« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

サザエのつぼ焼き

0001dsc04968
子供達も大きくなり、自宅でのBBQも年に一度行うか行わないかと言う頻度になってきました。

お手軽、お気軽、お金の掛からないイベントなのですが、車を移動したり機材を広げたりと何かと準備は大変です。たまに機材チェックの意味合いも含め、最低でも年に2回は実施したい所ですが。

0002dsc04972
BBQもマンネリ化してきているので、ここ数年は食材に拘っています。

今回はソラマメとアスパラを用意。売れないナスや玉ねぎを焼くより、大変美味でこちらの食材は瞬く間に完売します。

0003dsc04976
新鮮な魚介を求め朝から買い出しに行きましたが、不漁だったのか新鮮な魚やエビが入手出来ず。この日購入出来たサザエが唯一の御馳走。

サザエを焼いたことがこれまで無かったのですが、思いの外長時間焼かないと駄目だという事が分かりました。

貝殻一杯に水分を吹きますが、この水分が無くなるまで焼いて完成。これを知らずに提供したサザエは完全に生状態でした。何事も経験ですね。

2015年5月30日 (土)

投げ込みケース

0020dpp_2897_2
FLHXのサイドケースの収納量は必要十分な大きさであり、とりあえず何でも投げ込んでおけるのですが、私の用途ではツーリングの度にほぼ一杯になります。

次回、ケース内の持参品を出先で広げてみたら意外な量に驚くかもしれません。

前回のツーリングでは、レインコート、インナーウエア、5DⅢと交換用レンズ2本、CD、ガイドブック、工具。これで満タンであり、家族へのお土産購入が出来ませんでした。

何より工具類とカメラ機材、そしてレインウエアが嵩張ります。

せめてお土産くらいは購入したいので、取捨選択してみる必要が有りそうです。

2015年5月29日 (金)

Canon Angle Finder C

0001dpp_2209
Canon アングルファインダーC 購入価格\18,850+税

雑誌で見た純正アングルファインダーをビックカメラで購入してきました。

0002dpp_2210
想定より結構大きく重い。いつも携帯するという訳にも行かないかなと購入動機が少々揺らぎます。

昔、子供の頃に遊んだ潜望鏡の仕組みですね。

0003dpp_2211
装着は簡単ですが想定より少々遊びが有ります。

ローアングルからの撮影には使えそうですが、それほどローアングルで撮影する状況が有るのかという思いも。

購入したからには元を取るべく使用してみたいと思います。

2015年5月28日 (木)

ハイレゾリューション体験

0003dsc05249
百聞は一見に如かず。ハイレゾとは何ぞやと体験してみる事にしました。

毎日通勤で使用しているウォークマンが交換時期に差し掛かっていた事も有り、最も手軽にウォークマンにて。

そもそもハイレゾとはどの様な意味合いかと調べてみれば、High-Resolution Audioの略称。

更に踏み込んで調べてみると概要は以下の通り。

「ハイレゾ音源」とは、スタジオで録音したマスターが持っている情報量により近い高解像度の音源(データ)のことを指します。CDよりも情報量の多いハイレゾ音源はきめ細やかな音になり、CDでは再生できない空気感と臨場感を表現する事ができます。ハイレゾ音源データは、スタジオで録音されたそのままの音源に近いので、ハイレゾ対応プレーヤーで再生すると、ボーカルの息づかいや個々の演奏者の立ち位置まで、リアルな臨場感と立体感を得ることができます。

ハイレゾ音源の主流とされる「96kHz/24bit」や「192kHz/24bit」の情報量とCDの情報量「44.1kHz/16bit」を比べると、ハイレゾ「96kHz/24bit」ではCDの約3.26倍、ハイレゾ「192kHz/24bit」の場合には、約6.52倍の情報量をもっていることになります。

16bitと24bitのダイナミックレンジの違いは48dBとなります。
bit数が24bitであれば圧倒的に細かく音の変化を捉えることが可能です。
ハイレゾ音源ではCDでは埋もれていた残響音などの非常に小さな音まで繊細に表現することができ、さらに大きな音も歪むことなく録音することができます。

人間の聴き取れる周波数帯域(可聴帯域)については、個人差や年齢差はありますが、一般的に20kHzが上限といわれています。 一方で、「人間は耳で聴き取れない高域についても何らかの方法で感じ取っていて、聴覚に影響を与える」、 「可聴域とされる~20kHzのうち高域の周波数信号についてサンプリング点が多く取れることで正確な再生になる」という説もあり、 可聴帯域外の周波数の効果についての研究も行われています。
一般的には20kHz以上の音が記録されると、音質がアナログの様に柔らかくなる傾向がみられます。

