« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

2011沖縄再訪

Dpp_1310

強行スケジュールで沖縄に来ています。

仕事が終わり、荷作りし、一時間寝て羽田へ。

睡魔との戦いでしたが、今プールサイドよりメールを打っております。

iPhone恐るべしですね。写真がブログプログラムの相性の影響からか添付出来ない事が残念です。

2011年8月28日 (日)

三色ボールペンで読む日本語

Img_1997 

代々木にて休日返上の仕事があり、帰りがけに新宿の東急ハンズに寄って来ました。

8階に文具を買いに行っただけなのですが、築地の様な異常な混み具合なので、店員さんに思わず「いつも週末はこんなに混んでいるの?」と尋ねた程でした。

店員さん曰く、何やらセールを行っているとの事で本日は大変な賑わいなのだそう。

経済の活性化には人とお金が動かなくてはなりません。この人ごみを見て少々嬉しくなりました。皆さんも籠らないで街に出掛けましょう。

Dpp_1297

さてハンズで何を買ったかと言えば、3色ボールペン3本。3色は無かったので、5色ボールペンを選択せざるをえませんでしたが1000円と315円を2本。果たしてこの値段の差は何かも分らずに購入してみました。

今時5色ボールペンと思われるでしょうが、昨日読んだ”三色ボールペンで読む日本語”を早速実践すべく購入しました。

斎藤さんのススメは、本はただ目を通すのではなく3色のボールペンを片手に読み込み、気になる個所にどんどん線を引いて行くというもの。重要度に応じてそれぞれ色を変える必要が有るので、3色が必要となり3色ボールペンを必須アイテムで指定しています。

私もこれまで本には書き込みや、マーカーを入れてしまうので、本は人には貸せず売却も出来ません。斎藤さんと同じ意見ですが、本は汚して自分の物にしてしまう事が正解だと思います。中古で売却する事を踏まえれば、汚す事は出来ませんが、ブックオフに持って行った所で数百円、数十円。

だったら徹底的に読み込んで自分の物にした方が得策だと思われます。しかしながら、先日のフェラーリ...等の中身の無い本は、一切汚さずに売ってしまいます。リサイクルの意味も兼ねていますからね。

Dpp_1300

そのブックオフ代々木店に本日立ち寄り、探していた本を見つけました。克明な日米戦が記録されており、読み応えの有る一冊です。

2011年8月26日 (金)

遭遇

_11

今年に入って初めてゲリラ豪雨に襲われました。

営業の第一線を退いたので、外回りが以前の半分以下になりましたので、当然豪雨に見舞われる機会も減少。幸い内勤や会議中で豪雨を回避でき、部下の労を労う事ばかりだったのですが本日は逆でした。

出向しての会議にて終了間もなく雷雨。次の会議が待っているので、雨脚が弱まるまで待つ暇も無く移動。傘をさしても濡れないのは頭位で、肩から下は水にでも浸かったかのようにずぶ濡れになりました。

水を吸ったスーツは実に重く、皮靴の中も池と化し、歩く事も実に大変でした。

それにしても、我々が子供の頃の雷雨とは全く違いますね。突然空が暗くなり一気に雷雨が襲ってくる、都市型のゲリラ豪雨は風情など皆無で、ただただ危険なばかり。

我々人間の便利さの代償が堰を切って暴れ出している様です。

2011年8月25日 (木)

フェラーリを1000台売った男

Dpp_1081

店頭で見付け、つい購入してしまいました。

同じ営業として気になりますし、男としてフェラーリに乗る夢は捨てたくありません。現実的に独り身だったら、恐らく中古でポルシェかフェラーリを購入していたかもしれません。

確かに故障の恐怖は否めない外車ですが、程度の良い車両を短期間乗るのであれば、サラリーマンでもどうにか所有出来るようです。私が読んでいたブログのオーナーは、勤め人で有りながらカウンタックに乗る男気の有る方でした。

確かにマンション買う事を考えたら、ローン組んでも何とかやっていけるのですよね。その方もローンを組んで、リセールバリューを緻密に計算し、カウンタックライフを満喫されておられました。

さてこちらの書ですが、中身は新車販売ではなく、中古車でのカウントとの事。いきなり肩すかしをくらいましたが、そもそも日本に有るフェラーリは8000台程度で、8000万台の日本に存在する自動車の0.01%にしか満たない存在なのだと。ですから同じ車両を、再び買い取って販売するカウントも入っていると。

