« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

定期購読の落とし穴 日経ビジネス

0018dsc02280

かつての上司が日経ビジネスを定期購読しており、たまたまいただいた一冊が非常に面白かったので、3年の定期購読申し込みを5万弱の費用で依頼しました。

0021dsc02283

気のせいか冊子が送られてくる度に薄くなり、内容も益々詰まらなくなってきました。

0022dsc02284

何とこの号についてはフリーペーパーの如くペラペラなので、最終ページを見ると98ページ。100ページにも満たない内容なのに従来通りの価格。お値段据え置きですが内容量は減っていますとでも言いたいのでしょうか。

しかもこの98ページにしても、妙に大きな写真を掲載したり、不要な格言のみをピックアップしたページだったり。そもそもこんな薄い雑誌に目次にページを割く必要は無いでしょう。

0023dsc02285

読者を舐めきった内容なので即刻解約すべきところなのですが、定期購読であるためそれも出来ず。まだ1年半こんな雑誌をとり続けなければなりません。

0025dsc02287

98ページで690円。単純に1ページ当たり7円とは素晴らしいコストパフォーマンス。

定期購読でもしていなけば、こんな内容の無い雑誌を購入する人は存在しないでしょう。因みに最近は98ページに統一化された様で、毎度薄い雑誌に不要な関連雑誌が同封されていたりします。

携帯電話の如く勝手に自動更新されてしまうので、購読期間終了を決し忘れずに解約しなければなりません。

2014年4月29日 (火)

初夏の陽気

0004p1130788

最高気温24℃で4月末だというのに初夏の様な陽気ですね。今年初めてレーパンとジャージだけで走行しましたが、湿度も低く実に快適。

前回は南下だったので今回は北上にしましたが、手強い南風に復路では苦戦しました。

0005p1130795

久し振りの北上ルートでも工事中。毎度毎度良く迂回させられますが、その先の案内が無いのでどこを走っているのか分からなくなります。全く不親切ですね。

0001p1130779

適当に方位を定めて走っていると鉄骨がさび付いたビニールハウスが。

0002p1130781_2

2月の大雪でやられた様で復旧せずに放置されたままになっていました。ハウス内ではイチゴが疎らに色づいていましたが、今年は収穫を放棄した様な状態に。

知り合いの外構業者さんの話では大雪で倒壊したカーポートが実に多く、生産が間に合わなかったのですが、漸く5月から交換作業が始められると言っていました。

0003p1130785

何と本日もハートレートモニターが40km付近で電池切れ。これで3回連続ですから、もはや電池切れではなく、心拍センサー自体が故障しているとしか思えません。

通常電池切れでも00カウントから復活したりという動作が出ますが、エラー表示が出たら00になったまま微動たりとも計測を行いません。帰宅してPCにてチェックすると何故か140ほどで継続心拍になっていました。

月一走行程度で故障されては割に合わず買換えたいところですが、4万以上するハートレートモニターですから、再びポラールジャパンに問い合わせを行ってみましょう。

 

2014年4月28日 (月)

携帯会社のあくどい商法 vol.2

0001dsc02333

昨日の話にはまだ続きがあり、家内のiPhone4Sも解約予定なので、同時にこちらの解約用紙も示したところ、何とこの契約の解約には6万以上の解約料が必要との事。

何故それだけ高額の費用が掛かるのか。

その理由を尋ねると、「最近機種変更をされたので、その本体台が残っているのです」と涼しい顔で言われました。

もしもし、この携帯は既に1年以上前に更新した物であり、御社で言う”最近”とは一体どれだけの期間を示すのか言ってみなさいと思わず口をついて出てしまいました。

自宅に戻ってからソフトバンクの料金サイトでこの携帯の支払い状況を調べると。

基本料金 ¥934

パケット料 ¥4,200

通話料 ¥300~\1,200

オプション ¥1,234

そもそもこのオプションって何。家内に聞いても当然知る由も無し。

この4Sに機種変更して既に一年以上が経過しているのに、携帯本体分が全く引かれずに丸々残っているのはどうして。

携帯電話なんてこんなものなのでしょうね。料金の内訳も良く理解せずに、「毎月だいたい7000円前後かな」と私も言っていましたから。

とにかく早くソフトバンクとは縁を切りたいので、6万だろうが支払って解約するつもりです。大変痛い勉強代ですが。

2014年4月27日 (日)