通常の音楽CD「44.1kHz/16bit」という規格を周波数帯域/ダイナミックレンジに直すと20~22.05kHz/96dBになります。それと比べてCD規格より上のハイレゾ音源「96kHz/24bit」は、20-48kHz/144dB(理論値)、 「192kHz/24bit」は、20-96kHz/144dB(理論値)の周波数帯域/ダイナミックレンジをカバーしています。

なるほど。

0006dsc05252
御託はどうでも良いので、とりあえずWEBサイトからハイレゾ音源のアルバムを数枚ダウンロード。当然ハイレゾはデータが重いので、私のネット環境においては多大な時間を要しました。

そしてボリュームを少々上げ視聴してみると。

鈍感な私でも音源の透明感に驚きました。ボーカルが耳元で歌い、ベースはもちろん、ハイハットやタムの音まで聞き分ける事が出来ます。確かに従来のCDの音源とは明らかに異なります。

2万数千円でハイレゾ体験可能です。是非一度お試し下さい。

2015年5月27日 (水)

ATLAS MCN46si

0001dpp_2813
FLHXのナビは迷わんを使用し続けていましたが、流石に9年が経過しているので現行のバイクナビに代替え購入を検討することにしました。

しかしながら、バイクナビは市場が小さいのか迷わんの後継機種は存在せず、参入企業も僅かであり選択肢は限定されます。

高額でしたが最も使えそうなATLAS社製のMCN46siをネット購入。

ブラケットはオプション設定が無く他社製を流用。付属配線は不要なソケットだらけでしたので、不要配線をニッパで潔く切断し電源をシガーソケットを流用してハンダ付け。

結構面倒な作業でした。

0021dpp_2898
神流川ツーリングの試験使用にていきなり洗礼を受けました。

ブラケット金具の六角ボルトが振動で緩み危うくナビ本体が落ちる所でした。ハーレーの振動対策としてロックタイトを塗布する事をすっかり忘れていました。

0022dpp_2899
持参していた工具を駆使して応急処置。まだ仮固定のため配線類はインシュロックでハンドルバーに括り付けたままなので、こちらも何とかしなければなりません。

自宅に戻ってから再び全てを分解しロックタイトを塗布して組み直し、配線類もフロントフォークの中へ落とし込んですっきりさせました。

肝心なATLAS MCN46siの使用感はまた後ほど。

2015年5月26日 (火)

ルディプロジェクト ライドン

0002dsc04982
ロードバイクにて使用しているルディプロジェクト ライドン レンズはマルチレーザーブルー。もう5年ほど使用しているでしょうか。

ングラスは車、ハーレー、ロードバイク用にと幾つ存在するのか正確に数えた事はありませんが、その中でもルディプロジェクト製が最も使い易く、モデルを変えて3個ほど所有しています。

0003dsc04984
このライドンが最も安価な商品で17000円程。度々落下させてしまいましたが、レンズの端が若干欠けた程度で強靭。

ただ、ノーズに塗布されている緩衝剤が経年で溶け出し、この粘着物がレンズに付着するとそれは大変な事になります。

0005dsc04986
買い替えを考えて販売元のサイトを確認したところ、交換パーツが販売されていました。部品価格1200円。

手前が交換部品で奥が溶解した部品ですが、買い換えた方が良かったかもしれませんね。早速交換して走行してみましたが、このノーズは固く形状も悪いので長距離では当たる部分がかなり痛みました。

曲げて少々形状を変えてみようと思います。

2015年5月25日 (月)

ハーレーにもエアサス

Dsc04898
GWにて新型試乗した帰路、愛馬のリアサスに底突きを感じました。

2015FLHXSはリアサスが改良されて乗り心地が良くなっていると説明を受けたので、尚更そう感じたのかもしれません。

マニュアルを読むと07FLHXもエアサスが奢られており、一名乗車の設定圧力は0~5phaとの事。

Dsc04900
思えばFLHXを購入して初めての行為かもしれません。

サドルバックを外しエアバルブを発見しMTB用で購入したエアゲージを装着。

計測してみるとエアは一切入っておらず0でした。マニュアル上では0設定も有りなので、特段不都合は無かった様ですが、乗り心地を考えれば無圧よりも多少充填されている方が快適でしょう。

