« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

没我

7
巷はGWにて各地の行楽地は混雑している様子。私の今年のGWは恒例の様に仕事が入っています、細切れでどうにか取得しようと考えています。

私にとって連休初日となった昨日の日曜日、まずは肩慣らしにハーフ走行に出ましたが、出走台数も実に多かった。この天気じゃ家でじっとしていられませんからね。
2
ホンダエアポートで折り返したので、本日は若干距離を延ばしてみました。するといつものルートに新たな道が。

舗装は至って新しい。さて何処まで行けるのか興味から道なりに進んでみました。
1
2kmほど行った所で舗装が終わっていました。徐々にこの道が延びて行くと思われますが、果たして何処へ続く道なのか完成が楽しみです。
0
本日は北風が強く往路に苦労しましたが、気分的には復路で向かい風に遭うよりはマシですね。強風の中、スカイダイビングが行われていたので、暫し休憩しながら空をな眺めていましたが、降下ポイントと着地地点を緻密に計算している様で予定通りの場所へ着地。

スカイダイビング一度やってみたいですね。申し込み方法等、今度調べてみようと思います。
3

正しく雲ひとつない良い天気。今年初めて夏仕様のレーパンとジャージで走行しましたが、実に爽快。レーパンの膝の僅かな抵抗が無いだけでも足が軽く回っている気がしましたが、単にオルカの車体の軽さが貢献しているだけかもしれません。

久々にオルカを出しましたが、先日のコルナゴとは比較にならないほど軽くて速い。コルナゴで日頃鍛え、カーボンでその軽さを実感する事は実に有意義です。
6_3
前回は計測不能であったハートレート。やはり原因は単なる電池切れでした。センサー故障でなくて本当に良かった。やはりモチベーションを保つために、心拍や消費カロリーは知りたいですからね。

走行距離 71.7km

平均/最大心拍 145/171bpm

平均/最大ケイデンス 77/98pm

平均・最高時速 26.8km/h・46.4km/h

走行時間  2:41

消費カロリー 1821kcal

消費飲料1.0L

2013年4月28日 (日)

リーガル・ハイ その2

Leaglhigh
我が家ではリーガル・ハイがブームになっています。先日もスペシャルが放送されましたので、家族揃って観ましたが素晴らしい出来でした。

私はこのドラマの存在は先週まで微塵も知らなかったのですが、妻子はTV放送の最終回から遡って数回観ていたようです。一度観たら、あまりの完成度の素晴らしさに感動したと。

苦手意識の強い”法”を分かりやすく、固いイメージをコメディで崩していますが、その崩し方も実にセンスが良い。大人も子供も楽しめる、今時珍しいドラマだと思います。

何より古美門研介扮する、堺雅人の超越した演技力が最大の売りですね。人物像の設定も配役も非の打ちどころが無い。私がこれまで知るTVドラマにおいて、リーガル・ハイを超えるものは有りません。

秋には続編が予定されているとか。TV離れが叫ばれている昨今、この様な質の高いドラマや番組が排出されれば、その存在意義は十二分にあると思います。

2013年4月27日 (土)

スガシカオ

41npdvmkkll
長い通勤時間を楽しむために、ラジオ、書籍、雑誌、英会話と色々嗜好を変えて工夫しています。

職住近接は理想ですが私の場合、ドアツードアで1時間半、往復に3時間も費やしています。一日24時間ですから通勤に8分の1も浪費している計算になりますが、この3時間も工夫次第で楽しくなる。

往路はラジオを聞いて、日経新聞を読破し、時間が余れば産経のオンラインでヘッドラインをチェック。概ね1時間半がこれで終了。

復路は趣味の時間として雑誌を読みながら好きな音楽を楽しみますが、新たな情報をこちらか取りに行かないと、いつも聞きなれた曲ばかりになり発展して行かない。

つい先日ラジオで聞いた”スガシカオ”の曲がいたく気に入り、早速TUTAYAに行ってアルバムを4枚ほど借りて来ました。スガシガオ?スカシカオ?とろくに名前も知らなかったのですが、突然ファンになってしまいました。この人の音楽のセンスは素晴らしい。

