« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

BOOK OFF 通販の問題点

Dpp_0511
気になる本の情報を得ると、皆さんどうされていますか?

私はi-phoneに”購入本”というフォルダを作成しており、そこに興味を持った本を書き連ねて行きます。10冊程溜まったら、ブックオフの通販若しくはアマゾンで入手します。

書店も覗いてみたいのですが大型書店は最寄りに無く、また行ったら行ったで多大な時間を浪費してしまうので、ついつい通販に。

特殊な高額本はブックオフで半額以下で発見出来たりもします。反面、販売価格がさして変わらなければアマゾンにて購入。

出先でブックオフの看板を見つけると、つい入ってしまいますが、古本であるために目的の本が見つかる事は稀であり、ぶらっと見て気になった表題をパラパラ眺めて数冊購入して来ます。所要時間はいつも30分以内と決めて入店するのですが、ついつい長居をしてしまいます。

ブックオフの通販は1500円以上で送料無料ですが、店頭で105円で購入出来る本が実は150円設定になっているなど、しっかり通販価格に改定されており、送料および手数料は回収出来る仕組みになっています。

これまで多大にブックオフの通販を利用していますが、誠に便利ですね。探している表題を入力するだけで在庫の確認が出来る。便利な時代になったもので、私の知人もブックオフの大人買いで浅田次郎全巻購入などを実践しているそうです。

中古本にしては発送も早く、届いた本も比較的綺麗なので申し分ないのですが、忘れた頃に問題が生じます。まあ数十回利用して僅か2回ですから本当に稀なのです。

一回目は「日本の敗因」にて紙面を確認すると、びっしりとボールペンの赤で線が引かれていた事。多少書き込みが有る事は中古本という事を承知で購入しているので、目を瞑っているのですが、余りにその書き込みが多く、買い取り時点ではねるべき物が何故ノーチェックで流通してしまう訳?とクレームで引き取って貰いました。

そして今回も、定価と大差無い書籍を購入。合計10冊で4500円。

その中の2冊であった「学問のすすめ」と「風姿花伝」の紙面が真っ黄色に変色。

周囲が汚れたり黄ばんだりしている書籍は、売り場の機械でカットして販売している事は存じ上げていますが、そもそもカットした書籍の傷み具合が相当に酷かったらしく、カットした後でも紙がしっかり黄ばんでいる状況。これも当然買い取りにてはねる筈の書籍。

こちらもクレームにて程度の良い物に交換して貰いました。即日で代替え品が届いたので、そもそも何でこんな物を送ってくるのか疑問に思いますが、対応の良さに素直に忘れてしまう私なのでした。

2012年5月25日 (金)

MINIとの縁 vol.2

Bmwminilogo1_2
MINIというブランドは実に不思議です。

仕事柄、お客様が住む青山、六本木、代官山に行く日々なのですが、好きだからなのでしょう、妙に目につくカラフルなMINI。

国産にはないビビットな色に、可愛いデザイン、そしてMINIの専売特許の様なボディストライプに様々な柄のミラーカバー。

MINIに関しての知識が全く無いので、新旧のモデル判定も出来ず、グレードも一切分かりませんが、MINIを見掛けるとついしげしげと、その洒落たボディと内装をじっくり拝見したものでした。

「いいなぁ、MINI」

ただ、2ドアだし、荷物詰めなさそうだし、そもそも狭いし、壊れる、見た目だけ?とネガティブな考えで購入を敢えて拒んでいました。

そんな中、たまたま縁があってR56のMINI ONEのマニュアルを購入。全く予備知識が無いので、最も低グレードである事を知ったのは購入してから。

しかし、乗ってみると低グレードなど微塵にも感じさせない最高にHAPPYな車。すっかりゴーカートフィールの虜になり、瞬く間に家内も子供もその愛らしさに魅了されてしまいました。MINIフリークは”飼う”と言いますが、まさにペットの様な存在です。

友人や知人もMINIを見ると顔がほころびます。国産にて酷似する車が溢れる中、「おや?MINIですね」「可愛いですね」「お洒落ですね」と決まって言われるこの車の魅力は、一体デザインなのか、ブランドなのか。

