« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

アイデンティティ2

Dpp_3403

昨日UPした実際のVWの新聞広告がこちら。既に2ヶ月ほど前の物ですが、紙質も内容もかなり費用を投じたチラシになっていたので、何故か取ってありました。
Dpp_3405_2
ビートルに大きく肩入れしている様で、ラインやルーフシートは随分とバリエーションに富んでいます。ただ、ビートルは車体形状の特徴だけで十分なので、これらの装飾は逆効果になる様な気がします。

お客様の奥様が、旧モデルのライトブルーのビートルに乗られており、一度駅まで送って下さった際に乗車しましたが大変楽しい車でした。奥様は優に70歳に近い方でしたが、ビートルが一層引き立って見えました。

実はご主人様は大手銀行の頭取であり、新聞にいつも出られている様な方でしたが、奥様にライトブルーのNEWビートルを選ばれる等、大変センスの有られる方だと感心したものです。、
Dpp_3406
ビートル様に用意されたデコレーション提案ですが、残念ながら決してセンスが良いとは思えません。やはりダッシュボードの一輪刺しに綺麗なお花を添え、ノーマルを楽しむ車なのではないでしょうか。

2013年3月28日 (木)

アイデンティティ

Header
連休には新聞の折り込み広告が倍増します。

仕事柄、広告の傾向や色使い、使えるキャッチコピーなどを参考にするためにパラパラ目を通します。

そんな中、興味のある車についつい目が行きます。そして思うのは国産車もいよいよデザインに力を入れ始めましたと言われながらも、相変わらず無個性で生産性重視の姿勢が変わらないという点。

そして輸入車に転じれば、FIATやフォルクスワーゲンビートルがMINIの様にスポーツラインを入れ始めた事。スポーツラインはそもそもアメ車等にも多用されていましたが、別段MINIの専売特許ではないのですが、車両に対する比率はMINIが最も高いのかもしれません。

ビートルにも似合うのかどうかという点と、ビートルをその様な思考で購入する層が存在するかと言う疑問。

そういえば家内に譲ったダイハツのミラジーノは完全なる旧MINIのパクリ。先日発売されたHONDAのN-ONEも何かに似ていないかと。マーケットは常に売れ筋商品を分析し、似通った商品を追随販売する為に、瞬く間に二番煎じ、三番煎じが登場しますが愚かですね。

iphoneもお手本はSONYだと言われてはいますが、スティーブジョブズの様に、従来にない新しい技術、デザインを生み出す熱意のある経営者が次々に登場していただきたいものです。

2013年3月27日 (水)

有栖川記念公園

Image_2

お客様宅に向う道すがら、有栖川記念公園の桜を眺めてきました。平日なので人影もなく、庭園と桜を独り占め。

イヤホンから流れてくるスガシカオの気怠い歌を聞きながら、暫し桜の下で佇んでいました。大人の花見はこの程度で十分です。

2013年3月24日 (日)

再稼働計画 vol.1

Dpp_3493
仕事が忙しくなってしまうと、ついついインプットが疎かになります。こんな時こそ新たな情報を入れるために、昨日TUTAYA書店にて建築雑誌を3冊購入。

ジャンルを問わずパラパラ未知の雑誌も閲覧するのですが、ついついMINIとハーレーの雑誌にも手が伸びる。

必然我が愛馬は悲しいという構図に至る訳で、本日初めの一歩としてマフラーをノーマルに交換しました。虫と一緒で気候が良くなってくると、私の脳に住む虫も活動を始める様です。
Img_1073
MINIに母屋を取られ、玄関先にカバーを掛けて停めている状況ですが、やはり錆が随所に出始めていました。まずはバンスのマフラー撤去から作業開始。
Img_1072
バンドはラチェットで簡単に外せますが、エキパイとマフラーを外すのに相当の力とコツを要します。確かこれで3回目の脱着なのでCRCを吹いて5分放置。左右にマフラーを回転させながら取り外し。

このエキパイ周りの煤汚れを除去しておくと脱着はスムース。メッキ磨きでコツコツ除去しておきましたので、次回の脱着は相当楽になると思います。
Img_1076
ノーマルの極太マフラー。しかしサウンドは極細で殆どエキゾーストは感じられず、エンジンのカムの音ばかりが耳につきます。
Dpp_3492
交換自体は慣れた作業なので1時間ほどで完了しましたが、外したついでにホイールや錆が出た箇所の磨きを行っていたら、あっという間に夕刻に。

