« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

技術資料館 うみめがね

00117q3a6616
デッキから景色を眺めていたら、駐車場の脇に”うみめがね”なる技術資料館を発見。

海ほたるを作り上げた技術の結晶が展示されているのだろうと、足を運んで覗いてみました。

00087q3a6603
受付は無人で館内見学無料。

決して広くはない施設ですが、どの様にして海ほたるが造られたのかという、オールジャパンの技術の粋が展示されています。

00097q3a6605
モニュメントとしても屋外展示されているカッターフェイスに取付けられているカッタービット(歯)が並んでいます。

工業ダイヤモンド製かとばかり思っていましたが、母体はニッケル、モリブデン、クローム、マンガンの合金、刃先は炭素タングステンとコバルトの構成材。

これだけ特殊な合金でも、モニュメントの歯を観察すると刃こぼれが随分見受けられましたが、地球の地下岩盤はそれだけ固く強固であるという証なのでしょう。

00107q3a6609
地下トンネルの断面模型。

2層式になっており車道は上層部であり、緊急車両は地階を行きかう事が可能。このシールド管の中を我々は走っている訳です。

00127q3a6620
海ほたるのモックアップ。南沙諸島で某国が島を作っている技術と同様ですね。

ただ、海ほたるは東京湾内に位置しているので、この程度のテトラポットで波を打ち消していますが、某国のそれは台風や津波の影響を直接受けるため、どの様な造りになっているのか興味を抱きます。

00137q3a6622

この事業は私が生まれる以前から発案され20年前に竣工していますが、総事業費は何と1兆4409億円。

やはり海洋事業は莫大な総工費になりますが、日本道路公団、地方公共団体、民間出資の合弁との事ですが、果たしてこの何割が血税で賄われているのでしょう。

維持管理も当然ながら莫大であり、収支に見合う事業であるのかと言えば否でしょう。

00157q3a6637
なかなか海洋事業を学ぶ機会は有りませんが、日本の高い技術力は現在も世界で最先端を走っていると感じます。

日本経済の縮小に伴うインフラ工事減少等で今後が危惧されますが、世界で更なる技術力向上と成長を願うばかりです。

2016年1月30日 (土)

海ほたるパーキングエリア

00017q3a6447
バッテリー上がり防止の為に月例長距離走行。

何処に向かうか迷いましたが、今回は大雪の影響が無かった千葉に向かう事に決定。

家内が海ほたるパーキングエリアを訪れた事が無かったので、のんびりパーキングとは思えない島内を散策してみました。

00037q3a6550
頑張って6時前に出発したので海ほたるには8時前に到着。

この日は0℃近くまで冷え込んだものの無風であり、デッキで長い時間水平線を眺めていました。東京湾も眺める分には綺麗な海ですね。

00027q3a6454
冬場の早朝は乾燥しており写真が綺麗に写りますね。

少々ガスが掛かっていましたが、富士山やスカイツリー、ランドマークタワーまで見る事出来ました。これも冬ならではですね。

00057q3a6578
週末は大変な混雑なのかもしれませんが、平日なので誰も居ません。

00067q3a6587
ここを訪れるのは二度目ですが、大きな客船に乗っている様な錯覚に陥ります。

海を眺めていると時の経つのを忘れてしまいますが、次回は望遠レンズなどを持参して、ここから夜明けの写真など撮影してみたいと思います。

00077q3a6599
朝食は海を眺めながらフードコートで。

各店開いていますが、限定されたモーニングメニューからしか選択出来ない事が少々残念でしたが、その中から佐世保バーガーを選択。

景色が良いと食べ物も一層美味しく感じますね。

2016年1月29日 (金)

Monster Panic

0050bo6r2528
年末の大掃除で小屋裏を片付けていたら、ガラクタばかりを投げ込んでいた箱が見つかりました。

0056bo6r2535

開封してみるとガラクタの中に、ゲームウォッチと呼ばれていた液晶ゲームの数々が入っていましたが、この任天堂の初代ゲームウォッチは復刻版であり何かでいただいた物。

本物は私が小学校の頃登場し、これを持っている者はヒーローであり、子供達はこの小さな液晶画面を食い入る様に覗いていました。当然私は覗く側。

0048bo6r2526
その他の液晶ゲームは当時のオリジナル。果たして何十年前の物なのでしょう。

小学生で買ったのか、中学生なのか定かでは有りませんが、小遣いやお年玉を長らく貯めて漸く買った記憶は残っています。

0049bo6r2527
特にこのMonster Panicというゲームは、鋭い形状と色遣いにやられてしまい、手にした時の喜びは今でも覚えています。

そんな理由からなのか箱まで揃って後生大事に、今まで捨てずに持っている訳です。

現代のスマホゲームとは比較にもなりませんが、実にノルタルジックであり思い出深いので、ガラクタ箱から少し昇格させてあげなければと考えています。

2016年1月28日 (木)