携帯会社のあくどい商法

1q

我家の2台の携帯電話をMVNOへ移行し、全く問題無く利用できる事が判明したので、早速ソフトバンクに出向いて解約を申し入れました。

これまでソフトバンクの窓口対応がいずれも悪く、最寄り駅、H駅、S駅、M駅と4店全てで不快な思いをして二度と行かないと決めています。

この4店以外として、仕事先の最寄り駅で見つけたショップに入り、解約を申し入れると違約金が発生すると言われました。

01_spx600

話を聞くと、年間割引が自動更新されているので該当機種2台とも¥10,800相当の費用を支払う事となり、合計¥22,000ほどの費用が必要であると。

ではどのタイミングで解約すればこの料金がかからないのかと問い詰めると、こちらの1台がいつ、こちらの1台がいつ、しかしこちらは2年割で、こちらは...と全く妙な仕組みで縛りを設けており、結局理不尽な解約料を支払わなければ解約させませんという構造。

契約の際には何割がお得だ、本体価格が分割でこちらの割引きで相殺できるなどと、長ったらしいうまい話ばかりを羅列して、解約金に関しては2年間は解約すると違約金が発生しますからと言っただけ。自動更新など聞いておりません。

02_spx580

私以外にも頭に来た人が膨大にいらっしゃる様で、携帯電話 解約金と打込むと実に膨大な情報が出てきました。

携帯会社はあれだけ派手な宣伝広告を打っても儲かるのは、この様な絶対に儲かる仕組みを巧妙に構築しているからであり、大変賢い企業なのです。

ユーザーはもっと勉強して騙されない知恵を持たなければなりません。

2014年4月26日 (土)

CON 050plusの音質

Main_img

MVNOスマホはデータ専用であり音声通話無しで良いと当初は考えていましたが、実際利用してみるとやはり有るに越したことはないと感じました。

メール送信時間が無く電話の方が早かったり、メール送信後確認連絡、緊急連絡など月額300円なら加入しておくべきだと。

OCNの場合、同時加入だと今年9月までは月額150円。結局家族全員4台分全てに選択しました。

Fig_01

従来のスマホでは通話料金は大変高額でしたが050は大変割安。私の場合、iPhoneからの電話は極力控えていましたが、050であれば固定電話よりも料金が安くなります。

但しこれには落とし穴があり、050であるIP電話は電波の強さも音質も劣ります。昨今改善されているのかと思いきや実際に使用してみると、ひと昔前の携帯電話の様で閉口します。回線が集中する繁華街等ではプツプツ切れたり、音声の聞き取りずらさの症状が顕著に表れますが、価格なりとして割り切るしか有りません。

音声通話機能の無いスマホを持つ事は心許ないですから。

そして4台の050plusの登録をしていて気付いたのですが、「お友達紹介コード」、という記載項目が有り。登録が終わって調べてみると、ここにコードを記載すると、登録者、紹介者共に抽選でプリカが貰える事が分かりました。地味なキャンペーンなので調べても良く分かりませんが。

【おトクなお友達紹介プログラム情報】
お申し込みの際「各種コード」の「お友達紹介コード」欄に「101HRK80」を記載してみて下さい。

このコードは私の登録コードですが登録者にも特典が有ります。少額プリカですが、当選の暁には当ブログに紹介させていただきます(笑)

2014年4月25日 (金)

MVNO事業者 OCNがお勧め 実際の購入カード

0011dpp_0410

こちらが実際に購入したSIMカード4枚。この様な市場が確立されていたとは先日まで一切知りませんでした。

0018dpp_0417

何を購入したら良いのかも分からず「迷ったらこれ」という謳いに乗り、最初に購入したのがこちら。

LTE対応 OCNでは最安プランの月額980円。SIMカード価格はアマゾンにて¥2,700。

初めて購入したのでどの様な仕組みか分かりませんでしたが、同封のSIMをカードから千切り取って携帯へ挿入。同封カードの登録番号を打ち込み、希望プランを採択し、クレジットカード番号を記載して終了。

SMS付カードでは有りませんでしたが、項目選択で何故か選択出来ました。今になって思えばSMS機能付きのSIMカードでなければ選択できなかったはずなのですが。そしてカードサイズが有ることを後に知り、カットする羽目に陥りました。

【項目選択】

・50MB/日

・SMS有り

・050plus加入

0016dpp_0415

次に購入したのがこちら。教訓を生かしてマイクロSIM。

LINE利用の為にSMSが必須となりますから対応カードを選択。アマゾンで¥3,160と、SMS付がスタンダードだからなのか、カード価格は僅かながら高目。

【項目選択】

・それぞれ50MB/日、80MB/日

・SMS有り

・050plus加入

0017dpp_0416

最後に購入したのがこちら。050plusがセットとなっているカード。

既にOCNに30MBの選択肢が無くなっており、050plusはどのカードでも選択出来るので、このカード表記は意味を持たない。よってアマゾン価格は¥1,300と他カードの半額。しかし送料別で¥515が必要でした。