日本のJ-POPも捨てたもんじゃありませんね。

2013年4月26日 (金)

クロスオーバー用 MINI レイ アクセサリー・パッケージ

551617
クロスオーバー用のMINI レイ アクセサリー・パッケージが販売された様です。価格は4万6000円(取付工賃別)との事。ミラーキャップ、サイドスカットル、ストライプまで含まれての価格なのでお得なのかもしれません。

黒いボディにはカラーが映えますね。私の白黒車両に更なる色を入れると結構煩くなるので、ミラーのワンポイントで良いかと。
551618
基本色は4色有る様ですが、色が変わるだけでイメージが随分異なります。ピンクが飽きたらさて何色にしようかと思案中です。

551615
この車両はルームミラーも同色ですね。そもそもこれはJCWのエアロでしょう。

2013年4月24日 (水)

缶コーヒーのおまけ 110thアニバーサリーその後

Dpp_3561
試しに一本買ってみた”おまけ”の出来があまりに良かったので、自宅の最寄り駅のコンビニに立ち寄ってみましたが一本も販売されておらず。

ネットを見ると、このおまけの精度が高いので、週末に大人買いに走った”大人”が多かった様子。「数軒回って漸く全種類が揃いました」等々、親父達のコメントが載っています。

もはや売切れ御免なのか、その真偽を確かめるべく車で深夜のコンビニへ。セブンイレブンで2本獲得。サンクスで3本獲得。ファミリーマートは2件訪れて収穫なし。

店員さんに在庫を尋ね倉庫を探してもらいましたが、おまけ付きの商品はどこのお店も品切れでした。

有るだけ購入して来ましたが、果たしてどの車種が入っているのか?

2013年4月21日 (日)

B級グルメ

Dpp_3328
我が家のB級グルメ。

親戚が集まると私の母に「いつもの旨い焼きそばを食べさせて」とせがまれ、振舞っていた事を今でも覚えています。

確かにお袋が作っていた焼きそばは旨かったなと、この年になっても思い出しますが、既に亡くなって15年も経過しているので今更レシピを尋ねる訳にも行かず。

記憶を辿ると、中華鍋に油を敷いて~とおぼろげながらに見えて来ました。

回を重ねるごとに上達した様で、休みなると家族の要請を受けて焼きそばを振舞う事になりました。

すっかり我が家のおやじの味は、いつしか母の焼きそばが継承されている構図を面白く思います。

2013年4月19日 (金)

セルフレジの是非

Img_1110
スガシカオのCDを借りる為に久々にTUTAYAを訪れたのですが、支払いをしようとすると風景が違う。今年のお正月に訪れた、TUTAYA代官山と同様にセルフレジが導入されていました。

家族一同面食らい、これは一体どうやって使うの??と試行錯誤しながらレンタル希望のCDやDVDをバーコードに読み込ませて行きました。最初確度が分からず、何度当てても読まないので店員さんにレクチャーを受け解決。

計9枚を読ませ支払い決済し終了。

これ機会に疎い人や高齢者には使いこなせません。CCCが機会の導入資金、運用経費と人件費をち密に計算した結果出した答えがこれなのでしょうから、人件費削減に相当貢献するのでしょうが、これが嫌で客離れが進むのではと危惧します。

今回真面目に9枚カウントして支払いましたが、8枚しかカウントせずに1枚をちょろまかして持ち出せるのでは??とも考えましたが、出口のセンサーできっと感知されて終了なのでしょう。

それにしてもセルフレジって、無味乾燥で実に寒々しいシステムですね。こんな世界が広がれば誰とも目も合わせず、言葉も交わさないで一日が終わる日々が到来してしまう。雇用も奪い、人との僅かな関わりを失わせるこのシステムに私は反対です。

2013年4月17日 (水)