Dsc04902
結局設定枠上限の5pha迄充填してみました。果たしてこれで乗り心地がどれだけ変化するのか走ってみたいのですが、仕事に追われ休みが取れない状況なので果たしていつになる事やら。

そして、サドルバックを外してみると各所のパーツが相当汚れている事が判明。前後タイヤを交換したら一度綺麗に磨いてみようと思いますが、恐らく丸一日費やす事になるでしょう。

2015年5月24日 (日)

Apio サイドシルパネル・ステンレス

0001pc130001

Apio サイドシルパネル・ステンレス(穴あけ不要タイプ) 24,700円

大きな箱で届きましたが、相当な重量が有るので計測してみると5.4kg。

0002pc130002
ハードなオフロードを走行する訳でもないため私には不要なのですが、前輪の石跳ね等の傷防止とドレスアップを兼ねて購入。

しかしながら、更なる車重増にて二の足を踏み半年間放置していました。

冷静に考えればステンレスパネルですから相応の重量は覚悟しておくべきでした。よく部品購入の際に思うのですが、一般的に寸法表記は有っても重量表記が無い。重量を知ると購入を躊躇うのであえて表記しないのでしょう。

0003pc130003
取付に至っては両面テープと付属ビスで固定するだけなので簡単なのですが。

熟慮の末、単なるドレスアップに5kg増は無いだろうと、結局このまま売り払ってしまいました。

2015年5月23日 (土)

自動車税

0008dpp_2912
何でもかんでも値上げ、値上げ。いつも購入していたお菓子が何の前触れも無く、同じパッケージで大幅減量になっている事に憤りを感じます。

給与は上がらず急激に物価が上昇ている事を切実に感じます。

そんなところへ自動車税の納税通知書が3通届きました。

0011dpp_2915
今年は例年通り、MINI 39,500円+JIMMNY 7,200円 + FLHX 4,000円 合計50,700円

2016年はFLHXの税金が1.5倍に上昇します。乗用車は環境対策と言う妙な屁理屈から、登録から13年超過した車両は一斉増税。長く大切に乗っている車の方が税金が上がるのですから妙な話です。

納税者に重税を課す前に、無能な議員の定数削減が先ではないでしょうか。

2015年5月22日 (金)

レンズ沼の畔

0012dpp_1261
レンズは継続して愛用出来る”資産”だと言い訳していますが、メーカーの術中に嵌っているだけなのでしょう。

上記の箱は2014年に投資したレンズですが計30万円弱。レンズ沼の畔かと思っていましたが、両足までどっぷり浸かっていました。

最近は16-35mmの広角を多用していますが、時折、何ミリのレンズを保有していたか分からなくなるので、点検清掃も兼ねてレンズの棚卸が必要です。

以前はタムロンなどの社外レンズも持っていましたが、ボディが同社レンズに合わせて測距点設定を行っている事を知ってからCanonで統一。

私が現在所有しているのは付き合いの長い順から

EF100mm F2.8 マクロ USM

EF50mm F1.4 USM

EF24-70mm F2.8L II USM

EF85mm F1.2L II USM

カメラのマイブームも沈静化してきたので、そろそろドナドナが必要でしょうか。

2015年5月21日 (木)

スロットルとアクセル

0007dsc02428

車はアクセル、バイクはスロットル。目的は同じでも、操作を足で行うか手で行うかの差は極めて大きい。

バイクはこのスロットルワークが実に楽しく、バイクを降りられない理由の一つですが、足で操作するアクセルよりも手で操るスロットルの方が繊細で五感をくすぐる気がします。

0009dsc02431

このHOOKERは音量調整可能なので、私の場合3分の1ほど絞っていますが爆音にならず重低音が心地よい音色を奏でますが、バイクに乗らない方にとってはいずれも騒音。

市街地や時間帯によっては随分注意しています。

0011dsc02437

街で爆音ではない心地良い三拍子を聞くと、つい音源を探してしますが大抵純粋にハーレーを愛する人の姿がそこには存在し、人馬一体で素敵だと感じます。

反して品のない爆音と共に目にするのは、ビックスクーターが多いですね。ハーレーでも直管同様にもの凄い爆音の方も時折見かけるので、法による騒音規制は致し方ないでしょう。

それにしても六本木、麻布界隈を仕事で通っていますが、フェラーリやマクラーレン、カウンタックが物凄い爆音で普通に走行しています。こちらも明らかな整備不良ですが、高級外車の摘発は警視庁も敬遠しているのでしょうか。

2015年5月20日 (水)

