« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

MINI CONNECTION 2014 スターターキット到着

0009dpp_0772

開催一週間前になり、MINI CONNECTION 2014 スターターキットがヤマト便にて届きました。

今年は家内と2名参加申し込みとなりましたが、同様の物が2セット同封されていました。

0002dpp_0765

ネックストラップが入場券となります。おまけのMINI GOODSとフラッグも在中。

0008dpp_0771

ボールペンは2種類。昔懐かしいペン内部の油の中をキャラクターが動くという物。MINIとスパイク君がじわじわ動きゲージに入っていきます。

0009dpp_0772_2

フラッグはお決まりの純正ネジネジアンテナにインシュロックで固定するもの。デザインも形状も2年前と全く同一。2012が2014に変更されているだけ。

前回同様に早く到着して早々に帰宅しようと考えています。富士スピードウェイまでの道のりは渋滞必至ですからね。

2014年9月29日 (月)

活動期

11421_01
御嶽山の噴火は衝撃的でした。

普通に登山していた山が何の前触れも無く突然噴火した訳ですから、これは誰が遭遇してもおかしくない状況であり、多数の映像を見る度にぞっとします。

既に日本列島は幸せな休止期間を過ぎ、東日本大震災を契機に活動期に入ったと叫ばれていますが、今回の噴火もその一例でしょう。

地震、噴火、それに加えて異常気象。自然の猛威に我々は抗えません。

どうやって自分の命、家族の命を守ればよいのか、常日頃から考えておかなければなりませんね。

2014年9月28日 (日)

変貌比較

0001dsc02821
【ノーマルサス+ノーマルタイヤ】

この状況でも久々に乗車する四駆は実に高く快適と感じたものですが、直ぐに慣れてしまいました。

しかしながらジムニーに慣れると、例えクロスオーバーであっても非常にポジションが低く視野が狭いので、乗り始めは非常に違和感を感じる様になりました。

0008dsc03218
【リフトアップ+ノーマルタイヤ】

50mmアップした車両は見た目も乗車感覚も全く別物。ただリフトアップした人が、ノーマルタイヤで留める人はまず無いでしょう。

0023dsc03293
リフトアップ+ジオランダーMT+

漸く完成形。辿り着くまで実に長い道のりでしたが、これなら最初からコンプリートカーを購入した方が安かったかもしれません。変貌を遂げていく姿を楽しむ私の様なもの好きは、これで良かったのかもしれません。

2014年9月27日 (土)

備蓄(食糧)

0008dsc03682
自宅裏の隙間に物置を購入したのが恐らく10年前。丈夫で長持ちイナバの物置。

他の物置4台も全てイナバですが、既に17年が経過していますが、錆びもほとんど発生しておらず現役です。「100人乗っても大丈夫」という宣伝は伊達ではありません。

ホームセンターで追加購入したこの物置は、放置していたキャンプ用品などを適当に投げ込んでいるだけでしたが、震災直前に思いついて備蓄倉庫に転換していました。

0007dsc03680
60cm角ほどの大きさであり冷蔵庫と同サイズ。きちんと整理すれば、一家5人が一週間以上生活可能な食料が格納出来ます。

0009dsc03685
最下段は消費税増税前に、amazonでまとめ買いしたミネラルウオーター3箱。消費期限切れを迎えた同量のミネラルウオーターは、普通に生活で消費しましたが、瞬く間に消え去りペットボトルの山ばかりが残りました。

0010dsc03686_2
2段目はパンを焼くために小麦粉ひと箱と、パスタが20袋ほど。ピーク時は小麦粉3箱とパスタが倍ほど有りましたが、消費期限切れが度々生じるのでこの数量に落ち着きました。

ビールは非常時だからこそ僅かな楽しみとして(おっと、冷やす事が出来ませんね)。

定番のカップラーメンは控えめに10個を常備。その他にはマカロニ、ホットケーキミックス、缶詰類を適量確保しています。米は別の場所に常時30kgを備蓄。

ほぼこれで家族が一週間食い繋げる量になりますが、人間が生きて行くのは実に大変。

0012dsc03689

最上段は調理器具としてバーベキューコンロ、ガスボンベ20本、蝋燭。この蝋燭は2000年問題で電気が止まると騒がれた際に購入したものですから、もう14年も経過しています。

0013dsc03691_2
缶詰やカップラーメンの消費期限を確認したところ、何とこれだけの物が本年初めで切れていました。

何故だろう。

全て確認済みの筈だったのですが、何故チェック漏れが生じたのか。管理し易い様にチェックシートを作るか、それぞれ箱に小分けにする必要が有りそうです。

2014年9月26日 (金)