そして、MINIとの生活が始まると、MINI症候群といって(仮称)、MINIに纏わるGOODSを集める深刻な病気に見舞われます。

後日、病に冒された私の収集アイテムをご紹介します。

2012年5月24日 (木)

ソラマチ

P1040451
昨日の寒さと打って変わり、本日は実に良い天気でしたね。「クロスオーバーで何処かに。」と思いましたが、晴天の太陽のもとではロードバイクしかありません。

昨日開業した、東京スカイツリーを中心とした新たな集合体である、ソラマチを訪れて来ました。
P1040389
快晴の新砂。風は無風に近くペースを保って安定走行が出来ましたが、平日で出走台数が極めて少ない事が何より快適でした。そういえば平日走行は久々だったかもしれません。平日休みは格別です。

P1040399
新砂から雷門へ。こちらはいつも混雑していますが、東京スカイツリーの恩恵なのか、凄い人出でした。ツアーバスも連なって走っており、スカイツリー見学コースにこちらも含まれているのかもしれません。相乗効果で町が活性化する現象は、実に喜ばしい事ですね。

P1040404
実は本日、こちらを見たくて浅草へ足をのばしました。浅草駅ビルは昔の建物に鉄板を巻いて現代風にしていましたが、東京スカイツリー開業に合わせ、鉄板を撤去してもとの建物を現したそうです。月曜日の日経新聞の記事で読んで「見に行こう」と思った次第です。

補強や改修は相当の費用をかけて行われたのでしょうが、確かに以前の殺風景な建物より、こちらの方が数段味がある。東京駅の赤レンガもそうですが、歴史ある建物は大切に後世に引き継いでいただきたいものです。建て直した方が安く、効率的な事は理解出来ますが、日本はもっと”文化”を大切にしなければなりません。

P1040419
ソライエには数々のテナントが誘致されているそうです。レーパンにクリートシューズの私は当然外から眺めるだけでした。また日を改めて訪れる事とします。

P1040436
面白いテナントを発見。SCOTTがアンテナショップを兼ねて、ロディのために飲食店を開いた様です。レンタサイクルも用意されており、こちらで借りたバイクで、浅草の下町巡りが出来るようです。入店してみようかと思いましたが、こちらも大変混雑していたので辞退。

P1040441
川向こうでロケを行っていました。キャイーンにはんにゃ等、お笑い芸人達が多数、スカイツリーをバックに街歩きを行っていました。キャイーン以外知らない私は、子供達にこの写真を見せ”はんにゃ?”という芸名を知った次第です。

P1040417
完成したスカイツリーは見なれたせいか、当初より違和感無くデザインが受け入れられる様になりました。職場にほど近い東京タワーを日々観ていますが、スカイツリーの高さは群を抜いていますね。青空に一直線に伸びたツリーを収めるアングルに苦労する程の高さですから。

これだけの高さにも関わらず、頂点までの歪みは0.03%だとか。日本の匠の技はまだまだ捨てた物ではありません。

本日の走行は105kmでしたが、ハートレートのデータを誤って消去していしまいました。2000kcalは消費したはずだったのですが...。

2012年5月22日 (火)

最初で最後の金環日食

4
昨日の事ですが、金環日食ご覧になられましたか?これは私が撮影したデジカメ写真ですが、結構綺麗に写っていました。

21日、私の部下は全員、金環日食を見てから出勤するスライド勤務を採用。当然ながら私も日食を見てから出勤しました。

再び金環日食を見られるのは、沖縄で25年後に唯一見られ、東京に至っては932年後と言う事はこれが最初で最後。仕事をしている場合ではありませんので、全員に”見る”事を義務付けました。こんな上司が世の中に居ても良いでしょう。

週末になり天気が良いとの予報。実際に見られるかもしれないと、急遽観察グラスをコンビニやホームセンターに買いに行きましたが、既にどこも売切れ。

かくなる上は掟破りのサングラス二重かと諦めていると、娘が3枚も持っているではないですか。聞けば教科書に付いてたと..。ガソリンを無駄にする前に早く言って貰いたかったものです。
1

それにしても観察グラスはこんなに透明度が無い物なのですね。蛍光灯すら見えない、可視透過率0.03%だとか。確かに太陽以外何も見えませんが、日食は実に綺麗に写し出してくれます。