【項目選択】

・50MB/日

・050plus加入

このカード登録ではSMSの選択肢が無かったのでLINE登録出来ず。困った挙句奥の手を使って登録しましたが、SMS付を購入すべきでした。

結論としていずれのカードを購入しても、コース選択は行えるのでどれを選んでも同じ。050plusも同様なので無視して良し。SMSはLINE登録などで必須となりますから、この機能付きカードにすべき。

ですからOCNであればSMS機能付きで、念のためLTE対応ならどのカードでも変わらない事になります。この3種で言えば最も価格の高い¥3,160という結果に至ります。価格なりの理由が有った訳ですね。

 

2014年4月24日 (木)

MVNO事業者 OCNがお勧め

Img_column2_06_trp01

調べてみるとMVNO事業者は群雄割拠、実に様々な企業が参入しており、最近ではイオンやビックカメラも加わり、一気に普及するとともに価格も各社睨み合い、今後も僅かながら下がっていくものと思われます。

それにしても事業者、契約形態、カード種類と何をどう比較すれば良いのか実に迷いますが、私なりに調べた結果を申しますと、事業者の信用力や利便性、価格を総合してNTTコミュニケーションズのOCNが最良の選択だと思われます。

既に2台の携帯にOCNのSIMを採用しましたが、実に快適で全く問題ありません。

契約形態は一日で50MB、80MBのプランにしましたが、この容量を超えてもスピードが落ちるだけで打ち切りにはならないので気兼ねなく使用出来ます。

また電話は必須なので050plusの契約も必須となりますが、OCNで同時申し込みだとキャンペーン中なのだとかで、基本月額料金300円が半額の150円になるとの事。

たまたま知らずに同時契約したのですが、たかが毎月150円でも塵も積もればで、安価に抑えたいMVNOであれば尚更有難いサービスです。

実際にに選んだカードは明日ご紹介させていただきます。

2014年4月23日 (水)

川越 vol.3 蔵づくりの町並み

0009dpp_0369

こちらが川越のメインストリート「蔵づくりの町並み」。通りの両側に趣のある建物が並びます。時代を経て存在する建物と、新たに調和させて建てられた建物が混在していますが、上手くバランスが図られています。

0011dpp_0371

素敵な裏路地も存在したりします。

0013dpp_0373

お昼は何にしようかと検討するだけのお店が存在します。千葉の佐倉とは雲泥の差。

予備知識なく入ったこちらのうどん屋さんは絶品でした。これから我が家はこのうどんを食しに川越を訪れることになりそうです。

0016dpp_0376

春休み期間中の平日でしたが、それなりの人出有り。週末はかなり賑わうのではないでしょうか。

0015dpp_0375

こちらで数本買い求めたお醤油は深い味わいが有り重宝しています。お土産にお勧め。

0029dpp_0389

博物館から駄菓子屋横丁、蔵づくりの町並みを抜けて歩くだけでも半日以上が必要。ぶらぶら歩いては食べてと、実に川越は面白い町です。

0030dpp_0390

レンタサイクルも市役所で借りられる様子。こちらを活用して川越を隅々まで散策するのも楽しいかもしれません。

都心からこれほど近くに面白い町が存在します。是非一度足を運んでみて下さい。

2014年4月22日 (火)

川越 vol.2 菓子屋横丁

0024dpp_0384

何なんだろう。川越は想像以上に不思議な町です。

0019dpp_0379

子供は興味が無かったのですが、私が訪れたく駄菓子屋横丁なる通りを目指しました。

0020dpp_0380

今でも当時と商品構成は変わっていません。パッケージもほぼそのまま。40年近く同じ駄菓子が流通している事に驚きを隠せません。

しかし当時10円で店主のジジババから買った駄菓子が、3倍の値段で販売されています。少々ぼったくり感が有りますが、大人は目を瞑って買ってしまう訳です。

0022dpp_0382

懐かしい。指につけて指を離すと煙の様な怪しい繊維が飛ぶ、無意味な玩具。まだ売っているのですね。

0023dpp_0383

妙な動物の造形が置いてあったりと、何だか統一感が無いものの賑やかな通りです。

0026dpp_0386

ぎんなん?らしいです。

0028dpp_0388

平日ですが春休みだったからか活況でした。せんべいやらたい焼きやら、思わず買ってしまう露店も有り、買い食いが続く通りです。

昔はこんな路地裏が良くありましたよね。

2014年4月21日 (月)

川越 vol.1 川越博物館

0001dpp_0361

東京近郊の散策もネタが無くなってきており、さて何処に行こうかとスマホでマップをぐりぐりしていた所、川越の文字が見えました。

調べてみれば、我が家から僅か18kmの距離。MINIのカバーを外す手間も面倒なので、N-ONEにて初めての遠出?を敢行。幹線道路で大型トラックの前を走る時など、生きた心地がしませんでした。

0002dpp_0362

川越資料館に駐車。中学生は無料なので大人二人分の料金、僅か¥400を払って入場。巨大な箱モノに川越市民の怒りを感じましたが、館内はそれなりに充実しており、川越を見直す契機になりました。