ブログの効能

0003dsc00669
以前、クロスオーバーの外部入力端子にウォークマンを接続し、ボリュームを上げると警告音も大音量になると掲示したところ、コメントにて改善策をヤギュウさんなる方より情報をいただきました。

ブログは時としてこの様な交流が存在するので、止めようかなと思いながら続けてしまうのでした。

写真は右レバーですが、この先端を押すと間欠ワイパーになる事も実はコメントで教えていただいた情報でした。

0004dsc00671
そして今回は左レバー。ヤギュウさんのご指示の通り、先端を見るとBCの文字。これを押すとオンボードコンピューターの操作が出来るそう。

0005dsc00674
このボタンを押して進んで行くと液晶表示にSET/INFOの表示が。

これで問題解決かと思いきや、私のクロスオーバーは前代らしく散々試してみましたが、音量調整項目は表示されず。

仕方無く分厚い取説を引っ張り出してみましたが、そちらにも一切記載なし。残念。

まあ、警告音は音量に負けずに聞こえなければならないと考え諦める事にします。

ヤギュウさん、ご教示有難うございました。

2016年1月27日 (水)

当て逃げ

0005dsc00936
やられました。

買い物から戻り、直ぐに出掛けるので自宅の前に1時間駐車していた間に側面を当てられました。

黒緑の塗料が付着していたので、曲って来た車がバンパーを当てて逃げた模様。

高さから考えてもトラックであり、自宅前を通る車両はごく限られているので、幾つかの運送業者車両でしょう。

0006dsc00942
景色が歪んでいる下段のプラスラインが凹んでいる箇所。

当てた側の車の塗料はワックスで取り除けましたが、プレスラインの凸部をしっかり凹ましてくれました。ここは目に付く所なので、よくもやってくれたなという感じです。

ジムニーは鉄板が厚いので、トラックのバンパーに当てられてもこの程度で済みましたが、最近の国産車ならべっこり凹んでいた事でしょう。

この程度で修理に出すつもりは有りませんが、人の車を凹ましておいて知らぬ顔をして仕事を続けている輩は許せませんね。

駐車中に記録するドライブレコーダーなど無い物でしょうか。

2016年1月26日 (火)

SONY α7RⅡ

0006dsc00261
拝借したSONY α7RⅡ。借りておいて勝手な評価。

0002dsc00691
小さい物が好きな私ですが、5DⅢよりも一回り小さいこのカメラ、暫く使ってみると購入しても良いかなと思ってしまいます。

小振りながら角ばったデザインは逆に斬新で、妙に出っ張ったダイヤルも面白い。

ただ、実際に操作してみると圧倒的に5DⅢの勝利。慣れ云々を差し引いても、直感的に操作出来る5Dに対し、こちらはコンデジの延長としての操作感。

ボディの小ささ故に限界なのでしょうが、ボタンは小さく配列も悪いのですが、もう少し工夫の余地は有りそう。

0004dsc00706

最大の差は当然ながらレンズですね。専業と総合家電の違いは歴然。

このレンズも決して安い物ではないのでしょうが、装着されているズームレンズはF4までであり、広角側の歪みも酷い。レンズが良くなれば相応の価値が見いだせると思うのですが、小型化と価格面ではこれが歩留まりなのでしょう。

軽いのでコンデジ代わりにひょいと手に取って、ファインダーを覗かず液晶画面を見ながら撮影出来るので、簡単撮影出来るここと、撮られる側が構えなくて済む事が優位点。

傍らにいつも置いておく手軽なミラーレスは有りかと思いますが、いかんせん高額過ぎます。

2016年1月25日 (月)

