« 桎梏の渋滞 | トップページ | コメダ珈琲店 »

2012年8月15日 (水)

終戦の日

1_2
終戦の日である8月15日。先日の帰省の疲れが抜けない状況でしたが、汗を流すべく新砂を目指して走って来ました。

こうして平和な日常が送れる事を幸せに感じずにはいられません。しかしながら本日の香港活動家による尖閣上陸、先日の韓国大統領の竹島訪問と、日本は挑発され続け弱腰政府に打つ手無し。いずれも日本の領土である事は明らかであり、国際法に則り世界の世論に訴えかけて行くべきですが、日本の外交べたには何も期待出来ません。

太平洋戦争も、日本がアメリカの世論を知っていたなら、負け戦に踏み込まないで済んでいた事実も踏まえ、日本は外交に重きを置かなくてはなりません。

3_2
さて、本題へ。河口まで○○kmという表示をいつも以上に長く感じ、一向に距離が縮まらない事に苛立ちを募らせていると、河口に近づくにつれ激しい南風が発生。遡上する魚の様に漸く新砂に到着しましたが、暑さと疲労で既に体力は限界値。
2
先日履き替えて2回目の走行となった本日。高温のアスファルトに影響を受け、タイヤは杯グリップタイヤの様に良い具合に粘度を保っていましたが、直線しか走らない私はタイヤの減りが気になるばかり。

このチューブレスタイヤは、夏場走り込むとあっという間に交換時期となりそうです。
P1040521
復路は追い風で楽勝と思ったのもつかの間、10km程で何故か再び向かい風。再び熱風に耐えて走る状況に。

暑さだけで体力が消耗し、グリコーゲンの枯渇もあるのか心拍ばかりが上がり、速度が上がらず。昨年熱中症になりかけたので、心拍は150台に抑えましたが、一度上がった心拍は中々下がってこない。

日陰で数回休憩を入れ、心拍を100以下に下げようと思っても一向に下がる気配なし。こちらのハートレートの122の表記は、停止して10分以上経過した状況でしたが、体が危険信号を発している事が良く理解出来ました。

結局過度に休憩を入れながら、どうにか帰り着きました。暑さは想像以上に体力を奪う事を良く認識しなければなりません。もう一つ、本日の走行が一ヶ月振りという事実を知ったのはこのページ作成に至ってからという愚かさ。

走行距離 93.4km

平均/最大心拍 144/167bpm

平均/最大ケイデンス 64/109pm

平均・最高時速 24.6km/h・44.7km/h

走行時間  3:48

消費カロリー 2557kcal

消費飲料2.5L

« 桎梏の渋滞 | トップページ | コメダ珈琲店 »

Road Bike」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日:

« 桎梏の渋滞 | トップページ | コメダ珈琲店 »

フォト
無料ブログはココログ