« メガネ橋 | トップページ | マラソン大会 »

2015年6月 8日 (月)

メガネ橋 vol.2

0083dpp_2998_2

急な階段を駆け上がった事で噴き出して来た汗を、トンネルからの冷風が冷ましてくれました。

列車が通れば一杯になってしまうほどの狭いトンネルですが、当時はダイナマイトで破壊しながら掘り進んで行ったようです。その危険極まりない作業で500人以上の人々が命を落としたのだとか。

0069dpp_2984
この狭いトンネルを駆ける蒸気機関車が存在したことは、俄かには想像しがたい状況ですが物凄い迫力だったことでしょう。

メガネ橋からすぐの下りトンネルは560mも有り歩き甲斐がありました。実際に歩いてみると確かに急勾配、当時の列車にとっては悲鳴を上げるような難所だったのでしょう。

0070dpp_2985
トンネルの撮影は明暗のコントラストや、壁の質感描写がこれまで難しいと思っていましたが、暗所に強い1DXの表現力は素晴らしい。

PLフィルターを付けていた事を忘れたまま撮影してしまいましたが、それでもこれだけ的確に写りました。良い機材は愚か者をも救います。
0075dpp_2990
工期短縮の為にトンネル中央部に穴をあけて両側から掘り進んだそうです。

当時の日本人の体力、精神力は現代とは桁外れであった事は間違いありません。

0072dpp_2987
トンネルを抜けるとその先に新たなトンネルが見えました。

6km歩くと鉄道文化村まで辿り着けますが、30度の暑さなのでこちらでUターン。散策するには秋がベストですね。

« メガネ橋 | トップページ | マラソン大会 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メガネ橋 vol.2:

« メガネ橋 | トップページ | マラソン大会 »

フォト
無料ブログはココログ