しかし中古でも600万、800万とするフェラーリを右から左に売るのですから、単なる販売員ではこの偉業は達成できないでしょう。この方自身がフェラーリが好きで好きで、自身が乗れないなら売りたいと転身してディーラーに懇願したそうです。

営業として良く分かりますが、自分が好きな物を売る事が最高の幸せであり、楽しんで売っている事をお客様が感じ取り、この人から購入したいという結果に至るのです。

そして肝心な内容ですが、超高級外車の販売手法、購入者の年収や社会的地位など、掻い摘んでは書かれてはいますが、私が知りたい事が殆ど紹介されておらず、後半は人情論に飛躍していたりとかなり残念な内容でした。

再び面白くないからお薦めしない紹介本が一冊増えてしまいました。

2011年8月24日 (水)

六本木ヒルズ

Img_2508

商談にて六本木を訪れました。竣工から8年、栄枯盛衰有りましたが今も揺ぎ無き存在感を示す六本木ヒルズ。平日でもなかなか盛況です。

お客様のご厚意で、こちらの六本木ヒルズクラブでお昼をいただきましたが、この会員制クラブは、正に超越したVIPが集う空間でした。ジャスミンティーが今でも記憶に鮮明に残っておりますが、知らない世界を垣間見る貴重な経験をさせていただきました。

Img_7868

ヒルズの蜘蛛も健在で、東京タワーも良く見えました。

Img_5141

そしてついでなのでMINIも覗いて来ました。クロスオーバーの試乗を以前させていただきましたが、こちらのディーラー機会が有れば是非ご商談下さい。

六本木ヒルズならではの営業マンがお出迎えして下さいます。同じ営業として、いやはや勉強になりました。

Img_5359

この度の展示はハッチバックの特別仕様車の様でした。やはりミニはクロスオーバーよりもこのモデルがフラッグシップなのでしょう。

このデザインとゴーカートフィーリングに魅了されてしまうと、他の車には食指が全く動かなくなります。クロスオーバーが発売され気になる所ですが、乗って楽しいゴーカートを手放すには至りません。

2011年8月17日 (水)

大前研一

Dpp_1009

私が崇拝している大前研一さんの書です。

私は成毛誠さんの様に、10冊程を並行読みしているのですが、その中に必ず大前研一さんの一冊が含まれています。

大前研一氏の魅力は正しく”頭脳”ですね。まだ日本人に”留学”という言葉すら耳にしない時代に、単身渡米して原子力を学ぶ行動力。

日立で原子力開発の一員として職責を全うするも、原発は建設地の猛反発を受ける、感謝されない技術と受け止め退社。その後何故か全くの異業種であるマッキンゼーに入社して、ビジネスコンサルタントとしての地位を確立。

1995年には都知事選にも出馬されたらしい。愚かな私はその事実すら全く知りませんでしたが、氏が都知事になっていれば世界に発信する”東京”になっていた事でしょう。

とにかく氏の的確な言葉、緻密な分析能力は日本人離れしています。言葉を濁さずにズバリと指摘するその姿勢は読んでいて実に清々しい。

企業参謀だけは私の稚拙な頭脳では到底ついて行けず、全く理解出来ませんでしたが、他書は「主婦でも分かりやすくした」とおっしゃられている様に、実に噛み砕いて説明していただいています。

私の生活に”大前節”は欠かせない存在です。

2011年8月15日 (月)

外部脳

Dpp_1056

所謂読書家は本を”外部脳”と呼んでいらっしゃいますが、確かに同感です。

しかしながら狭小宅内にて、方々に山積みされた本をどう整理したら良い物かと、思案し悩みながら早一年。本棚を置くにも既に趣味のガラクタを処分する事が先になってしまい、ロードバイクをもう一台処分せざるを得ない事態にも陥る為、どうにか”隙間”を利用して本棚を製作しました。

日曜大工で作る事も考えたのですが、玄関脇に設置する事を考えれば造作家具が望ましいので、10万円を叩いて知り合いの家具屋さんにオーダーで作って貰いました。

サイズは文庫とハードカバーの配分に悩みましたが、ハードカバー2段、文庫の長・短も配分し、本の上に埃も溜まらない様に、ぴったりの寸法でオーダーしました。

再下段は愛犬が噛みちぎってしまうので、暫くしたら洒落た洋書でも立てて飾ろうかと思っています。

実はこの空間、本来は和室が奥に位置し引き戸が有ります。通常は別の入り口から出入りしており、この扉は”開かずの扉”でしたので、思い切って塞ぐ事にしました。

引き戸手前に枠が回っており、この枠の奥行が80mmだったので、100mmの奥行きの本棚を枠内寸法、5mmの余裕しか持たない離れ業で製作しました。

正直枠の歪みで入らないかもしれないと考えたのですが、本当に「ぴったり」と収まり、数ミリ単位でオーダーに答えていただいた、家具屋さんの技術レベルの高さに驚くばかりです。

