« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

2010年総括

1

2010年も瞬く間に終わってしまった365日でした。

昨年は大病して死にかかったので、私自身残りの人生は拾い物として考えるようになりましたが、今年一年も楽しく過ごす事が出来ました。実に有難いことです。

反省も込めてこの一年、一体何が残せたのか思い返してみましたが、結果何も残せていない

【ロードバイクでの走行距離 4000km(300km/月)】

まあこれは一応目標達成です。走行距離は4275kmで、月間最高距離を叩いたのは1月で598.2km、ワーストは4月の200.2kmとかなりムラガ有ります。

年間としては5000kmを目標としていたのですが、天候や仕事の影響を考えると、私にとってこれが最高の結果ですね。ロードバイクに乗るようになって、御蔭様で風邪も引かず実に健康体になりました。何より食べ物が美味しく、死んだように眠れます。スポーツジムに通うよりよっぽど楽しくて体の為になりますので来年も続けて行きます。

【読書】

今年から読書に目覚めて手当たり次第に読みましたが、恐らく30冊程度しか読んでいないのかと思います。山崎豊子と司馬遼太郎に傾倒した書籍ばかりでしたが、読書記録も付け始めたので来年は倍増する予定です。

【浪費】

今年の浪費は酷かった...。ロードバイクの関連商品で50万は使ってしまいました。流味で必要な用品も無くなったので今後は消耗品以外は一切購入しない予定です。

時計も気が付けば3桁の投資をしてしまったので、こちらも今後は買い替え禁止。家内からも厳重に釘を刺されていますので、現在の手持ちの時計で良しと致します...。

【仕事】

今年も実に色々有りました...。反面素晴らしいお客様と巡り合う事が出来て、実に気持ちが豊かになりました。通常であれば私ごときがとてもお話すらする事が出来ない方々と、お知り合いになれる現在の仕事は本当に楽しく充実しています。今に変わる仕事が他に無いのが悩みの種でも有ります。

来年はとにかく勉強する年にしようと思っています!ここ数カ月で勉強する環境と、癖がつきましたので、貪欲に学んで人間的に成長するきっかけの年にしたいと思います

2010年12月30日 (木)

俺の考え 本田宗一郎

Dpp_0243

俺の考え 本田宗一郎

言わずもがなの日本を代表する、ホンダの創業者 故本田宗一郎さんの雑誌に定期掲載されていた「放言暴言」なる著書を集めた一冊。

私の父がホンダに勤めていた贔屓目も有って、私もホンダの企業像やチャレンジングスピリッツが大好きであり、ことに創業者の本田宗一郎さんは最も尊敬する一人。

昭和37年頃の著書なので、古臭くて陳腐な内容かと思いきや、今の日本が陥っている状況を預言者の如くぴたりと言い当てている上に、自身の考えをずばりと表現されている。

日本の商品開発、宗教、政治にまで遠慮なく物申しており、実に爽快で気持ちが良い。安ければ物は売れるのか?という現代のデフレスパイラルに陥っている日本をそのまま言い表している。

池田首相が唱えた10年で所得倍増という言葉も、世界基準をもとにその矛盾を明確に突いており、政治家の姑息さに経営者は騙されない事実が興味深い。

この書は本田宗一郎さんの様な懐かしい”日本のオヤジの姿”が描かれ、人としての心の暖かさを感じます。この様な人を日本は到底輩出出来ないのではないでしょうか。小学校しか出ていない宗一郎さんが、自分の夢に突き進みそれを支えた参謀も素晴らしい方々である。

宗一郎さんの考えから、忘れ去られた現代の日本人の気質を取り戻し、今日に至る日本を戒める要素を高度成長期の視点から鑑みる一冊であると思います。

2010年12月29日 (水)

強化合宿一日目

2_2

強化合宿一日目。というか今回の正月休みは所要により、ロードバイクに割ける日は3日しかない事が判明。その一日目が本日であり、今年の走り納めと相成りました。

天気も程良く走行日和ですが予報では北風が非常に強いと

案の定、いつもの新砂までは巡航40km/hで1時間半で到着する程の強さ。行きはよいよい帰りは何とかです。

4_2

走り納めなので橋を越えて、隣の中川沿いを走ってみました。カラー舗装がしてあり、荒川沿いとは随分様相が異なる。幅は余り無く、歩行者も多いので決してスピードを出して走ってはいけません。