備蓄の定期点検(水)

0005dsc03677
毎月1日を防災点検の日と決めて、備蓄品などの確認義務を自身に負わせています。

水は何より重要であり、一人一日2L必要ですから、我家の場合5人換算で一日10Lは最低限必要。

車庫の横に20Lポリタンクを3個積んでいるので、これで60L。家族が6日間何とか凌げます。

0006dsc03678
このポリタンクは東日本大震災後に購入しましたが、当時はこの様なタンクが全て売り切れになっており、半年ほど経過してから漸く手に入れた記憶が有ります。

ポリタンクも経年変化で硬質化して割れてきますから、5年程しか持たないかもしれませんが、これは必要経費ですね。

月に一度水を交換する事にしていますが、数ヶ月交換していなかった事が分かりました。水は腐敗しておらず綺麗な状態でしたが、非常時には沸かしても飲料にはなり得ません。

何となくまだ大丈夫だろうという甘い考えが最も怖いですね。

2014年9月25日 (木)

海洋堂

0027dpp_0737_2

宇宙博2014の土産物コーナーに並んだガチャガチャ。1回500円。

カプセルの中身はスペースシャトルから始まりイトカワまで。6種類全種が揃ったコンプリートカプセルが3000円を2500円で販売と、お兄さんが売り出していましたが、記念にと一人一回で三回チャレンジしてみました。

0025dpp_0735

一等はキュリオシティでハズレはイトカワ。

見事にキュリオシティ、宇宙飛行士、スペースシャトルを当てました。

0026dpp_0736
500円の高額ガチャガチャでしたが、流石海洋堂らしく素晴らしいフィギュア。

顕著な無駄遣いですが、これが忘れた頃出てきて、宇宙博行ったのいつだったっけ?などと話に花が咲くわけです。と言うのが私の無駄遣いを肯定する最も多い良い訳だったりします。

2014年9月24日 (水)

宇宙博2014 vol.4【探査機】

0021dpp_0731

宇宙博ネタもこれにて終了。駆け足で巡った刺激ある3時間でした。

0006dpp_0715

はやり宇宙でも私の興味は乗り物。

こちらは最も有名な月面車両。

漫画の世界で見るばかりでしたが実際のバギーは実にシンプル。月の表面を走行させる発想も、現実に走行させた実績も信じがたい。

0020dpp_0730
キュリオシティは実際に火星の地表を現在も調査している無人探査機。

火星の表土を削ってそのサンプルを照射して成分を分析し、そのデータを地球に送る。こんなSF映画の様な話を現実化している訳です。

この探査機は軽自動車ほどの重量が有りますが、小型無人船で吊るした状態で逆噴射しながら、火星表面に何の損傷も無く着地させたそうです。

地球上でも困難なこれらの行為を火星で行う訳ですから、NASAの頭脳は神の領域に踏み込んでいるではないでしょうか。

2014年9月23日 (火)

宇宙博2014 vol.3【宇宙服】

0003dpp_0740
宇宙服は果たして一着幾らするのだろうか。総重量は。生命維持装置は何重に安全が図られているのか。

宇宙服を眺めているだけで、次から次へ疑問が浮かんできます。

0002dpp_0739
宇宙兄弟、FREEDOM。本物よりも映画やアニメで目にする事の方が多いと思いますが、こちらは古典的な宇宙服ですね。

0003dpp_0712
最初の宇宙服はもっと華奢で、比較にもならない強度の物だったのかもしれません。

0004dpp_0741
こちらは昨今の宇宙服の様です。

0016dpp_0726
オレンジの宇宙服も実は随分前から登場していたのかもしれません。何か理由が有ってこの色が採用されたのかと思いますが、調べてみると面白いかもしれません。

0022dpp_0732
こちらは民間企業による宇宙からのスカイダイビングスーツですが、遊び心に溢れたセンスあるデザイン。

上空3万8000mから落下し4分20秒のフリーフォール。日本では断じて生まれない発想ですが、それを実現化してしまう米国人の資金力とバイタリティーは脅威ですね。

2014年9月22日 (月)

宇宙博2014 vol.2【宇宙船】

0007dpp_0716_2
現実離れした宇宙船を実際に見ても、SF映画の大道具に感じてしまいますが、これが地上から何万メートルも有る宇宙空間へ放たれる訳です。

人類の英知は素晴らしい。

0008dpp_0717
実寸大レプリカですが想像以上の大きさでした。

0009dpp_0718

大気圏を突入して戻って来るカプセル自体の大きさもさることながら、パラシュートも巨大。大気圏突入で高温になっているカプセルから排出されるパラシュートは、どの様な対策が施されているのか興味が有ります。
0011dpp_0720
宇宙船の代名詞の様なスペースシャトル。既に現役引退し最後のミッションも終えてしまいましたが、スペースシャトルの姿がもう見られないのは残念です。

