« サーキットの狼ミュージアム vol.2 | トップページ | サーキットの狼ミュージアム アートvol.1 »

2015年2月11日 (水)

サーキットの狼ミュージアム vol.3

0053dpp_1782
モーターショー等と異なり、ミュージアムはじっくり撮影が出来るので、構図の勉強も兼ねて一心不乱に撮影させていただきました。

車を眺めるよりも撮影しているその姿は実に奇異に映っていた事でしょう。

0059dpp_1821
色、形、各車両の個性をいかに撮影すればデザインを生かせるか、頭を悩ましながらの撮影は実に楽しい時間でした。

0032dpp_1619


0025dpp_1587


0027dpp_1594


0033dpp_1621
当時はベーンベーと呼ばれ、これはスーパーカーではないと子供心に否定していましたが、こうしてみると実に魅力溢れる車であり、痺れますね。


0035dpp_1642
当時魅かれていたデトマソパンテーラ。始めて実車を見ましたが、このボンネットの造形や色遣いなど最高。デロデロと良い音がするんでしょうね。

0040dpp_1702
トヨタ2000GTとの対面もこれが初めてかもしれません。

0046dpp_1731
ライトの下に黒いラインがあるモデルの方が好みです。

0055dpp_1791
ディーノは独特の優雅な曲線美が美しい。

0070dpp_1906
ハコスカの直線的なラインが新鮮に映ります。日産さん、トヨタのランクル張りに復刻しませんか。

0071dpp_1912

確かウルトラマンシリーズで化学特捜隊が乗っていた様な。

現代においても宇宙船に見えるその車名は、そのままコスモスポーツですから。

« サーキットの狼ミュージアム vol.2 | トップページ | サーキットの狼ミュージアム アートvol.1 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サーキットの狼ミュージアム vol.3:

« サーキットの狼ミュージアム vol.2 | トップページ | サーキットの狼ミュージアム アートvol.1 »

フォト
無料ブログはココログ