« サーキットの狼ミュージアム アートvol.2 | トップページ | 強敵 »

2015年2月15日 (日)

サーキットの狼ミュージアム ミウラ

0002dpp_1499
最後は、お目当てのランボルギーニ ミウラP400S。今回の主目的はミウラを拝見する事。

嘗て5年ほど前に東京ミッドタウンのイベントにてオレンジ色のミウラが展示され、実車を初めて拝見する好機に恵まれましたが雨天でビニールが掛けられてしまい、しかもお決まりのテープ規制なので、なんとなくミウラという結果でした。

0001dpp_1498
漸く念願かなってミウラにご対面。生産台数765台、既に45年を経ているミウラは未だに輝きを失っていません。

0011dpp_1528
館長が特別に全ての部位を開けて見せてくれました。開閉方法すら芸術の域です。

0010dpp_1522
60度V型12気筒DOHC 横置きミッドシップ。館長曰くフェラーリに対抗すべく、この後のカウンタックから縦置きに変更されたとのこと。

0009dpp_1521
12気筒のプラグコードは毛細血管の様相。

0019dpp_1563

チャーミングなまつ毛は単なるアクセントではなく、格子状のエア導入口になっていたのですね。

0084dpp_2023
リアエンジンに対しては、この部位からエアを取り入れていますが、4Lの12気筒がこれだけの導入口では役不足なのでは。

0085dpp_2026

フェンダーに乗った実に可愛らしい小振りなバックミラー。実用性度外視。

0048dpp_1754
何かに似ていると思っていたら、このボディカラー故パンダに酷似。フェンダーミラーを黒にすれば猶更ですね。

0082dpp_2011
リアビューも非の打ち所がないほどに美しい。背中で唸る12気筒は果たして如何なる音色なのか。

0047dpp_1746
ミウラだけ異常にカット数が多く、撮影しながら観察し1時間を費やしていました。憧れのミウラをこれだけ観察出来たことに感無量。

家内と訪れなくて良かった。

« サーキットの狼ミュージアム アートvol.2 | トップページ | 強敵 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーキットの狼ミュージアム ミウラ:

« サーキットの狼ミュージアム アートvol.2 | トップページ | 強敵 »

フォト
無料ブログはココログ