A360 睡眠の質計測

0003dsc00926_2
専用ソフトをPCに落とし、カレンダー機能とリンクして日々の運動量等が事細かに標示されます。

24時間グラフが表示され、どの時間活動していて、どの時間座っていたのか、詳細に分かってしまうので使い方を間違うと大変怖いアイテムになる恐れも秘めています。

私の目標達成した一日を例にとると、アクティブ時間は5時間52分、歩数換算は12986で距離換算では7.74km、消費カロリーは2376。

因みに睡眠時間も全て表示されます。

私の睡眠時間の記録は、6時間32分、5時間7分、4時間49分、4時間23分、6時間8分と思っていたより短く、もう少し早く就寝しようと反省するしだい。

さきほどの一日で記録されている睡眠時間は4時間1分。仕事が立て込んでいた日ですが、この睡眠時間の内容分析までされています。

4時間1分の内、3時間8分が安らかな睡眠、0時間52分が浅い眠り。故に78%が安らかな眠りと判定されています。

無呼吸症候群で眠りが浅くないかと心配していたのですが、他の日を見ても概ね8割前後の安らかな眠りなので、眠りの質はほぼ合格点なのかもしれません。

2016年1月24日 (日)

ポラールA360 ビジネス利用

0004dsc00929
ポラールA360を一週間ほど使用してみました。

運動時に消費カロリーや心拍を計測するだけではなく、日常使いで活用しない手は無いと思います。

通常は節電のため画面は真っ暗で表示されませんが、腕を振ると液晶画面一杯に時刻表示が浮かび上がります。しかしこれも数秒で消灯。
0002dsc00922
スーツにこの時計をして二日間仕事をしてみましたが、全く違和感なく一見するとスマートウォッチの様で面白いと感じました。

軽量である上にラバーベルトで密着してるので、ワイシャツの袖口にも干渉せず着けている事を忘れてしまいます。ただ、仕事も兼ねて使用するとすれば、カレンダー機能は欲しい所ですね。

電池はマイクロUSBにて充電しますが、電池の持ちも非常に良く一週間なら充電しなくても間に合うかもしれません。

大変便利で有益なアイテムですが、困った事が一つ。

趣味の一つである時計が登場しなくなってしまうこと。

さすがに左手に腕時計をして右手にA360という訳にも行きませんからね。

2016年1月23日 (土)

大雪セット

0008dsc00947
四駆を過信して事故を起こすケースは多く、私もエスクードでスキーに行く登りの峠道で2回転程した事が有りました。

グッドリッチのATタイヤでガンガン登っており、調子にのってスピードを上げ過ぎた事が原因ですが、幸いくるくる回って停止出来たので損傷ゼロ。崖から落ちていれば今頃ここには居ないでしょう。

そんな経験もあり、ジムニーと言えども雪道を行く際にはこの3点セットを積んで出動します。

リカバリーマットとゴム手袋、そしてチェーン。

0010dsc00949
極めて狭いジムニーの荷室も、このセットなら難なく納まります。牽引ロープは助手席の下に常備しているので、状況によってはレスキューも可能。

0018dsc00961
チェーンは当初、アピオのスチールチェーンを購入しましたが、とてつもなく重く、プラケースも大きかったので売却。

代わりに購入したのはワイヤーチェーンですが、重量もスチールチェーンの3分の1ほどであり、ソフトケースなので場所も取りません。

0021dsc00966
これが登場する事はまず無いと思いますが備えあれば憂いなし。異常気象により30cm以上の豪雪も無い話ではありませんから。

口径を上げたジムニーのMTタイヤでも適合サイズが有った事は幸いであり、価格も1万円程度。東京圏ではスタットレスを購入するよりもこの選択が賢明ですね。

2016年1月22日 (金)

スタックリカバリーマット

0013dsc00954
米国製でしょうか、スタックリカバリーマット 2枚入り。2,000円

使えるか否かは別にして試験的にジムニー購入後間もなく購入していました。

非常に薄く軽量なので気軽に積んでおけるのですが、プラスチック製なので一度使用したら折れて終わってしまう様な気もします。

0014dsc00955
私の場合スタックする恐れは雪しかないので、チェーンと共に積む様にしています。

登場の場が無い事を祈るアイテムですね。

2016年1月21日 (木)