3_2

中川河口からの風景。なかなか雄大な景色で、ついつい足を止めてしまいます。

5_2

中川河口から目と鼻の先の葛西臨海水族館へ。生憎水族館は正月休みで閉館でしたが、併設している展望台へ言ってみました。水族館へは何度か訪れた事が有ったのですが、こんな場所が有るとは知りませんでした。

6_2

さて葛西を抜けて旧江戸川を北上。対岸に見えるはネズミの国。子供が大きくなったので行く事も無くなりましたが、また強気にチケットを値上げするそう。オリエンタルランドにデフレの言葉は関係無いのでしょう。

9_2

本来は旧江戸川を延々北上して、16号で左折して帰ってくる予定でしたが、昼過ぎに自宅を出たのでタイムオーバーで荒川に戻る事に。

しかも北風は一向に止んでおらず、ひたすら強風に立ち向かって帰る事に。復路で強風にやられると実に辛い。ペダルを回せど回せど一向に進まず、ひたすら諦めずに少しでも距離を縮めるしかない。走り納めは厳しい洗礼を受ける事となりました。

自宅に到着した頃には生も根も尽き果てた、正に走り納めにふさわしい?一日となりました。

走行距離 112.2km

平均心拍/最大心拍 144/171bpm

平均ケイデンス 72pm

平均・最高時速 25.0km/h・47.9km/h

走行時間  4:31

消費カロリー 3018kcal

2010年12月28日 (火)

強化合宿

0

本日28日から正月休み。今年は7日間の休みを得られましたが、あっという間に終わってしまうのですよね。出来れば欧米の様に長期のクリスマス休暇が欲しい所ですが、ここは仏教国ですからね。

話は変わりますが、亀田三兄弟の試合素晴らしかった。私も20年程前になりますが、ボクシングをやっていたので減量の厳しさを知っていますが、3階級での王座獲得は偉業です。キールとして叩かれた亀田家ですが、実際は主催者側が煽ったパフォーマンスに乗せられただけの被害者であり実力は本物。

日本人が忘れたハングリーさ、ひたむきな精神力の強さを思い出させてくれました。我々も日々精進、努力をしなくてはなりません!私のヒーローは暫く亀田兄弟ですね。

P1030325

さてロードバイクですが日中の気温がひと桁になってくると実に億劫になって来ます。走り出して30分もすれば全く問題有りませんが、出掛けるまでの体の冷えた状況がキツイ。

家族からはこの寒いのに出掛けるの?と変態扱いされています。ロードバイクを知らない人々にはそう映って当然ですね。

という訳で重い腰を上げて再びショートのホンダエアポートに。ひと桁の気温でもスキーと同じで走れば快適爽快。スポーツは実に楽しいものです。

1

今シーズン購入したパールイズミの冬用グローブ。適温5度仕様ですが真冬でも大丈夫でしょう。操作性も良く、袖口からの風も防いでくれて実に暖かい。冬用は他にアソスの真冬用を二つ持っていますが、パールイズミが価格、性能からいっても格上ですね。

今年の正月休みも強化合宿宜しく少々走り込みをしてみます。昨年の正月休みは500kmの目標が300kmで終わってしまったので、今年は無理せず300km達成と致します

2010年12月21日 (火)

お散歩

1

今年も残す所10日!いやはや光陰矢のごとし、瞬く間に一年が終わってしまいますね。

明日仕事が入ってしまったので、本日お休みを頂戴して荒川と考えていましたが、どうにも雲行きが怪しい。予報も午後から雨だったので、ペットのMINIと愛犬を連れて近所の公園まで散歩に行ってきました。

MINIも買ってから半年近く経過しますが、近所の買い物の足程度にしか使用しておらず実に気の毒。犬と一緒でガレージにて散歩を待っているのでした...。たまには遠出してあげなくはなりませんが本日は公園でお許しを。

2

一眼レフも今年は全く活躍しておりません。モータードライブが故障してしまいますね。

曇天の下、飛び回る愛犬を被写体に写真を撮って来ました。久々に写真を撮りましたが、こちらもなかなか楽しい。正月休みには師走の都心を撮影に行ってみようかと思います。

Dpp_0320

公園を塒としている猫と勝負!一発KOで退散する愛犬。

微動たりともしない落ち着いた猫が実に素敵でした。それにしても情けない図です

Dpp_0384

ドックランの如く草原を走り回り、クタクタで帰って来ました。愛犬も半年ですっかり大人になったものです。

今度はデッキチェアを持参して、公園で本でも読む休日も素敵かもしれません。風邪引きますかね?

