« アートスケート | トップページ | 魅惑のミニ クロスオーバー »

2012年2月 1日 (水)

エクストリーム・アイロニング

Dpp_1758


エクストリーム・アイロニングという言葉をご存知でしょうか。

以前に本で読んだのですが、アイロン台と白いワイシャツをリュックに詰めて、ひたすら険しい山を登り、山頂でワイシャツにアイロンをかけるというスポーツ。

??

その不合理加減を理解出来ず、改めて読み直したのですが、れっきとした公認スポーツらしい。言われてみれば、山頂で白いワイシャツの皺を伸ばすアイロン作業には奇妙な魅力を感じます。アイロンも当然電気が有りませんから、炭等で苦労して熱する様です。

当然苦労してアイロンがけしたシャツは、作業が終われば再びリュックないでぐしゃぐしゃになるでしょうから、全く無意味な一瞬の行為に、恍惚の人となれるのでしょう。

私はエクストリーム・アイロニングまでする情熱は持ち合わせていませんが、アイロンがけは好きですね。

ワイシャツを購入するのが趣味で、気が付けば20枚ほどになってしまいました。会社員の唯一のお洒落ですから、ワイシャツ、ネクタイ、カフス、時計合わせには拘りたい。

ワイシャツについての悩みは、お洒落な物はどれも形状安定でない点ですね。1枚ワイシャツにアイロンをかける作業に20分は要するので、週末に纏めてアイロンかけを行うと、貴重な時間が半日費やされます。

撮りだめしたガイアの夜明けとカンブリア宮殿を見ながら行うこの行為は、いつの間にか習慣化しております。

蒸気の向こうにアイロンの皺がピシっと伸びる気持ち良さ。脳にどのような作用があるのでしょう?

« アートスケート | トップページ | 魅惑のミニ クロスオーバー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクストリーム・アイロニング:

« アートスケート | トップページ | 魅惑のミニ クロスオーバー »

フォト
無料ブログはココログ