近未来的な宇宙船が巨大なブースターロケットと共に大空の彼方へ消え、宇宙船が再びジェット機の如く宇宙から飛来して自ら着地するのですから、それこそ実写版SF映画の世界でした。

0012dpp_0721
レプリカのノーズには耐熱タイルの割付構成が描かれ、何らかのハッチが点在しています。大気圏突入で最も重要な部位にハッチが設けられている事は、これまで知る由も無く驚きでした。

耐熱タイルのサンプルも飾られていましたが厚さは10cm近くも有り、大気圏通過の難しさを改めて感じます。

0010dpp_0719
最も興味深かったのはスペースシャトルのタイヤ。前脚タイヤは2回、主脚タイヤは1回のみの使用だとか。このタイヤは宇宙に行って戻って来た訳ですが、こうやって間近に見ると感動を覚えます。

メーカーを調べると残念ながらブリヂストンではなく、BFGOODRITCHでした。

2014年9月21日 (日)

宇宙博2014 vol.1

0024dpp_0734
天文に興味を抱いている子供がペアチケットを抽選にて入手したので、閉会間際の宇宙博2014を訪れました。

開場とほぼ同時に海浜幕張に到着しましたが、ホームは溢れんばかりの人々。予想に反し大盛況なのかと思いきや、TOKYO GAME SHOWへ向かう人々がほとんど。GAMEと宇宙を比較するならば普通なら宇宙ですけどね。

入場者は開催最終の休日にもかかわらず到底採算割れと思われる程度。なかなか見応えのある博覧会なのに、興味を寄せる人が少ないのですね。私もその一人でしたが。

0001dpp_0710
入場して間もなく狭い通路に入場者が渋滞し、その両脇の壁には御粗末なパネル群。演出、構成、導線の悪さに閉口し、主催であるNHK、朝日新聞、共催のJAXAのセンスの無さを嘆く事に。

出だし早々、最悪のパネル通路で20分以上消耗すると急に視界が開けます。そうそう、来館者はこれを期待してここに来ている訳です。

会場に入った途端、いきなりスペースシャトルが鎮座していれば良いのに、レイアウト構成の最終承認を持っている老害責任者あたりが認めなかったのでしょう。

0002dpp_0711
会場内にはレプリカと本物が混在して展示されていますが、やはり本物の持つ迫力は歴然。

0004dpp_0713
この実際の宇宙船の歴史ある扉は実にアート。

0013dpp_0723

宇宙船を打ち上げるエンジンは正しく要ですが、出力と安全性の両立が困難。液体燃料の消費量は何と1秒に12,000L以上だとか。その出力はジェットエンジンの比ではありませんが、その巨大で緻密な造形は圧巻。

0017dpp_0727
国産宇宙ロケットの失敗が相次ぎ、一時は窮地に追い込まれた日本でしたが、打ち上げ失敗の原因究明のために海底3000mから引き揚げたそうです。

この失敗を経て漸く国産ロケットの安定が確立され、商業ベースで漸く世界と肩を並べるまでになりましたが、莫大な税金が投じられる宇宙開発は既に各国が削減に向けて舵を切っています。日本の宇宙開発も今後どうなっていくのでしょうか。

MINI CONNECTION 2014

0001dsc03698
2年に一度のMINI CONNECTIONが今年もやってきました。

あれからもう2年ですか。実に早い。

今回の会場は富士スピードウェイにて10月4日(土)に開催されますが、前回は家族の賛同が得られず一人で参加。WEBで一人で行く方を募り、シロタンさんと単独参加者同士、仲良くイベントを楽しませていただきましたが、今年は嫌々ながら家内が同行してくれる事になったので、同様の募集はせずに済みました。

肝心な申込みですが、実はこの案内葉書が届くよりも前にWEBで申し込みました。

案内が届く前に今年も10月頃に開催されるものと知っていたので、WEBで検索してみると既に申込みが始まっており、メインイベントのレーシングタクシー予約はほぼ終了。

早速WEBで申込みを行い、料金を振り込み後にレーシングタクシーの予約を致しましたが、早朝時間枠しか残っていませんでした。

WEBで申し込んでから1週間ほど経過した頃、遅ればせながらこちらの葉書が届いた次第です。

普通、WEBよりもMINIユーザーに対して申し込みを募ると思うのですが、乃村工芸社なのかBMWの考えなのか分かりませんが、WEB先行にて募集する様です。

2014年9月19日 (金)