64GBコンパクトフラッシュカード

0002dpp_1251_2
年々といいますか毎月価格が下がるメディア。

デジカメを始めた頃は1GBのコンパクトフラッシュカードでも2万円程していたと記憶しています。

私が購入するメディアはせいぜい2万円迄であり、海外旅行などイベントのタイミングに合わせて買い増していました。

1GB→2GB→8GBと、価格の下降とともにほぼ同一価格で容量は増加。しかしながらデジカメの画素数も比例して800万画素から今では2000万画素超となり、書込み速度も高速化。

現在使用している16GBはM-RAWで1400枚程度撮影可能ですが、一日撮影しているとパンクしてしまうので買換えました。

32GBでも良かったのですが、価格差がそれほど無かったので64GBに。

Sandisc ExtremePRO 64GB 最大160MB/秒(1067倍速)の読取り速度と最大150MB/秒(1000倍速)の書込み速度

購入価格33,800円

冷静に考えるとやはりまだ高いですね。

2015年5月19日 (火)

チューブレスタイヤ廃止

0001dpp_2905

3台の内、2台はチューブレスタイヤを採用していますが、毎回パンクに怯えている状況です。無事に帰り着くと、今日もパンクぜずに期間出来て幸運であったと感謝の意。

一度チューブレスでパンクして以来、この習慣が身についてしまいましたが、先日もクリンチャーのコルナゴで近隣を散策した際にパンクし、チューブ交換を久し振りに体感したので、チューブレスタイヤは止めようと考えるに至りました。

そしてチューブ5本を纏め買い。

0003dpp_2907
結局、ロードバイクの場合、クリンチャー、チューブラー、チューブレスという選択肢の中、アマチュアのレベルでは軽量化の恩恵は微々たるものであり、逆にパンク時のリスクの方が多大。

恐らく同じバイクで、タイヤの交換状況を伏せて試乗してもその差は分からないと思います。言われてみれば軽いかな?程度でしょう。

ただ、実際にチューブレスからクリンチャーに戻すといっても作業はなかなか面倒。

良く見るとチューブレスタイヤは交換してから距離も走っておらず、全く摩耗していない車両も有るので順次交換して行く事にしました。この安易な考えで走行しているうちにパンクしてしまう事が最も恐ろしいのですが。

2015年5月18日 (月)

REBECCA

0007dpp_2911
私が高校生だった頃でしょうか、彗星の様に現れ衝撃を受けたREBECCA。

小さな体から溢れ出るエネルギー、歌唱力に圧倒され、通学時に毎日ウォークマンで聞いていました。

そのREBECCA復活ライブが横浜スタジアムで開かれる情報を入手しましたが、既に手遅れでありサイトにアクセスしてみましたがSOLD OUT。

仕方が無いのでブルーレイを探しましたがDVDしか販売されおらず、価格も1枚3,459円。2枚で6,918円でしたが、目が肥えた現代の目線で見ると、画像も音質もカメラワークも悪く、価格設定は見合わないと感じます。

それもそのはず、LIVE映像は1985年の渋谷公会堂であり、既に30年もの歳月が流れています。

果たして30年を経たREBECCAの再結成ライブですが、冷静に考えると観たい様な観たくない様な複雑な心境ですね。

2015年5月17日 (日)

ミッドタウンにゴジラ現る

0005dsc05196
いつも通っているミッドタウン前の広場に巨大なゴジラが出現。

0001dsc05188
新宿コマ劇場にゴジラが現れたのは知っていましたが、六本木にも凱旋してきたのでしょうか。

0003dsc05194
相当な大きさであり、外国人観光客がゴジラに齧られている写真を撮影されていました。なかなか良く出来ていますが製作費用は百万単位ではないのかもしれません。

それにしても、妙にリアルに出来ているためかゴジラに見えません。ゴジラで良かったのですよね?もしや違うのかな。

0006dsc05202
この温泉に浸かっている様な様子も不思議ですね。意図する説明書きも無いので、目的が分からずかえって興味を引くイベントでした。

2015年5月16日 (土)

トピーク フレームバック

0073p5040229
ロードバイクがマイブームであった頃、手当り次第に買い求めた関連商品の一つがこのフレームバック。

登場の機会が無くなり長らくお蔵入りしていましたが、スマホを携帯するために装着してみました。

0075p5040232
始めた当初は遠征が楽しく、補給食やデジカメなどをこのバックに入れていました。3か所のマジックテープをトップチューブとヘッドチューブにくぐらせて固定しますが、思いの外安定しています。