これを使用してみると、サングラスの二重やガラスを煤であぶった物がいかに危険かという事が分かります。なるほど。
2
朝5時に起きてスタンバイ。朝の日差しは実に透明度が高く、愛犬が何故か知的に見えてしまいます。早起きはやはり得した気分に浸れますね。

3
7時30分過ぎ。太陽のリングが完成。これもデジカメのレンズに観察グラスを当てて撮影しましたが、実に綺麗に写りました。二度と見られない金環日食を撮影出来た意義は大きい。

それにしても久しぶりに宇宙の神秘を感じる事が出来ました。この様な天体ショーを目の当たりにすると、人間なんて実にちっぽけな存在だと改めて感じますね。
6

観察グラスが無い方は木漏れ日を見て下さいとTVで盛んに唱えていましたが、確かに木漏れ日がリング状になっています。

我が家が家族揃って玄関で空を見上げていると空から声が。お隣さんがベランダから観賞されており、朝のご挨拶を頭上からいただいたのでした。

太陽のリングが完成する頃には近所の方々が集まり、早朝から大変な騒ぎでした。日食を機会に、久しぶりにご近所が集った楽しい朝でした。

2012年5月20日 (日)

復調

1
ここ暫くは日曜日がコンスタントに休めています。そもそも営業会社で日曜日休みなど考えられないのですが、オーダーが有りませんのでお休みしています。その分、自宅に持ち帰った事務処理に追われる状況には変わりが有りませんが。

本日も自宅作業に思いの外時間を取られ、お昼を過ぎて慌てて荒川へ向かいました。これで3週続けて実走が出来ており、体もかなり戻って来た感が有ります。少々ハードに飛ばしても体が悲鳴を上げなくなりました。

荒川河川敷に入ったのは14時頃。本日はマラソン大会が有った様で、屋台やら折り返しの巨大なパイロンが立っていたりと実に賑やかでした。係員に聞くと、もう終わったので通行して構いませんとの回答。出立が遅れた事が実は良かった様です。

2

新砂まで10km程の地点で事故。ママチャリの男性二人が道路に横たわり、頭から出血。ロードバイクの一台とロディも傍らに佇んでおり、接触はしなかった様ですが、ケース的にロードバイクが追い越そうとした際に、ママチャリの二人が後方確認をせずに進路変更をはじめた為、直近に迫ったロードバイクに驚いてハンドルを切って転倒したのではないかと。

私も追い抜く際は、異常なまでに間隔を開けて追い越しを掛けますが、何を想ったか急にハンドルを切る自転車が実に多い。必ずヒヤッとする場面に遭遇します。

そうは言ってもロードバイクは30km/h前後で走行していますから、歩行者や自転車の方々にとっては実に危険な存在。我々ロードバイク乗りは、多摩川の様に追い出しを受けないためにも、河川敷は歩行者、一般自転車を優先と肝に銘じ、謙虚な気持ちで走行しなければなりません。

復路では救急車や警察官も来ていましたが、幸い怪我も軽微だった様で、現場での治療で終わっていました。大事に至らなくて何よりでした。

3_2
新砂到着。南風がなかなか手強い往路でした。復路は追い風に押されてゆっくり帰ろうかと思いましたが、ペースバイクとなる指標を見つけ、これを追いかけた所、追い風にも関わらず心拍160ペースで走るはめに陥りました。

出走台数が多い週末は、どうにも自分のペースが乱れがちです。

走行距離 91.7km

平均/最大心拍 145/173bpm

平均/最大ケイデンス 80/112pm

平均・最高時速 27.1km/h・44.2km/h

走行時間  3:23

消費カロリー 2320kcal

消費飲料 1.5L

2012年5月15日 (火)

MINIとの縁 vol.1

Renntmini
MINIとの付き合いは、R56から始まり既に2代目となり約2年が経過しようとしています。2年で乗り替えるな!という意見、ごもっともです。

さてMINIとの出会いは20年前の学生時代に遡ります。

当時の同級生の一人が、湘南にて電気工事会社を営む一人息子(所謂ボンボン)でしたが、毎日サーフィンをして学校にやって来るような輩でした。その道楽息子が伊豆旅行で、突然ローバーミニでやってきました。