秩父 手打ちそば武蔵屋

Dpp_3510
期待していたメインイベントとなるお店が無くなっていたので、前回駐車場が満車で入れなかった”手打ちそば 武蔵屋”さんを訪れました。

雨上がりの15時だったので、お客は我々のみ。
Dpp_3509
貸切の様な状況にて座敷でおそばをいただく事にしました。築100年近いのかもしれませんが、古民家を上手く活かした店づくりになっており、妙に落ち着いてしまいます。

照明も懐かしい電球むき出しの傘型。全てがLED化されてしまって良い物ではありません。

Dpp_3513
大きな合掌作りの素敵な建物です。植え木の配置もなかなか工夫されており、建物との調和が絶妙だと思います。
Dpp_3512
肝心なおそばですが、これがまた絶品でした。バーベキューを食べて、まだまだお腹がこなれていませんでしたが、家族揃って一枚ずつおそばを平らげてしまいました。

さすが秩父でいくつもお店を構える老舗だけの事はあります。
Dpp_3514
秩父はまだサクラが残っていました。駐車場に佇み暫し家族でお花見気分を味わう事まで出来ました。

2013年4月15日 (月)

シーズン到来

2
花粉も漸く治まったので再びロードバイク始めました。何と最終走行は1月12日で3ヶ月振りの走行になってしまいました。どうりで胴周りの肉が弛むはずです。

四半期ぶりの復帰戦はいきなり強風走行。ホンダエアポートまでのハーフ走行でしたが、存分に砂埃を浴びました。

そして今時分のウエア選びは微妙ですが、本日のロディ諸子のウエアは、まだ冬使用だったり、一気に夏仕様のレーパンにジャージだったりと千差万別でした。私はジャージにアームウォーマーとレッグウォーマーで微調整。
1
何事も久方振りと言うのはトラブルが付き物。ハートレートの心拍計の電池が切れたらしく、今回の走行では心拍は常に「00」状態。確か交換したばかりの様な気もするのですが、思い違いだったでしょうか。

突然切れるので、欲を言えば事前告知機能などが欲しいですね。
3
遡上する鯉の様に、向かい風に向かってひたすらペダルを漕ぎましたが、この辛さが自分との闘いであり、意外な快感であったりします。息が上がって非常にキツイ状態でありながら、ついニヤリと笑ってしまう妙な自分。ドーパミンの影響かもしれません。

鬱にならない人は、趣味を多数持っており、それが気持ちの切り替えに作用しており、おりの様に溜まっていく疲れやストレスを解消する様です。私にとってロードバイクはやはり最高の”薬”。確かに仕事の疲れも苦悩も、全て完全にリセットされます。

走行距離 55.9km

平均/最大心拍 0/0bpm 計測不能

平均/最大ケイデンス 68/98pm

平均・最高時速 26.1km/h・48.3km/h

走行時間  2:08

消費カロリー 0kcal 計測不能

消費飲料1.0L

2013年4月13日 (土)

リーガルハイ

M0439267501
一度ツタヤに行ってしまうと、返す度に次を借りてしまうので、延々借り続ける構図に陥ります。

贖罪に続いて、家内がリーガルハイなる続編6枚のDVDを借りました。

贖罪は3枚でしたが、リーガルハイは6枚。昨年放映されていたTVドラマとの事だったので、まあ期待しないで観てみましょうとまとめ借り。

贖罪もあまりに面白く一気に観てしまいましたが、このリーガルハイもTVドラマ以上のクオリティであり、2日間睡眠時間を削って一気に観てしまいました。

堺 雅人氏の演技の上手さは、これまでも様々な映画やドラマで知っていましたが、このドラマでは群を抜いています。活舌、台詞の長さ、感情移入、どれも超一流で日本人の俳優では彼に勝るものは無いのではないでしょうか。

ドラマの中ではタイトなスーツを身に纏っているので、妙に痩身に見えたので調べてみると、身長172cm、体重60kg。どおりで私とほぼ同じ体形でした。

2013年4月11日 (木)

杞憂

Rtr201212090004
北朝鮮の動きがこれまでと異なるので、新聞、雑誌、TV報道やWEBなど得られるだけの情報を頭に入れて考えてみると、杞憂に過ぎなくとも備えはしておこうという事に行きつきました。

