« 新宿歌舞伎町 | トップページ | 内閣不信任案否決 »

2011年5月31日 (火)

一期一会

Dpp_0686

ゆでガエルの話は余りに有名なので、今更説明するまでも有りませんが、皆さん家庭や仕事の現状をどう捉えられていますか。

幸い私の置かれている職場環境は正直居心地が良い。しかし居心地が良いと言う事は、裏返せば甘美な環境であり、自身が全く成長しなくなっているのではないでしょうか。

私の時計は何時から止まっていたのか?冷静に振り返ると退院してからの2年間、成長する努力を怠っていました。2年間死んでいたに等しい状況であり、実に恐ろしい現実に気付きました。

危うくこのままゆでガエルになって死んでいく所でしたが、人間どうしても楽な方に流されてしまう。これは環境に甘んじる人間の性でありますが、気付くか気付かないかこの差は大きい。

刹那的な考えしか持たずに生きている程危険な事はありません。この環境変化の激しい2年を無駄にした事実が実に悔やまれますが、今更悔やんでも時間の無駄なので、ゆっくり体を休めたのだとプラスに考え、仕事に対して再び火を灯す事にしました。

ゆでガエルにならないために、あえて鍋を飛び出しましたので明日から再び新天地にて一から仕事を始めます。

転職を繰り返しているので、私にとって半ば恒常的な行事になってしまっていますが、再び一年生の気持ちに立ち返り、日々成長するために身を粉にして働きます。再び雑巾掛けからでしょうか?久々にワクワクしてきました。

しかしながら新しい環境に移行するには、現況を捨てる必要が有ります。

昨日は現職最後の出社日でありましたので、半日程で帰宅するつもりが、なかなか残務処理が残っており容易くは帰れません。まあ、同僚や部下との最後の時間でしたので、実は名残惜しく貴重な時間を過ごしたのですが...。

いよいよ仕事が片付いたので、社内の人々に一人ずつお別れの挨拶をし、最後の握手をして回りました。そしていざ部下との別れとなると実に感慨深いものがありました。苦楽を共に過ごして来た部下は、言わば自分の子供の様に可愛いものですからね。

Dpp_1003

そこで思いがけずお別れの品をいただきました。開けて下さいと言われたのですが、照れ臭いので自宅に戻ってから開封させていただきました(帰宅して家内にも怒られました、申し訳ない)。

そこには大変素敵なボールペンが。ちょうど新しい物を購入しようと、ハンズや文具店を回っていた矢先だったので、タイミングの良さに驚くばかり。しかも大変センスが良い。

また今回、お別れの言葉として一人一人に宛てて、拙宅で作成したメールをそれぞれに配信させていただきました。私が上司として欠如していた事、皆さんに期待する事を飾らない言葉でしたためました。本当に出来の悪い上司だったのです、反省。

新卒入社にて私が預かった女子社員がいましたが、大変気真面目で優秀なのですが、正に今時の女の子でどうしても自分を中心に物を考えてしまう。一度は匙を投げかけたのですが、自身の頑張りから僅か3年で見違えるほど優秀になった。深夜まで直向に仕事を続ける姿勢を暖かく見守っていたのですが、本当に人は自分の意思で大きく変われるものです。

この子の頑張りは絶賛に値するものであり、我が子の成功の様に嬉しいとメールで送りました。

メールを送った事をすっかり忘れて、最後の挨拶に行くと、この子が何故か泣いている??どうしたと尋ねると、私のメールが嬉しかったとの事。泣かせるつもりはなかったのですが、気持ちが伝わって良かった。この子は今後、仕事も私生活も絶対上手くいきます。

会社を出る際に、この子が追いかけてきてお手紙をいただきました。私のメールを読んでから返信をしたためてくれたようです。こちらも自宅に帰ってから読ませていただきましたが、久々に感動しました。マネジメントとは程遠い上司でしたが、人間真面目にやっていれば必ず評価してくれると言う事が今一度分かりました。

人は亡くなった時にその人の評価が下されると言いますが、会社も辞めた時に評価が下ります。私が取り組んできた仕事はひとまず成功だったようです。

ボールペンも手紙も私の宝物として一生大切に致します。皆さん本当に有難うございました!

« 新宿歌舞伎町 | トップページ | 内閣不信任案否決 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一期一会:

« 新宿歌舞伎町 | トップページ | 内閣不信任案否決 »

フォト
無料ブログはココログ