相乗りを前提としている旅行で、何もこの小さな車は無いだろうと文句を言いながら、狭いリヤシートにすし詰めになった記憶が有ります。

またこのブリテッュグリーンのMINIはマニュアルだったのですが、運転させてもらったところ、日本車のそれとはシフトの入りが若干異なっていました。

国産のマニュアルは中立位置で前に倒せば3速ですが、このMINIは中立位置で前に倒すと1速であり、3速に入れる際には左に傾けて前方に押さなければなりません。

よって、ゼロ発信から1速→2速→3速のタイミングで、何と3速ではなく1速でクラッチを繋いでしまったため、急ブレーキの如くエンブレがかかり、危うく友人の車に追突されかかったという笑えない体験をしました。最初にその癖を教えない友人も今思えば、実におおらかと言うのでしょうか。

その後ローバーがMINIを手放し、BMW傘下になるという話を耳にした際には、あの小さなMINIがワーゲンビートルの様にいよいよこの世から消え去るのかな?程度に感じていました。当時は全く興味が有りませんでしたから。

そして忘れた頃に突如誕生したのが新生MINI。

92f0c37b
この車は衝撃でしたね。MINIとは似ても似つかない大振りなMINIは、純粋なローバーMINIのファンから酷評でしたが、私はこの車を一目見て純粋に”欲しい”と考えました。

この新生MINIはTV番組で初めて拝見したのですが、徳大寺有恒氏がこの車を紹介していました。BMWのユニットを積み、現代に蘇らせた素晴らしい車だと。何故、今でもこんな事を覚えているのか、人間の脳は実に不思議です。

当時はカーグラフィックTVなど、車に関する情報番組も盛んであり、松任谷正隆氏のいま一つ活舌の悪いコメントをよそに、美しい車を見られるこの番組を楽しみにしていたものです。

ただ、そうは言っても外車など到底手が届くはずもなく、スポーツカーや当時流行りのハイラックスなどの4駆に傾倒していた時代だったので、いつかはMINI?など予想もしていませんでした。

2012年5月13日 (日)

クロモリフレーム

3

昨晩は帰宅間際に部下の質問攻めに遭い、自宅に帰り着いたのは午前1時。まあ仕事が忙しいと言うのは有難いものですが、更に質の高い仕事をしたいものです。

就寝したのが3時という事も有り、流石に習慣化している5時半起きは封印され、気が付けば9時。やはり睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠のルーティンから、何もしないと6時間になるようです。

本日は雑用に一日を費やそうかと思いましたが、天気も良いので血液を回す為にハーフ走行に行ってきました。すっかりローダー台に固定化されていたコルナゴを本日は採用。

オルベア→チネリ→コルナゴと週替わりで走行しましたが、やはりクロモリは重い。ただ良いトレーニングにはなりますし、何より固いフレームは安定感がある。久しぶりにクロモリの良さを体感出来ました。

1
シクロクロス化したタイヤは元のロードバイク用に戻しました。今回はコンチネンタル4000の赤を採用。オレンジも良かったのですが、余りにパンクが多いので幸運の赤?にしてみました。

まだひげが残っているので、走行は本日が二回目だったかと、思い出せないほどコルナゴの屋外登場は久しぶりなのかもしれません。

2
やはりクロモリにしか出来ない、この鉛筆の様な細く美しいリアアームに惹かれます。クロモリのマスターXライトのこのフレームはやはり芸術品ですね。

本日はハーフだったので、このクロモリフレームで相当飛ばして来ました。カーボン全盛の時代、クロモリで速い人を稀に見かけますが、玄人っぽくて素敵ですよね。

走行距離 55.7km

平均/最大心拍 147/170bpm

平均/最大ケイデンス 78/104pm

平均・最高時速 27.7km/h・48.0km/h

走行時間  2:01

消費カロリー 1414kcal

消費飲料 1L

2012年5月10日 (木)