2010年12月18日 (土)

となりのクレーマー

Dpp_0247

ブックオフのネットで購入した「となりのクレーマー」を読んでみました。

格差社会、ストレス環境から起因した物なのか、自己中心的で所謂”お客様”を笠に着たクレーマーやモンスターペアレンツが実に増えたと思います。一種の社会現象化としては暗に片付けられない、我々の仕事や日常に関わる問題です。

この書は西武百貨店のお客様相談室長をなされた著者が、実体験を元にクレーマーの思考や傾向について分析されており、その対処法や心構えがケーススタディー的に紹介されています。

私も営業という仕事柄、一冊の本に出来るくらい多大なクレームをこれまで処理して来ましたので、参考になるというよりは自己の回顧録の様な内容でした。

私は営業職なのでお客様を迎えに行く立場ですから、いざとなればこちらから断る事も出来るのですが、この著者の様に百貨店という完全な受け身であり、富裕層から貧困層までありとあらゆる人々を迎え入れる事によって生じるクレームは、私の比では有りません。ただただご苦労に敬服するばかりです。

これは使える!という内容は有りませんが、顧客対応に携わる方は一読されても宜しいかもしれません。「暖簾に腕押し」という使い方をこの書で会得しました。早速使ってみようかな

2010年12月15日 (水)

ロードワーク

1

今年も残す所2週間。年内に終わらせる為に無理やり詰め込んだスケジュールをこなす為、最近少々オーバーワーク。風邪こそ引かないものの体は実に重い

さて本日の休日は我が家の雑多事を処理する事と致しました。早く終えて走ってこようと目論んでいましたが、時既に14時過ぎ。

本日もローラー台でハムスターかと思いましたが、2時間でも実走の方が有効と考え暮れかかる太陽を気にしながら走って来ました。

本日も師走とは思えないほど穏やかで気持ちの良い天気。まさにロードバイク日和でしたので早朝から走りたかった...。

しかしながら、雲間から差し込む光のラインが実に綺麗な、神秘的な風景を楽しむ事が出来ました。

2

いつものホンダエアポートまではタイムオーバーで辿り着けず、目前の直線コースでUターン。日没前に帰らないとロードバイクは危ないですからね。

僅か40kmでしたが体中の血を回して実に良い気分転換になりました。明日から残った仕事をバリバリ片付けます!

走行距離 46.1km

平均心拍/最大心拍 147/167bpm

平均ケイデンス 74pm

平均・最高時速 28.1km/h・47.4km/h

走行時間  1:39

消費カロリー 1089kcal

2010年12月11日 (土)

ネットでブックオフ

Dpp_0233

毎月幾ら本にお金を使っていますか?新聞は別にして、雑誌、書籍については1万円を超えている方は年収1500万円以上の方が6割を超えており、低収入になるにつれ本に投入する金額が低下してくるのだとか(プレジデント10月号より)

まあ1500万も貰っている方はそもそも庶民とは生活水準も、日々の弛まぬ努力も全く庶民とはかけ離れていますから当然ですよね。

私個人としては5000円位?でしょうか。雑誌は定期購読している物以外は全く買わなくなりました。以前は趣味にまつわる雑誌は定期的に購入していましたが、結局読み続けても一年ごとのルーチンワークの様に、中身はシーズンごとに使いまわしており、新鮮味が薄らいでくるのですよね。

書籍は店頭に並んでいる新刊本を眺めて、一度行くと数冊買ってくるのですが、どうにも目移りしてしまい店員さんの書評等を読んで購入する事が多いのですが、外れも当然多い。そしてハードカバーは1500円前後とどれも高額であり財布に痛い。

会社の読書好きと話をしていると、ブックオフでほとんど用を済ませていると言うので、私も勤務中に見掛けると最近は結構覗くようになりました。ただ何処の店舗もいま一つ駅から遠い事が難点。私が良く立ち寄るのは吉祥寺、白金台、豪徳寺、目白の4店ですが、やはり都心に近い店舗でないと新しいビジネス本は少ない。

