« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月30日 (日)

日経リフォーム博

003

日経リフォーム博2日目となる昨日、業界の動向を探るべく足を運んで来ました。

今回はお客様の視点として、業界の盛衰状況や催事における創意工夫を部下と共に視察。

昨年までは出店側の立場にて同イベントに参加しておりましたが、年を経る毎に規模が縮小している気がします。販促費削減の影響も有ると思われますが、参加企業自体がこのイベントで得られる情報の質が悪い事に気付いて出店を取りやめた事も大きいかと考えます。

私個人の経験やこれまでの統計で単純に考えると、投資金額に見合う収益が上げられません。単純に、出店費用、広告会社に依頼した企画量、ブースの製作費用などで既にマイナスです。

これに一日当たり30名程の社員を張りつかせますから、3日で単純に考えて100人の人件費が無駄になっています。

このイベントに来場されるお客様は、一般の方であり、しかもリフォームの費用としての予算は100から500程度と大変低い。1000万を超える様な大型相談は極めて少なく、このイベントに参加される様な方ですから、5社、6社の競合は当たり前。

儲け云々ではなく、ブランディングとして余裕のある会社が出店されているのでしょう。

同じ3日を投じるなら、営業が総動員で顧客訪問をさせた方が実りは大きく、当社は未来永劫出店する事は有りません。

2011年10月26日 (水)

チューブレスタイヤ

004

こちらは一体何に見えますか?

時代遅れのミニポーチ?そういえば昔は皆いやらしいポーチを片手に持って出かけていました。今時ポーチを持って歩いているのは、その筋の方か新聞の集金人だけでしょうか。

今考えると実に不思議なブームと言うか奇妙な現象でした。

002

正解はハーレーの救急パンクセット一式が収まったハンドポーチでした。何かのイベントに貰ったポーチに別途購入したキットをただ移し替えただけでしたが。

005

仕事中に家内から一通のメール。

「ジーノが妙に右にハンドルを切られて怖いので、MINIを借りて行きます」

突然操舵がおかしくなる原因はパンクしかあり得ません。サスが突然抜ける等今時有りませんからね。

早速帰って右前輪を見てみると見事にビスが突き刺さっていました。しかしチューブレスは凄いですね。このビスが90度にしっかり刺さっているにも関わらず、空気の漏れを最小限に抑えており、自宅へ無事帰りついていました。

008

作業がしずらいのでジャッキアップにてタイヤを外し、ハーレーに積んでいた先ほどの修理キットで修理を施しました。

実はこのキットを購入してから4年になりますが、初めて使用する事になりました。そもそもチューブレスタイヤの修理自体が初めてでしたが、余りに簡単に終わったので拍子抜けしたほどです。

ビスと取り除いて、鋭利な鍵張りの様な物で穴を慣らし、ゴム材に接着剤を付けて穴に差し込み、そちらをぐいっと引っ張ればお仕舞い。

009

いつものロードバイクのチューブ交換には何故か手慣れているのですが、チューブレスタイヤの優位性は特筆すべきものがあります。

なかなか良い経験をさせていただきました。家内に感謝でしょうかね。

2011年10月25日 (火)

sony net juke

Dpp_0004

SONY net juke こちらを購入してから既に2年になろうかと思いますが、現在は販売されていないと思われますが、購入した際も既に販売不振からかモデル末期に至り、後継機種は発売されていない状況でした。

”net juke”とは。

簡単に言えば大きなi-podですね。

昔からジュークボックスに憧れており、一つの機械に全ての音楽を一活に収めて、聴きたいときに聴きたい音楽が聴ける環境を夢見ておりました。

こちらを購入した当時においても既にその役割をipodやiphoneがその役を担っておりましたが、都度機器をアンプやデッキに繋ぐのが面倒であり、ipod自体のバッテリー劣化が顕著になる。