XPEL エッジガード

Dpp_2227
この度の定休も足慣らしに軽くハーフを走ろうと考えていましたが、例によって雷雨の恐れがある為、空を眺めて已む無く中止。

読書の合間にMINIに纏わる残っていた作業を行う事にしました。Dpp_2221
ドアエッジについては決まって我が家の子供達は、塀などに当ててしまうので対策を講じなければなりません。試しにロードスターに使用していたホワイト色の市販モールの名残を付けてみたが、クロスオーバーの白は青が入っているため、色の違いが顕著に出て大変見苦しい。

よって、XPELなる透明の保護エッジガードを試してみました。通販で\2,310也。

しかしこの商品、一台分なのか一枚分なのか長さが全く示されていません。無駄になっても仕方が無いので、取敢えず一つを購入。その他、XPELドアシルガードキット\3,150、ドアノブガードプロテクションフィルム\2,310を購入。
Dpp_2232
まずはエッジガードから。

エッジ部分を綺麗にしてテープを貼って行くだけ。器用な方なら30分程で終わりますが、センターをきっちり出すのがなかなか難しい。粘着力が強いので空気が入らない様に指で押し出すコツも必要です。

上記は施工後の写真ですが、全く貼っている事が全く分かりません。経年によりどの程度変色するかが問題ですね。往々にしてこれらの透明テープは黄色く変化していきます。

極めて薄い透明テープですが、相当な勢いで当ててしまうとお手上げでしょう。商品説明では複層構造になっており、かなり強固に引っ張っても断裂しない特殊素材との事。多少の保護になってくれることを期待しましょう。

肝心な長さですが、ドア4枚分でちょうど使い切る様な長さになっています。4ドアなら1ケース購入すれば間に合います。クロスオーバーはリアドアが殆ど樹脂モールになっており、このテープが役立つ面はほんの30cmほどしかありませんので、ドア一枚分程度余りました。
Dpp_2233
続いてはドアノブガード。

どうしてもハンドルに手を掛ける度に爪がボディを傷つけます。我が家の他の2台も、ドアノブ周りは見るも無残に傷だらけになっています。これを防止する為にこのドアノブガードなる透明シートを購入しました。

スプレーで濡らしながら貼って行きますが、上手く行きません。果たして上手く貼る事など出来るのだろうかと疑問が残りますね。上部から見ると上手く貼れたように見えますが。

Dpp_2234
下から覗くと完全に皺になってしまいました。抉りが大きいからなのか、粘着力が弱いからなのか、はたまた貼り方が悪いのか。この商品についてはあまりお勧めできません。取敢えず1枚貼って嫌になって中止にしました。気が向いた際に改めてチャレンジしてみます。

Dpp_2237
最後はドアシルガード。家の敷居の如く、踏まないで貰いたいのですが、家族は決まってここに足を掛けて乗り降りします。傷だらけで泥だらけといった状況に常になっていますので、せめて汚れが落としやすい様にこのフィルムを施す事にしてみました。Dpp_2231
ステップガードと塗装面に対して貼ってみました。適当に切って貼ったので、気泡が入ったりで実は綺麗に貼れていませんが、遠目に見れば気が付きません。

リアドアに関しては、初めて気が付きましたが、クロスオーバーのリアはホイールアーチに合わせてシートが構成されているので、実はステップは異常に小さい。後部座席の乗り降りは実はしにくいのではないかと感じました。

この状況ゆえに、ステップはおろか、樹脂パーツの上に足を掛けている跡を見つけましたので、試しにこの部位に貼ってみました。効果の程は今後経過観察してみます。

このドアシルガードは実はエッジガードと比較して大変短い。2ドア分のステップを貼ると無くなってしまいます。1ケースで足りなかったので、改めてもう一つ購入する予定です。

2012年5月 8日 (火)