ただ、見た目は決して宜しくなく、ハンドルを大きく切ると曲がりますし昇降の際に邪魔になります。

走り慣れるにつれ無用な荷物が不要となり、必然的にこのバックが不要となった訳です。

0076p5040234
ただ、バックポケットの品は汗の影響を受けてしまう為、出来ればスマホは別に携帯したい。そこでこのフレームバックを急遽、永眠ボックスから探し出した次第です。

期待通り私が使用している大型スマホがぴたりと納まりました。所在位置を時折確認でき、皇居遠征の際には実に役立ちました。

もはやスマホがあれば携帯ナビなど不要ですね。

2015年5月15日 (金)

立ち寄り秩父

0039dpp_2808
いちご狩りの帰りに検索してみると、秩父駅まで5kmほどしか無い事が判明。

では、寄ってみますかと秩父の町を子供たちと散策してみました。

0024dpp_2793
秩父鉄道のどこまでも続く線路。秩父鉄道でしょうか。

0027dpp_2796
昔懐かしいおもちゃ屋さん。

0030dpp_2799
ドラマなどの撮影で利用されている味わいのある喫茶店。昔はこの様な造りの喫茶店が存在していました。

揃ってクリームソーダを注文。

0033dpp_2802
洋館の前にクロスオーバー。赤は映えますね。

0034dpp_2803
文化財指定を受けている喫茶店でしょうか。次回はこちらで。

0037dpp_2806
創業130年のお菓子屋さん。このちちぶ餅、驚くほど柔らかく美味です。是非お土産に買って帰りましょう。

0041dpp_2810
こちらも恒例のお蕎麦屋さん。

お腹一杯で食べられないと言いながら、今年もざるそばを平らげてしまいました。

2015年5月14日 (木)

2015 いちご狩り

0004dpp_2773
今更ですが春休みを利用して恒例のいちご狩りに行ってきました。

昨年は大雪で施設全体が壊滅してしまったため、2年振りの来園となりました。

0008dpp_2777
仕事の都合がつかず無理やり休んだ金曜日でしたので、子供二人を連れての来園になってしまいましたが、週末前の金曜日という日が良かったのか前回より熟れた大きないちごが多く、おなか一杯食べることが出来ました。

0001dpp_2770
雪でハウスは当然ながらこの辺の屋根も全て潰れてしまったそうです。雪の重さは実に怖い。

0012dpp_2781
二匹の山羊が頭突きで大変な事になっていました。餌を与えて仲裁。

0016dpp_2785
恒例の鮎釣りは針を入れて10秒で終了。

0018dpp_2787
ハンモックで揺られながら秩父の山々をのんびり眺め腹ごなし。

0021dpp_2790
こちらも恒例のバーベキュー。自家製たれが美味。

もう10年近く通っているかもしれませんが、いつまでも変わらないことが素敵ですね。

2015年5月13日 (水)

センサー電池切れ

0010p5100089
天候が暫く悪いとのことで、僅かな時間を使ってホンダエアポートまで軽く往復してみました。

この日は台風の接近なのか北西の風が強く往路に苦戦しました。

0005p5100015
皇居までの遠征の際に、ハートレートモニターが度々エラーチェック表示が出ていたのですが原因が分かりました。

スピードセンサーとケイデンスセンサーの電池切れでした。

この日は走り始めからエラーが出て、一切スピードとケイデンスは検知せず。心拍のみが計測されていましたが、PCに接続するとスピードセンサーで計測のON、OFFを行っているために一切データが記録されていませんでした。

0001p5100007
以前、センサー自体を真っ二つに分解し電池交換を行えるように加工した部品が有るので、一度電池を入れてリユースが可能か実験してみたいと思います。

最も活用しているオルカなので、ブレーキ調整やグリスアップなど一連のメンテナンスをこの機会に行う事とします。

2015年5月12日 (火)

ロードバイクで皇居一周

0027p5040109
今回の目的地である皇居に到着。

皇居を1周するとちょうど5kmであり、景観も素晴らしいのでランナーの人気コースになっていると聞き一度走ってみたかったのです。といってもランニングは嫌いなのでロードバイクにて。