ネジサウルス

0002dsc03671
随分過去のガイアの夜明けにて取り上げられていた、ネジサウルスを東急ハンズで偶然見つけて購入しました。ずっと欲しいと考えていたのですが漸く手に入りました。

0003dsc03672_2
米国では恐竜のイメージを抱きにくいとかで、吸血鬼のバンパイアにイメージ変更、グリップも赤にして販売。

もともとDIY大国の米国では、ガレージに多種多様の工具を揃えるので、この工具はきっと爆発的に売れるだろうと称賛されていました。

一見、普通のプライヤーに見えるこの工具は、頭を舐めてしまったビス等の頭をがっちり噛んで外してしまうという代物。

0004dsc03675
味噌は先端が普通のプライヤーの様に平たくなっておらず、ビス頭に合わせて丸くラウンドしており、そのラウンド面の凹みに縦溝が掘られています。

購入して早々に外壁に打ち込んだビス4本が外れなくなっていたので、試験使用したところ、物の見事に外す事が出来ました。普通のプライヤーも試したのですが、頭が空振りしてしまい全く外れず。

正しくアイデア商品ですね。2000円少々しますが良い買であり、今後も活躍してくれる場が増えそうです。

2014年9月18日 (木)

圏央道開通の費用対効果

Ah_yonkai2
修善寺までのルートで悩みました。

お決まりのケースは環八における高井戸の渋滞を回避するため、5時半に自宅を出て東名東京を目指します。このルートだと沼津まで3070円 走行距離128km。

対して開通した圏央道を利用すると、関越道所沢ICから入り→鶴ヶ島JCT→海老名JCT→沼津で5250円 走行距離156km。

後者の場合、料金は¥1720、距離は28km余計にかかりますが、時間を買うかどうか悩むところです。実験的に往路は開通圏央道利用、復路は通常の一般道利用にしてみました。

往路は遅めの10時に自宅を出ましたが、所沢から沼津まで渋滞無しで走行出来ましたが、圏央道の交通量は予想よりも多く、追い越し車線巡航でも100km弱を強いられました。

復路はお昼を過ぎに厚木から入り東京出口へ。環八に入ったのは15時頃でしたが、空いている筈も無く高井戸渋滞にて、一般道の渋滞走行を1時間以上余儀なくされました。

当然高速利用が望ましいのですが、その恩恵としての差額は少々容認し難い。

圏央道の料金設定は回収率を早めるために割高ですが、一般道の渋滞回避やエネルギー消費を鑑みれば、外環道の様に一律500円などの料金設定にすべきではないでしょうか。

2014年9月17日 (水)

ジムニー ランドベンチャー 2014

Special1_1
私が購入したJIMNY Xアドベンチャーが6月に販売中止になり、いよいよジムニーが販売中止、若しくはニューモデル登場かと噂が錯綜していましたが、単にランドベンチャーなる特別仕様車に変更しただけの話。

季節によってXアドベンチャー、ランドベンチャー、サロモンなどと称し、小手先の小変更でこれまでやってきた様子。

Jimny1
ガイアブロンズパールに変わって、ブリテッュグリーンの様な新色が設けられた様ですが、MINIクロスオーバーの新色もジャングルグリーンでしたから、ダーク系の波が来ているのかもしれません。

エクステリアはサイドウィンカーの飾りとアンダーガーニッシュの違い程度。

Interior1
インテリアは何故かシャンパンゴールドの配色。

気になるのはハンドルにオーディオスイッチらしいボタンが備わっている事とインパネ。

ハンドルのオーディオスイッチはN-ONEで大変重宝したので、これだけは羨ましい装備です。インパネも液晶らしい表示が伺えますが、相変わらずスズキのHPは実に出来が悪く、良く分かりません。

それにしてもジムニーのこの新たなインテリアを見ると、妙なラグジュアリー化が図られており残念に思われます。

2014年9月16日 (火)

邪魔な高圧洗浄機

0011dsc03548
予てから購入しようかしまいか悩んでいた高圧洗浄機を漸く購入しました。

普通のホースで十分だと思っていましたが、洗車や庭の清掃で便利だと近隣の方々の声を聴いて背中を押されました。

しかしながら購入した4月に一度使用しただけで、その後4ヶ月間一度も使用していません。

0013dsc03557
何故ならば使用するための準備が大変。

ホースリールの様にホースを引っ張って蛇口を捻るだけでは済まず、大きな本体を引っ張り出して、電源を繋ぎ、ホースをセットし、更に水栓からもホースを接続。

たかが洗車をするためにこんな準備を強いられるとは。広い庭が有って、電源と水栓が並んでいて、繋いだまま置いておける空間が有れば良いのでしょうが、我が家の猫の額の庭やガレージでは到底無理。