のびのびロール

5
自宅から歩いて行ける距離に洋菓子店が有ります。生まれ落ちた中野区から徐々に都落ちし、この辺境の地に根を張ってから既に14年。

その14年間の間にて数回訪れるに留まっていた、近所のケーキ屋さんが再び我が家で話題になりました。

ある日、家内の友人からプレゼントされた、見た事も無い巨大なロールケーキが我が家へやってきました。余りの大きさと重さにただただ驚くばかりでしたが、味も実に格別。

こんなロールケーキを販売しているのは、渋谷の東横のれん街に違いない?と勝手な想像を抱き尋ねてみると、何と最寄りのケーキ屋さんではありませんか。

4
クロスオーバーの納車日にお祝いとして訪れましたが、残念ながら水曜定休でお休み。

連休さなか再び訪問してみました。果たして念願叶ってロールケーキと対面なるか。
2
「売切れ」を危惧して子供と訪れましたが、ご覧の様にショーケースに3本の巨大なロールケーキを発見。まさしくのびのびロール。シルバーの筒は抹茶ロールケーキ。手前の2本が生クリーム。

既に二人のお客さんが並んでおり、その方が数本買われたら販売終了。子供と顔を見合わせて審判の時を待ちます。

幸い抹茶と生クリームが残ったのでその2本を購入。私の後に並ばれていた方申し訳ありません。

ただ、隣の工場で作っているので、15分ほど待てばできたてを出してくれるそうです。

3
贈答品も並んでいましたが、洋菓子店らしくこちらも大変美味しそうです。こちらのお店の名は「new almond」であり、白とピンクのストライプのテントが目印なので、六本木のアマンドの指定工場なのかもしれません。

”のびのびロール”については、電話予約が出来るそうなので、ご購入の際には事前にお電話をしておいた方が良さそうです。

6
さて自宅に戻って開封した”のびのびロール”何と長さは38.5cmも有ります。大きさと重さに、いただいた方はさぞ驚かれると思います。

7
ダイナミックに切ってお腹いっぱい食べられます。

スポンジも密度が高く、生クリームもたっぷり。当然ながら味も素晴らしく、ローソンのプレミアムロールケーキより美味しい。

そして気になるお値段は、何と\1,200!!

是非一度ご家族に買ってお帰り下さい。

2012年5月 6日 (日)

蟄虫啓戸

1

2012年のGWも本日で終了。結局飛び石で4日程休めました。9連休という方々もいらっしゃったようですが、いいんです4日で。社会復帰出来なくなってしまいます。

連休最終日はやはり弛んだ体に今一度活を入れなければなりませんので、夕方から雨と強風の予報を知り、早起きしてチネリにて新砂まで行って来ました。

早朝だったので往路は南風はまだ弱運転でしたが、残り15km程になってから強運転に変換。新砂到着間際では心拍170で果敢に風と格闘してきました。

そしてこの往路で、河川敷道路を渡る小さな生き物を見つけました。石コロに見えましたが、テクテク動く。「?」の答えは小さな緑亀でした。それも1匹ではなく、5kmほど離れた場所で再びもう1匹。啓蟄にはかなり遅いのですが、本日は冬眠していた亀が移動する日和だったのかもしれません。2匹とも無事渡れたでしょうか。

さて、本日は右クリートを一切外さないつもりだったので、休憩なしでUターン。復路は強風に背中を押され、一時は50km台をマーク。当然人気のない秋が瀬付近での最高速度です。みんなの河川敷ですから、多摩川の様に排除されない様に、あくまで歩行者優先を徹底致しましょう。

お昼を回り自宅まで10kmという所で、空が真っ暗になり降雨前の強風が。雹が降り思い切り雨に打たれました。予報では夕方だったのですが、少々早まった?様です。久々に雨に打たれてしまいましたので、チネリは注油と洗車をする事になりましたが、そろそろ必要が時期だったので有る意味よかったのかもしれません。

2
例の交換時期をとうに超えたチューブレスタイヤ。性懲りも無く再びこのままで走ってしまいました。ケブラーが見えてしまっているのですが、走れてしまいましたので、もう少々つかっても良いのでしょうか?洗車後に考えます。

久々にチネリに乗りましたが、やはりオルカより軽い。ぐいぐい加速していき、各所のセラミックベアリングが速度域を軽快に保ちます。未だに3台を所有していますが、やはりチネリが希少価値も含め私のBest Bikeです。

窓の外では雷が鳴っていますが、明日から再び仕事です。切り替えて参りましょう。

走行距離 85.7km

平均/最大心拍 147/170bpm

平均/最大ケイデンス 73/106pm

平均・最高時速 27.4km/h・54.7km/h

走行時間  3:08

消費カロリー 2100kcal

消費飲料 1.5 L

2012年5月 4日 (金)