こんな僅かな隙間に、300冊以上の本が収まりました。こちらは玄関先なので見栄えのする本を納め、ビジネス本などの頭の程度が知れてしまう本は、別の場所にうず高く積んでおります。第二弾の書籍整理にはまた一年ほどかかりそうです。

2011年8月13日 (土)

発電機購入 HONDA EU16i

Dpp_1078

震災前から購入予定であった発電機を念願叶って漸く手に入れました。

年初から危惧していた日本国の経済危機並びに、有事用として購入予定であった発電機でしたが、まさか震災が数日後に襲うとは。需要も落ち着き供給も平時に戻ったため購入に踏み切りました。

様々なメーカーを検討し私が選択したのは、HONDA EU16i。コンパクトはボディですが、冷蔵庫や炊飯器、エアコンまで運転出来る優れ物です。特筆すべきはインバーター機能も備えており、パソコン等の精密機器にも供給できます。

震災前の価格は、定価\207,000に対し販売価格がおよそ\140,000前後にて、オークションや楽天で販売されていました。まさに購入しようとした矢先に震災が起こりました。

帰宅難民と化した翌日に楽天を見ると、発電機は全て売り切れ。電力供給停止で一斉に買いが入った様であり、発電機の製造工場も被災し入荷未定。オークションでは高騰し\300,000前後で取引されており、背に腹は代えられず購入した方が多かった様です。

正しく便乗値上げであり悲しい気持ちになりましたが、需給バランスを考えると仕方が無いのかもしれません。「これからの正義の話をしよう」にも書かれていましたが、ニューオリンズの台風被害の際にも同様の事が起こり、社会問題化したそうです。

幸い我が家は当時の計画停電は免れましたので、当面の必要性は無く購入を断念していましたが、明日にも襲う可能性が高い関東直下型地震に備えようと考えておりました。

そして7月末から販売台数も安定し、価格も以前の水準に戻って来ましたので、現在は平時同様に購入出来ます。

Dpp_1079

私がこの度購入した価格は\137,000で送料、試運転込み。

届いた発電機は思いの外小さかったのですが、重量は20kgを越えており少々収納場所に困ります。しかしながら有事の備えですから、どうにか収納内を整理して収めました。

これで有事に電気が停止しても、レギュラーガソリンさえ手に入れば電気は心配いりません。

何故電気が必要か?私は米60kgと小麦60kgを常に備蓄していますので、電気さえ有ればご飯とパンは最低限口にする事ができ、どうにか家族が1ヶ月生き延びる事は可能になります。一家の主たるもの、家族を守る義務が有りますからね。

Dpp_1080

使い方は至ってシンプル。エンジンオイルも0.4Lと少なくメンテナンスも実に軽微。原付のエンジンみたいなものであり、ホンダならではでデザインも中々可愛く作られています。非常時には神様みたいに有難い存在となる事でしょう。

直下型地震が首都圏を襲えば、到底今回の東北の様に秩序は保たれず、食料も満足に手に入らないでしょう。自らの命、家族の生命は自分で守るしかありません。

北欧諸国は最低数ヶ月分の食料、水の備蓄を義務付けています。震災から日を追うごとに、再び平和ボケした日本に戻りつつ有りますが、今一度災害に対して備えを見直しましょう。

2011年8月 7日 (日)

豪雨

1

久々に土日続けての休みが取れましたので、昨日は一日読書をして過ごし、本日は昼過ぎに自宅を出て、軽くホンダエアポートまで流して来ました。

早朝に自宅を出る予定だったのですが、処理すべき雑多な事を行っていると、いつも中途半端な時間になってしまいます。貴重な休日ですから、仕事同様効率優先で動かなくてはいけませんね。