滑り止めスパイク

0007dsc00895
一昨年の大雪後に購入した靴に装着する簡易スパイク。

結局使う事無く放置され、昨年末の大掃除の際に捨ててしまおうかと思っていましたが、思いがけず実験する機会が訪れました。
0012dsc00907_2
自宅周辺では15cm以上の大雪でしたから、革靴をやめてスノーシューズを引っ張り出して履いた途端に、靴底の接着剤が剥がれて急逝。

思えばスキーを楽しんでいた頃に購入した物なので20年近くが経過。剥がれても当然でしょう。

仕方が無いので、これも20年選手のアウトドアブーツを登場させました。スーツに履いてもそれほど違和感はなく通勤できましたが、このブロック状の靴底は思っていたほど雪道には強くなく何度かスリップ。

0006dsc00894

結局コンビニ袋に投げ込んで持参したこのスパイクを装着して歩いてみましたが、この効果は絶大。ピンがしっかり雪道に食い込んでアイスバーンまでも普通に歩けます。

ただ、雪が無い舗装路は当然ながら歩行困難であり物凄い音を奏でます。

装着して2km程歩きましたが、安価であり、脱着も簡単でありコストパフォーマンスが抜群。雪道がこれで不安なく歩行出来る様になりました。

何より薄っぺらいゴムシートで有り、畳んで鞄にいれても全く嵩張らない。

0010dsc00903
それにしても数年振りに履いたこのアウトドアブーツは、ホーキンスのゴアテックスブーツなのですが、15cmの雪の中を踏み込み、融雪5cmほどの水溜りに落ちても一切靴の中に水が浸入せず。

そして歩きやすく暖かい。

何度か捨ててしまおうかと思ったブーツですが、靴底が剥がれない限りまだ活躍してくれそうです。

長靴やスノーブーツを新たに購入しようかと考えていましたが、その必要も無くなりました。良い物を長く愛用する事は財布にも環境にも優しい訳ですね。

2016年1月20日 (水)

Blackstar

Bowie01
ミックジャガーの次はデヴィッド・ボウイであると、来日してくれるとその日を心待ちにしていたのですが願いは滔々叶いませんでした。

家内からでてデヴィッド・ボウイが亡くなったと聞いて、「うそ?」「いつ?」と答えたまま愕然としてしまいました。

思えば20年程前に同僚がカラオケで歌ったStarmanで存在を知ったデヴィッド・ボウイ。

それまで映画の俳優だとばかり思っていたら、こんな素晴らしい曲を歌うミュージシャンだと知り、アルバムを買い集めましたが、それから20年の月日が流れても日常的に聞いています。

有名な所ではLet's Dance、China Girl、Modern Loveなのかもしれません。

いずれの曲も素晴らしい出来なのですが、私がこよなく愛するのはSpace Oddity、Starman、Ziggy Stardsut、Lady Stardust。

今でも聞く度にその完成度の素晴らしさに感動して心が震えます。

是非ライブで聞いてみたかったですね。

彼は活動の場を限定せず、何事においてもアーティストであり飽くなき探究者であったと思います。

遺作となったBlackstarも購入してみましたが、守りに入らず貪欲に時代を感じ、進化した音楽になっています。遺作になる事を分かっており、亡くなる直前まで拘り続けていたのでしょう。

時代と共に多くの俳優やミュージシャンが亡くなって行きますが、誰よりも衝撃を受け心に大きな穴が開いてしまったデヴィッド・ボウイの死でした。

夜空に輝いている最も明るい星が彼だと思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2016年1月19日 (火)

初雪道走行テスト

0001dsc00880
いよいよ活躍の時が来ました。

子供達を送るという口実のもと、15cm積もった雪道を往復20kmほど走ってみました。

これまでサーフやエスクードで雪道を随分走りましたが、ジムニーは操作性が全く異なります。

ホイールベースが短く軽いので、アトラクションの乗り物の如く楽しく軽快に進んで行きます。

一応チェーンも積んでいましたが、ジオランダーMTは何の不安もなく雪道を掴み、ブレーキ性能も十分。アイスバーンや急勾配でなければ、デフが擦る20cm程度の雪道もこれで行けますね。