ソレイユの丘 Le Soleil

Dpp_2194
GW恒例となった学生時代の友人とのバーベキュー。例年、昭和記念公園に集まっていましたが、今年は神奈川在住の友人からの発案で”ソレイユの丘”に決定。

天候と大渋滞が危惧されましたが、5時半起床にて6時半に強行出発。

駐車場は8時から開門となる事を電話問い合わせで確認済みのため、8時を目指しましたが、保土ヶ谷SAで朝食休憩をとった事もあり到着は8時半。駐車場入場の行列を想像していましたが、高速出口からも一切渋滞無くメイン駐車場に停める事が出来ました。

Dpp_2189
ソレイユの丘は駐車場代1000円が必要ですが、入場無料。場内にて利用する乗馬や乗り物、各種体験コーナーで都度料金を支払う形態ですが、どれも低料金で良心的。

そして、開場待ちの入り口は覧の様な行列。10分前に並びましたが、約300名ほどの方が並んでいました。私の友人は何と7時半から最前列で並んでおり、開場とともにバーベキューの予約に走ってくれました。

ここでGWにご来場される方へのアドバイスですが、我が家は渋滞を恐れ13時半に退場したのですが、駐車場は10時過ぎには満車だった様で、この時刻でも100台近い入場待ちの長蛇の列が延々続いていました。最後尾の方は間違いなく閉門までに入場出来ないでしょう。

その先の高速出口付近も酷い渋滞であり、駐車場待ちの最後尾に辿り着く事も困難かと。ソレイユの丘に行かれる方は、8時半までに到着される様にスケジュールを組まれる事をお勧めします。やはりGWは遠出するべきではありませんね。
Dpp_2193
山羊が100円の餌を欲しがって寄って来ます。子供はプラスチックケースを奪われ、慌てていました。

Dpp_2195

乗馬体験コーナーでは700円で小さなサークルを一周出来ます。家内も子供も初めて乗馬を体験しましたが、馬の持つ魅力に魅了された様です。

100円で馬に餌をやるコーナーも有り、私も人参ステックを与えて、暫し馬と触れ合う事が出来ました。馬の筋肉は実に綺麗ですね。

Dpp_2199_2
プロヴァンスをイメージして形成された園内。相模湾を丘の向こうに臨む事が出来ます。青い空と緑豊かな敷地の中に佇む、スペイン瓦葺きの建物、実に良い雰囲気です。

場内は細かい規制が無い様で、訪問者は好きな所にレジャーシートを敷いたり、簡易テントを設営したり、ベンチに寝て読書する親父達などなど、これもプロヴァンス風?なのかもしれません。

Dpp_2200
本日初体験のアーチェリー。300円で10本の矢を貸与いただき、的を狙います。これがなかなか本格的で、大人げなく真剣に挑戦してしまいました。10本中、2本が的の中心を射抜きました。

友人に国体にも出たアーチェリーの選手がいますが、今度じっくり話を聞いてみようと思います。子供も家内も私同様に、大絶賛のアーチェリー体験でした。
Dpp_2202

友人に走っていただいた甲斐あって、バーベキューを行う事が出来ました。しかしながら、空いている席もちらほら有りましたので、来場者の方々はお弁当持参も多かったのではないでしょうか。

子供達は公認の火遊びに講じていました。私は自称火起こしのプロ?ですが、子供達にとって炭に火を付ける事は中々大変な作業の様でした。何事も口出しせずに、まずはやらせてみる事が大切ですね。

復路は13時半に施設を出た事もあり、渋滞回避にて2時間で帰宅出来ました。存分に一日遊びたい所ですが、人と同じ行動をとっていてはいけません。貴重な時間とガソリンを浪費しない為に、強い決心が必要です。子供には恨まれましたが...。

ソレイユの丘については、期待し過ぎていたせいもあるのでしょうが、思っていた以上にコンパクトな施設でした。昭和記念公園の様に歩き疲れは当然ありません。小さいお子さんを遊ばせるには絶好の場所です。存分に水遊びを出来る場所なども用意されています。