初めて皇居を散策しましたが、実に手入れが行き届いており(税金ですが)、広大で(国有地ですが)素敵な場所でした。

0029p5040111
これがかの有名な二重橋ですか。

ランナーと自転車の侵入は駄目だと掲示板が掲げられていたので、バイクを押しながら漸くここまで辿り着きましたが、警備員が飛んできて怒られました。

私はバイクを降りて押してきたから可だと思っていたのですが、自転車自体をここまで持込んではいけないとの意図だったようです。

折角歩いてきたのだからと写真だけ撮らせてもらい、早々に引き返しました。

0035p5040124
バイクはこの先侵入不可らしく、ここに止めて歩けば良かった様です。

0040p5040131
二重橋を中心に一周走ってみました。

0045p5040143
一級河川の様な皇居のお堀の水量は果たして如何ほどなのでしょうか。

0050p5040154
各所に設けられた橋や門柱が実に多種多様で興味深い。

0056p5040172
僅か一周5kmのお堀ですが、高低差に富み趣もそれぞれ異なっており飽きさせません。

0060p5040179
皇居を走るランナーが多い理由が分かりました。そして、ロードバイクで計測してみましたが確かに5km。

GHQの考え次第では、ここは今頃どの様な施設になっていたのでしょう。天皇制についての個人的な意見は述べませんが、この広大な敷地を維持管理する為の莫大な費用が血税で賄われている事を我々は忘れてはなりません。

2015年5月11日 (月)

ロードバイクで東京駅

0015p5040041
永代橋を過ぎて更に進むと東京駅に出ました。

0018p5040057
凄いなロードバイク。東京駅まで簡単に到着出来ました。

0024p5040104
粋な計らいにて、こちらにも鯉のぼりが掲げられていました。

小さな鯉のぼりでしたが、暫く粘って元気に泳ぐ様子が撮影出来ました。

多くの通行人に交じってレーパンとジャージ姿で鯉のぼりを撮影し続ける私。こんな姿でも外国人観光客に”大丸”を尋ねられ、反対側であることを全身で表現して何とか理解していただきました。

その後英会話は一向に上達しておらず、たかだか「大丸デパートは駅舎の反対側に存在しますよ」が説明出来なかった事を悔しく感じました。

2015年5月10日 (日)

永代橋

0011p5040031
永代通りをひたすら直進すると当然永代橋に到達します。

0014p5040040
自転車で通過するのは今回が初めて。極めて速度を落としながらゆっくり橋を観察しながら渡りましたが、想定以上に長く広く感じました。

Rの主柱やトラスに組まれた骨組みが繊細で美しい。

0063p5040192
自転車だと行ったり来たり、止まったり進んだりと赴くままに観察出来ます。むしろ歩いて監察するよりも効率が良い。

よく観察するとリベットが整然と並び綺麗な模様の様に写ります。

確か戦後、作る船が無くなった造船業界が戦後復興のために、こぞってこれらの橋を造ったので軍艦のような勇ましいリベット打ちの橋になっていると本で読んだ事が有ります。

0066p5040203
橋の袂に掲げられていた土木学会選奨土木遺産の石碑には、以下のような記述が有りました。

我が国ではじめてスパン100mを超えた橋であり、しかも現在最古のタイド・アーチ橋。

近代橋梁技術の粋を集めてつくられた震災復興橋梁群の中心的存在。筋骨隆々とした男性的なイメージがこちらで、優雅な下垂曲線を描く女性的なイメージの橋が清州橋なんだとか。

こうなると、次回は清州橋を見に行かなければなりません。

0065p5040200
橋から臨むスカイツリー。吹き抜ける風が初夏を感じさせます。

0067p5040204
橋の歴史を知り、長き時を経て存在するその雄姿を愛でる事は思いのほか楽しいですね。

橋マニアに入信してみようかと考えてしまいます。

2015年5月 9日 (土)

2015GW 最終走行

0002p5040006
2015年のGWは一切雨が降らず連日25度前後の晴天。

連休後半は大概天気が崩れるのですが、これほど天候に恵まれたGWは今までに例が無いのではないでしょうか。

久々にロードバイクと戯れた4月でしたが、GWの締めくくりとして最後に100kmを走ってきましたが、この連休で一年分の紫外線を浴びたような気がします。

0005p5040017
この日は強烈な南風に見舞われ、新砂に辿り着いたころには全身砂まみれになりました。雨が降っていませんからね。

0001p5040002
この後、新砂から永代通りへ出て一度行ってみたかった場所へ足を延ばしてみました。

走行距離 112.8km

平均/最大心拍 134/164bpm

平均/最大ケイデンス 65/110rpm

平均・最高時速 24.2km/h・47.2km/h

走行時間  4:28

消費カロリー 2721kcal

消費飲料2.0L

2015年5月 8日 (金)

07FLHX 下取り120万円

0020dsc04867
ショールームに展示されていた2015年式 FLHXSの定価は税込で300万を超えていました。為替の影響も有るでしょうが、標準装備となったセキュリティーシステムやABS等がそのまま販売価格に反映されている模様。

