« 命の水 | トップページ | 浄水器性能 »

2011年3月25日 (金)

建築建材不足

P1030512

私が身を置いております建築業界は、震災前から低迷しており内需の力の無さを痛切に感じていました。

そこに今回の未曾有の震災で更なる打撃が及んでいます。

計画していた工事が延期、または見送りと全てがマイナスに作用しています。かたや基礎を残して無残にも家を失った方々を目の当たりにして、住むに困っていない住宅をどうのなどと言っている事が不謹慎の様に感じてしまいます。

ただ、被災された方に配慮する事は当然必要なのですが、企業の自粛ムードもそろそろ平時にシフトしなければいけないと思います。CMもACばかりで悲壮さを更に演出しており、気が滅入るばかりです。新聞の紙面も寂しい限りです。

国が危機的状況で有ればこそ、逆に盛り上げていかなければなりません。空元気だって良いでは有りませんか?本当は貧しくても侍の様に志を高く持っていましょう。被災者の分まで努力して、一日も早く経済を平時に戻していきましょう!

そして話が戻りますが、建築資材が不足しています。建築で最も使用される合板が全く入手出来ません。

本日技術部隊が大騒ぎしているので、何の話?と聞いてみると、問屋や資材メーカーが揃って合板の在庫が無く、供給の目処も立っていないと、先のミネラルウォーターの様な事を言い出しているのだそうです。

写真は今朝の日経新聞ですが、そう言われてみれば朝刊に...。

東北の復興の為、仮設住宅等に合板が集約されているのでしょう。ただでさえ建築需要の落ち込みで工場の生産能力を半減させている状態でしたから、尚更在庫が枯渇した様です。被災した工場やメーカーも多い為、この合板や断熱材不足は当面続く事となりそうですが、この煽りを受けて中小の工務店はバタバタ潰れる事が予見されます。

私も他人事では有りません。

« 命の水 | トップページ | 浄水器性能 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや、ほんとその通りで工務店だけでなくほとんどの業種で同じような影響がでてバンバンと倒産する会社が出てくる事は間違いないです。

計画停電を1日実施しただけでもとんでもない経済損失ですから。
それを考えたらわかると思うのにお気楽な日本人があまりに多すぎて・・・・
年度末ということもあるので4月に入ったら続々出てくると思いますよ倒産。

と、ともに株価はさらに暴落すると思いますし以前為替の事を書かれてましたがそろそろ円安の方向に(長期的に)向かうと思います。
まぁ円安って言ってもそもそも今が極端な円高なので普通に戻るって感じかもしれませんが。

まぁ何にせよどうなってしまうんでしょうかね、この国は?

政治家も国民もこの深刻さをどうして理解出来ない?対策を講じない?と感じています。

抜本的な景気対策が必要ですし、国がリーダーシップを取って強引に引っ張っていかなくてはならない時に何もしない。

国も我々の生活も落ちて行くばかり。世界から抹消されますよ、このままでは

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築建材不足:

« 命の水 | トップページ | 浄水器性能 »

フォト
無料ブログはココログ