車検期間が3年であれば、車はもっと乗りやすくユーザーの負担も減りますが、利権が巧妙に絡んだ車検制度は外圧でもなければ容易く変わらないでしょう。

2013年3月22日 (金)

ユニオンジャック ショートアンテナ

Dpp_3259
ノーマルのネジネジアンテナについては、長さもデザイン的にも申し分無いのですが、お手軽に交換出来るだけあって何を付けようか迷っていました。

最近主流のシャークアンテナも考えましたが、台座交換までするのは面倒なので、アンテナらしくないアンテナを選択しました。

Dpp_3260

CLOS ユニオンジャックショートアンテナ

ペンと比較しても大変短い事が分かります。想定よりも短かく、小指ほどしか有りません。付属品ネジとブッシングゴムのみとシンプル。

Dpp_3213

ラジオを聞く機会も少なく、仮にアンテナを付けていなくても都内なら十分にFM放送が受信出来るので、実はほとんどアンテナは付けていません。

早速取付けてみましたが、本当に付いているのか付いていないのか分からない程小さい。

Dpp_3214
このアンテナの存在が分かる人はまずいないでしょう。

それでもこんな部品で5000円。一回飲みに行けますね。

2013年3月21日 (木)

薬事法改定

Dpp_3432
まだ規制はあるものの利権が絡み医薬品のネット販売が、長きに渡り薬事法を盾に禁止されていました。大義名分は消費者の安全の為と言いながら、メーカーや業界団体の利権だろうという事は火を見るよりも明らか。

ケンコーコムやネット販売大手の功績により、漸く医薬品などがネットで購入し易くなりました。
Dpp_3433
試しにネットで購入し、後に店頭でその価格を比較してみると、店頭価格と大きな差がある事が判明しました。

新たな情報を得て比較検討を行わないと正しく損失を被るという事になりますが、これも突き進めていけば、リアル店舗が消滅すると言う状況に直結してしまうでしょう。

2013年3月20日 (水)

デザインにトゲ

Dpp_3395
3月2日の発売を機に、何故か自宅にPACEMANの案内が3通届きました。数か所のディーラーに顔を出しているので、異なる代理店毎に発送されているという事になります。国産車の系列店にて個人情報を共有している構図とは異なるのでしょう。
Dpp_3396
観音開きの面白い案内。数枚のカード式になっており、既存のクロスオーバーも同封されているので、類似系と言う事を敢えて訴求しているのでしょうか。

Dpp_3397
ペースマンの特徴となるテールランプを強調しています。

Dpp_3398
国産車ならエンジン特性や燃費がどうのと、性能表示が羅列されますが一切排除。この思い切りの良さにいつも感心させられます。競合を意識していないと言う事なのでしょう。

Dpp_3401
良いキャッチコピーですね。

Dpp_3402
このカッパー色は汚れが目立たず、マメに洗車しなくてもよさそうですね。

2013年3月19日 (火)

招かれざる客

Dpp_3480
サクラの開花ももう間もなくであり、すっかり春めいて来ました。サクラのミラーカバーが映える季節になりましたが、連日の強風でどこもかしこも砂だらけ。というよりも泥だらけ。

春は春一番に始まり強風に悩まされますが、こと今年は酷い様に感じます。黄砂や花粉、2.5の影響は同じでしょうから、温暖化が進んだ事によるものなのかもしれません。
Dpp_3477
私の車両にはボディーカバーを掛けていますが、この強風では全く役に立ちません。逆に風に煽られたカバーがボディに傷を付ける事になります。

Dpp_3478
それにしても凄い砂ですがこの砂、粘土質で有り中々落ちず厄介です。

Dpp_3479
ルーフのサイドは風でバタついたカバーで傷だらけに。ガラスコートを施しているので、多少の傷の軽減にはなっているのでしょうが、いやはや参ったものです。