確か私のFLHXは250万強であったと記憶しているので、50万程販売価格が上昇している事になります。

そして、私の07年式FLHXは走行距離はまだ12,000kmに届きませんが、今年で9年目に入りましたので、タイヤをはじめ消耗部品の交換などで少々投資が必要となる時期。

因みに買い替えた場合の残債はいかほどになるのかと見積りをお願いしてみました。

0022dsc04869
愛馬の下取り価格は購入したディーラーという思いも有り、150~180と読んでいましたが、何と提示された価格は想定を大きく下回り120万円。随分辛いですね。

低査定に驚くばかりでしたが、この2015FLHXSと入れ替えた場合の残債は205万円。

とても200万払って買い替える必要性は無く、むしろHONDAのS660を購入します。

0024dsc04871_2
唯一オーディオだけが気に入りましたが、この理由だけで新たなローンを抱える理由にはなり得ません。

0026dsc04873
そして、購入してから再びお金が掛かるのがカスタム費用。独立管にして、エアクリーナー、シート、コンピューターとマフラー等々で楽々50万超過。

3年、5年で乗り換えるという選択肢も有りますが、カスタムして楽しむハーレーやMINIは長期スパンで付き合う事が最良と考えます。

2015年5月 7日 (木)

2015年モデル試乗

0009dsc04856

GW初日、環八沿いを仕事で歩きましたが国産車は軒並み店休である状況に対し、ベンツやジープは営業中。国産と外車ディーラーではGWの捉え方が異なるのでしょうか。

この法則で行くとハーレーのディーラーも営業中ではないかと連絡してみると、やはり営業中。今回、FLHX購入以来9年振りに来店してみました。

お店の様相は変化が有りませんでしたが、これまでずっとお世話になっていた店長は残念ながら移動になっており、スタッフの方々も知らない方々ばかり。

改めて9年の歳月の重さを感じました。

0016dsc04863
来店の目的はツーリング系が如何に進化しているかに興味を抱いた事と、私のFLHXの下取り価格。

まずは試乗車としてこちらの車両を拝借し、30分程走らせていただきました。

最も気に入ったのは大幅にオーディオの音質向上が図られており、今時のUSB利用が可能になっている点。

エンジンは96より進化し100ccスープアップし低速からのトルクも厚い。タイヤのワイド化とフロントのインチアップでコーナリングも癖が無くスムーズ。

ABS、サドルバックの開閉方法変更、LEDヘッドライトなど、その他便利機能満載。

そして、試乗終了にて抱いた感想は「私には必要無い」。

アイドリングは1000回転で一切躍動感無く、加速性能も優秀なだけで味が感じられない。マフラー交換にてコンピューターを弄れば改善するのでしょうが、敢えて新型に買換える欲求は起こりませんでした。

エボリューションから4台乗り継いでいますが、買換える度に”味”が無くなっています。インジェクションに始まり次々に電子化され、癖が無くなって行き、乗り易くなっているのでしょうが高機能家電。

MINIも同様ですが新しくなる度に残念な気がします。

2015年5月 6日 (水)

富岡製糸場

0017dpp_2886

鯉のぼりの次に向かったのは、世界文化遺産に登録された富岡製糸場。

軽井沢は何十回と訪れていますが、ほど近い場所にこんな貴重な観光資源が存在している事を知りませんでした。

製糸場は峠沿いの寂しい場所に立地しているものだと勝手に想像していましたが、ナビの案内が市街地で終了したため困惑しました。

0015dpp_2884

県道から細い市街地を抜けた先に存在します。周辺は観光客向けの土産物屋や飲食店が店を構えており、ちょっとした賑わい有り。

0016dpp_2885
平日でしたがかなりの人出。警備員が2名立って一般車を誘導していました。

0018dpp_2891

家内と訪れる約束をしていたため、一人で入館すると後が怖いので今回は予習ということで外観のみ撮影。

館内は家内と来訪してゆっくり見学させていただきます。因みに入館料は1000円。
0019dpp_2896
困ったのは駐車場。市営駐車場を発見しましたが自動ゲート式であり、バイクスペース無し。

さてどうしたものかと徘徊してみましたが一向に見つけられないので、今回は失礼して路駐させていただきました。これも平日ならでは。

帰宅してから富岡製糸場のHPを見ると、バイク用の無料パーキングがしっかり用意されていました。事前の予習は欠かせません。

2015年5月 5日 (火)