Dpp_0234

そこでもっと利便性の良い立地に無いものかとネットで調べていたら、ブックオフも通販を運営している事を発見。早速利用してみる事にしました。

「大人買い」なる全巻一括購入ボタン等もあり、なかなか使い勝手も良いが、欠本には新品が含まれており注意しないと高いものに付く。検索機能もあり目当ての本が探しやすく、1500円以上で送料無料。早速ユーザー登録して目ぼしい本をまとめ買いしました。

上記写真はこれでちょうど1500円。実に安く済みましたが、これでは著者の印税も含め、書店の本が益々売れなくなってしまいますね

とはいえ今後はこちらをフルに活用して、同じ金額で倍の本を読もうと思います。

2010年12月 8日 (水)

北風と格闘

1

コートが要らない暖かさに慣れてしまっていたら、昨晩から急激に冷え込み、今朝の最低気温は今シーズン最低だとか。定時の6時に目覚めたものの、強風と寒さで走りに行く事を躊躇ってしまう

気が付けばお昼も過ぎてしまい本日はローラー台か...。と心が折れかかったのですが、ウエアを着こんでハーフを走って来ました。スキーやサーフィンと一緒で、寒くても一旦出てしまえば楽しめるのですが、どうも寒さが初動を鈍らせるのですね。哺乳類は寒さに弱いのだと自分に言い訳している悲しい私。

3

さてさて5kmも走れば汗が噴き出しアイドリング完了。強風の為本日は真冬の装備で出立しましたが実に正解でした。ウエアの推奨温度、たとえば0度~8度とか、5度~15度等、各メーカーによって数字が刻まれているので、その数値を忠実に守ってウエアの選択をしているのですが、最高気温に合わせたものか、はたまた朝夕の最低気温に合わせるべきか?

また本日の様に最高気温12度としても、時速10km/hで体感は10度、時速20km/hで体感は6度、時速30km/hで体感は3度になる(ウインドストッパの早見表より)。特に冬場の冷たい北風では尚更体温が奪われるので、本日の様な日でもフル装備が理想ですね。

2

北風と格闘して漸く目的地到着。本日の北東の風はなかなか手強かったのですが、昨晩の雨で乾燥しておらず、砂埃を浴びずに済んだ事が幸いでした。程良く汗をかいて実に心地よい瞬間。

4

気温自体はまだ高かったので、フェイスマスクはまだ登場せず、グローブも春秋用の薄手で十分でした。この備品の選択も毎回悩む所です。

帰路は北風に思い切り背中を押してもらい、巡航40km程でカッ飛んで帰って来ました。ローラー台で済ませず走りに出て良かったといつも思う冬場ですね

走行距離 61.6km

平均心拍/最大心拍 145/168bpm

平均ケイデンス 70rpm

平均・最高時速 27.2km/h・44.0km/h

走行時間  2:17

消費カロリー 1538kcal

2010年12月 1日 (水)

オーバーヒート

2

山登りがつづいていたので本日は横着して平地巡航としました。

それしにても暖かい。最高気温は予報上は16度でしたが太陽光の元では20度近くに感じるほどであり、暖かいというよりも熱い。

16度という気温は実に微妙で、夏装備にレッグウォーマー+アームウォーマーまたは、ミディアムの冬装備の分かれ目。判断に迷いミディアム装備にした事が裏目に。

何故かこの時期に南風が吹き込み、新砂に到着する頃には全身汗だく。実にオーバーヒート気味でしたが、つくづくバイク装備は難しい。軽装だとペースを落とした時に急激に体が冷えますし...。

3

このゴールドウィンのグローブは昨シーズンに購入して、延べ5回程しか使用していないのですが衝撃吸収のゲルが破れて漏れだして来ました。

豊胸手術のシリコンではないので、人体に影響は有りませんがもう使えませんね。グローブはこれまで、リンプロジェクトの物も一度洗っただけでゴムが変色したりと、スポーツ用品なのに粗悪品が多い。ご注意を。

走行距離 91.5km

平均心拍/最大心拍 143/170bpm

平均ケイデンス 77rpm

平均・最高時速 27.6km/h・45.2km/h

走行時間  3:19

消費カロリー 2198kcal

フォト
無料ブログはココログ