もともと川越は城下町だったのですね。

0003dpp_0363

縄文式土器や遺跡まで並べられています。川越は貴重な文献や文化遺産が残る歴史ある町の様子。空襲を免れたからなのでしょうか。

じっくり館内を見て学ぶと半日を要しそうですが、時間の無いこの日は足早に1時間ほどで退館。大人200円ですからまた改めて訪れようと思います。

0005dpp_0365

川越城のお堀跡が残されています。皇居もそうですがお堀は実際にこうして見ると、容易く人馬で踏み込めません。落城が難しかった事が良く理解出来ます。

0006dpp_0366

町に踏み込むと、東京たてもの館に移築されていた建物と同型の佇まいが。もともと釣具店だった様ですが、お洒落な喫茶店にリニューアルされています。実に味が有って素敵です。

0007dpp_0367

思わず立ち止まってしまった牛乳屋さん。普通に営業しています。

私が子供の頃は、この様なお店にお使いに出され牛乳を買い求めたものです。この独特の造りに思わず昔がフラッシュバックしました。

0008dpp_0368

店頭に無造作に張られたポスター。なんとSMAPの20年以上前のポスターです。デビュー当時は6人でしたね。皆中学生ではないでしょうか。

一体いつからここに貼られているのか。ファンが持って行ってしまいそうですが、マグネットで押さえているだけという大らかさ。

川越、ディープな町です。

2014年4月20日 (日)

MVNO導入 vol.3

0002img_1744

さてSIMカードと本体が揃いましたが、カードのサイズが合わないので当然使用出来ず。

新たなカードを買うのも無駄であり面倒なので、たかがカードでありカット出来ないか調べてみると、皆さん同じく失敗されている様で、テンプレートがフリーでダウンロード出来ました。

型紙に合わせてカットしてマイクロサイズへ加工しましたが、所要時間30分で完成。

さて果たしてこのカードは機能するのか、そもそも購入した携帯本体はSIMロックが外されているのか、半信半疑のままいよいよSIMカードを挿入にて電源投入。

しかし。

Wifiによるネット利用は可能であるものの携帯としては機能せず。

散々設定を変えたりと2時間ほど手を施しましたが一向に開通せず断念。

SIMカード、携帯本体にも明確な説明書きは無く、メカ系に明るくない人はMVNO導入の際、まずこの設定が壁になると思われます。結局、webサイトで設定方法を見つけ、掲示通りに打ち込み漸く開通出来ました。

OCNの970円コースでは音声通話が出来ないので、050plusを別途申込み。アプリを開いて電話を掛けるひと手間が加わりますが、バカ高いスマホの通話料より格段に安い。

スマホだとプランによって髙いのか安いのか良く分かりませんが、およそ30秒21円。050plusだと一律携帯にかけて1分17.8円。固定電話だと3分8.6円。324円の毎月の使用料は必要ですが、やはりスマホには電話機能も持たせておくべきでしょう。

2014年4月19日 (土)

MVNO導入 vol.2

0003dsc02330

私の場合カードを先に購入し、何となくSIMの構造が理解出来たので、白ロムとかつて呼ばれていた中古流通携帯電話を探すことに。

しかし誰が使っていたかも分からない携帯を使うことに強いアレルギーが有るので、新品の携帯は無いものかと探したところ、何故か普通にアマゾンでも販売している。

ショップが横流ししているのか分かりませんが、ドコモのロック解除済み携帯の未使用品が何故販売されているのか?しかも国内仕様。

ただ、型落ちの携帯電話ですからほぼ捨て値。これを2万以上で売り捌けるのですから、うま味は十分であり一儲けされている方もきっと多い事でしょう。

0004dsc02332

MVNOはドコモの回線を使用していることから、ソフトバンクやauではなくドコモの本体が望ましいとの事。そこでドコモの本体に絞って調べてみると、ほぼXPERIAになりますが、iphoneしか知らない私はXPEIRAのシリーズの多さに困惑し、適度な価格のSO-O4Dを選択。

XPERIAでもその差は大きく、2万から5万を超える物まで様々。価格が高い物が当然人気機種であり、現行型に近いという事でしょう。

0007dsc02337

本体価格¥25,800。開封するまでは中古なのか新品なのか、展示品なのか一抹の不安が有りましたが、外箱は汚れているものの完全な新品未使用品でした。

同封されている注文書と言えば、説明書きの文面も実に妙であり、リスクヘッジの文言が羅列されていました。訳アリという事が十分伺えます。

キャリア3社の牙城を崩しかねないMVNOは、通信業界の隙間産業の様相ですが、勉強したユーザーが自ら無駄な機能やサービスを排除出来る事は実に望ましい。

2014年4月18日 (金)