白に対して黒はやはり汚れが目立ちますね。
Dpp_3481
再び砂埃で真っ白になるでしょうが、泥だらけでは可哀想なので、ざっと流して綺麗にしました。コートを施しているので洗車は実に簡単です。
Dpp_3483
洗車後にボンネットを開けてみると、こちらも当然真っ白。こちらは見なかった事に致しましょう。

2013年3月17日 (日)

町の花屋さん

Dpp_3482
昨日は家内の誕生日。

会社帰りに花でも買って帰ろうと思いましたが、いざ探してみると花屋さんが有りません。結局手ぶらで帰る事になってしまいましたが、家についてみると可愛いお花が二つ。

子供が池袋に行った際に、青山フラワーマーケットでこちらを購入したのだとか。

青山フラワーマーケットのビジネスモデルは実に良く出来ており、感心するばかりですが、社長も大変ユニークな方。私が住む郊外にもお店を広げていただきたいものです。

2013年3月16日 (土)

AUTBAHN ミラー 広角ドアミラーアウトバーン

Dpp_3340
AUTBAHNミラー 定価販売しかされていないこのミラーが年末特化になっていたので、購入してみました。定価\25,200が\18,500ですから大変安く購入出来ました。

最近縁石を後輪で乗り越えてしまうケースが2回程あり、鋭角に曲がる狭い道などは、後輪軌道をミラーで確認する必要があると感じていたので、今回広角ミラーを考えていました。暖かくなってきたので、漸く装着に踏み切りました。

革新的広角ドアミラーです!国内初、国外車適合車種なんと600車種以上!!(随時車種を追加しております:車検対応製品)
アウトバーンは、ミラー部分を曲面状にして純正のミラーより死角をなくし、視界が約2倍広がり安全性を飛躍的に向上させる革新的広角ドアミラーです。
車線変更や高速道路での合流、車庫入れなどのバック時に純正ミラーと、アウトバーンの映り込みは格段に違います。
製法特許取得の防眩光学ミラーより夜間後方からのヘッドライトビームによる眩しさを防ぎます。
*(ミラー形状により見え方は異なります)
■標準価格
外国車:¥25,200(ブルー・ライトブルー・シルバー)

Dpp_3341
箱の中身はこの様なパッケージ。

Dpp_3342
セレナに乗っていた時にゴールドにした事がありますが、濃い色は夜間一層暗く映るので今回はライトブルーを選定。普通のシルバーで良かったのですが、せっかく変えるのですからこの程度の変化を考えました。

Dpp_3344
ノーマル:外側のラインででミラーの屈折率を変え、少しでも広角にしようと工夫されていますがこれでも一般的。特段投影面積が狭いとは感じません。

Dpp_3347
交換後:明らかに広角になり、周囲の確認掌握がしやすくなりました。上下は若干しか変化が有りませんが、左右はかなり映る範囲が広くなります。

並走車両の確認やバイクや自転車の巻き込み防止にも十分役立つと思います。

色はライトブルーですが殆どノーマルと変わらず、昼夜問わず使用に支障はありません。事故やリアフェンダーをヒットする事を考えれば、コストパフォーマンスは高いのではないでしょうか。

2013年3月15日 (金)

明日から、渋谷駅が変わります。

Image_3
会議が渋谷で開かれたので、いつもの横断歩道を渡ろうとしたところ大変な人だかり。

皆さん手に手にカメラや携帯で撮影大会。

明日からこの景色が変わってしまうのですね。

2013年3月13日 (水)

MINI ウォッシュキット

Dpp_2418
MINIのバックの中で最も重宝しているのがこちら。

本来は濡れた物を入れるウォッシュキットであり、内部がビニールコーティングされているバックですが、大きさ的にも手頃なので携帯や文庫本等を投げ込み持ち出しやすい。

厚みが相当あるので一見弁当箱の様でも有りますが、これが薄いと所謂”親父のハンドバック”となってしまうので、あえてこのサイズが良いと考えます。Dpp_2422

生地はビニールですが厚手でしっかりしており、ユニオンジャックが模られています。MINIのエンブレムもしっかり刻印。

真っ赤なタグを引くと。
Dpp_2421
外面にポケットが一つ。鍵を入れたりとこちらも大変重宝します。

Dpp_2420
ダブルジッパーを引くとバックは大きく開放。温泉に行った際にも持って行きましたが、濡れたタオルなどもそのまま投げ込めるので、実に便利でした。

難点はついつい調子に乗って物を入れてしまうので、手持ちの紐が擦れてボロボロになってきました。このサイズで手持ち部分を考慮した改良版が出ないものでしょうか。

2013年3月10日 (日)

