« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

危険な油が病気を起こしている

1

危険な油が病気を起こしている J・フィネガン博士

いよいよ日本の国債評価がS&Pにてワンランク下げられました。ダブルAマイナスとは...。中国や台湾と同等で、PIGSのスペインをも下回ってしまったとはこの国の行く末は想定通りですね。

さて最近健康がマイブームなので、皆さんにとって必ずお得になるお話を一つ。といいますが、警鐘を鳴らさなくてはならない事項をお一つ。

一時期騒がれた”トランス脂肪酸”について。

デンマークやノルウェイ等はいち早くこの毒性に気付き、1997年全面的な禁止を定めましたが、アメリカもNYやカリフォルニアで同じく使用を禁ずる条例を07年、08年と施行しています。

しかし日本は、業界、企業、国が知っているはずのこの危険な油を放置したまま。我々はこの”狂った油”を日々食べさせられて体に蓄積しています。この油は自然界に存在しない分子構造を持っているので、体内に入ると排除できず蓄積されていってしまうのです。

このトランス脂肪酸や油の精製過程で使用するヘキサン(ガソリンの様な揮発油)が含有する油は、心臓病、がん、糖尿病等の重大な病気を引き起こします。アメリカのデータではこの危険ば油によって年間3万人が無くなっています。このはっきりしたデータが出ているから、欧米は法で規制しているのですが、腐った日本の社会は黙認したままです。

対策として

1.マーガリンは即刻捨てましょう。

2.サラダ油は努力して使用を減らしましょう。

3.天ぷら、唐揚げ、フライドチキン等の所謂油に漬けて揚げる食べ物は、出来る限り食べるのを避けましょう。

4.ファストフード、外食は出来る限り避けましょう。

5.お菓子などの加工品の原材料項目を見て、「マーガリン」「植物油」「ショートニング」と記載されている物は購入しない様にしましょう。

1,2項は簡単に出来ると思います。3以降は考え方を大きく転換しないと出来ませんが、はっきりいいますが命に関わります。いまからでも遅くは無いので、特に子供達にまでこの狂った油を食べさせる事は止めさせましょう。

説教臭くなって嫌なのですが、この本だけではなく他の著書も読みました。ただこの本では、実際に我々が手にする食品を分析して、メーカーにも回答をもらっています。何故危険なのかが事細かに分子構造のレベルにまで及んで説明されています。

私は好きだった揚げ物を食べる頻度を8割減らしました(馴染んでしまった食生活を全く止めるのは正直厳しいので現在は8割に)。

ファストフードには一切行かなくなりました。極力お弁当やおにぎりを持参する様にしました。これは体にも財布にも優しい!

お菓子などの加工品も出来る限り購入していません。子供には大ブーイングだったのですが、子供にも分かりやすく製造工程や狂った油が体をむしばむ状況を説明し理解してもらいました。

国民が勉強して利口になり、危険な商品を購入しなくなれば、安かろう悪かろうと消費者をなめた製品作りを止めて企業は変わっていくと思います。

油の危険性を私が代弁すると延々長くなってしまうので、ごくごく限られた内容しかお伝えしていません。是非この書に限らず、油の危険性について認識される事をお薦め致します。

2011年1月29日 (土)

健康オタク その2

Dpp_0295

本日宇宙食のご紹介。ではなく、先日の玄米の続編をご紹介いたします。

玄米は体に良いと分かっていても、どうしても口当たりの良い白米に軍配が上がります。子供は素直なので玄米は露骨に嫌な顔をします。大人は体に良いと思って食べるので、慣れてしまえば気にならないのですが、家内も若かりし頃「玄米ダイエット??」なる物を実施した経験が有るので、玄米に対して良いイメージは無い様子。

故に3分ツキのお米を常用米としていつも食べていますが、この程度までなら子供も全く気にせず食べてくれます。どの様なおかずにも合いますし、お米一粒一粒に胚芽が残っていた、お米が体に良いぞと主張しているようです。

本来は水に浸しておけば2日ほどで目が出る玄米がやはり理想の様です。酵素がひそかに注目され始めていますが、生命力を持った物を食する事が望ましいとの事。

Dpp_0424

さて玄米を美味しく食べる方法を探して書籍を読みあさると、やはり玄米+雑穀という方程式が成立します。雑穀もブームなのか様々なメーカーから売り出されていますね。

気になるのは「国産」であるか否かという点。もともと雑穀は家畜の飼料として国内に入ってきている物がほとんどなので、中国辺りから農薬や除草剤がバリバリに含まれた物が当然の様に販売されているはずでは!?