0002dsc00882_2
途中、子供の友達もピックアップして、3名のお子様達を大雪の中無事に送り届ける事が出来ました。

一人になった帰り路はテストを兼ねて、積もったままの深い雪道や、轍の脇の雪山をかき分けながら走ってみましたが実に良く走るのでとにかく楽しい。

帰り着くとラッセル車の如く掻き分けた雪がサイドステップに積もっていました。

0004dsc00889
その後、家内にジムニーで送ってもらい、通常の倍の時間を費やしながら六本木到着。

都心は気温が高い事もあり自宅周辺の半分ほどの積雪量でしたが、チェーンを履いたタクシーやバスが、けたたましい音を立てて行き交っていました。

そして、自宅に戻ると今日一日のジムニーの活躍を湛え、口々に「ジムニーを買って良かったね」と褒め湛えたのでありました。めでたしめでたし。

2016年1月18日 (月)

2016年の大雪

0001dsc00865
一昨年の豪雪でN-ONEからジムニーに買換えましたが、昨年は2cmほどしか降らずその実力が確認出来ず。

そして2016年、朝起きてみると15cm以上積もっており門扉が開きません。

こんな天気でも出勤する生真面目な日本人。私は几帳面ではないので当然午前休み。

無理して出社しても遅延や歩行困難で倍以上の時間がかかり、転倒による怪我の恐れも有ります。良い事は有りません。皆さん休みましょう。

0003dsc00873
自宅に籠っていられるなら、窓から見える風景は実に綺麗なのですが..。

後ほど休めない家族を送るためにジムニー出動となりそうです。

2016年1月17日 (日)

充電式乾電池はエコなのか

0001dsc00714
環境を考えて最も利用する機会の多い、単三、単四の乾電池は使い捨てではなく充電式乾電池を、これまでかなりの数を購入してきました。

しかし、いずれの乾電池もメーカーが謳うような充電回数を待たずしてご臨終。

主にリモコンや時計などに使用していますが、じわじわ消費する物に適していないのか、経年によるものなのか、久し振りに充電器にかけるとエラーが出て充電出来なくなり、今回新たにこの4本が駄目になりました。

これまでどれだけの充電池を購入したか覚えていませんが、新たな購入を止めて廃棄が続いた結果、残っている充電式電池は残り6本。

コスト面で考えても使い捨てに遠く及ばず、乾電池は使い捨てに限ると思います。

2016年1月16日 (土)

ヨドバシカメラ.com

0012dsc00755
決裁が簡単で何でも揃っているのでアマゾンを多用しています。

しかし家電は初期不良が有った場合、アマゾンは仲介せず販売会社や家電メーカーと直接交渉する事になりかなり面倒。

実はヨドバシカメラはアマゾンの規模には到底及ばないものの、配達の早さ、知識の豊富さ、アフターサービスで非常に高評価であり、オンラインで急成長しています。

確かに一度購入したカメラの液晶画面が点灯しなかったので、初期不良を申し入れた所、翌日には新しい商品を届けてくれました。

この時ばかりはヨドバシカメラで購入して良かったと痛切に感じました。

ヨドバシカメラは価格ドットコムの最安値よりも当然高い。10%のポイント還元を考慮しても高いのですが、即日配送やこの様なアフターサービスにより、比較的大きな家電を購入する場合はヨドバシカメラを利用しています。

0013dsc00756
そして新たに注文したこのHDDプレイヤー。

なかなかイケています。

2016年1月15日 (金)

王将

0001dsc01418
久し振りに餃子の王将を訪れたら、割引チケットをいただきましたが、これを見て子供の頃の記憶が鮮明に蘇りました。

21世紀少年を地で行っていた私は、街頭で配っていた餃子の王将の無料チケットを手に取り、無料の餃子だけを食べに行ったことが何度か有りました。

確か小学校の高学年で、チケットもA5版ほどある大型だったと思います。

お金が無く、自販機の下を覗いて小銭を拾ったり、空き瓶を集めて酒屋へ持って行ったりと、兎に角、駄菓子屋などで使う子供にとっての交友費を必死に稼いでいました。

そんな時にマクドナルドや王将が登場し、無料チケットやサービス券を配布していたので、本当に無料の部分だけを必死に利用していました。

我が事ながら、逞しく貪欲だったと恥ずかしいながらも感心します。

遊びも日々自分たちで考え次々にルールを改定し、ブラッシュアップして面白い物を作った物です。

豊かな現代よりも幸福な少年時代でした。

2016年1月14日 (木)