そうするとやはりこの”net juke”が私の理想形でした。

当然SONYはその座をipodに奪われたので、この商品は窮地に追いやられ、已む無く製造販売中止に至ったのでしょう。実に残念です。

Dpp_0005

使用感と言えばこちらはなかなか便利です。アンプ内蔵なので付属スピーカーだけでシステムが完結し実にシンプル。私は配線端子を改造し、この機器から手持ちのBOSEのスピーカーに直結して使用していますが、BGMとして聴く分には十分なレベル。

このジュークボックスのお陰で、我が家では一日音楽が流れています。

ただ検索システムが実にお粗末で、聴きたい曲を探すのが実に面倒。HDの立ち上がりや処理能力もふた昔前ほどに遅い。そして欲を言えばもう少し本体が小さくても良かったでしょう。

SONYはどうもこの辺が下手になりましたね。ブルーレイディスクプレイヤーも同様で、PANAや東芝の方が使いやすい。ハワードストリンガーさんに直訴しますか。

小型でシャープなデザインのHDジュークボックスが出れば売れると思うのですが、今時の若い人はiphoneに小さなスピーカー付けて満足なのですね。我が子も同様で、サイコロみたいなスピーカーから流れる蝉の声の様な音楽がお気に入りの様です。

Dpp_0006

2011年10月20日 (木)

情報のアンテナ

Img_0840

情報の洪水の中で生きている我々は、粉繁な環境の中で常にアンテナを張り、世の潮流を感じなければなりません。

部下にも常に同様の事を唱え続けています。仕事をサボってはいけませんが、外回りの際にも時間が有れば町を歩き、違った道を歩いてみなさいと。

私自身、暇を見つけては敢えて様々な所に出向いています。心がけ次第で忙しくても時間は確保出来るものなのです。

Img_7698

さて世界最大のUFOキャッチャーなるイベントが有り、興味深く観察して来ました。現職において営業推進のご意見番となってしまっているので、何か参考になるものは無いかと物色する毎日です。

このご時世に、六本木ヒルズで盛大なる販促イベントを行えるのは何処の企業なのかと興味津々。こちらはトヨタ自動車が”ラクティス”の為に打った一大イベントだった様です。

ラクティスってワゴン車でしたか?軽自動車でしたか?興味が無いので全く存じ上げませんでしたが、クレーンの先についているのがラクティスを模った物の様です。

Img_1460

惜しい。もう少しでピンクの等身大ぬいぐるみ獲得なる所でしたがあえなく落下。子供が操作しているのかと思いきや、大の大人が巨大レバーを操作しています。

注意深く見ていると、機械とレバーが上手く調整出来ていない様で、スタッフが一生懸命微調整を繰り返しているのでありました。肝心の子供達は、改善が図れない苦悩している大人達を冷やかに眺めている有様。

それにしてもこれだけの機械を組んでイベントを行うと、一体幾らの販売促進費が必要なのでしょうか。恐らく大手広告会社に企画を考案させ、立案の後に具現化したのでしょうが2000万位ですかね。知っている方がいたら教えて下さい。

Img_9391

いつもの様に道路を挟んだMINIには、クラブマンのCOOPER Sが店頭に出ていました。

折角店頭に出すのだから、もう少しビビットな色が望ましいと思うのですが、六本木在住の方々はシックな色がお好みなのでしょうか。

ぶらっと立ち寄った六本木ヒルズ。所要時間30分也。

2011年10月18日 (火)

ノー残業デー

00_612228_86468935

節電によるサマータイム導入、早出早帰り、ノー残業デーと、震災後矢継ぎ早に各企業で打ち出された制度。枝葉末節にまでこだわり過剰なまでに消された照明。

節電解除のその後、皆さんの環境は震災前に戻ったのでしょうか?