平和ボケした日本人はまさか自国に核弾頭が飛んでくるなど、微塵にも考えないでしょう。震災で学んだように、想定外は常に起こると言う事。

市ヶ谷に配置されたPAC3は全く役に立たないと思われますが、国民にそこに迫った危機を知らしめる僅かな役割は担うのでしょう。

震災から2年が経過し、非常時の水や食料、家族との連絡等、これを機に見直してみてはいかがでしょうか。幸いにして日本に直接弾頭が飛んでこなくても、米韓が北朝鮮と開戦すれば対岸の火事では済みません。

私は昨日の休日を利用して、不足していた備蓄用の食料や生活用品を3万円、車のトランク一杯購入して来ました。有事の際には最低1ヶ月、生活出来る食料や水が必要です。

2013年4月10日 (水)

時勢

Dpp_3507
今回の秩父散策のメインはこのお店!、の筈でした。

昨年MINIとのお別れに、急遽様々な場所を巡った際に偶然訪れたこちらのお店は残念ながら亡くなっていました。

車で建物を確認して、ここが案内したかったお店だよと言った途端、建物は変わらず佇まいを保っているものの、内部ががらんどうになっている事に衝撃を受けました。

車を降りて中を覗いてみるとこの看板が。Dpp_3506
オーナーが変わり模様替えの真っ最中だった様です。子供達にお店の造りや提供される料理の美味しさを感じてもらおうと連れて来たのですが、その夢は絶たれました。

素敵だから残してと言うのは外野の意見。

何の本だったかこういう事が書かれていました。図書館は住人にとって必要だから廃止市内で欲しいと住民が叫びます。では、行政がつまり住人の皆さんが一体図書館の為に一体幾ら払えますか?と金額を徐々に上げて行って挙手願うと、皆100円から500円以内でそれを超えると誰も手を挙げ無くなるそうです。

実際図書館は厳密に計算すると、利用者貸出し者一人当たり1,000円もお金が投じられているそうです。この現実を伝えると誰しも存続ばかりをはやし立てなくなる。

自分の好みのお店が無くなってしまう事は誠に残念ですが、経営者なりの諸事情が有られてのこと。そのお店に出会えた喜びを思い出にする事が重要かと。

Dpp_3508
少し離れた民家。こちらも何方が住まわれているのかは存じませんが、一昨年一目見て千と千尋を思わず思い出してしまった、インパクトのある戸建。

今時、この様な凝った障子(ガラス戸)を作れる職人さんはいません。重要文化財級の建物だと私は勝手ながら思っています。

2013年4月 8日 (月)

梵の湯

Dpp_3505
いちご狩りの次は腹こなしの為に温泉に。

ネットで見つけた”梵の湯”へ。秩父駅から約7kmほど東京寄りに存在します。

初めて訪れましたが、館内は大変清潔でロッカーやマッサージ器等も十分に完備されています。入浴料は大人750円と良心的で、マッサージ機も100円という誠実さ。

肝心のお風呂は室内と露天が有り、先日のすし詰めの”もえぎの湯”と比較すれば随分と広く、露天は川の流れを眺める事が出来ました。ただこの日は酷い雨だったので、濁流でしたが..。
Dpp_3504
広くて快適に過ごせるのですが、お湯質が誠に残念でした。鉱石を入れていると謳われていましたが、無色透明で無臭なため、いわゆる温泉気分は全く感じられません。温泉は環境も大切ですが、やはりお湯質が最重要なのだと、改めて感じさせてくれました。

また、意味不明な大きな掲示が露天風呂脇に掲げられており、これはなぞなぞなのか?と暫し何度も読み直してしまいましたが、これは私の読解力の無さなのか、訪れました際には皆さんも一度拝読下さい。

ただ、ゆっくりお風呂に浸かって、家族揃ってマッサージ機に癒され、休憩所でゆっくり寝てと実に快適に過ごせました。お湯質だけが...。残念です。

2013年4月 7日 (日)