そこで様々なメーカーを調べましたが、どれも本当に国産??という疑問が付きまといます。友人はTV CMでおなじみのヤズヤにしていると言いますがこれも大丈夫でしょうか。

手持ちの書籍で調べると”雑穀”の記載があり、国内で生産されている雑穀と販売されている流通量が謎を解くカギが見つかりました。 

国内雑穀の生産量は約400トン(1994年 農林水産省調べ)で、大半は岩手県で生産されています。食用は100トン以下と言われ、その8割は学校給食や産直に使われていて市販されていない。つまり食用の国内雑穀は僅か20トン。

それに対して食用に消費されている雑穀は推定1万トンであり、雑穀が国産である確率は何と0.2%!しかも食用雑穀の輸入量は年600トン!消費量の6%しか賄えない。結果、家畜用で中国などから輸入している雑穀2万トンから食用にしている事は間違いない様です。食用で無ければ関税も安いので更に儲けが増えるのでありましょう。

こちらのデータは「食べるな危険!」から引用させていただきましたが、「国産」と偽る食品が雑穀にも及んでいる事は間違いないようです。

写真の雑穀はこの文献を調べる前にまとめ買いしてしまった物なので、せめて残留農薬濃度が低い事を祈りながら消費していきます

玄米にこれらの雑穀を2割程加えると、色感がもちもちした物に変わり、大変美味しく食べられます。現在週に数回この玄米+雑穀ご飯を食べるようにしていますが、家族全員胃腸の調子が大変良くなり排泄も驚くほど変わります。

私が健康オタクになった事を家内は当初訝しがっていましたが、自身の体質が僅か3週間程で体感出来たので、今では家内が率先して「体に良い物」を食べるようになりました。

健康の基本は正に”食”であり、口にする物によって健康にも不健康にもなります。玄米+雑穀を一週間で良いので試してみてください。日本人古来の食が実に的を得た物であったのかを実感出来ますよ

2011年1月24日 (月)

健康オタク その1

Dpp_0438

食の安全が声高に叫ばれてから、身近な食品に皆さん疑いを持たれている事ではないでしょうか?かくいう私も常に食品に関しては敏感になりました。

日本人のお気な脳細胞故、のど元過ぎればいとも簡単に忘れてしまいますが、遺伝子組み換え作物、中国餃子、メラミンが含まれた粉ミルク、農薬残留が基準値の数十倍も有る農作物。全く安心して食べられる物など無いよね...。と諦めモードも致し方なし。

しかし少し勉強すれば、愚かな消費者からは卒業できる訳で、消費者が皆利口になれば、それらの食品は排他され、ついては生産者は多少高額になっても安全な食品を生産せざるを得なくなります。まずはこの流れを作らなければなりません。

という事で第一弾は「家庭用精米機」を購入してみました。

Dpp_0439

実はこれ、たまたまTVショッピングで宣伝していた内容を見て興味を持ったのです。「家庭で簡単に精米できて経済的!」と。結局その後、その製品や精米機の何たるかを調べてその商品と異なるこちらの精米機を購入しました。

象印の中型精米機。一回で一升が精米出来る物で、横のゴミバケツよりも若干小さい位の大きさ。単純構造で、ただ上蓋外して玄米を入れて、ダイヤルでつき方を指定してスイッチを作動させるだけ。

一升5分程で精米と糠に分別してくれて自動ストップ。騒音はまあそれなりですが、夜間に使用しなければ問題無し。メンテナンスも多少改良点は有りますが、それほど面倒ではありません。部品外してブラシでもみ殻を落とすだけ。

Dpp_0437

こちらが玄米。我が家のお米は家内の田舎から玄米のまま送ってもらっており、今まではコイン精米所に行ってまとめて精米していました。白米は空気に触れると酸化が始まるので、玄米で保管し都度精米する事が理想。

玄米を精米して食べるお米は実に美味しい。白米を購入されている方は少々手間がかかりますが、玄米で購入される事を強くお勧めします。私の会社の同僚も、同様に家庭用精米機を持っており、毎回精米してご飯を炊いているといいます。大変不精な彼なので少々驚きでした