当社は未だに就業時間以外早朝、昼休みは全て消灯。外が明るければまだどうにかなりますが、雨模様の時はそれこそ真っ暗です。節電要請期間終わりましたよね?と言っても頭の固い管理者の元、未だに継続されています。

私は早朝に出勤して仕事を片付けるタイプなのですが、照明が消されたオフィスで辟易しています。杓子定規にしか物が考えられない無能管理職が幅を利かせている企業の将来は言わずもがなでしょう。

それにしても未だに電車の蛍光灯も抜かれたまま、どんよりと暗い地下道など日本がの将来を如実に体現している様で益々気が重くなります。こんな状況下で儲かるのは眼科医とコンタクト製造会社くらいでしょうか。

そしてノー残業デーは皆さん実施されていますか?当社は毎週水曜日がその日に設定されており、本当に18時に追い出されます。猶予の19時まで粘っていたらしっかり怒られました。

確かに強権的に行わなければ残業は一向に減りません。前職でも”日曜日はノー残業デー”にした事があるのですが、言い出した私の仕事が終わらず導入から一ヶ月も経過せずに廃止となりました。

現在では、水曜日は早々に帰宅してローラー台を回す習慣が確立されました。

2011年10月16日 (日)

mc cafe

Img_8307

健康について論うのは控えますが、時間調整が必要な場にきまって存在するMマーク。罪悪感を感じながらも、ついつい立ち寄ってしまい、週に一度は利用しているかもしれません。

昨日も時間調整が必要となり渋谷のMに立ち寄りました。ファーストフードと十把一絡げにしても、やはり万国共通のMは強い。

原田社長の改革も的を射ており、落ち着いた内装がなかなか快適で快適に読書が出来ます。以前の不味いコーヒーも格段に美味しくなりました。

いつも定番のモーニングセットは440円。しかしメニューの下段に小さく書かれた、表記は何と220円。「これは何が違うの?」と尋ねると、ハッシュポテトが付いていないだけですとの回答。

スタバもエクセシオール、その他諸々のファストフードに立ち寄りますが、この価格には追随できないでしょう。正に資本が厚い企業が行えるスケールメリットのなせる技。

2011年10月14日 (金)

森永卓郎 経済セミナー

1198028109_photo

昨晩、知人より急なお誘いを受け、吉祥寺で開かれた森永卓郎氏の経済セミナーに参加してきました。

「激動の日本経済、これからどうなる?」と題したテーマに、少々重い内容を想定しておりましたが感心し、笑いの絶えないセミナーでありました。

中央線の人身事故により、ご本人の到着が遅れ開演が20分以上遅れましたが、そんな事などどこ吹く風で、少々のお詫びを終えると、アイドリングも無しに森永氏は自分のペースで話し始めました。

メモもプロジェクターも一切不要で、ひたすら頭の中で構築された内容をすらすらと端的に伝え、オーバーリアクションで観客を引き込みます。

TVで観る森永氏は演台の前でも全く変わりません。それにしても東大のエリートの頭脳は、凡人とかけ離れており、我々の様にスピーチに頭を悩ませている次元と乖離しています。

使った小道具は、イタリア人のラテン気質を説明する為に持参したアレッシーの小物のみ。同じスーツでも自身の\4,980に対し、久米宏の70万のアルマーニとの比較など実にユニークで聞く者を飽きさせません。

ユーモアのセンスも、話の盛り上げ方も実に巧妙で、良くもあれだけハイペースで活舌良く話せるものだと感心するばかり。

いつしか、あの様なスピーチがしてみたいと羨望の眼差しで観ており、森永氏の見る目が変わった90分でした。

日銀総裁になられる日を楽しみにしています。

2011年10月10日 (月)

天高く

0

昨晩の雨も上がり、午後は路面も乾いてきたので今週も荒川を北上して来ました。

秋の抜けるような青空のもと、快調に飛ばして来ましたが、25℃の気温は少々汗ばむほどでした。アームカバーだけ装着して行きましたが、荒川合流前で外してしまい、完全に夏仕様で快適な状態でした。

