« 入水鍾乳洞 | トップページ | JB23W カスタム【vol.37 Apio フロントグリル】 »

2015年8月18日 (火)

JB23W カスタム【vol.37 Apio コブラインテーク 3】

0014img_0632
同車種が並べば違いは歴然ですが、見慣れるとこれが標準仕様の様に感じます。

装着しての感想は、当然ながら冷却効果云々など分かるはずも無く、単なるイミテーションでですが、見た目の派手さ感が5%程上がったでしょうか。

運転していて気付いたのは、高さが増した分だけフロント左手の死角が増加する事。

この部位の凹凸は思いのほか視認性に影響が生じることを改めて認識しましたが、往年のアメ車の巨大なボンネットスクープなどは、ドライバーから対角線上は全くの死角であったことでしょう。

デメリットも若干ありますが、面白いパーツなので塗装する手間を惜しまない方にはお勧めです。

« 入水鍾乳洞 | トップページ | JB23W カスタム【vol.37 Apio フロントグリル】 »

JIMNYJB23W」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JB23W カスタム【vol.37 Apio コブラインテーク 3】:

« 入水鍾乳洞 | トップページ | JB23W カスタム【vol.37 Apio フロントグリル】 »

フォト
無料ブログはココログ