MVNO導入 vol.1

0009dsc02323_2

ソフトバンクのiphone3を、未だに操作スイッチが壊れたまま使用しています。

アップルストアにたらい回しにされ、ソフトバンクの窓口では散々待たされた挙句、時間切れで機種変更出来ず。高い使用料を払っているにもかかわらず、携帯電話会社はなぜこれほどまでにサービスが悪いのか。

このまま携帯会社に主導権を握られないために、何か策は無いものかと色々勉強してみました。

そこでたどり着いたのがMVNO。

本当に月々980円でスマホが持てるのだろうか。先日購入したソフトバンクのプリペイド携帯の如く、とんでもない落とし穴があるのではないかと疑心暗鬼で事を進めました。

まずは百花繚乱の如く存在するMVNOの会社から、NTTコミュニケーションズ OCN モバイル エントリーdのSIMカードをアマゾンで購入。¥2,700也。

まずはこれが第一ステップ。

0001img_1743

しかしこのSIMカードは大きさが3種類。知らずに購入したこのカードは標準サイズで最も大きく、続いてマイクロ、ナノと小さくなって行く様です。

今どきの携帯電話でこのサイズのカードが入るはずもなく、ハサミで切ってヤスリで削ってマイクロサイズにしなければならず、出だしで躓くことになりました。

2014年4月17日 (木)

自転車用工具

Dsc00508
ロードバイクは最低限のパーツで組み立てられていますが、振動によりビスの緩みや脱落があり、定期的な点検は欠かせません。

そして、ワイヤーやチェーンなどのメンテに専用工具が必要。

Dsc00510
箱一杯になった工具を並べてみると、これが全てではない事が改めて分かりました。

バイクを組み立てる度に、余った部品と共に保管してしまっているので一度整理しなくては。果たして何処にしまってしまったものか。

2014年4月16日 (水)

ホンダ コンセプトモデル「NM4」

0321142014hondanm4vultusconceptf633

AKIRAやFREEDOMに登場するようなコンセプトバイクがホンダから公開されましたが、こんなデザインのバイクが日本の道路を走ったら、少しはSFチックな近未来感を思い描いてしまうかもしれません。

と、このブログは発表された翌日に書いていたものなのですが、何と4月21日に販売されるのですね。今更ブログを修正するのも面倒なので、以前に書いたまま掲載してしまいます。

Dc4c8921

メカメカしくなく表示は至ってオーソドックスなので、このまま市販化される可能性は高いですね。メインキーが旧態依然なので、スマートキーやカードキーにしてはいかがでしょうか。

D049fd15

AKIRAを彷彿とさせますが、スクーターとアメリカンの中立ポジション。

89c77bde

リッターバイクの様な極太タイヤ。最低でも750ccの排気量ではないかと思われますが、何故かチェーン駆動。

4116f447s

正面のデザインは今一つですね。

Ee66623f

対してスズキのコンセプトバイク 「G-Strider」

Suzukigstrider200401102bz8

ん?

C1313284

スズキのデザインの方が優れていませんか。

スズキのこのバイクはフレームやフロントアームの形状が、市販ベースに遠く及ばないので斬新過ぎる差は有りますが、スズキのデザインスタッフ、なかなか侮れないかもしれません。

2014年4月15日 (火)

ミラーキャップ 春バージョン

0008dpp_0314

MINIのミラーキャップは白、黒、記念モデル、ピンク、ユニオンジャック(白黒)、ユニオンジャック(赤青)と気が付けば6セットも揃ってしまいました。

結局この赤青ユニオンジャックに落ち着いていますが、ピンクが妙に浮いていて個人的には好みであります。

0009dpp_0315

ただ子供たちにはピンクにすると豚に見えると不評なので、今年の春は交換しそびれて春をこのキャップで迎えてしまいました。久しぶりに、奇抜なデザインを探してみようかと思っています。

2014年4月14日 (月)

カーボンエンブレムカバー

0003dpp_0114
付属の瞬間接着剤で強引に取り付けたカーボンエンブレムカバー。

今の所剥がれてはいませんが、経年劣化で接着剤が剥離していつの間にかなくなっているような気がします。

このエンブレムを黒にすると、スポーツラインが繋がってしまう事を心配していましたが、もともとスポーツラインがエンブレムとのクリアランスを適度に保っているため、メッキがカーボンに代わっても違和感は有りませんでした。

これはこれで良いかなと。

というよりも、瞬間接着剤が付着した元々のエンブレムは、もはや修復不可能です。

2014年4月13日 (日)