ポラール A360

0015p1100006
POLARのHPで気になったウェラブルの様なリストバンド型心拍計。

POLAR A360 \23,475
胸バンドを使わず手首から正確な心拍を計測する手軽さ、運動時に簡単に心拍測定、歩数や活動量、睡眠までも計測。
日常生活での活動量やトレーニングのデータを合わせ、総合的な健康管理。Bluetoothでtでスマートフォン接続、データ転送。ジョギングやジムでのトレーニングから、日々の健康管理など全方位からサポートする、オールインワンウォッチ。

0018p1100018
早速使用してみましたが、冬場は袖口に隠れてしまうのでバイクを止めて確認。
晴天時には少々見ずらいものの、表示は最低限でセンス良くまとめられています。

0023p1100039
タッチパネルになっており上下のスライドで表示切替可能。経過時間や現在時刻が表示されました。

0017p1100015
サイクルメーターの表示と比較すると心拍に若干のずれが生じます。胸バンドではなく手首だけで拾っている事を考えれば及第点。

0032p1100060
年齢や体格、日々の運動状況をPCに打ち込んでリンクさせると、その人に適した運動量が示されます。
使用初日は自宅でローラー台で運動しましたが未達。翌日はロードバイクで走行したのでノルマを超えて、この様なお褒めの言葉が表示されました。

0031p1100059
操作時に必ず時刻が表示されますが通常は白文字。運動を行う事によって下からブルーが増加して行き、達成するとこの様にブルーで満たされます。

0034p1100064
心拍計測により該当する歩行距離、ランニング距離も表示され、ノルマに対する達成度も表示。この日は大幅にクリアして601%。

0036p1100071_2
トレーニングモードでサイクリングを選択するとこの様な表記。
この心拍計を数日間着けっ放しにしていますが、座ったままでいると約1時間に一回、運動を促すアナウンスが出たりと何かと役立ちます。

2016年1月13日 (水)

ジャパンネット銀行

0002dsc01428
六本木交差点近くの三井住友銀行のATMは24時間営業。

便利なので出勤前の8時過ぎに立ち寄りましたが、キャッシュディスペンサー前の掲示を読むと8時45分前は108円の手数料が必要と分かりました。この時間でも手数料がかかる訳ですか。

預金に対しては微々たる利息しか付かないのに、自分のお金を引き出す際にはしっかり手数料を取られ、結果的に銀行は近年巨万の最高益。

全くばかばかしい。

保険会社と同様に新興銀行との違いを知るべく、ジャパンネット銀行の口座を開設する事にしました。

ネットで簡単申し込み。書面で一応書類は送られてきますが、押印も無く拍子抜けする様な簡単な内容。

返送すると上記の様なキャッシュカードとトークンと広告が送られてきます。

0003dsc01429
新興銀行に有りがちな広告。

キャッシングに競馬、競艇、オートレース。運営費用を下げるための工夫でしょうが、少々危険な臭いがします。

もう一つ、キャッシュカードに頼んでもいないVISA機能が付いている点も嫌ですね。カードを反対に差し込むだけで買い物もキャッシングも可能。

0006dsc01432
そして一風変わっているのがトークンと呼ばれる最新のセキュリティシステム。

0008dsc01434
電池式で1分毎に表示が変わって行きます。ネット上の取引を行う際は、このトークンに現在表示されている6桁の数字を打ち込んで不正を防止。

電池切れの心配は無いのか調べてみると、5年間の有効期限内に切れることは無く、定期的に更新されるとのこと。

既成銀行の暗号カードの数字の組換えに対するセキュリティよりも強固かもしれませんが、このトークンは小型でも嵩張るので管理の方法を考えなければなりません。

そしてジャパンネットバンクの優位性ですが、365日、24時間利用可能。ATMでの入出金はコンビニ、三井住友銀行、ゆうちょで利用でき毎月1回目の手数料は無料。2回目以降も3万円以上であれば無料。

他行への振り込み手数料も既成銀行よりは割安。

従来の様に、各行店舗を探す手間が無くなる事は嬉しいですね。

2016年1月12日 (火)

バーテープ交換

0030p1100050
冬場の走行は少々億劫ですが、2016年2回目の走行。

この日は荒川でマラソン大会が行われていましたが、通過時間が遅かったのでぎりぎり回避。そういえば昨年も思い切り被って引き返した事が有りました。

オルカはバーテープが限界までボロボロになっていたので先日張り直しました。自宅に余っていたバーテープですが意外に良い色でしたが、例によって張り方に失敗してエンドが剥がれています。

