« 碓氷峠 鉄道文化村 vol.3 | トップページ | 碓氷峠 鉄道文化村 vol.5 »

2015年6月 4日 (木)

碓氷峠 鉄道文化村 vol.4

0029dpp_2944
このゼロハリバートン張りのアタッシュケースの様な車輛は、塩害対策でステンレス製になっているそうです。一般的な車輛の単価の倍ほどの価格ではないでしょうか。

実に格好良い素敵な車両ですが野ざらしです。

0025dpp_2940
懐かしい寝台列車。

大宮の鉄道博物館では車両外からの覗く事しか出来ませんでしたが、こちらは自由に入場可能。懐かしいと家内と二人でしみじみ当時を思い出しました。

0026dpp_2941
改めてこの3階構造をまじかで見ると、この造りの潔さと安全性の切り捨てに驚きます。

3階は天井ぎりぎりの空間であり潜水艦も真っ青。いかにも利きの悪そうなエアコンが設置されており、夏場は暑くて就寝出来なかった事が容易く理解できます。

子供の頃はこの寝台で寝ることにわくわくしたものです。

0050dpp_2965
展示館には碓氷峠開通に多くの犠牲者を出したこと、いかに過酷な難所であったかということが学べます。

この66.7の標識は1000mで60mの急勾配である事を示しています。後ほど実際にこの傾斜を歩いてみましたが、確かに車輛にとっては大変な傾斜だと理解出来ました。

« 碓氷峠 鉄道文化村 vol.3 | トップページ | 碓氷峠 鉄道文化村 vol.5 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 碓氷峠 鉄道文化村 vol.4:

« 碓氷峠 鉄道文化村 vol.3 | トップページ | 碓氷峠 鉄道文化村 vol.5 »

フォト
無料ブログはココログ