電源を延長コードで漸く繋いで、10分ほど稼働させてみましたが音も煩い。そしてタイルなど長期に渡って汚れた物は高圧洗浄だけでは綺麗ならない。コンクリート面に至っては綺麗になるものの、よく見ると表面のモルタルを削ってしまっている。洗浄した部位のみ削られて綺麗になっている様に見えるだけ。

恐らく10年程でモーターが焼けたり、パッキンが傷んだりして駄目になる事を考えても、我が家には高圧洗浄機は不要。この度売却処分致しました。

2014年9月15日 (月)

ガイアブロンズパールの2ヶ月後

0009dsc03539
納車から2ヶ月、一度も洗車していないジムニー。

正確には納車後、間もなくガラスコーティングを施しているので、その期間も加味した丸2ヶ月の計算になっています。

全く何もしない状態でこの程度の汚れです。ボンネットやルーフは雨自体の洗浄効果も有り、サイドよりは多少汚れは軽減されているので、最も汚れているのは両サイド。

やはりメタリック色は汚れが目立たないですね。MINIは4日間、雨の中を帰省しただけで泥だらけであり、帰宅するなり洗車を余儀なくされましたから。

2014年9月14日 (日)

ランクル70復刻の意図

Gallery_img_car01
2トンを超える車重に4Lのハイオクエンジン。ばかでかい図体の最少回転半径は6.3m。しかも5速マニュアルの設定しかありません。エクステリアもインテリアも、冗談かと思うほどの状態で350万。

トヨタはどの様な目論見で復刻にゴーサインを出したのか。海外で未だに人気が有るのは良しとして、果たして現在の国内で何台売れるのでしょう。

もしや防災車両として行政機関が大量発注する見込みが有るのかもしれません。というか、この様な国からの打診は、当然ながら既にトヨタと妥結しており、既に発注枠も決まっているのでしょう。

実に懐の深いトヨタですね。

2014年9月13日 (土)

減塩

020401l
クローズアップ現代にて”減塩”に関する番組を視聴しました。

理想とされる一日の摂取量は6g(WHOの指標では更に低い)。対して我々日本人が摂取している平均値はほぼ2倍の12g弱。

多いだろうなとは日常考えて生活していますが、ここまでの量だとは思いもしませんでした。避けられない外食はどれも味が濃い上に、いかなる加工食品にも多量の塩が含まれています。

家庭で幾ら減塩を心掛けても現実は難しい。

英国では国を挙げて食品加工会社に要請し、国民が知らない間に塩分を抑え、数年で見事目的達成。高血圧による疾病も比例して見事に減少したそうです。

我が国がその様な施策を打つはずも無く現状は変化しませんので、個人が自己の塩分摂取量を注意して減らしていかなければ、血圧が上昇し始めてから手を打っても手遅れ。

番組放映から早速、我が家では従来より更に塩分を意識して、ショック療法の様に激減させました。日々焼いているホームベーカリーの1.5欣のパンには5gの塩を加えていましたが、これを0にしました。

パスタも茹で野菜もほぼ0に。

少し物足りない気もしましたが僅か1週間ほどで慣れてきました。塩分を抑えると、食材の旨味がかえって分かる事に今更ながら気付き家族一同驚いています。

その後、米国でも子供の9割が塩分過剰との記事が有りました。米国の指標は一日23g以下と少々高めの設定ですが、何と平均33gも摂取しているそうです。

2014年9月12日 (金)

マクドナルドの衰退

Ronald24
そういえばドナルドを目にしなくなってから何年が経過したのか。子供達を不健康にする象徴と捉えられたり、色々物議を醸した事も有りましたが、単なる企業戦略としてマック自らが退陣させたものと記憶しています。

原田社長が退社し1年が経過、サラ・カサノバ氏に交代した後も減収減益から逃れられず、ターゲットの見誤りから客離れは進むばかり。更には中国の食品衛生問題も手伝い、相当窮地に追い込まれているのではないでしょうか。

たまたま、麻布十番で時間調整を余儀なくされ1年振りに同店を訪れる機会がありましたが、お昼前にもかかわらず店内は随分空いていました。

メニューを見ると目新しい商品も無く、低価格セットばかりが目に付きます。高級路線に振ったものと考えていましたが、再び低価格商品の100円マックの品揃えが充実している有様なので、顧客の呼び戻しに舵を切り直しているものと容易に分かります。