無風でしたが、湿度と暑さで心拍は平常時+10と負荷が高く、少々踏み込むと瞬時に170代に入ってしまい心拍管理に苦労しました。

さてホンダエアポートまでは、夏らしい青空に入道雲が太陽の光を浴びて、陰影が明確に現れて実に綺麗でした。

もう少し足を伸ばそうかと思いましたが、心拍が高めだったので、まずは折り返す事にしました。すると、急激に空が暗くなり始め風が出て来ました。

まずい、これは確実に雷雨となると感じましたので、とにかく一心不乱に自宅を目指しました。既に心拍調整等関係無しで、ひたすら自宅到着のみを考える事に。既に空は暗く、雷鳴が響きだしましたので、万事休すかと。

そして、自宅に掛け込みシューズを脱いだ途端に、大粒の雨が地面を叩き出しました。まさに間一髪で、日頃の行い?が良かったのかと思い返すばかりでした。

60kmのショートでしたが、今週もしっかり血を回す事ができ、体も頭も軽くなりました。いつもながらロードバイク最高です。

走行距離 58.1km

平均/最大心拍 155/176bpm

平均/最大ケイデンス 75/101pm

平均・最高時速 27.1km/h・46.0km/h

走行時間  2:09

消費カロリー 1648kcal

消費した水量 500ml*3本

2011年8月 4日 (木)

協調介入

20110725t124059z_01_nootr_rtrmdnp_2

今朝5時50分に目覚め、昨晩76円代で購入した10万ドルを77円代でシングル設定して仕事に向かいました。

白熱した会議が終わりi-phoneでレートを見てみると、何と79円代に突入。

遅きに失した実弾介入に漸く踏み込んだと瞬時に分かりましたが、数兆円規模の介入が入ると一気に2~3円跳ね上がるのですね。FXを始めてから初めての協調介入を目の当たりにしたので、少々興奮してしまいました。

介入後の動きは少ないので、追加金融策も打ち出した日本の円高阻止への”本気度”が漸く伝わった様ですが、改善されない経済指標に雇用統計、そして格付け懸念。

ドル売り圧力に対して日本の抵抗はどこまで効果が望めるのでしょうか?

消去法で残されてしまった円は、実体経済と関係なく、再び戦後最高値に向い再上昇してしまうと思われます。

2011年8月 3日 (水)

グラハム クロノファイター

Dpp_1072

GRAHAM CHRONOFIGHTER

会社が変わり目立ち過ぎる時計を封印していたのですが、そろそろ洒落も兼ねて使用する事にしました。当然お客様の前にはこんなふざけた時計はして行きません、念のため。

ただ、標準の革カーフストラップは、汗を吸うと革が変質して臭うので冬まで眠らせておく予定でした。そこでストラップ交換を思いつき、バンドを交換し夏仕様にしてみました。

Dpp_1074

こちらはクロノファイター専用のラバーストラップ こんな樹脂ベルトだけで\21,000也。更に尾錠は\10,500なので\30,000を越えますから、これだけで国産腕時計がもう一つ購入出来ます。メンテナンス費用も含め輸入物は実に高額であり頭の痛いところです。

交換はかなり大変でした。既存の革ストラップが綺麗に納まっているのは良いのですが、ピンが全く見えず外れない。革を切る訳にも行かず大変な苦労をしました。ショップで交換される事をお薦めします。

漸く交換を終えてみると、革カーフと比較してかなりカジュアルになりました。いかにもダイバーズウォッチの様相になってしまいましたが、クロノファイターは生活防水なのでこのまま泳ぐ事は出来ません。

Dpp_1077

本当はステンレスブレスレットを探していたのですが、どこも売り切れで入手不可。しかもストラップだけで、\94,500と更に高額。しばしこれで使用することとします。

Dpp_1075

因みに右は休日に使用しているソードフィッシュ。出っ張った二つの拡大鏡がメカジキの様なので、この名が付いたそうです。こちらは100m防水なのでそのまま海に入れます。

2011年8月 1日 (月)

汗対策

P1030836

走っている最中でもヘルメットから滴り落ちてくる汗。サングラスを伝わり目に入ると、とても眼を開けていられない状況に。

通気性が抜群のバンダナを購入しました。たかだかバンダナで4000円。

使用方法は、こちらを頭に巻いてヘルメットを装着するだけ。首筋の日焼けも防いでくれる優れモノです。高機能生地を使用しており、装着していても汗を吸って放出してくれるので、蒸れも気にならず涼しい。

目に流れる汗もしっかり防いでくれますので、視界不良で事故を起こす事を考えたら安い物です。

フォト
無料ブログはココログ