« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

Smart Store(スマートストア)

Dpp_0510

ムーディーズが日本の国債評価をS&Pに続いて、Aa2から引き下げました。「安定的」から「ネガティブ」とは...。理由は「経済・財政政策が債務の急激な増大を抑制できるほど十分に強固でない可能性がある」と。ごもっともです。

22日の発表にたして市場の反応はほとんど無いようですが、今更日本の破綻寸前のリスク等分かっているよと言った所なのでしょう。デフォルトするまでの期間はあと数カ月?皆さん着々と準備は整えましょう。

話が変わって、現在韓国のIMF危機を研究していますが、財閥企業の多角経営失策による破綻から連鎖反応が起き、屈辱的なIMFへの金融支援を受けざるを得なかった環境は実に勉強になります。

定年38歳、5%ルール等、毎日をそれこそ休日も無く昼夜馬車馬の様に働かなくては、失職してしまう大変厳しい環境下で韓国国民は生き抜いています。韓国人のタフさを今一度我々も見習うべきでしょう。

取敢えず外貨を幾つか購入して多少なりともリスクヘッジをしておきました。1万ドル購入で84.5万円。レートで82.4の時点で購入しましたので為替手数料2円が加算されてこの価格。銀行ですと3円が乗るので、リサーチして外貨通販会社にて購入。

送料\900円を加算しても外貨を現金で持つ事は最も効率が悪い。まあ、これは円が紙くずになった際の保険ですので、手数料及び為替差損は考慮しない物とします。このドルは手元に置いておくと心配なので、家内の実家の金庫に保管して貰いました。

貸金庫もロシアの経済危機においては全て没収された事が有りますので、念には念を入れての有事資金としました。デフォルトすれば1ドルが一気に200円を超える可能性がありますので、紙切れになった円と比較すればこの僅かなお金が幾ばくかの延命措置になるかもしれません。

今回は外貨通販で購入しましたが、為替手数料を抑える方法を更に検証しました。

こちらは三井住友銀行の外貨現金化手数料です。

外貨現金によるお預け入れ・お引き出し

通貨ごとの所定の手数料(1米ドルは2円、1ユーロは2円60銭、1英ポンドは7円、1スイスフランは4円、1オーストラリアドルは9円、1ニュージーランドドルは8円等)。
1万米ドル以上の米ドル建て外貨預金をお持ちの個人のお客さまご本人が、その外貨預金に対して米ドル現金でお預け入れまたはお引き出しする場合は、外貨現金取扱手数料は不要です。

  • 硬貨のお取扱はしていません。
  • 米ドル建て以外の外貨預金から、預入通貨で外貨現金を出金する場合は、お取り寄せになるため、日数がかかります。
    また、米ドル建て外貨預金から、米ドル現金を出金する場合でも、金額や金種によっては、お取り寄せのため、日数がかかることがあります。

ユーロと豪ドルもリスクヘッジにて手元外貨で考えましたが、いかんせん手数料が更に高い。金融政策におけるドルの不安材料も拭えませんが、ドルを基本に回避しようと思います。

最も効率が良い方法は以下の通り。

マネーパートナーズのFXにて円をドル交換→三井住友銀行へ外貨預金口座へ外貨のまま送金→1万ドル以上を口座に残しておけば、それ以上のドルは外貨のまま引き出しても取引手数料無料。諸条件も付きますが、これが最も安い外貨現金化でした。

Dpp_0509

それにしてもスマートストアという通販両替会社に依頼してドルを購入しましたが、1ドル札が240枚、5ドル札が8枚、10ドル.....などととんでもない紙幣で送られて来ます。しかも送金してから手元に届くまでに1週間近くも時間がかかる。

送られてきた紙幣も10ドル札の間に1ドル札が混じっていたりと、紙幣を計算するだけで30分も掛りました。幸い紙幣は1万ドル過不足なく入ってはいましたが。

こんな業者使うの止めた方が良いですよ。くれぐれもSMART STORE(スマートストア)です

2011年2月23日 (水)

春の訪れ

P1030466

本日の最高気温13度。すっかり春めいてきました。

先週は雪で出られなかった為、新砂まで軽く流してきました。厳寒期のフル装備でしたが、いささかオーバーヒート気味でしたので、ジャケットのベンチレーションを全開にして凌ぎましたが、そろそろウエアは調整が必要かもしれません。