なかなか上手くならず悔しい限りです。

0012p1100001
ポラールのサイクルメーターをもう10年近く使用していますが、ポラールのHPを先日覗いてみたらスマホ並みに進化していました。

液晶が日射で焼けないのか等々不安も有るので機会をみて検討してみようと思います。

0013p1100002
開腹して電池交換を行ったスピードセンサーですが前回から頻繁に切れる様になりました。こちらも暫く様子見です。

0024p1100041
この日は無風で快晴。

久し振りのロングでしたがLSDのマイペースで足が悲鳴を上げずに済みましたが、花粉が飛散する前にあと何回走行出来るでしょうか。

走行距離 91.4m

平均/最大心拍 142/163bpm

平均/最大ケイデンス 62/85rpm

走行時間  3:30

消費カロリー 2322kcal

消費飲料1.0L

2016年1月10日 (日)

歌舞伎町のゴジラ

0047dsc01319

スクランブル交差点から更に足を延ばして新宿へ。

三が日の新宿も交通量は少な目。しかし、歩道は観光客も含めなかなか混雑しており、夕方に至ってはアメ横の様な状況で歩くのも大変な状況でした。

街が賑わっているというのはいずれにしても良い事です。

0067dsc01359

ゴジラが登場している事を思い出し歌舞伎町へ向かいました。

0060dsc01346

新宿の新名所ですね。ゴジラが歌舞伎町の真ん中でお出迎え。

0069dsc01366
この位置より建物に迫ると爪しか見えません。

建物の周囲を歩きましたがゴジラを感じられるのはここだけ。どこからかしっぽが出ていたり、キングギドラやガメラが居たりすると、この建物のアミューズメント性は更に向上した事でしょう。

ホテルや飲食店も入る複合施設になっており、もう少し遊びの要素が有った方が良いと感じましたが、この建物が出来た事により歌舞伎町特有の「物騒さ」はかなり改善されていました。

0083dsc01395
ミラノボールはどうなったのか。

恐らく内部の解体から始まっているのかもしれませんが、建物は閉館されたまま。シンボルのボーリングキャラの空気が抜けて皺皺になっている様子は痛々しい。

ここも新しい建物に更新されると、更に歌舞伎町の様相は変化すると思われますが、反面寂しい気もします。

0084dsc01409
歌舞伎町が変化を遂げ始めており、外国人観光客がキャスターバックを引いて、この日も大挙していましたが一歩行けば歓楽街。

このギャップがまた面白い場所なのかもしれませんが、迎える側の立場としては複雑ですね。

2016年1月 9日 (土)

REBECCA

0018bo6r2489
REBECCAが30年振りに復活と知り、ライブチケット購入を検討しましたが既にNOKKOも50代。

過去の恋人に会ってその姿に愕然とする事と同様に、素敵な思い出はそのままの記憶に留めてしておきたいと思って止めました。

その後、歌番組でつい見てしまったのですが、やはり衝撃でした。見なければよかった..。

容姿は50代とは思えないほど若く綺麗ですが、当然ながらあの歌声はママさんコーラスの如く変化。

未だに頻繁に聞くほどREBECCAは私の大切なアーティストであり、聞く度に高校生だった当時のエネルギーが沸き上がります。

ただ、その後もNHKの特集番組や紅白を見てしまい少々免疫が出来ました。

メンバーが30年振りに揃う事自体が奇跡であり、NOKKOが歌い続ける情熱を捨てていない事実が素晴らしいと理解。

今回の紅白は酷評で有り、私自身も懐メロのオンパレードで何故いま頃、近藤真彦がギンギラギンなのかと疑問符の連続で、NHKの苦悩の状況が手に取る様に分かりました。

皆さん50を過ぎてもなお活動されている事は素晴らしいと認めますが、焼き直しではなく年齢を経た魅力で活躍していただきたいですね。

話戻ってREBECCAは、全盛期のパワフルで超越した歌唱力のまま、これからも歴史として生き続けます。

2016年1月 8日 (金)