Dpp_0440

こちらが5分で精米出来たお米。こちらは白くする為に8分ツキにしてみました。

Dpp_0441

そして問題の糠。重量は異なりますが、何と精米と同じくらいの糠が発生します。いままでコイン精米機を使用していたので、どれ程玄米が削られていたのか知る由も無かったのですが、この量には驚くばかりでした。

この糠は植栽の肥料にしていますが、今度はぬか漬けでも作ってみようかと。

この精米機を購入して約3カ月が経過しますが、IHクッキングヒーターに次ぐ、購入して良かった家電です。価格は\25,000程でしたが十分元は取れます。

現在我が家では試行錯誤の末、玄米は3分ツキにして糠を最低限にしていますが、3分ツキでも十分美味しくいただけます。玄米のままでも週に数回食べるようにしています。

先日乗ったタクシーでたまたま玄米の話になり、いたく気を良くしてくれた運転手さんが、タクシー料金をおまけしてくれました事も有りました。

2011年1月19日 (水)

本日も晴天也

9

本日19日は実に穏やかで暖かな休日になりましたので、月曜から若干風邪気味だったのですが、体調復活の為にも100km走行して来ました。

久々に無風で日差しが実に暖かい貴重な一日。荒川下りも飽きたので、本日は森林公園コースを選択してたっぷり汗をかいてきました。

年が明けてからある本をきっかけに、「健康オタク」になりまして、本日はその効能を試す意味でも試験的走行となりました。 

8

この二週間、禁酒と食事改善で肉を経った生活を行い、体の中の「酵素」を蓄える為に果物と野菜を中心に改善しました。

その効果は確かに有りました。いつもの100kmですが体が軽く疲れが貯まりません。全く人間の体とは面白いものです。スタミナ付ける為に摂っていた肉が、逆に負担を掛けていたとは知りませんでしたので、今後も続けて行こうと思います

100km走って体を温めたお陰で、すっかり風邪は治りました。医者に行ったり風邪薬飲むので有れば、適度に運動するのが一番回復が早いと思います。

2

こちらは正月休み中に走行した時の強風を表す写真です。冬の荒川は北風がとにかく強く、この日も風速15m程でとにかく北上するのに大変な負荷が掛りました。

帰りは当然ペダリング無しでも走れる程ラクチンでしたが、激流を遡る鯉になった心境でした。

1

この強風当日は飛行機も着陸が難しいのか、何周かタッチ&ゴーの様な離着陸を繰り返していました。

3

こちらは正月明けに荒川の右岸を初めて走った写真です。いつも左岸の新砂にて折り返すのですが、いささか飽きてしまったので、同日は平井大橋で右岸に渡り河口まで走ってみました。

左岸と異なり高速道路下に延々ストレートが続くだけ。人影もほとんど無く、ホームレスの小屋が点在する少々物騒な雰囲気。

いきなりテトラポットが積まれている突端で終了。浮浪者と猫がいるだけの寂しい場所でした。もうこの道を走る事は有りませんね。

4

この右岸沿いに現れる競艇場。初めて拝見しましたが、中川をそのまま使ってモーターボートを走らせているのですね。こんな川でやっている訳?とカルチャーショックを受けました。

この日は休日でしたが、会場の人の入りはまばらで全く活況無し。競艇の売り上げが激減しており、会場閉鎖が相次いでいると日経新聞に載っていましたが、正にその通りでした。

5

けたたましい音を発しながら、水面を跳ねるように走るモーターボート。ただブイを浮かべた外周を周回するだけであっさりと終わっていました。正直何が面白いのか全く分かりません

グアムで見たドックレースの方がよっぽど面白かったと感じましたが、競艇、競輪も時代と共に無くなってしまうのでしょうね。湾岸地域にカジノを作る構想も愚の骨頂ですよね。

さて正月休み300km走破は諸事情により一切計画倒れに終わりましたが、1月の累計でもまだ260km程。今年の目標が既に危ぶまれます...。

1月19日

走行距離 103.6km

平均心拍/最大心拍 140/166bpm

平均ケイデンス 74pm

平均・最高時速 26.9km/h・44.5km/h

走行時間  3:52

消費カロリー 2454kcal

1月12日

走行距離 104.1km

平均心拍/最大心拍 139/159bpm

平均ケイデンス 69pm

平均・最高時速 26.8km/h・44.7km/h

走行時間  3:54

消費カロリー 2473kcal

1月10日

走行距離 61.5km

平均心拍/最大心拍 138/165bpm

平均ケイデンス 71pm

平均・最高時速 26.9km/h・44.5km/h

走行時間  2:19

消費カロリー 1448kcal

2011年1月14日 (金)

