« JB23W カスタム【vol.37 Apio フロントグリル】 | トップページ | 入水鍾乳洞 vol.3 »

2015年8月20日 (木)

入水鍾乳洞 vol.2

0065p7290714_2
従来の鍾乳洞の固定観念を覆す入水鍾乳洞は、舗装など施されておらず原型のままで入洞者を迎えます。

あぶくま洞と同様に洞内は15度前後、持参したビーチサンダル若しくは券売所でレンタルする健康サンダルで進みますが、足元は悪く捻挫注意。

0017p7290647

自ら足場を選択しながら進んで行きますが、高さ幅共に大変狭い空洞に身を屈めながらなので腰痛持ちの方は厳しいでしょう。

0038p7290681
エイリアンを彷彿とさせるような洞内。怪しげに光っており少々不気味。

0036p7290679
突如大穴が開いていたりします。歩を進めるうちに不安になっていく鍾乳洞も珍しい。

当御一行は楽観者ばかりなので驚きを口にしながらワイワイ突き進んで行きます。

0029p7290672_2
人が横向きになって漸く進めるような幅の狭い急勾配階段等も存在しますが、この鍾乳洞はルートが一つなので、行きと戻りの方がすれ違えない場所が点在。

出くわした場合、すれ違える場所までいずれかが後退しなければなりませんが場所が悪いと大変。

0042p7290685

実にハードな入水鍾乳洞。

« JB23W カスタム【vol.37 Apio フロントグリル】 | トップページ | 入水鍾乳洞 vol.3 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入水鍾乳洞 vol.2:

« JB23W カスタム【vol.37 Apio フロントグリル】 | トップページ | 入水鍾乳洞 vol.3 »

フォト
無料ブログはココログ