半年振りのロング

0005p1120110

20℃前後の快適なシーズン到来。今年初めてレーパンで走行しましたが、やはり足がフリーになると気分が良いものです。

久しぶりにロングと考え、新砂を目指して延々続く退屈な河川敷を往復してきました。

今回は吊るしたまま埃を被っていたオルカを下ろし、半年振りに乗車しましたが、その乗り味は高級車そのもの。やはりカーボンバイクは価格なりの性能差を感じます。

0001p1120104

またしても恒例の通行止め。こちらは4月末日までの工期の様ですが、再び迂回路走行を余儀なくれます。それにしても次から次へと改修工事がよくもここまで続くと感心しますが、それだけ傷みが激しく更新時期が迫っている証ということでしょう。

0003p1120107

この日は南風が強く往路で苦戦。反面復路は楽々でしたが、またしてもハートレートの送信側が電池切れ。これで立て続けに3回目の電池切れとなりますが、ハートレート自体ではなく、使用したボタン電池の使用期限が問題なのかもしれません。

0006p1120111

使い物にならないバルビエリ CARBONEを捨てて、シマノのポンプに交換。全く使えないポンプを知らずに積んで、1000km以上を走行していたわけですから実に恐ろしい。

道具は必ず事前に一度は使用しておくべきですね。

走行距離 97.5km

平均/最大心拍 140/173bpm

平均/最大ケイデンス 68/101pm

平均・最高時速 25.6km/h・46.9km/h

走行時間  3:41

消費カロリー 1593kcal? 再び電池切れ

消費飲料1.0L

2014年4月12日 (土)

携帯電話の通信使用量

MVNOに関して半月ほど通勤電車内で勉強し、果たして私は日々、毎月どれだけの通信使用量なのだろうかと興味を持ちました。

それはOCNモバイルの契約形態には、毎日80MB、1GB毎月、2GB毎月、7GBの4種類が存在したからです。

我家の場合、具体的な通信使用量が分からなかったので、とりあえず子供用のスマホは最も安い80MB、私のスマホは2GBにしました。

その後、これまで使用していたソフトバンク携帯の解約にあたり、ソフトバンクのオンライン料金案内に初めてアクセスして、毎月の通信使用量を見て驚きました。

過去半年までしか遡れませんが3台の契約携帯電話の直近半年は以下の通り。

【家内用】

10月→0.25GB 11月→0.17GB 12月→0.39GB 1月→0.16GB 2月→0.07GB 3月→0.07GB 半年合計で何と1.11GBしか使用していない。

【自身用】

10月→1.8GB 11月→1.39GB 12月→1.48GB 1月→1.02GB 2月→0.92GB 3月→1.49GB 半年合計で8.1GB。月平均で1.39GBですからまあ普通でしょうか。

【子供用】

10月→0.12GB 11月→0.1GB 12月→0.35GB 1月→0.27GB 2月→0.33GB 3月→0.43GB 半年合計で1.6GB。

南が丘牧場

0036dpp_0343

アルパカ牧場に、サファリパーク、牧場と那須には似たような施設が点在。何処へ行っても同じなので、入場料も駐車場もかからない南が丘牧場を訪れました。

0040dpp_0348

牧場をレジャー施設にした典型のような場所でした。相応の飲食施設や売店が併設され、魚釣りから乗馬まで楽しむことが出来ます。なるほど。

0048dpp_0357

ふれあい施設にて恒例の餌やり。やぎや羊が猛然と駆けつけてきます。

0042dpp_0350

逃げ遅れるとこうなるという典型例。家内は最も大きな羊のパンチを食らい、以降羊恐怖症に相成りました。

2014年4月11日 (金)

つつじ吊橋

0010dpp_0316

殺生石から車で5分の場所に吊橋を見つけたので、車を停めて歩いてみました。

0011dpp_0317

橋の中央はスノコ状になっており、高所恐怖症者にはたまらない作りになっています。

0014dpp_0320

最大で谷底との距離は32m。なかなか大きな吊橋ですが、作りがしっかりしている為に揺れが少なく少々がっかり。

0015dpp_0321

その名のごとくシーズンにはつつじが咲き乱れるのかもしれません。

0013dpp_0319

橋の上から谷底を写してみたところ、吊橋を支えるワイヤーにピントが合ってしまい、トリックアートの様な写真になりました。ジオラマ写真とはこんな感じなのかもしれません。

2014年4月10日 (木)

温泉神社

0027dpp_0334

殺生石を進むと丘の上に神社が現れます。

0025dpp_0332

何の神社かとその名を読むと温泉神社という、大変興味深い神社である事を知りました。

0026dpp_0333

詳しい謂れや歴史は学びませんでしたが、その名が示すように、温泉が出ますように、枯れませんように、温泉によって旅館業を変わらず営ませていただいておりますと言う様な、温泉にまつわる神社である事は間違いないでしょう。

0030dpp_0337

残雪が残り真っ直ぐに伸びる参道は実に美しい。

0029dpp_0336

年齢を重ねるにつれ、史跡や神社仏閣を見ると当時の人々の営みを想像することが実に多くなってきました。

2014年4月 9日 (水)

