« ハクキンカイロ | トップページ | 走り始め »

2015年1月26日 (月)

ハクキンカイロの燃料実験

0004dpp_1482
サイトを拝見すると専用ベンジンに限らず、推奨されていないながらも自己責任として、様々な燃料が使えると分かったので実験してみました。

0006dpp_1484
カイロ自体は実にシンプルな構造。

0007dpp_1485
ボディとカバーと着火部品の3点構成。着火部にプラチナが使用されているらしく、消耗品ですが1000円弱と少々割高。果たしてどの程度使用出来る物なのでしょう。

0006dsc05956
実験したのは純正ベンジン、ジッポーオイル、キャンプ用のホワイトガソリン。

私個人としては家に余っているジッポーオイルとホワイトガソリンが消費できればと考えていましたが、結果は以下の通り。

1.ジッポーオイル:ほぼ無臭で最適。燃焼継続時間が若干短い。

2.専用ベンジン:これが専用ベンジンかと疑いたくなるほど臭います。一度電車に乗ってしまいましたが異臭騒ぎになるレベルです。果たしてこれを常用している人がいるのでしょうか。

3.ホワイトガソリン:ベンジン以上に臭いがきつく、ポケットにすら入れておけず。全くお話しになりませんでした。

コスト的にはジッポーオイルが最も高価ですが、仕方が無いのでジッポーオイルを常用しています。

取扱説明書に記載されているベンジンの継続利用時間より短いので、ジッポーオイルは燃焼効率が悪い事は明らか。1割程短い様に感じられます。

« ハクキンカイロ | トップページ | 走り始め »

Goods」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハクキンカイロの燃料実験:

« ハクキンカイロ | トップページ | 走り始め »

フォト
無料ブログはココログ