ロングTシャツ

Dpp_3292
本日は25℃まで気温が上昇するそうです。まだ3月10日なのですが。

それにしてもここ数日花粉の飛散量が相当な量らしく、目が腫れた感が抜けなく痒いのなんので、社内でもマスクをしている状態です。花粉と全く無縁だった人々も、この数日でデビューを果たした人が2名存在します。

発症してしまうと後戻りはできません。予防に努めましょう。

さてこれだけ暑くなるとTシャツなのですが、私はロングTシャツが好きで袖を通す機会も少ない癖に20枚以上所有しています。いつも着るものは決まっているのですが。
Dpp_3294
MINIに乗るまではハーレーダビッドソンのファイヤーパターンや蛇柄など、所謂品の無い物をいつも着ていましたが、今考えるといかにもな装いを自らしていた訳です。

すっかりバイク乗りから遠のいてから、MINIのウエアばかりに移行。MINIのウエアはセンスが良いうえに縫製もしっかりしており申し分有りません。

通常白のシャツは黄ばみが抜けないので数枚しか持っていませんが、このTシャツは肩のライン刺繍が気に入って着ています。ただ着込まないとこのラインが固くてシャツのラインが崩れるので、今シーズンはこれをメインに馴染ませようと考えています。
Dpp_3290
こちらの派手なロッカー柄も1枚しか入手出来ませんでしたが、非常に気に入っています。

MINIのサイズは日本サイズより一回り大きいので、私は全てSサイズを選定しています。ただこの場合でも欧州人に合わせてかサイズに対してかなり細身でタイトな作り。おっさん体形ではフィットせずカッコ悪い。

私は幸い痩身なのでいずれもフィットするのですが、逆に体を鍛えていないと非常に華奢に見えて似合いません。少々弛んできた体を子供達に”おっさん”呼ばわりされない様に、夏に向けて体を鍛え直そうと思います..。

MINI Paceman

14_l
MINIの日?3月2日にMINI『ペースマン』の販売されました。単なるクロスオーバーの2ドア版と思って全く関心が無かったのですが、何とゴーカートフィールを備えた似て非なるモデルと言う事。

私のクロスオーバーはターボの6MTで、駆動力や使い勝手など申し分無い選択でしたが、何より残念だったのはこのゴーカートフィールの無さ。今でもカーブを曲がる度にクイックなハンドリングを懐かしんでしまいます。014_o
フロント周りは全く同一ですが、サイドやテールは別物で、何よりスポーツサスが標準化されているなどセッティングは全く異なるようです。

ただ我が家の様に4人家族では、以前のR56の際も2ドアの使い勝手が酷評でしたので、絶対にこの選択肢は却下される事請け合い。しかし、この選択肢が有ったなら私は間違いなくこちらを購入していた事は間違いありません。

2013年3月 8日 (金)

MINI Ray(レイ)パッケージ

Img_1013
MINI Rayパッケージなる新たな特別車が販売されたそうです。

本年2月23日および24日に全国のMINI正規ディーラーで実施されるフェアより、販売を開始すると発表した。

 MINI Rayパッケージは、通常のボディ・カラーやシングル・オプションを利用しつつ、ミラー・キャップ、ボンネット・ストライプ、ルーフ・ストライプ、17インチ・ホイールのホイール・キャップにMINIらしいポップなカラーを同色に配色することで、自分らしい個性的な一台を作る事が可能なパッケージ・オプションである。カラーは、イエロー、グリーン、オレンジ、ホワイト、ブルー、ピンクから選択可能であり、サイド・スカットル、フロント・グリル、室内のグローブ・ボックス上に、カラフルなMINI Rayパッケージ専用のバッチが取り付けられる。

Img_1014
MINI自体が販売する訳ですから配色も大変上手。

Img_1015
MINIサクラエディションと同様に、黒いボディーに鮮明なミラーキャップやカラーラインで仕上げています。

Img_1016
自車のカスタムにも大変参考になりますが、まずテーマカラーに何色を選ぶかですね。

2013年3月 7日 (木)

