« あぶくま洞 vol.3 | トップページ | 社畜 »

2015年8月13日 (木)

あぶくま洞 vol.4

00567q3a9868
こちらは月面をイメージした空間になっており、月の日の出から日没迄を演出していました。この写真の状態だと日の出でしょうか。

00397q3a9777
洞内の最終地点は滝根御殿と命名された直径25m、高さ29mの大空間になっています。

誰しもがその存在に思わず驚愕の声を挙げてしまいます。

00417q3a9790
この場に佇むと妙に落ち着いてしまうのは何故でしょう。

00447q3a9805
美しい。無神論者の私も思わず神の存在を考えてしまいます。

00497q3a9829_2
こんな場所からも撮影可能。

00527q3a9846
クリスマスツリーと名付けられた鍾乳石。

ゆっくり歩いても1時間程で堪能出来る鍾乳洞ですが、造形の美しさや都心からのアクセスなど、差別化を図るうえで非常に優れた鍾乳洞であることは間違いありません。

最寄りの寂れたドライブイン等を見ると、当時大挙して押し寄せた観光客は減少の一途なのかと容易く想像出来ますが、是非外国人観光客を誘致すべき。

原発の影響は未だ拭えませんが、放射線量などの計測データを提示した上で、大々的に安全性をアピールし世界に発信して行くべきです。この様な観光資源が日本に存在することを誇らしく思います。

福島を甦がえらせる為に我々一般人が出来る事は、率先して福島の地を訪れることです。

« あぶくま洞 vol.3 | トップページ | 社畜 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あぶくま洞 vol.4:

« あぶくま洞 vol.3 | トップページ | 社畜 »

フォト
無料ブログはココログ