも巧くない。

所有バイク3台のクリートはどれも同一にしないと、シューズが3足必要になってしまうのでLOOKに統一しており、チネリにはチタン+オールカーボン、オルカにはスチール+カーボン、そしてCOLNAGOには最新のKEO2 MAXにしていたのです。

しかし何故か最新であり、踏み面が20%UPと唱えているこのペダルに限って、ステップインでの踏み外しが多い。当然踏み外すと股間を強打して、男ならではの痛みが待っている訳でしてどうにも勘弁願いたい。

Dpp_0074

ふとハンガーに掛っているペダルをくるくると指で回してみると、回転に若干の抵抗が感じられる。普段はペダルの自重バランスで上記写真の位置に戻らなくてはならない。

Dpp_0038

はずが?こんなポジションで止まる。単なるベアリングの傷みかと思い、右のペダルも同様にくるくる回してみると、やはり妙な位置で引っ掛かって止まるので、ステップインの際にはペダルの角度はまちまちになってしまう。

通りで他の2台ではスムーズにいくステップインが、このMAXでは踏み抜きが多発する訳です。このペダルの上位機種または、その後の仕様変更で改善されているのかもしれませんがこのペダル要注意です。

という事でストックしていた、LOOKのKEOクラッシックに先祖返りさせました。30g程重くなってしまうのですが不良品よりマシで、交換したペダルはくるくる気持ち良いくらいに回転し、必ず同じポジションで停止するのでした。やれやれ。

2010年11月13日 (土)

つるべ落とし

1

11月にも関わらず黄砂が降る東京。中国の砂漠が雪で閉ざされない影響によるものとの事ですが、気候変動は様々な形で襲ってきますね。

本日は僅かな時間を利用して、いつものハーフを走って来ました。

土曜日という事もあって、実にロードバイクが多い。正直台数が多く、いつもの快適な道も少々走りずらい。やはり平日に限りますね。

2

本日は妙に温かく、ミドルの防寒対策を施しましたが汗だくになりました。防寒対策調整が実に難しい。

3

ホンダエアポートで休憩していると、空から落下傘部隊が降って来ました。こんな場所でスカイダイビングが楽しめるのですね。カラフルなパラシュートを背負った輩が、正確な位置に次々落下して来ましたが実に楽しそう!

落下傘部隊降下見学に時間を割いてしまい、帰路は日没で暗くなった車道を一目散に帰って来ました。つるべ落としの如くとは良く言ったものです。

走行距離 56.3km

平均心拍/最大心拍 144/170bpm

平均ケイデンス 76rpm

平均・最高時速 28.4km/h・43.1km/h

走行時間  2:00

消費カロリー 1377kcal

2010年11月 5日 (金)

武蔵丘陵森林公園

0_2

多少気温が戻り、本日も秋の行楽日和となりました。先週に引き続き、本日も山登りを計画していましたが、昨晩深夜残業にて就寝が3時。寝不足で激坂に臨むのは危険な為、本日は荒川を北上する事にしました。

紅葉も僅かながら目にする事が出来て、程良い暖かさで快晴。まさしくレジャー日和と快調に進んで行きました。

1_3

が、またしてもパンク。しっかり画鋲の針が刺さっていました。先日交換したばかりのチューブなのに...。何故これ程までにパンクが常習化するのか。

見事に鋲の針が突き刺さっているのがお判りになります?

2_2

桜の木の下で快適にパンク修理を施しました。前回の40度の灼熱下での交換と比べれば天国です。それにしても画鋲対策何とかならないものでしょうか。

3_2

森林公園到着。紅葉シーズンを利用しての、遠足等で大変賑わっていました。リアタイヤの空気圧が不足しているからか、脚力の低下か帰路は妙に脚が回らず悩みました

4_3

前回森林公園を訪れた際には無かった、道路標示が適所に掲示されており、荒川から道に迷わずここまで辿り着けるようになっていました。埼玉県も税制難ながらなかなかやりますね。

走行距離 111.2km

平均心拍/最大心拍 139/164bpm

平均ケイデンス 73rpm

平均・最高時速 25.9km/h・49km/h

走行時間  4:19

消費カロリー 2725kcal

2010年11月 3日 (水)

白い巨塔

P1030176

あっという間に今年も11月。年賀状が販売され始めて、年内に処理しなければならない事項に慌てて取り組む私で有りました...。

さて最近の読書は山崎豊子、巨編シリーズ第三段(私にとって)!白い巨塔に挑んでおりました。TV放映を見ていなくて本当に良かった。沈まぬ太陽、不毛地帯に続きとにかくこの専門知識、文章力、驚愕する程良く出来ている。

司馬遼太郎といい山崎豊子といい、やはり新聞記者であった方は、活字で伝える力が群を抜いていると思われます。

あとがきにも、取材に膨大な時間とエネルギーを費やしたと有りましたが、正に自身が医師免許を取るくらいに勉強されたのではないでしょうか。この作品が高々5冊で3000円強で読めるなんて夢の様です。3冊はアマゾンで、残り2冊はBOOK-OFFでしたが

しかもこの作品が昭和39年にサンデー毎日に掲載されていたという事は、45年前!約半世紀前の作品とは信じられません。現代の作家には到底真似の出来ない圧倒的な力を持っています。

5冊を2週間で読みましたが、第5巻においてはストーリー展開が気になり、一気に徹夜して読んでしまいました。翌日仕事にならなかった事は言うまでもありません...。それ程作品が完璧で有り、作品に陶酔してしまい、最後には感動して涙します(本当に)。

これにて三代巨編を読破してしまったので、楽しみを消化してしまった寂しさが漂っています。

華麗なる一族は不覚にもTVで観てしまったので、残すは「二つの祖国」ですかね。あ、購入して開いていないスティーブジョブスの脅威のプレゼンを読まなくては!1700円もしたのにまだ読んでいないので

フォト
無料ブログはココログ