上下ロングで走っている方が散見されましたが、相当オーバーヒート気味だった事でしょう。もう暫くはアームカバーとニーウォーマーが活躍しそうです。

1

体が快調だったので、ホンダエアポートから少々足を延ばして、酷暑の折り返し地点でUターン。風は微風で登りも下りも殆ど影響を受けない、珍しく快適な日でした。

3

既に日が落ちる時刻が早くなりましたね。自宅に17時に戻りましたが、前後のライトは必要でした。電池のチェックを今一度行わなければなりません。

2

交換用タイヤは届いているのですが、不精と貧乏症が重なり、完全に限界を超えている状態でしぶとく使用しています。ゴム層が極めて薄くなり、下地のケブラーが一部見えている箇所が伺えます。

それにしてもこんな状態でもパンクしない、IRCのX-GUARDは素晴らしい。既に5000kmは走ったかと思われますが、一度もパンクしていませんから他言無用、性能は火を見るより明らかです。

走行距離 86.1km

平均/最大心拍 151/173bpm

平均/最大ケイデンス 76/102pm

平均・最高時速 28.3km/h・46.4km/h

走行時間  3:04

消費カロリー 2231kcal

消費した水量 500ml*3本

2011年10月 9日 (日)

東京タワー

Img_5744

東京タワーと言うと何故かユーミンの一節を思い出してしまう私。

私が勤める事務所から僅か10分程の場所に立っている東京タワーですが、オフィスビルに囲まれていると、以外にもその存在を感じる事が出来ません。

先日会議の会場がたまたま東京タワーの目の前であったので、久しぶりにその足下に立つ事が出来ました。

思えば20代の頃に、当時の彼女と夜の東京タワーを車で見に来た時が最後ですから、もう20年近く前になるのでした。だからユーミンなのか...。

こうやって改めて拝見すると、52歳になった東京タワーはスカイツリーとは全く異なった壮麗さが漂います。

鉄骨をむき出しにブレスを意匠の一部として考え、展望台にも角を出したデザイン。往年の自動車のデザインに通じる物があります。後のウルトラマンも思えば東京タワーから配色等のヒントを得ているのではないでしょうか。

構造体の塊である鉄骨がソフトなすかいつりーと対照的で実に面白い。まさに高度成長期のシンボルとして国威掲揚に一役買ったタワーであります。

そして、震災で曲がってしまったアンテナは、足下から眺めるとその曲がり具合が明確に認識出来ます。黙視出来る位ですから1m近く曲がっているのかもしれません。長周期地震動が騒がれ出したのは、ここ数年ですが、本当に直す術は無いのでしょうか?

2011年10月 5日 (水)

運動会

Dpp_1512

先日の土曜日、小学校最後の運動会を見学して来ました。

私自身の経験から親が観戦に来るのは小学校まで。中学以上で親が来ている家庭は異常だと考えており、それは現在でも変わりません。ですから、私の運動会観戦はこれにて終了。

しかし親離れ、子離れ出来ない現代の親御さんは、大学の入学式や卒業式、挙句の果てには採用面接にまで同伴する異常な方々も存在するとの事。普通子供が拒絶しそうなものですが、お互い麻痺しているのでしょう。

Dpp_1509

そして、本題の運動会。最後と考えると実に感慨深い物があります。二人の子供の為に、幼稚園のから始まり、延べ10年間毎年運動会に通っていました。

無能な役人がゆとり教育などという愚かな制度を施行し、迎合した連中が子供達が可哀想だから競争原理を排除すると、一時は運動会でも順位を争わない様にしていたと聞きます。

全くこれに関連した連中は公然にて腹を切れ。と言いたい。

一生懸命努力し、自らの力を極限まで出し切って競い合う。勝つ快感を覚え、負ける悔しさを知る。当たり前の事です。社会に出て他愛もない壁にぶち当たり、もろくも崩れ去る方がよっぽど可哀想ではないのでしょうか?