再訪 十石峠

0012dpp_2876

鯉のぼり撮影後、神流川沿いを進んでいくと見覚えのある施設を発見。

0011dpp_2874

全く同じ写真を撮影したのは果たして何年前だったのでしょう。5、6年前かと思いますが、このコースを走った記憶が全く有りませんでした。思い返せば、こちらは十石峠でした。

いつも場当たり的に走り、記録も付けていないので折角のコースを忘却しています。地図に記載しておくべきですね。

0014dpp_2882

次の目的地に向かう途中、長閑な単線レールを発見。線路沿いの風景を撮影していると、タイミング良く列車が向かってきます。

地方の単線列車の運行状況は30分に一本程度でしょうから、正しくグッドタイミング。
0013dpp_2881
すかさずバイクと記念撮影。残念ながら古めかしい列車では有りませんでしたが、タイミング良く納められました。

踏切も警報機も無い生活道路を普通に横切る列車。長閑で微笑ましくなります。

2015年5月 3日 (日)

神流町 鯉のぼり祭り2015

0008dpp_2865_2
神流町 鯉のぼり祭り

これで”かんな”と呼ぶのですね。

通勤の最中にスマホで発見した5月の観光スポット。

神流町が主催する恒例イベントの様ですが実にローカルで興味深い。ほど近い群馬であり、神流川の上空を800匹もの鯉のぼりが泳ぐ姿が見られる。

これは行かない訳には行きません。
0009dpp_2871
HPを見ても具体的な開催場所や住所が明記されていません。

川沿いに走っていれば発見出来るだろうと、関越を降りて神流川沿いの県道へ。この道が思いの外、景観も良く走りやすいので今後のツーリングコースにする事にしました。

そして神流町役場前に800匹の鯉を発見。

0005dpp_2828
無風でしたので天日干しのシシャモの様相。

これでは絵にならないと残念モード。

0006dpp_2838
と思っていたら、下流から風が吹き始めました。偶然ですが歓迎してくれているかの様な出来事に感動。

0007dpp_2851
800匹もの鯉のぼりが泳ぐ様は実に壮観。

この時の時刻は9時で太陽は直射であり逆行。例によってPLフィルターを忘れてしまい、露出を思い切り絞っても白飛び。色とりどりの鯉のぼりの鮮やかさが表現出来なかったので、来年また出直して来ます。

こういう口実が有ると来春再訪出来ますから。

0010dpp_2873
この日は平日なのでイベントはお休み。

駐車場が無かったので、ちゃっかり役場の駐車場の隅っこを拝借。有難うございました。

子供の成長を願って掲げる鯉のぼり。観て美しいばかりでなく、エネルギーをいただいている様な気持ちになりました。

2015年5月 2日 (土)

2015年 GW

0004dpp_2819

例年GWは何処へ行っても酷い混雑なので、我が家のGWは「何処にも行かない」ものであると各自が認識しており、極小庭でのバーベキューのみが唯一のイベント。

今年のGWは5日間の連続休暇であり、天候も安定しているので例年にも増して交通渋滞が予想されるとTVでも注意喚起。折角バイクで一日ぐらい出かけてみようと考えていましたが、この言葉で断念。

しかし、急に5月1日が休みになったので、訪れてみたかったスポットへ向け6時に出立。

0001dpp_2812
水曜日から続きで休む方も多いかと思いきや、道路も観光地も空いており、しかも一日晴天。早起きした甲斐が有りました。

0003dpp_2817
この日は湿度は低いものの気温は30度近くまで上昇した様子。

まだ5月1日なのに。

2015年5月 1日 (金)

革製レンズキャップホルダー

0017dpp_2204
オープンからかなり時間が経過してしまいましたが、トレンドを知るために渋谷ヒカリエを訪問。

コンランやIDEE等も入っている事を知り、予定時間を超過しながら雑貨を物色。

そんな中、形の可愛い革製ホルダーを発見。シガーケースですが、手持ちのレンズキャップを入れるとジャストフィット。

0018dpp_2205
フックで腰に掛けられるので探していた理想のホルダー。私の場合、レンズキャップは適当にポケットに突っこんでしまうのですが、埃が付着する上に傷が付くので。

腰から下げる格好良いホルダーを探していた訳です。

0019dpp_2206
フックが固く脱着に難ありですが、味が出てくるころにはバネも柔らかくなってくるでしょう。

定価7,020円と高価ですが3割引きで4,900円。長く使えそうです。

フォト
無料ブログはココログ