何を注文しようかとメニューを見ても、大きく取り上げられた、ビックマックとエビフィレオのセットの二択だったためビックマックを注文。そして、一口食べてみた感想は「こんなに不味かっただろうか?」。商品自体は不変でしょうから私の味覚が変わっただけなのでしょう。

マックを利用しない代わりに、新参のハンバーガーショップや、再上陸したウェンディーズ、そして多用しているのがモスバーガー。価格帯が異なるので味の違いは当然ですが、これらの商品にすっかり慣れてしまって様です。

嘗て美味しいと感じていた物が、そうでなくなった瞬間の感覚はなかなか衝撃的です。マックを選択する機会が益々減ってしまいそうです。

2014年9月10日 (水)

ジムニーJB23W メンテナンス【vol.1 1000kmエンジンオイル交換】

0064dsc03654
ジムニー初めてのメンテナンスは1000kmの初回エンジンオイル交換。几帳面に1031kmにて取り急ぎエンジンオイルのみ実施してみました。

前後デフ、ミッション、トランスファーのオイル交換に関しては、ポンプ圧送の必要が有り面倒なので少々見送り。
0004dsc03576
ジムニーのオイル交換は実に簡単。元来車高が高い上にリフトアップしているので、覗きこむとオイルパンにすぐ手が届きます。17mmレンチを掛けて容易くオイル抜き。

ただ手前のオイルフィルターに関しては下部にシャフトが横断しており、フィルターから流れたオイルで厄介なことになります。

0013dsc03591
交換するフィルターはモノタロウの格安フィルター。純正の半分以下だとおもわれますが、ダースで購入しました。フィルター内の濾紙が若干少ない程度だと思われるので、安いこちらのフィルターでまめに交換する事にしました。

0005dsc03578
ドレンプラグのワッシャーも一応交換。右が純正のアルミで左がモノタロウの銅製。締め付けトルクは不明でしたが一応30kgで。

0008dsc03585
抜き終わったオイルは見事に真っ黒。納車から2ヶ月、僅か1000kmでこれだけ汚れる訳ですか。初回ですから金属スラッジなどが多分に生じるのでしょう。次回は半年後の4000kmで交換実施予定。

それにしてもMINIは極限までエンジン部品の摩擦軽減を施しているので、オイルチェックランプが点灯するまで交換不要と、ディーラーに言われていますが本当に大丈夫なのでしょうか。その言葉を信じて、まだ一度もオイル交換しておりませんが少々不安です。

0010dsc03587_2
新たに投じるオイルはこちら。最も有名なMobil1。

帰省先で立ち寄ったガソリンスタンドのトイレに張られていたポスターを見て、安易にこちらを購入しました。

安いオイルなら半値以下ですが、以前コバッ○に任せたオイル交換で手痛い目に有った事があるので、オイルに関しては手間賃無しの分、少々奮発しました。

Mobil1 20Lペルー缶 5w-30 送料込みで22,000円。リッター当たり1000円少々ですからまあまあ手頃な価格でしょう。
0014dsc03593
初めて購入したオイルジョッキ。保管や洗う手間を考えてこれまで購入を見送っていましたが、ホームセンターで800円だったので最も小さな1Lを購入。

使用後はジップロックに入れて密閉しておけば洗わなくて済むと思い購入しましたが、正確にオイル量も計測でき注入も楽なので、やはり有ると便利ですね。

0016dsc03596
Mobil1は綺麗な飴色。さらさらで水の様な粘土であり、嫌な機械油の臭気が一切しません。流石ロングセラーの100%化学合成油。

やはり自分で交換すると、適正なオイルを適正量入れられるので何より安心。オイル交換に関しては度々裏切られているので、今後も自分で交換する事となるでしょう。

ペルー缶を購入しましたが、ジムニーはフィルター交換時にて3Lを要しますから、残り5回分は賄えます。およそ走行20,000km、3年でペルー缶を消費する計算になります。

これまでの車両はいずれも年に一回、5000km程度でショップに任せて適当なオイルに交換してもらっていました。確か一回3500円程度。ジムニーに関しては交換しやすさも手伝って、自分で交換してみようと思う自分が不思議です。

2014年9月 9日 (火)

悲しい盲導犬刺傷事件

Moudouken08
盲導犬に対する刺傷事件の犯人が未だに捕まりません。この様な事件が一度起こると、愚かな輩がこれを模倣した事件を起こしますから、警察は総力を上げて検挙していただきたい。

盲導犬ではなく、昨今は視覚障害者のパートナーとしてアイメイトと呼ばれているそうですが、直向きにパートナーの目となり、人間を心から信頼しているアイメイトを何故攻撃の対象とするのか。