熱涙下る技術 【SONY WALKMAN NW-A846】

Dpp_3324
毎日欠かさず使用している電化製品と言えば。私の場合、iphoneとホームベーカリー、そして通勤時に必ず利用しているこのWalkmanでしょうか。

2時間毎日使用していますが、早朝はFMラジオ、車内ではノイズキャンセラーによる音楽で実に重宝しています。

しかしながら、SONYの得意分野であるスタミナバッテリーの持ちが最近めっきり悪くなってきました。フル充電しても2時間程の使用でほぼ空になります。確か30時間ほど持つ筈だったのですが、メーカーHPで調べると充電500回で交換時期と判明。

いつ購入したか覚えていませんが、既に1年は経過している筈なので、買い替え若しくはバッテリー交換時期。HP上では交換費用は4000円~15,000円と情報が錯綜しているので、家電量販店に持参する方が手っ取り早い。
Dpp_3325
さて、ではどんなバッテリーが内蔵されているのか、試しに開けてみました。すると基盤の一部の様に寸分の狂いなくリチウムイオン電池が格納。ハンダ付けされており、素人はとても交換出来る代物ではありませんでした。やはり日本のテクノロジーの推移には目を見張るものが有ります。

DIYでの交換は諦めましたので、保証書を探したところ、新宿のヨドバシカメラで2010.4.10に購入した事が判明。という事は既に3年近く使用している訳であり、バッテリーが今まで持って事を不思議に思わなくてはならない訳です。

しかも32GBもある大容量であり、現在販売されているモデルと機能は何ら変わりなし。万策尽きたiponeと同じく、Walkmanも革新的な新技術が一切生まれていなと言う事でしょう。

買い替えずに電池交換という選択を考えてみます。

2013年3月 6日 (水)

自粛

_11
昨日は啓蟄でしたが、すっかり春めいて来ました。

晴れ渡った日はロードバイクで颯爽と走りたいものですが、家を出る事を躊躇わせる花粉。

私のお客様にも花粉のシーズンは必要に迫られなければ、極力外出しないと言う方も結構存在します。

私は仕事柄外に出る事が多いのですが、マスクだけは必ず装備しています。今のところ、この対策だけで毎年シーズンを乗り切っていますので、私は花粉症ですが重症化は今のところしていないようです。

ただ、日中に長時間外出したり、ロードバイクで走ったりしようものなら、夜はくしゃみと鼻水で大変な事になります。日中に吸い込んだ花粉で、体が過剰に反応してしまう様です。

よって昨年から最も良い季節を走らない事に決めています。今年もGW開け頃までは走れませんので、家の中でせっせとローラー台を回して汗を流す事にします。

2013年3月 3日 (日)

ランス・アームストロング

L_armstrong

自転車乗りならずともランス・アームストロングの名は誰もが知っています。

母は17歳でランスを生み数々の障害から、、正しく二人三脚で世界の頂点す事になった矢先に癌を患い、再起不能とまで噂された彼が、不屈の精神で病を見事克服し復帰後、ツール・ド・フランスで7度の優勝を挙げました。

ランス・アームストロングをヒーローとしていた人、病を患い彼の様に不屈の精神で闘った人々も数え切れないと思います。私もそんな一人であり、彼を尊敬していました。

しかし、その栄光が全てが禁止薬物使用の成果であったとは。

陽性反応が出ず確証も掴めていない訳ですから、ドーピングの判定は白であったのに、何故今になって告白したのでしょうか。すでに2件の訴訟を起こされているランス・アームストロング氏が、更に2件の訴訟に直面する事にもなった様です。Dpp_3394

ツール・ド・フランス等の賞金、1200万ドル(約11億2000万円)の返還請求で訴えられているほか、9000万ドル(約84億2000万円)以上の賠償金の支払いを命じられる可能性も待っており、栄光も富も全て水泡に帰してしまう。

既に1998年8月以降の全記録の剥奪と、自転車競技からの永久追放処分を受けており、私も含めヒーローに裏切られた者は困惑するどころか、嘆き悲しむばかりです。

フォト
無料ブログはココログ