春の到来は嬉しいものですが、恨めしい花粉も同様に襲って来ます。私は花粉症歴10年のベテランですがこれまで病院には通わずに、自力で乗り切って来ました。が、今年は例年の5倍から10倍の飛散量と言う事で、どこまで耐えられるか少々不安です。

本日もせめてものマスクを装着し90kmを走りましたが、実に息苦しい。オートバイ用のフィルター付きマスクだと、水分補給が出来ないので、已む無く一般の花粉対策マスクを使用。

全くのノーガードよりはマシかと思われましたが、これから2ヶ月程マスクをしての走行を強いられる事を思うと

もはや国民病と化した花粉症における経済損失は数千億円に達すると、試算も出ているのでありますから、くだらない党内派閥で遊んでいる暇が有ったら、こちらもとっとと対策を講じて貰いたいものです。

樹齢20年を超える杉を伐採して、荒れ果てた杉林を復活させ、品種改良した杉を植えるだけで大幅に改善出来るのですから。

小沢がどうの、党内離脱がどうの、予算案決議難航..。全く税金泥棒とは良く言った物です。

公務員半減、議員数半減(2党制廃止)、消費税20%、子供手当廃止、高速道路従来通り有料化、年金半額、すぐにでも実行しなければならないのに馬鹿の一つ覚えの様にバラマキばかり。間違いなく破綻しますねこの国は。

走行距離 92.7km

平均心拍/最大心拍 143/162bpm

平均ケイデンス 70pm

平均・最高時速 26.7km/h・45.1km/h

走行時間  3:28

消費カロリー 2289kcal

2011年2月20日 (日)

健康オタク 一ヶ月後

Dpp_0435

自称健康オタク1号のその後。

健康は食から!と今更ながらに気が付いて、大幅しシフトチェンジしてから早一ヶ月が経過しましたので、人体実験を兼ねて皆様にご報告させていただきます。

【何を変えたのか?】

1.お酒は飲み会2回以外、一切飲んでいません。

2.牛乳は一切禁飲。

3.米は3分ツキを基本に玄米を交互に。

この上記3項の効果は絶大であり効果覿面です。

その他にも細かな事は色々やっていますが、長くなってしまうので割愛。アルコールを止めるだけで、とにかく朝の目覚めが良くなります。貴重なグリコーゲンや酵素を消費してしまわなくなるので疲労感が無くなります。

食材はどうしても安全な物を選ぶので、かなりエンゲル係数は上がってしまいますが、アルコールを止めた分で相殺かと勝手に思い込んでいます。

肉も体に負担を掛けるので一切止めていたのですが、こればかりは駄目でした。ロードバイクの尋常ではない体力消耗に体が悲鳴を上げてしまいました。激しい運動に対してはやはり動物質のたんぱく質は欠かせないようです。身を持って知りました....。

よって我が家は家内も子供もスポーツ馬鹿なので、良質の肉を選んで購入し必要最低限の量は食べる様にしました。外食は一切せずに、肉類と油物を極力避けた食生活をひと月続けただけで、体重が3kgも減ってしまいました

外食を殆ど止めて手弁当にしましたが、胸やけも妙なゲップも無くなります。何より財布に優しく2月はまだ\5,000程しか使っていません。これまで毎月3万円でも足りなかったのですが、正直自分自身驚いています。

健康になって節約も出来て良い事ずくめです。もっと早く始めるべきでした。

2011年2月18日 (金)

FX始めました

Img_logo_no11

Img_moneypertnerslogo1

FXはじめました。

というのも日本円が紙くずになるリスクを回避するために、円を外貨に交換しておこうと考えましたが、いかんせん為替手数料が高い。米ドルの場合、銀行窓口だと3円、金券ショップでも2円。現在83円50銭ですからおよそ86円前後。

色々調べてみると、FXで口座開設→FX内で日本円を外貨に両替→外貨預金口座へ入金すると最安値!と何処にも紹介されていましたので鵜呑みにしてそのまま実行。

マネーパートナーズにてFXを開設し、三井住友銀行口座にも外貨預金口座を開設。取敢えずFX口座へ10万、外貨預金口座へ10万の投資。

確かにマネーパートナーズでは月1回までの外貨送金は手数料無料。しかし、銀行口座への着金については三井住友の場合、一回につき2,500円が必要。そして更にこの外貨を引き出す際に、結局リフティングチャージとして米ドル当たり2円が掛る。結局円を外貨に両替する場合、銀行で行う場合と大差無い事が分かりました。