反撃しない事を知っての卑劣な犯行。犯人がどの様な人格者かは容易く想像がつきますが、この様な痛ましい事件は根絶したいですね。

今時の都心の高層マンションで暮らす子供の中には、飼っていたカブトムシが死んでしまうと、電池が切れたと本気で考える子が少なくないとか。

核家族化が更に進み身近な人の死に遭遇する機会も減り、ペットを飼えない環境により死別する悲しみを知らない人々が増えている事は事実であり、”命”を知らずに大人になってしまう事は非常に危険だと思います。

社会が、学校が、個人が世の中を正しい方向へ導いて行く努力を致しましょう。

2014年9月 8日 (月)

ジムニーJB23W カスタム【vol.20 apio リフトアップ 3】

0004dpp_0705
リフトアップを行った感想。

視界が高くなり運転が更に楽しくなります。赤い部品群が目に映える視覚効果は抜群。ジムニーを所有した以上、このカスタムは第一義に行わなければならないのではないでしょうか。

0006dpp_0707
リフトアップと大径タイヤはセット項目。片方だけの選択肢は有りません。

0007dpp_0708
Apioさんのショックでは、このダイヤルで減衰圧を調整出来る様です。MINIのビルシュタインはジャッキアップし、更に専用工具で回さないと調整が出来ませんが、こちらは手を伸ばして回転出来ます。

一般道から悪路へ変化する状況などで、臨機応変に減衰圧を変えられるこの構造は特筆すべきものですね。ダイヤルのクリック感は非常に良く、簡単に変更出来ます。

ショップ設定では4になっていましたが、慣れてくるとかなり柔らかく感じ始めたので、現在6に変更しました。ロールが抑えられ普通車と互角に走行出来ます。

0008dpp_0709

リフトアップすると腹回りが露出し、メカ好きの私には実にたまらない景観になります。時折下回りを眺めては、各パーツの役割や造りを観察しています。

しかしこうやって見ると、ボディはリフトされましたがデフの高さはタイヤ外径が増した20mmほどしか上がっていません。調子に乗って段差を超えると間違いなくここが当たりますね。

2014年9月 7日 (日)

ジムニーJB23W カスタム【vol.20 apio リフトアップ 2】

0007dsc03214
リフトアップを行うとノーマルタイヤは益々貧弱に映るので、Apioさんから戻り早速タイヤ交換開始。漸く野積みにしてあったタイヤセットが陽の目を見る事に。

0010dsc03232
ノーマルタイヤだと外径が小さい為、この様な感じでタイヤハウジングの空間が妙に大きく見え大変バランスが悪くなります。

0009dsc03225
燃費優先なら純正アルミとノーマルタイヤに勝るものは有りませんが、燃費は犠牲にしても見た目重視なので走行700kmにしてノーマルタイヤはお払い箱に。

0016dsc03258
軽自動車とはいえ、重量級のタイヤ4本の交換は骨が折れます。この日の気温35度、汗が全く止まりません。

0012dsc03246
折角購入した油圧ジャッキは何と高さが足りず、使用出来ませんでした。結局ジムニーに積んでいたジャッキを最大限伸ばして漸く足りました。

0002dsc03308
大径タイヤを履かせるとホイールハウジングの空間は最適になりました。我が家のジムニーの場合、100%オンロードなのでMTタイヤは全く無用ですが、このキャラメルブロックの武骨さはジムニーによく似合う。

1万キロほどで山が無くなってしまいそうですが。

0001dsc03309
ジオランダーMT 195は通常の195よりも太いので、ボディから出るかもしれないとショップで助言をいただいていましたが、正しくツライチでした。

2014年9月 5日 (金)

ジムニーJB23W カスタム【vol.20 apio リフトアップ 1】

0005dsc03211
本題のリフトアップ。

世田谷のS社に相談したところ2通送信したメールは無視。電話対応も面倒臭そうに店員が応答するだけ。「そんな感じじゃないですかね」と他人ごとの様に言われました。

そのS社ではリフトアップだけで丸一日かかると言われました。車両を朝預けて夜取りに行くという典型パターン。

対してapioさんでは、マフラー交換まで含め4時間で仕上げてくれました。

何を装着したのか今をもっても理解していないのですが、ショップ担当者にお勧めいただいたコンプリートキットとスタビライザーを装着。

結果、サスとショックだけで50mmほど車高が上がりましたが、僅か50mmでも車両が全く違って見えます。車高は下げるものだとばかり思っていた私は、初めてリフトアップの効能を知りました。

2014年9月 4日 (木)