小松川レジャー農園2013

Dpp_3496
雨降りしきる木の子茶屋の駐車場を出て、付近のいちご狩りののぼりが出ている農園を覗いてみましたが、いずれの農園も休みの看板が立ったまま。

晴耕雨読、農家は雨が降ると皆さんお休みの様です。

仕方が無いので例年訪れている小松川レジャー農園へ電話を入れると、こちらは営業中との事。予約が出来なかった旨を伝えると、摘めるいちごの量が少なくて予約が受け付けられない状況だったとの事。

予約無しで行っても差し支えないとの事なので、早速ナビ検索を行うと僅か5km程の距離でした。

Dpp_3494
お昼を別で食べる予定だったので、いちご狩りだけを希望しましたが、バーベキューとセットでないと受け付けていただけず。大人4名で\10,800也。家族でのイベントは何かとお金がかかります。

さて肝心のいちごは確かに話が有った通り、熟している物が少なく糖度も低いので少々がっかりでしたが、諦めない我々はお腹がはち切れんばかりに30分を堪能させていただきました。
Dpp_3499
雨なので当然訪れる人々はまばらで、園内は実に寂しい状況でした。楽しみにしていた釣り堀も山からの濁流で、メコン川の様な状態になっていました。

Dpp_3500
めげない我々は見晴らし台まで山を登り、セメント工場から立ち登る煙を暫し眺めていましたが、実に寒く早々に下山しました。
Dpp_3502

体を温める為にバーベキュー。毎年一切変わらない内容なのですが、変わらない日常が実は幸せなんだと、家族一同つくづく感じたいちご狩りでした。

2013年4月 5日 (金)

お食事処 木の子茶屋

Img_1118
毎年訪れている小松川レジャー農園のHPを拝見すると、4月3日は予約が取れない状況。平日なのにこの活況は果たしてどういう訳かと思いながらも、予約が出来ないのでは仕方が無いので、付近でいちご狩りの出来る場所を検索。

”お食事処 木の子茶屋”というネーミングの施設を見つけたので、こちらに伺う事に決定。

国道から急な山道を登った先にその小屋は有りました。が、10時過ぎに到着したにもかかわらずご覧の様にCLOSE状態。

定休日は木曜日なので閉まっているはずもなく、店先に休館と表示された看板も無い。

お店に電話をすると「はい」と初老の女性の声。

私「そちらは木の子茶屋さんですか?」、店「ええ、はあ」、私「今日は休みではないですよね?」、店「ああ、雨が降ってるから休みにしたの」、私「.........。」

という具合で、吹雪く山道を登り、漸く辿り着いたゲレンデは強風で休みという、過去の辛い思い出を彷彿とさせる出来事を思い出させてくれました。

木の子茶屋さん、末長くお幸せに。

2013年4月 4日 (木)

土砂降りの秩父

Img_1116_2
早朝から土砂降りだった昨日。普段なら雨天中止にする我が家のレジャーでしたが、家族全員が唯一揃う春休みの貴重な一日だったため、土砂降り決行で秩父に足を伸ばしました。

土砂降りでも楽しめる秩父?また改めてご紹介させていただきます。

2013年4月 3日 (水)

代弁者

Img_1111
私は武蔵野線と言う、かつては貨物車両ルートだった大変ローカルなJR線を日々利用しています。そんな武蔵野線は40周年らしく、駅の改札前にポスターが貼られていました。

電車を降りたので、このポスターを眺めながら仕事の電話をしていたところ、非常に面白い事に気付いてしまいました。
Img_1112
学生さんでしょうが、小さく赤いボールペンで「風で止まんじゃねェ!」と書かれていました。もちろん落書きを推奨するつもりは毛頭ありませんが、このセンスに痛く共感してしまい、思わず撮影した次第です。

武蔵野線は風に弱く、このシーズンしょっちゅう止まるのです。この人もきっと「また止まったよ...。」という落胆のもとでこの文字を書き込んだのでしょう。全く私も同感です。代弁ありがとう!

フォト
無料ブログはココログ