その後も色々調べてみましたが、結局外貨を現金化する場合は相応の手数料負担が避けられず、手元に置いておいて安心する以外の効能は有りません。利息も一切付かないので、やはりMMFが現実的なのかもしれません

そしてついでなので、FXを話のネタに少々やってみました。

10万円を原資に、レバレッジはなるべく抑えて40,000ドル(抑えていませんね)で、為替変動1円以内で遊んでみました。当初4,000円位増えたのですが、その後は一気に20,000円損失。関連本を3冊ほど読んでから傾向と対策を打って臨んだのですが、相場を読むのは実に難しい。

僅か50銭以内という狭いレンジの中での売買なのに、どうしても底を狙うと反転攻勢となり損失が嵩みます。

何よりお手軽に出来ると思ってみたものの、チャートを睨んでいなければ、いきなり相場が動いてしまい結構な損失を被るので、パソコンの前に長時間待機しなければならず、実に時間の無駄。こんな物やるくらいなら本を読んだ方が余程リターンが大きい。

先日の日経にも出ていましたが、FXで儲けを出しているのは僅か2割だとか。ミセスワタナベだとか一時期言われましたが、こんな物では財を築けません。深手を負うだけです。

先日も総資産数千億の方とFXについてお話した際に、株やFXなんかやらずにまっとうに働く事が一番だとよ言われました。全くその通りです!

金ETFやCDS等のデリバティブが、懲りずに錬金術を続けています。国が破綻するのが先か、これらのデリバティブが飛ぶのが先か時間の問題ですね。

2011年2月15日 (火)

誰にもまね出来ない 石岡 瑛子

Dpp_0502

昨晩は吹雪の中、八甲田山に迷い込んだのか?と思いながら駅からの10分を雪まみれになって我家に辿り着きました。この積雪で暫くはロードバイクには乗れなくなりました...。

この積雪で喜んでいるのは、定説通り犬と子供ばかり也でした。我が家の愛犬殿は初めての雪に興奮し、我を失った様に走りまわっていました。お陰でドロドロのビショビショになり、お風呂直行だった事は言うまでも有りません。

Main2

昨晩、暖を取って漸く落ち着いた頃、NHK プロフェッショナルを見ていました。

今回は現在NYで活躍されている石岡瑛子さんでした。

この方については、洋画「ドラキュラ」で衣装デザイナーを務め、アカデミー美術賞を受賞された事のみ知っていましたが、昨晩の放送では度肝を抜かれました。

ブロードウェイで公開された「スパイダーマン」の衣装デザイン全てを、石岡瑛子さんが担当されたという事、そして今年71歳の年齢になられた事。

人間は年齢で諦めてはいけないのだとつくづく感じました。71歳と言えば日本の嫌な言い方ですと後期高齢者。同年齢の方々は何が後期高齢者だ!馬鹿にするな!お前らよりよっぽどしっかりしているぞと言われる事でしょう。

71歳とは到底考えられない気迫とバイタリティーで、丁々発止米国人達とやり合っていました。信念を持たれたぶれない考えに人は気圧されますが、大柄な米国人の中で一人の小さな日本人老婆が立ち回る様は感動に値しました。

心に残る言葉は

誰にもまねできない、革命的、そして時代を超えるデザイン

私も常々、誰にもまね出来ない仕事をしようと心がけて日々精進しています。子供たちにもこの「誰にもまね出来ない自分」になれと日々唱えています。永ちゃんのクロコダイルスーツという曲にもこの言葉が出てくるのですが、最初に聞いた時は感激しましたね。

0Photo01

誰でも出来る仕事は今後中国、インド等の新興国にとって代わられます。誰でも出来る仕事は代替えが幾らでもきき、賃金は伸び悩むどころか留まる所が無い程低下し職を失います。私の携わっている建築業など真っ先に淘汰される職種です。

ダーウィン曰く、生き残れるのは強い者でも賢い者でも無く、変化に素早く対応出来る者だと説いています。

一刻も早く、誰にもまねできない自分になって見せます

2011年2月13日 (日)