ミルモ002 警告音異常

0002dsc_0169
7月中旬に取付けていただいたジムニーのセキュリティ、ミルモ002がお盆明けから異常が出ました。

何ら異常がないのに、時おり警告音「ピピピピピ」が鳴り響きます。

セキュリティの憂い事として、ノイズや振動を拾っての誤報は付き物と考えていましたが、徐々にこの警告音が発せられる頻度が増え、一日一回程度鳴る様になりました。

遂には夜中の3時に鳴られ、限界を感じて設置してもらったイエローハットへ相談。

幸い最寄りのお店だったので、この様な際には実に心強い。こちらのお店は皆さん非常に対応が良かったのですが、来店すると既に代替のセキュリティが用意して有りました。

通常この様な症状を説明すると、感度を最低にして暫く様子を見ましょうと適当に扱われるのが常ですが、10分ほどのチェックで念のためショックセンサーを交換。その後も丁寧に原因と思われる事項や、サンサーの役割など事細かに教示いただきました。

私はこれまでオートバックスを利用していましたが、今回の対応ですっかりイエローハットさんのファンになりました。クレームが生じた時こそ、その企業の真価が発揮されるものですす。

さて、これにて誤報が解消されると良いのですが。

2014年9月 3日 (水)

ジムニーJB23W カスタム【vol.19 Apio ヨシムラマフラー】

バイク乗り垂涎のヨシムラ。

大排気量バイクの太いサイレンサーにヨシムラエンブレム、七色に焼けたチタンの輝きが実に懐かしい。まさかヨシムラのマフラーに再び出会うとは。
0026dsc03347
駄目ですね、この様な商品を販売しては。背伸びすれば購入出来る中高年は、いきおい買ってしまうではないですか。

ヨシムラの存在を知ってしまった以上、妥協して他マフラーを購入しても私の性格上、絶対に買い替えてしまう事が目に見えていたので清水と相成りましたが、それにしても予期せぬ痛い出費。

0003dsc03197
交換後の感想。

最高。100点越えて120点です。

斜めにレイアウトされたサイレンサーは実に美しく迫力十分。チタン製サイレンサーはノーマルの対比半分の重量。細部に渡り丁寧な作りが伺えます。流石ヨシムラ、妥協は許さないと感心します。

音量に関しては、車検対応品ですから当然ながら騒音規定値内に収まっていますが、想定よりも少々大きい。昼間は問題無しですが夜間は気を使います。

音質は歯切れの良い低音が響きます。正直なところ、MINIで交換したGIOMICよりも音量は大きく音質も優れており、MINIの何となく物足りない感覚がヨシムラには有りません。

運転中は小気味良い低音が車内に響きます。まだ慣らし中なので4000回転までしか回していませんが、高回転域迄での音色も楽しみです。

肝心な性能面では、装着した直後から明らかに中速域が伸びた事が体感できます。トルクの谷が無くなり、高回転までアクセル開度に応じた加速が楽しめます。

価格に見合う価値は有りですね。

2014年9月 2日 (火)

ジムニーJB23W カスタム【vol.19 Apio マフラー】

0002dsc03185
軽自動車のマフラー変えてどうする?

仰る通り。

軽のマフラー交換は大人げないと思ったのですが、とにかくジムニーは遅い。ハーレーもマフラー交換にて漸く普通に走るバイクになる状況ですから、ジムニーも同様ではないかと検索すると実に多種多様。

有名どころではフジツボ、HKS、そしてジムニー専門店がリリースしている物まで、これほど選択肢が多い車両も珍しい。

0006dsc03213
では、リフトアップでお世話になるApioさんで販売されているマフラーを検証してみると、「静香御前」という商品が有り、その名の如く静かで高性能、そして低価格。こちらを依頼しようとした矢先、まずい物を発見。

逸脱した異常に高価格なマフラー。見つけなければ良かった。

2014年9月 1日 (月)

防災の日 災害救援車

0031dsc03361
ジムニーを購入した大きな理由は「新車で購入出来るMT車」でありましたが、次なる要因として昨今の異常気象による雪や豪雨対策、そして震災救援。

走行不能になり立ち往生するケースは多分にあり、場合によってはスリップや水没で命に係わる状況に陥る事も有るでしょう。

何より地震災害の際には多少の悪路なら走行できる上、倒壊した家屋を牽引フックで引いて命が救えるかもしれません。

既に震災から3年が経過し、当時の恐怖や備えを我々は忘れ始めています。

日本は地震最多発生国であるにも関わらず防災意識が異常に低い。家庭毎に十分な備えを行い、自らの命は自身で守る努力を致しましょう。

フォト
無料ブログはココログ