« 春の訪れ | トップページ | 蟄虫啓戸 »

2012年5月 4日 (金)

ソレイユの丘 Le Soleil

Dpp_2194
GW恒例となった学生時代の友人とのバーベキュー。例年、昭和記念公園に集まっていましたが、今年は神奈川在住の友人からの発案で”ソレイユの丘”に決定。

天候と大渋滞が危惧されましたが、5時半起床にて6時半に強行出発。

駐車場は8時から開門となる事を電話問い合わせで確認済みのため、8時を目指しましたが、保土ヶ谷SAで朝食休憩をとった事もあり到着は8時半。駐車場入場の行列を想像していましたが、高速出口からも一切渋滞無くメイン駐車場に停める事が出来ました。

Dpp_2189
ソレイユの丘は駐車場代1000円が必要ですが、入場無料。場内にて利用する乗馬や乗り物、各種体験コーナーで都度料金を支払う形態ですが、どれも低料金で良心的。

そして、開場待ちの入り口は覧の様な行列。10分前に並びましたが、約300名ほどの方が並んでいました。私の友人は何と7時半から最前列で並んでおり、開場とともにバーベキューの予約に走ってくれました。

ここでGWにご来場される方へのアドバイスですが、我が家は渋滞を恐れ13時半に退場したのですが、駐車場は10時過ぎには満車だった様で、この時刻でも100台近い入場待ちの長蛇の列が延々続いていました。最後尾の方は間違いなく閉門までに入場出来ないでしょう。

その先の高速出口付近も酷い渋滞であり、駐車場待ちの最後尾に辿り着く事も困難かと。ソレイユの丘に行かれる方は、8時半までに到着される様にスケジュールを組まれる事をお勧めします。やはりGWは遠出するべきではありませんね。
Dpp_2193
山羊が100円の餌を欲しがって寄って来ます。子供はプラスチックケースを奪われ、慌てていました。

Dpp_2195

乗馬体験コーナーでは700円で小さなサークルを一周出来ます。家内も子供も初めて乗馬を体験しましたが、馬の持つ魅力に魅了された様です。

100円で馬に餌をやるコーナーも有り、私も人参ステックを与えて、暫し馬と触れ合う事が出来ました。馬の筋肉は実に綺麗ですね。

Dpp_2199_2
プロヴァンスをイメージして形成された園内。相模湾を丘の向こうに臨む事が出来ます。青い空と緑豊かな敷地の中に佇む、スペイン瓦葺きの建物、実に良い雰囲気です。

場内は細かい規制が無い様で、訪問者は好きな所にレジャーシートを敷いたり、簡易テントを設営したり、ベンチに寝て読書する親父達などなど、これもプロヴァンス風?なのかもしれません。

Dpp_2200
本日初体験のアーチェリー。300円で10本の矢を貸与いただき、的を狙います。これがなかなか本格的で、大人げなく真剣に挑戦してしまいました。10本中、2本が的の中心を射抜きました。

友人に国体にも出たアーチェリーの選手がいますが、今度じっくり話を聞いてみようと思います。子供も家内も私同様に、大絶賛のアーチェリー体験でした。
Dpp_2202

友人に走っていただいた甲斐あって、バーベキューを行う事が出来ました。しかしながら、空いている席もちらほら有りましたので、来場者の方々はお弁当持参も多かったのではないでしょうか。

子供達は公認の火遊びに講じていました。私は自称火起こしのプロ?ですが、子供達にとって炭に火を付ける事は中々大変な作業の様でした。何事も口出しせずに、まずはやらせてみる事が大切ですね。

復路は13時半に施設を出た事もあり、渋滞回避にて2時間で帰宅出来ました。存分に一日遊びたい所ですが、人と同じ行動をとっていてはいけません。貴重な時間とガソリンを浪費しない為に、強い決心が必要です。子供には恨まれましたが...。

ソレイユの丘については、期待し過ぎていたせいもあるのでしょうが、思っていた以上にコンパクトな施設でした。昭和記念公園の様に歩き疲れは当然ありません。小さいお子さんを遊ばせるには絶好の場所です。存分に水遊びを出来る場所なども用意されています。

次回はGWではなく平日に訪れ、本を持参して一日のんびりと過ごしに再訪しようと思います。

« 春の訪れ | トップページ | 蟄虫啓戸 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソレイユの丘 Le Soleil:

« 春の訪れ | トップページ | 蟄虫啓戸 »

フォト
無料ブログはココログ