沈みゆく日本

Dpp_0475

これまでは日経新聞に日々目を通す程度で、日本経済はおろか世界経済にも決して明るくなかった私。振り返れば単なる現場監督だった新卒からの10年は、それこそ全くのアホでした

ある日、同期がヘッドハンティングで転職しました。そこで初めて自身の市場価値や、自分の置かれているぬるま湯な職場環境に気付き慌てて転職しました。あの時同期が転職していなかったらと思うとぞっとします。

転職してから読み始めた日経新聞、一体何が書いてあるのやら殆ど理解出来なかった事を思い出します。

英字新聞も同様で、全く読めなくても数年我慢して毎日毎日読んでいると、ある日突然意味が理解出来てくると言いますが、日経もある日突然理解出来る様になりました。日本経済、世界経済、金融、市況と毎日目を通さないと不安でならなくなるのが弊害でしょうか?

人間変われば変わる物だと家内が常々申しております....。

さて、年始に「健康」と並行して「経済」がマイブームとなりました。といいますか先日ご紹介させていただきました「この国を出よ」で青くなり、自己防衛出来る方法は無いのかと徹夜でこれらの本を読みあさり自身の方向性を決めました。

どの様な分野でも10冊の関連図書を読めば、その分野で専門家になれると昔読んだ本に書かれていましたが、確かに専門家と言わないまでも一筋の光は見えて来ます。

これらの書籍により、日本経済が迎える今後、世界経済が今に至る理由、ドルに変わる基軸通貨は何か等々、我々が手を打たなくてはならない事は何であるのかが漠然と見えた気がします。

今まで経済を真剣に考えた事も有りませんでしたが、危機迫る状況において背筋が寒くなりながら、明日にも起こりうる”有事”の対策の為に必死に頭を働かせ、とにかく実行に移しましたが、人間追い込まれると実に強い物です。

どの本も実に勉強になりました。どの本にも共通している事は、既に回避出来る状況には無いという事実が記されています。不安を煽るのではなく、著者達はこの日本という国を愛しながら、破綻へ突き進む事実を認識しなくてはならないと皆悲しんでいます。

戦後の焼け野原から、追いつけ追い越せで小さな貧国が経済大国を目標とし、世界が驚愕する程の経済発展を続け「ジャパン アズ ナンバーワン」と言わしめたゴールを抜け、次の目標が見つけられずに漂流してしまったのですね。

沈まぬ太陽ならぬ、沈まぬ日本の希望の光は無きに等しい

2011年2月11日 (金)

猛省

20070728_395031

遅ればせながら猛省致しました。

その契機は?かねがね危惧していた日本経済について、今年に入り漸く真剣に勉強しはじめ、日本の国債デフォルト危機がそこまで迫っている事が発端でした。

いやはや趣味と仕事に没頭し、典型的な日本人となっていた自身に対して憤りさえ感じました。浪費は美徳と考え、借金も財産のうちと勝手な持論で「働き甲斐イコール自身へのご褒美」と、稼いだお金のほとんどを自身の趣味に投じておりました。当然ながら自己貯蓄はほぼ0で綺麗に使い果たしておりました。我ながら恥ずかしい限りです。

そして何より家庭内の収支を全て再点検した際、実は家内は密かに子供の為にと学資保険で積み立てをしていた事が分かり猛省どころの話ではありませんでした

2000年頃から気付いていれば、恐らく1000万は貯蓄出来ていた筈なのですが、私の個人資産は全て物に変わっている...。後悔先に絶たずの、正に自身は今にも死にそうなキリギリスなので、ブログの標題もキリギリスに改名致しました

さてS&Pに続いて、ムーディーズも日本国債を格下げする意向との事。天文学的数字に膨れ上がった借金は、ハイパーインフレでも起こさなければ解消出来ない訳ですから当然です。持ちこたえて2013年(個人資産総額と国の借金が初めて反転する年)ですが、早ければ年内にもその日はやってくる様です。

皆さん備えは万全ですか?

震災が先か破綻が先か、いずれにせよその日は必ずやって来ます。何だかノストラダムスの様ですね...。暗い未来は想像したくも有りませんが、こればかりは見ぬふりをしても容赦なく襲って来ます。

我が家の準備は私が改心してからの約一ヶ月で、着々と進めていますがまだ計画の三分の一しか完了していません。2月末に半分、3月末には全ての準備を終えるつもりです。

転ばぬ先の杖、庶民なりのせめてもの対策を講じておきましょう!