殺生石

0033dpp_0340

正直、那須高原は見所が無く実に退屈な場所。

散々検索しましたが、妙な博物館や牧場ばかり。誰もが知る那須高原とはこんな場所だったかと思いながら、様々なサイトから入りましたがどこも一緒。

そんな中で唯一訪れてみたいと思った場所が殺生石。かつて松尾芭蕉も訪れ一句読んだ場所。

0017dpp_0323

無料の駐車場に車を停めて実に短い距離を歩きます。草木も生えない荒涼たる河原のような場所を歩いていきますが、時折強烈な硫黄臭に驚きます。

地中のあちこちから有毒な硫黄ガスが噴き出しており、このガスの影響で草木が生えない風景を楽しむという珍しい観光地です。

0018dpp_0325_2

ガスによって変色した岩が点在。時折強烈なガスで思わず息が止まります。

0021dpp_0328

この崖肌から最もガスが噴出している様子。ガス量が多ければこの場所で死ぬことも有り得る様です。

0023dpp_0330

硫黄分を含んだ水が流れており周囲の砂は見事に変色しており実に興味深い。

0024dpp_0331

丘の上から見た全景。火砕流でも発生したかの様に、河原一帯が焼かれたように変色しています。那須を訪れた際には是非訪れてみましょう(ここしか訪れる場所がない?)。

2014年4月 8日 (火)

那須の最悪ホテル

0007dpp_0313

失敗続きのポンパレの最後はホテル。

半年の間に鞄、梨、中華料理、居酒屋、そして今回のホテルを購入しました。

共同購入は例のおせち騒動にて、業態自体が改善されたと期待していましたが、やはり安い物には訳があり、得する事など無いのです。

ポンパレで購入したものはどれもこれも最低最悪でした。鞄はインチキで返金され、梨は固くて食べられない、中華料理は誰もいかないような六本木の酷い店でアワビと称した蒲鉾を出す信じられない店、赤坂の居酒屋は「俺の~」と謳いながら全くの別系列店でどの料理も不味い。

既にポンパレは二度と使いたくもないので脱会していますが、ホテルは昨年末に購入してしまっていたので、期限が切れるまさにその当日を予約して訪れてみました。

0006dpp_0312

何故那須高原のこのホテルを選んだのか?

”那須高原 しゃぶしゃぶ食べ放題で1泊\11,000!”の文字を見て、場所も調べずにクリックしてしまっただけでした。果たしてポンパレの最終章は吉と出るか凶と出るか。

念のため前日に検索してみると、那須でもそこそこのホテルである様子。

0005dpp_0311

こちらがホテル・フロラシオン那須。平日でしたが春休み期間故か、そこそこ車は停まっていました。玄関正面のスペースが空いていたので遠慮なく駐車。

お隣に駐車されていたクラウンのご夫妻が、私の車を痛く気に入っていただき奥様が絶賛。排気量や特性などに関して色々質問を受けましたが、車を介してお話が広がる事がMINIは実に多い。MINIを所有していて嬉しい事の一つですね。

0002dpp_0308

さて肝心のホテルですが、我が家の経験の中で最低最悪のホテルでした。

やる気のない受付担当。

部屋に入るなり襲われるタバコの匂い。走って窓を開けたくらいですからその匂いは強烈。今どき部屋がこれほどタバコの匂いに染まった部屋も無いでしょう。家族の大ブーイングは言うまでも有りません。

そして何もする事の無いホテル。あまりに退屈で周囲を散策しようと出掛けましたが、小さな小川と山林が有るだけ。10分で部屋に戻りTVを見るしかない環境に。ホテルで今回ほど家族揃ってTVを観た経験も有りません。

しゃぶしゃぶも臭みのある厚い牛肉で、とてもおなか一杯食べられず。

極めつけは壁が薄く、隣の若者達の普通の会話が筒抜けであり、とても眠れない状況。0時過ぎにカウンターに文句を言いましたが結局泣き寝入り。

ティッシュペーパーを丸めて耳栓にした経験も初めてですね。

ポンパレは当然ながら共同購入は二度と利用しません。

2014年4月 7日 (月)

世代交代

Dsc02150

ノートもデスクトップもSONYを愛用していますが、Windouw7のこのデスクトップは2MBしかメモリを積んでいない脆弱さもあり、HDが1TB間際に迫るにつれ起動が5分ほどかかるようになりました。

HDのデータ消去など軽量化を図りましたが、買い換えたWindows8のノートの起動の速さには遠く及ばず。メモリの増強も検討しましたが、3万を投入しても改善が芳しくなければ投じた費用は無駄。

