« HAPPY 10TH BIRTHDAY | トップページ | MAYBACH »

2012年3月 9日 (金)

大人の目線で見た富士急ハイランド

Dpp_1797

富士急ハイランドを大人の目線で考えてみました。園内の掲示板はなかなか風刺が効いており、勇気を感じます。普通の企業なら、お客様に対してこんな事を言うなど論外!と一蹴されて当然の内容も、富士Qの社内風土はそれを容認する環境があるようです。

何をするにもリーガルチェックやコンプライアンスが出てくる、頭の固い日本企業は、"内部統制"という便利な言葉を盾に人と仕事を増やし、改革の目を徹底的に潰しています。中国の変化するスピードに完全に遅れを取った日本企業。その差は益々開くばかりです。
Dpp_1798

巨大な招き猫。演出の為だけなのに思い切った事をしますね。

案内パンフを拝見して気付いたのは、KDDIやLIXL、ピザーラの協賛表示。面白い事に、何れも各企業とアトラクション形態に企業の経営主軸が結びついている点。

どの程度出資されているのか分かりませんが、日本中の企業が地域復興や、これらのレジャー施設にスポンサーとして協賛する事は実に良い事だと思います。業績不振によりクラブチームを解散したり、開催自体を止めたりと撤退が跡を絶ちませんが、何とか踏ん張って日本の活力を支える原動力で有り続けていただきたい。

Dpp_1800
大変怖い現代版お化け屋敷。かなり長い距離を探索する様で、所要時間は1時間ほどかかるようです。入場して間もなくでしたが、既に1時間待ちの行列で断念しました。

バイオハザードをお化け屋敷にした様な廃院を巡る演出の様です。

Dpp_1801

鉄骨番町。ネーミングもさることながら、工事現場然とした佇まいも実に楽しい。

絶叫マシンがだめな次女もこちらに乗りましたが、余りの高さに声が出なかったと。二度と乗らないと何故か怒っていました。
Dpp_1802
足が宙ぶらりんで踏ん張りが利かない”ええじゃないか”。これは観ているだけでも怖い。絶叫マシンを怖いと思ない長女は、こちらに乗り「最高に面白く最高に怖い」と絶賛でした。

宙返りやひねりに対して、一切体の支えが無いので、ずっと無重力状態だったようです。私は頼まれても乗りません。

Dpp_1807
次女はスケートリンクでクルクル回っていました。これまで連れて行った、横浜や西武園と異なり、空いていて広いと満足気でした。

こちらにも係の方は、殿さまの衣装だったりと遊び心満載。

LLCのピーチもそうですが、CAをタバコ屋の看板娘にすると社長が唱え、経験不問でCAを採用しましたが、これは素晴らしい考えだと思います。これからは日本人も頭を柔軟にして、ガラパゴス化を打開していかなくてはなりません。

« HAPPY 10TH BIRTHDAY | トップページ | MAYBACH »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の目線で見た富士急ハイランド:

« HAPPY 10TH BIRTHDAY | トップページ | MAYBACH »

フォト
無料ブログはココログ