夢をかなえるゾウ

P1030396

夢をかなえるゾウ 水野 敬也

単に表紙に惹かれて購入してしまいました。本の選択は、何を買うか事前にリサーチして行かないと、延々と店内を放浪してしまうのでこの買い方はいけません。

読書は一冊のノートにまとめなさいにもそう書かれているのですが、ついつい立ち寄ってしまたのでした。

結構アニメや実写ドラマにもなっていたらしく、家内もこの小説を知っており「シュールなアニメでしょ?」と助言いただきました。

ガネーシャの関西弁が妙に面白く、まさしく漫画ですね。少々偉人の名言格言が終盤食傷気味になりますが、ビジネス本を漫画化した様な本で、結構真剣に笑えました。

人間の努力する意味を解いており、子供の教育にも良いかもしれません。私がこの本を読んで一人で声を出して笑っていたので、家内も子供も次は私が読む!と珍しく読破待ちの人気本となりました。

3時間も有れば読める本ですが、子供や読書嫌いの方にもお薦めしたい本ですね。教科書もこの書の様に、もっと頭の柔らかい人がユーモアを含んで製作すれば、子供は喜んで伝記や歴史に興味を持つと思うのですが

ヘンリーフォード、グレンカーチス、ジョンロックフェラーに興味をこの書で興味を持ったので、自叙伝を探してみます。

2011年1月10日 (月)

テレビを観る時間があったら本を読め!

P1030393

年が明けて早くも10日が経過しました。面白くも無い紅白を観て、ゆく年くる年に移行して除夜の鐘。その瞬間から既に10日とは実に早い...。

第四四半期の目標数値を早々に掲げましたが、実際は3ヶ月とは名ばかりで、その実75日程しか有りません。とにかく時間は貴重ですね

定期購読のPRESIDENTが忘れた頃にいつも届くので、電車内で最新号を読んでみましたが、年明け一発目という事も有り、魂に火を入れてくれる内容で赤線だらけにしてしまいました。

P1030391

柳井正、稲盛和夫、丹羽宇一郎(現中国駐在大使)等々、日本の社長100人の言葉が過去の物から遡って特集されています。私は特に伊藤忠時代の丹羽宇一郎さんを尊敬しているので、「入社して10年はアリの様に泥まみれになって働け」という言葉が大好きなのです。

この特集の中で「山あり谷あり、365日の走り方」すべて教えます、と堀 紘一さんのコメントには身震いしました。

ビジネスマンは自分から動け!

得意分野を徹底的に伸ばせ!

テレビを観る時間が有ったら本を読め!

他にも掲載されておりますが、特にこの3つの言葉を大切にしたいと思います。

昨年末から勉強するようになったので、テレビはニュース番組以外はほとんど見なくなりました。とにかく時間が有ったら本を読むようにしています。年が明けてから10日が経過しますが、3冊読み終えました。年内に100冊は必読するつもりです。

時間を捻出するためにはこんなブログ書いている暇も勿体ないのですが、これは自身の日記代わりなのでこれだけは不定期ながら続けてみようかと...。

インターネットは一日30分以内と決めて、自宅パソコンを開く状況も最低限に抑える様にしました。だらだらネットサーフィンなどしていた事を深く反省しております

そうそう、ミクシィはどうにもバーチャル友人を募るやり方や、足跡等の痕跡を敢えて残す手法が、運営会社に踊らされている感が有り当初から気に入らなかったのですが、潔く消去しました!