先日、ワタミの渡辺会長の著書を読みましたが、教育に携わる国、市町村、教育委員会の面々は利権ばかりで、子供の未来を考える思考能力など、皆目持っていない連中との事でした。嘆かわしい現実です。

Dpp_1517_2

全員が一丸となって成し遂げたピラミッド。いつ見ても感動します。

しかし残念なのは、教師が演出や曲の選択をしているのでしょうが、前段が間延びしてしまう。晴れの舞台なのですから、先生も忙しいのでしょうがこれまでの踏襲ではなく、進化する組み体操でも良いのではないでしょうか。

Dpp_1510

先日、ご近所のぢゅん吉さんからのコメントにもありましたように、親のモラルの低下が顕著になっています。

子供たちが日々使用している洗面に乗る神経が分からない。最初に乗っていた男性には、「子供じゃないんだからそんな所に上がらるなよ」と注意して降ろしましたが、その後も次々に上がる始末。

全く親の顔が見てみたいと良く言いますが、これが親です。これから益々貧困化していく日本ですが、貧しくなり人の痛みが分かるようになれば、日本人は眼を覚ますのでしょうか。

今、日本の歴史を勉強し直していますが、かつて日本人は実に素晴らしい民族であったと思います。最後の運動会でしたが、子供達の未来に期待したいものです。

2011年10月 2日 (日)

秋到来

1

突然”秋”に入りました。

本日は降り出しそうな曇天なので読書をしていましたが、先週も走行していなかったので、午後からいつものショートコースを選択。

それにしても急に寒くなったので、ウエアは夏仕様のまま。そういえばもう10月、下期に入ったのでした。

寒くなったとはいえ、まだ20度は下回っていませんから、ロングジャージは選ばずにアームウォーマーだけで家を出ました。出だしは少々寒く、風邪引くかな?と思いながらも、5分も走行すると全身から汗が吹いてきたので、もう少々夏仕様で過ごせそうです。

2

恒例のポジションにて。本日は飛行機の着陸は少なくコラボ写真は撮影できず。停車時間が長いと体が冷え切ってしまいますから、長居は無用です。

本日は飛行機見学のギャラリーが多かった様に感じました。

3

路肩に咲き乱れる彼岸花。確か宿根草であり強い植物なので、勝手に毎年定位置に咲くのですが、群生していると中々綺麗です。

本日気になったのは、寒くなってきたのでロディーのウエアをチェックしていましたが、皆さんロングジャージにロングパンツが多く、完全な冬装備の方もお見受けしました。

流石に暑いだろう..。と感じましたがこの時期のウエア選びは実に悩ましいので、皆さん苦労されている事でしょう。

走行距離 60.7km

平均/最大心拍 143/172bpm

平均/最大ケイデンス 75/98pm

平均・最高時速 27.8km/h・45.5km/h

走行時間  2:12

消費カロリー 1468kcal

消費した水量 500ml*2本

2011年10月 1日 (土)

営業研修 その1

B2e8c1fc20126

”研修”と聞いて皆さん何を思い浮かべますか?

殆どの方は無意味な時間の浪費、会社が義務付けたお仕着せの習わしと思われているのではないでしょうか。私も全く同感です。

不幸にして実に役に立った!人生が変わった!という感動の研修は有りませんでした。

ただ、折角丸一日、若しくは数日を費やして受ける貴重な時間ですから、何か一つでも学び取ろうと必死に講釈を受けます。

一つも役に立っていないかと言われれば、記憶に残っている以上、僅かながら血肉となったものは有ったのかもしれません。

しかしながら研修のための研修が多いと思いませんか?

営業研修と称して参加させられますが、正直、講師は営業の第一線で何年経験を積んだのですか?どれだけの金字塔を打ち立てた方なのですか?

本当に営業のスペシャリストと言える方の研修なら自費で参加しますが、そんな方の講義はまず聞けない。ろくに成績も残せなかった営業が、営業のスキル本を読んで、単にポイントを述べるだけ。

以前、フジゼロックスの研修にて偉そうに御託を並べ、的外れな質問をする講師がいたので、猛然と抗議して身の程を分かっていただきました。我々はいやしいくもお客様ですよ。しかもあんたら講師よりよっぽど営業を知っているのですって。研修の講師は節度を持って講釈して下さいね。

フォト
無料ブログはココログ