2011年2月 8日 (火)

2度ある事は3度有り

2

明日は雨/曇りの予報でしたので、曇天の元いつものハーフコースを走って来ました。先週走れなかったので、半月振りの走行でしたが風も穏やかで走り易く、時折日も時折さしてくれたので貴重な一日となりました。

久々のコルナゴは体調も良かったせいで、ホンダエアポートから更に北上してみました。雨の降り始めを恐れていたのですが、どうにか日中は持ちそうな雰囲気でしたので。

1

欲を出したらこのざま。どうしてこのタイヤばかり良くパンクするのだろうか...。コンチネンタルのGRAND PRIXで耐パンクが施されているのですが、これで確か3回か4回目のはず。

本日のパンクの原因はホチキスよりも細いワイヤーのささくれの様な物が刺さっていました。逆に細すぎて穴を探すのに実に苦労し、パンク修理ですっかり体が冷えてしまいました。今度こそこのタイヤ交換してしまうか検討中。

本日は85km程流してきましたが、2月中旬から花粉が昨年の10倍?程飛散するらしいので、今春はどうやって花粉症を乗り切るか対策を講じなくてはなりません。

走行距離 85.9km

平均心拍/最大心拍 141/163bpm

平均ケイデンス 71pm

平均・最高時速 25.5km/h・46.2km/h

走行時間  3:23

消費カロリー 2154kcal

2011年2月 7日 (月)

この国を出よ

Dpp_0429

この国を出よ 柳井正/大前研一

言わずもがなの両名が対談形式で、日本を憂い、黙っていられる限界を超えたとして出版された本です。書店で見てから気になっていたのですが、たまたまブックオフの店頭で発見したので早速購入して読んでみました。

大前研一氏のコメントはプレジデントでも常に目にしており、的確な物の見方考え方に感銘を受けていましたが、こちらでもご本人が危惧されている事が全て明瞭に表現されています。柳井正氏は経営者の立場から、体たらくの政治家に対して、お気楽な国民の主観に対してズバッと物申していて実に気持ちが良い。

タイトルと両名の経歴から、内向き下向きになっている現状の日本人の覇気の無さや、若者が安定志向になり国外へ出て行かない危機感をもって執筆されたのかと思いましたが、事はそこまで迫っている国の危機を赤裸々に表した内容でした。

両名が唱えられている事は、日本が置かれている末期的な症状を、政治、経済、世界情勢を具体例を持って述べられており、真っ逆さまに落ちて行くこの日本を危ぶむ気持ちがひしひしと伝わって来ます。私も前回の国の予算編成をニュースで知った際には、この国は遂にここまで来たのかと落胆したものでした。

すでに死にかけているこの国に、無理やりカンフル剤を打って蘇生しているだけの状況であり、国債、地方債を合わせて先進国最大の1000兆円を超える借金など今更返せるはずもない。国民がこの異常事態を騒がない事が不思議でなりません。

ジャパンバッシング、ジャパンナッシング、そしてジャパンクラッシングは数年でやって来ると私も思います。さてどんな事が起こると思いますか?この書にて想定されている内容は控え目に表現されていますが、暗いどころでは無い、目を覆いたくなるような惨状に悲しいかな日本は、いや世界は陥ります。

破綻までの猶予はそれほど残されてはいませんが、何も知らずに突然襲われるよりも、心構えを持っておく事がまだマシです。

是非この書を読んでみてください。今までどれだけ自身が楽観的であり、国や政府に依存していた他力本願であったかが良く分かります。はっきりこの書にも書いてありますが、国も政府もあてにしてはいけません!と。

私はこの本を読んでから世界経済、日本経済を遅まきながら深堀してみたくなり、経済にまつわるビジネス本をまとめて購入し、日夜考えています。知れば知る程今の日本が置かれている世界的地位、破綻へ突き進んでいる収支の異常値を知って末恐ろしくなります。

まさに警鐘を鳴らす一冊です。是非ご一読下さい。

2011年2月 5日 (土)