結構簡単に出来るので皆さんもいかがですか。妙な呪縛から解かれた様にすっきりしますよ。さあこれから有意義に本を読みます

2011年1月 8日 (土)

ワインディングマシーン

Dpp_0302

ワインディングマシーン。とうとう買ってしまいました。

時計に興味の無い方にはワインディング?峠道?とお思いでしょうが、ワインディングマシーンとは揺り籠という意味の様です。自動巻きの時計を機械が巻いてくれるという代物。こんな物が必要なはずはないと頑なに否定派だったのですが、社内の時計好きが皆持っていると知り調べてみました。

時計好き曰く、時計は巻いて動かしていないと内部の機構に不具合を起こし、内部の微細な歯車に塗布されている、微量の油が偏ってしまったり固まってしまうと。

私の持論は、動かし続けていれば滑車の接点が摩耗して、かえって寿命を縮めてしまうというもの。車であればエンジンは走行距離に比例して摩耗が生じ、当然ながら耐用年数は短くなる。程良く使用し休ませてやり、オイルが落ち切らない程度に動かしていれば損傷には至らないと考えるのです。

頑なに持論を信じて高級時計を25歳で手に入れてから、これまで全く問題なかったので当然ワインディングマシーンは無用の長物としてきました。

しかし先日時計雑誌を買ってマニアのコラムを読んでいたら、やはりワインディングマシーンは必須であり、定期的に稼働させないと内部の油の固着や、浮いた油が文字盤に滲み出てくる場合もあると脅かす

Dpp_0312_2

よってこのコラムに感化されてしまい早速購入に至りました...。価格は\25,000也。

ワインディングマシーンと一口にいっても、実に多種多様で値段もピンキリ。更に探求してみると、安い物はモーターが煩く直ぐに駄目になってしまい、電池式に至っては直ぐにバッテリー切れ。信頼が置けるメーカーは価格は相応だがSPI製が良いと。

結局5本が納められる、コンパクトなSPI製のこちらを購入。

Dpp_0311

モーターはマブチモーターを使用しており作動音は実に静か。寝室にあっても支障は無いでしょう。モーター寿命は3年程度との事なので、時計同様オーバーホールに費用が掛りそうです。背面の運転モードボタンは2パータン。意味のないLED照明付き。

Dpp_0314

上部のリング部分の2本がクルクルとメリーゴーランドの如く回転して自動巻き時計を巻き上げます。週末に回しておけば週明けでも止まることなく時を刻むと言う役目を果たします。

家内には内緒ですが、手持ちの時計が6本となってしまったので、このケースにはそもそも全てのコレクションが収まらず。しかもこのケースはコンパクトが気に入って購入したのですが、手持ちの時計はどれもケースが大きいので、5本すら収まらずに4本限定。

取敢えず最も使用していたオメガを売却しましたが、5本はどれも個性揃いであり、愛着ひとしおで手放せません

2011年1月 2日 (日)

謹賀新年

Dpp_0408

新年明けましておめでとうございます。皆様新年の抱負は?目標は?

折角のお正月休みですから、アルコールが抜けてエンジンが掛かるまで今しばらく必要ですね。私も三が日が経過してから考えます

Dpp_0404

我が家は例年通り31日は浅草のグルメツアー?、元旦は07年から恒例となった横浜散策で年末年始を過ごしました。

天候にも恵まれ散策には絶好の日和となりました。

Dpp_0405

昨年は観光名所を一通り巡ってしまったので、今回は思考を変えて河童橋を歩いてみました。初めて河童橋を通りましたが、凄いお店の数々に家族一同驚きました。何でもござれの商品揃えでしたが、残念ながらお店の9割は正月休みでシャッター街。

そんなシャッター街でも開いてるお店で、フライパン等々しっかり購入してきました。

Dpp_0416

元旦の横浜も少々利口になり、散策コースを変えてみました。子供はスケート三昧(今年はリンクのコンディションが最悪でクレーム物でしたが)、ご両親はコーヒー飲んで優雅に読書。

初めて大さん橋を渡ってみましたが、ここからの眺めは実に良好。夕暮れ時のみなとみらいを眺めると、ビルの間に何と富士山がのぞいていました。元旦から素敵な風景に一同感激。

Dpp_0423

恒例の中華街で腹一杯食べて来ました。海外旅行に行く事を思えば、フカヒレだろうが北京ダックだろうが、存分に食べた方が実に安上がりというという持論故、このくらいの贅沢は良しと致しましょう。

今年の横浜の人の出は中々多かった気がします。反面、中華街のイルミネーションも各所の正月飾りも、予算が随分と削られている事が如実に分かってしまう悲しさです。とにかく政権を安定させて、少しでも将来を明るくしてもらいたいものです。政治に対しての他力本願ではいけないのですが...。

とにかく走り始めた2011年、とにかく明るく最高の一年に致しましょう

フォト
無料ブログはココログ