次回はGWではなく平日に訪れ、本を持参して一日のんびりと過ごしに再訪しようと思います。

2012年5月 3日 (木)

春の訪れ

Dpp_2117
2日より4日間連休をいただきました。組織の実権を握った事により、私の思い通りに休日設定を行い、イベントを組む事が出来ます。

会社の規定ですと9連休も可能なぬるま湯な会社なのですが、敢えてそれを覆して連休を仕事に充てました。いいんです4連休で。9連休など取得した日には、社会復帰が出来なくなります。と周りに恨まれながら自説を説いた次第です。

さて私の猫の額の庭にも春というか、初夏が訪れました。何故かこぼれ種から毎年予期せぬ花が咲きます。今年は突然現れた金魚草と大量のシソが群生し始めました。

Dpp_2115
全く放置していたイチゴも花を付けています。毎年シュート(ツルの新芽)を更新しなければならないのですが、面倒なのでそのまま放置。何故か今年も咲いています。

Dpp_2119
巨大な株になってしまったクリスマスローズ。花の無い冬に咲かせようと思って購入したのですが、その名に違わず春に咲く花なのでした。

Dpp_2123
昨年大鉢で育てていた7年目のブルーベリーを惜しくも枯らしてしまいました。生き残ったもう一鉢を地植えに変えた所、実に勢いよく根付いてくれました。酸性土壌を好む特殊な木ですが、ピートモスと鹿沼土が効果的だった様です。

Dpp_2118
こちらも挿し木から巨木になったローズマリー。5年以上が経過していますが、今年初めて花を付けました。ブルーベリーの為に入れ替えた土が酸性だった事による効能かもしれません。

狭い庭ですが狭いなりに工夫が必要で、なかなか楽しんでいます。昨今、戸建住宅でも全く庭がないお住まいが増えましたが、やはり人間は土を弄る楽しみを忘れてはいけません。

人間は川のせせらぎ、虫の鳴き声など自然の音を聞いて、脳のバランスを保っているそうです。土の手触り、香りで心が安らぐのもDNAに刻まれた本能が求める行為なのかもしれません。

2012年5月 2日 (水)

VICS SONY NVA-VB8

Dpp_2079
7インチの大画面ポータブルナビを選択した事を少々後悔。これは代車で貸与いただいたクロスオーバーに、パイオニア製4.8インチのポータブルナビが実にすっきりと納まっていた事によります。

最新というだけで7インチにしてしまったのですが、4.8インチでも十分だったかと。ただ、そのナビを実際に使用してみましたが、案内も表示も随分と雑であり、私が以前使用していたユピテルの安価製品と何ら変わりが有りませんでした。

そして何よりVICS機能が有りません。やはりこれが大きい。

nav-uには標準でFM-VICSが装備されていますが、渋滞情報がリアルタイムで無く電波の拾いも悪い。そこでオプションのビーコンユニットを購入してみました。
Dpp_2080

箱の中身は実に簡素な内容。正直このビーコン本体だけで十分。付属配線も本体に付属するものと全く一緒であり意味が有りません。長さも異常に短いものと異常に長い物が付属しており、どうやっても使い勝手が悪い。

SONYの商品開発部は頭を使っているのだろうか?成毛眞さんが先日の日経ビジネスにて、SONYの凋落振りを嘆いていらっしゃいましたが私も同感です。
Dpp_2081

標準で付属しているユニットより一回り大きなこちらの箱がビーコンユニット。標準品付属品は単なる空のケースであり全く意味の無いダミー。

全く役に立たないものをユーザーに売りつける意図が理解出来ない。オプション設定にするのなら、台座とビーコンユニットは全く別物として設計していただきたい。購入してみて初めて分かる怒りがここにあります。

怒りはさておきその実力は?

これが怒りを忘れるほど、ビーコンユニットの実力は特筆すべき物です。試験走行としてディーラーからの往復だけですが、渋滞を予知して今まで通った事も無い裏道を巧みに案内してくれました。今後も渋滞回避に一役買ってくれる事を期待させます。

このキャラメルの箱の様な小さなユニットは\17,000と高額ですが、その対価に見合う性能は秘めていそうです。

フォト
無料ブログはココログ