SONYに買い替えようと考え始めたいた矢先に、SONYのパソコン事業撤退の報道。

ノートパソコン1台に集約しようとも考えましたが、ローラー台を回しながらTVを見られなくなってしまっては退屈なので、デスクトップ廃止論は却下。

TVチューナー内蔵の代替え機種選定に悩んでいます。

2014年4月 6日 (日)

MAD CATZ R.A.T 3

Dpp_0016
ノートパソコンで使用しているマウスが携帯重視で購入していたため、どうにも小型過ぎて使い辛い。そこで新規マウスを仕事帰りに物色。

久々に訪れた周辺機器コーナーはすっかり進化しており、ふらっと立ち寄ったつもりが1時間以上、技術の進歩と相場の昇降状況を勉強してきました。たまにはリアル店舗を覗く事も必要ですね。

そんな中、異色のマウス群を見付け10分検証。

Dpp_0008
そしてそのまま購入したのがこちらのマウス。その名もR.A.T.3。パッケージも変則的に面が切られており挑戦的なデザイン。

Dpp_0010
開封状態の演出もなかなか。

Dpp_0011
このシリーズでワイヤレスもラインナップされていましたが、どうもワイヤレスは動きがワンテンポずれる感覚と、時折動きがシンクロされないので私は苦手。以前使用していたSONYのワイヤレスマウスは1ケ月で耐え切れなくなりゴミ箱行き。

古いと言われようが、良いのです。ワイヤードで。

Dpp_0012
それにしても実にエッジの効いた甲殻類の様なデザイン。

Dpp_0017
社名はMAD CATZ。一見日本企業かと思ったのですが、残念ながら米国企業。この様な奇を衒った商品が私は大好きなのです。ノートパソコンの脇で異彩を放つこのマウスを見ると楽しくなります。

そしてデザインと共に重要な使用感ですが、これが実に自然で使い易い。これに慣れてしまうと普通のマウスが無味焦燥で物足りなく感じる事でしょう。唯一の難点は、ボタンが5個あり、9つの機能設定が出来る様なのですが、どうやって使うのか知るつもりもありません。

2014年4月 3日 (木)

THE NEW MINI 内覧会

0005dsc02209

新型MINIがもう間もなく、4月12日に登場する様です。

0001dsc02205

ディーラーから内覧会のお誘いの葉書を頂戴しました。いつも有難うございます。

何でも顔を出したい私は是が非でも参加したいのですが、生憎平日の夕刻からなので断念。さきのTOKYO MOTORSHOWにて散々見ましたから、新車効果が落ち着いてから試乗させていただきたいと思います。

0010dsc02214

相変わらずMINIのイベントは派手ですね。それにしても消費税増税後のタイミングで新型を登場させる意味は大きい。増税後に投入する新車が担う役割は従来の比ではなく、各メーカーに限らず、自動車業界全体を盛り上げる効果も望めるのではないでしょうか。

話は戻りますが、どうも新型の顔つきが苦手なのは私だけなのでしょうか。

2014年4月 2日 (水)

国産家電の退化

0013dsc02199

我が家のブルーレイディスクプレーヤーも既に購入から5年ほど経過している様で、見ていない番組や消せない番組が蓄積し、500MBの容量は常に満杯。

時折一斉に消すのですが、再び貯まっては容量不足で肝心の番組が録画されていない事が続き、漸く2TBの製品に買い換えました。使い慣れたSONYの後継機種にしましたが、容量は4倍、3チューナーに増強されているにも関わらず、本体価格は下がり、本体の大きさも一回り小さくなっていました。

そして無用に大きかったリモコンは4分の3ほどの大きさに縮小。

しかしボタンが密接しており非常に使い辛い。そしてこの品の無いデザイン。

先日、バング&オフルセンのTVリモコンを触る機会が有りましたが、小振りでありながらセンス良くしかも使い易い。

嘗て国産家電は絶対に買わないと言うお客様がおりましたが、今現在も尚、国産家電は進化しておらず、むしろ退化しているのかもしれません。

2014年4月 1日 (火)

鉄スコップ

Dsc02107

今年の大雪で大活躍した鉄製スコップ。

十数年前にホームセンターで購入した単なるスコップですが、一年中野ざらしの状態にも関わらず現在も植木の植え替えや除雪など、年に数回登場してはその存在を知らしめています。

当時確か鉄のこのスコップが最も安いから購入したのですが、これが木の取っ手だったり、アルミであれば既に買い替えていたかもしれません。

Dsc02108

今年の大雪では正しくこのスコップに助けられたので、お礼として錆だらけの全身を黒く塗装してあげました。

本来は白いスコップだったのですが、我が家に存在したスプレーが車のボディ塗装用の黒しかなかったので、この色にたまたまなっただけのことなのですが。

この先10年、再びしっかりと働いていただきたいと思います。

フォト
無料ブログはココログ