電子辞書

Dpp_0431

パソコンやi-phone全盛の現代、電子辞書などご老人の使う物かと思っていましたが、勉強を推奨するビジネス本に電子辞書の優位性が記載されていました。

確かに本や新聞を読んでいると、ちょっと意味を調べたり引用したい用語が出てくるとが常に伴います。わざわざ辞書を取りに行くのも、パソコン立ち上げるのも面倒。i-phone(私の常用はi-pod)でもそれなりに調べられるのですが、広辞苑からジーニアス、日経ビジネス用語、ブリタニカ百科事典、TOEICテストや英会話まで至れり尽くせりの内容が収録されているので、これが有れば全て足りてしまいます。

また単三電池2本で150時間稼働。開けば瞬時に起動するので実に便利。

Dpp_0430

サイズはカバーが無ければ文庫本とほとんど同じ大きさ。電池込みで300gなので少々重いのですが、読書や学習には欠かせない存在となりました。

カシオの電子辞書が機能的にも最も優れているので、他社との比較は必要無かったのですが、インストールされている辞書や機能によって幅が広く、この選択にかなり悩みました。結局私が購入したのはビジネスバージョンにしました。

子供にも任天堂DSを卒業させ、中学生用をクリスマスプレゼントに買ってあげましたが、英単語を打ち込んだりと私より使いこなしています。\25,000程しますが子供も私も大変満足のいく投資でした。

2011年2月 2日 (水)

いつまでもデブと思うなよ

Dpp_0425

いつまでもデブと思うなよ 岡田 斗司夫

少々過激な題名が気になって購入してしまいました。題名からするとご自身が一念発起してダイエットに取り組む内容かと。

著者は作家・評論家であり、117kgから67kgへ何と一年で50kg痩せられており、ご自身でも想像もしていなかった変化とされています。

やはりこれまで巷にあふれるダイエット方法を色々試されたそうですが、結局その努力は報われずリバウンドを繰り返す。そして独自に編み出されたダイエット法は、何と自己管理だけ!人間はやはり巨大な思考する脳を持った動物であり、本人のやる気やモチベーションだけで変身出来る物なのです。

私は昔から痩身なので、逆に太っている人を見ると幾ら食べても太れない我が身を恨めしく思った過去も有りましたので、太っている人の悩ましい思いが正直全く理解出来ませんでしたが、この書を読んで抱いている悩みを知る事が出来ました。

まずダイエットについては、アメリカでは過去70年に2万6000種のダイエット法が発表されたとの事。そしてその成功率はわずか5%。いかにダイエットに悩む方が多く、そのほとんどが無効で有る事がこの数値から読み取れます。

そしてこの著者はまず太っている自己の容姿、イメージ、所謂キャラを鑑み、どれだけデブは他社に与えるマイナス要素を抱えているかを抱く事に始まります。

デブは第一印象でだらしない奴と思われる。デブはきっと「まいうー」とか言うよなとか思われる。等々、赤裸々にご自身がイメージされるデブに付きまとうマイナス要素を列挙して、自身に変わる意思を植え付ける。

そしてご自身が考案されたレコーディングダイエットが実に興味深い。とにかく口に入れた物を水と言わずポテチと言わす、何でも事細かにノートに記録して行く。すると!無意識に口に運んでいた物がこれほどかという事に驚愕する。そうすると自身の愚かさに気付いて、のべつ幕なし食べ続けていた自分にブレーキがかかると言う。なるほど

結論は精神力でいかに自己管理をするかという事ですね。偉大な功績を残された自叙伝を読むと決まって卓越稀なる才能というよりも、夢を持っていかに努力を積み重ねたかにつきます。天才といわれるイチローでさえ、人の何倍もバットを振り続けてきた結果が今の彼を形成しているわけですから、我々も日々努力を忘れてはなりません。

話は変わりますが、不幸にも東京ドームシティにて事故でお亡くなりになられた方は、130kg近い巨漢で有られたご様子。本来であれば閉じない安全バーにアタッチメント等を装着して固定するとこの書にも書かれていましたが、恐らくそれを係員が怠った事によってこの不幸な事故が起こったのでしょう。遊技施設で命を落とす等ありえない事象です。ご冥福をお祈りいたします。

未だに施設は閉鎖されたままとの事ですが、東京ドームシティの業績を更に圧迫する事が気がかりです。

フォト
無料ブログはココログ