« SONY MDR-F1 | トップページ | Bluetoothの弱点 »

2015年9月16日 (水)

iclever IC-BK03

00217q3a9509
iclever IC-BK03 ¥4,580

タブレット利用を開始しましたが、液晶画面において長文のタイピングは不適。こればかりはどうにもならないので、SONYオプションのキーボード購入を検討しましたが、いずれのサイトも評価は今一つ。

それではと高評価の携帯用キーボードを検索した所、この商品が最もセンスよさげでしたのでアマゾン発注。発注から2日で小箱が届きました。

折り畳み式Bluetoothワイヤレスキーボード 磁器制御ユニバーサル超薄アルミ合金

00237q3a9511
取扱説明の最後に日本語表記有り。バッテリー寿命は3年との事ですが、交換窓口などは掲載されておらず。

長く愛用したい私は、また自己責任で分解でしょうか。

00257q3a9513
こんな巾着袋にキーボードが入っています。

00287q3a9516
取り出すと超合金ケース。

00297q3a9517
背面。

00337q3a9521
半分開封。寸分の狂いも無く正確に開く事に驚きます。この丁番は素晴らしい。

00377q3a9525
御開帳。

5000円以下でこの精度は期待以上。ジョイントが分からないほど出来が良く、高性能精密機器の様にストレスなく開閉するので、ついつい何度も感心しながら同じ行為を繰り返してしまいます。

00417q3a9529
made in china

北アメリカの企業の様ですがこの折り畳みの技術には感心するばかり。

肝心のキーピッチとストロークですが携帯キーボードでは及第点。

また、今頃になって初めてBluetooth機能を使いましたが、この無線技術は素晴らしい。今まで使っていなかった事が悔やまれますが、常に無線通信を行っているために双方のバッテリーの消費が気になる所です。

Z4と携帯キーボードで実際に仕事をしてみようと思います。

« SONY MDR-F1 | トップページ | Bluetoothの弱点 »

Electric appliances」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iclever IC-BK03:

« SONY MDR-F1 | トップページ | Bluetoothの弱点 »

フォト
無料ブログはココログ