« 記念艦 「三笠」 | トップページ | 秩父散策 »

2012年3月18日 (日)

被弾跡

Dpp_1846
水面に着水した斑紋のですが、これは軍艦三笠の鉄板です。海戦においてこの様な小型の弾丸は使用されないと思われますが、海面や装甲に当たり炸裂した破片が、これらの鉄板を貫通させるのかもしれません。

Dpp_1845

被弾鉄板を利用してつくられた雪見燈籠

日本海海戦にて射抜かれた三笠の艦材を利用してつくられ、伊藤博文が所有していたそうですが、こちらは三笠のデッキに飾られています。

バルチック艦隊を壊滅した日本海軍の勇士をたたえ、戦果に湧き上がった当時に造られた物なのでしょうが、その後太平洋戦争で敗戦国となった当時、この燈籠はどの様な存在であったのでしょうか。
Dpp_1729

かの有名な八九式十五糎加農砲。零戦もそうですが、皇紀2589年に誕生したので89式。15糎(センチ)という数値は砲身の長さ÷口径である事を先日読んだ本で知りました。

この加農砲は日本に唯一残る1台。お正月に初詣に訪れた靖国神社にて、閉館ギリギリの5分で見学させてもらいました。敵の砲撃を受けて、砲台の分厚い鉄板が飴の様に曲がっています。

Dpp_1727
分厚い砲身の周りにも被弾して溶けた凹みが、実戦の恐ろしさを物語っています。爆裂した砲弾を包む鉄が高温で飛び散る訳です。

クラスター爆弾はまさに爆弾の中に小型爆弾を装填し、辺り一面を火の海にしていまう。

世界のパワーバランスが崩れ、日本もアメリカの傘の下と安心していられなくなりましたが、殺戮の歴史を繰り返してはなりません。

« 記念艦 「三笠」 | トップページ | 秩父散策 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被弾跡:

« 記念艦 「三笠」 | トップページ | 秩父散策 »

フォト
無料ブログはココログ