スクランブル交差点

0017dsc01269
三が日のスクランブル交差点の状況を見たく歩を進めてみました。

0024dsc01286
観光客が集うニッチな観光スポットですが、確かに周囲を見渡すと撮影に勤しむ人々が散見され、私もその中に交じってカメラを構えました。

改めて考えると、ここはNYのタイムズスクエアに匹敵する名所なのかもしれません。

0025dsc01288
数回信号が変わる間、同じ場所に立ち尽くしたまま撮影してみましたが、車や人が目の前を流れて行く風景が非常に面白く飽きません。

0023dsc01279
私に正面から向かってくる一人の男性。非常に絵になったので採用させていただきました。

写真はこの様な偶然を捉える瞬間が楽しく止められません。

0037dsc01308
この場所、一日撮影していても飽きない気がします。

2016年1月 7日 (木)

DOMKE プロテクティブラップ

0007bo6r0110
DOMKE プロテクティブラップ

カメラを他の荷物と共に放り込む事も有り、無用な傷の発生を防ぐためにプロテクターマットを購入しました。

0002dsc00238
フェルトの風呂敷。

0003dsc00239
四方にマジックテープが配置され、フェルトの表面にくっつく単純構造。

0005dsc00241_2
保護面はナイロン製になっており無用な傷を防ぎます。

0001dsc00683_2
包んで完成。これは拝借したミラーレスですが、普通の一眼レフでもカバー出来る大きさかもしれません。

一枚有っても良い商品ですね。

2016年1月 6日 (水)

日本は豊かで美しい国なのか

0009dsc01236
渋谷のこの歩道橋を久し振りに登りましたが、風景が一変していました。

0005dsc01213

いつも降りていた階段がぶっつりと切断されて無くなっています。

おいおい、下りれば目の前がJR入口だったのに何処へ行けと言うのでしょう。

0004dsc01206
周囲を見渡すと一面の工事現場。鉄板が敷かれ巨大な重機が占拠しています。

0012dsc01245

線路が見事に切断されています。

日々何万と言う人々が行き交う場所で行う、この大工事は異常なまでに緻密に計算され尽くしている状況かと思いますが、携わりたくは有りません。

橋げたの一つが傾いただけで全てがとん挫してしまう訳ですから。

0013dsc01252
歩道橋を降りると、通りたくないガード下へ誘導されます。

0014dsc01256
この場所を迂回させる前に、この環境をどうにかせいと皆思う事でしょう。

浮浪者が横たわり、ゴミが散乱し、怪しい男性がこの場所で立ションをしていました。

行きかう人々は我々日本人だけではなく旅行鞄を抱えた外国人観光客も多く、渋谷というニッチな観光名所のすぐ傍らで、日本の恥部を見せている様で大変恥ずかしく思います。

観光立国を掲げる前に解決すべき事柄を、役人はお忘れではないでしょうか。

2016年1月 5日 (火)

カオマンガイ

0003dsc01199
三が日最終日、溜まった仕事を片付けに出社すると正月休みは完全閉鎖だったらしく、セキュリティカードで入館出来ず路頭に迷いました。

折角出社したのに手ぶらでは帰れないと考え、カメラを持って渋谷まで歩いてみる事にしました。

日常的な渋谷へ向かう渋滞は皆無で有り、道路も気持ち悪い位に空いています。

0002dsc01186
何と、いつも行列が出来ているカオマンガイも空席在り。怪我の功名ですね。

初めて入店出来たこちらのお店は客席20席ほどの大変小さな店舗でしたが、パクチーと共にいただくその料理は絶品。

翌日に再びお店の前を通りましたが10人近い行列が出来ていました。カオマンガイ、癖になる美味しさですが今度はいつ有りつける事か。

2016年1月 4日 (月)

カモメの観察

Dpp_0018_3
山下公園には多数のカモメが飛び交っています。

波間に浮かんでいたり、風に乗って優雅に飛んでいたりと自然な光景。

Dpp_0003
当たり前の存在でしたので気にも留めていなかったのですが、たまたまパンを与えている親父さんにカモメが群がっている姿を発見。

鳩ならば餌付け禁止と立て看板が有りそうなものですがカモメに関しての警告は無し。子供が餌をやってみたいというので、コンビニでカステラを購入してそれを与えてみることにしました。

パンを買ってきなさいと注文したのですが、皆さんパンを購入するのかパンは売り切れで、已む無くカステラになったそうです。
Dpp_0012
カステラをちぎって上空へ放り投げるとカモメはその仕草を観察しており、いずれかのカモメがそれを的確にキャッチします。

ホバリングが上手で、餌との微妙なずれを瞬時にコントロールして受け取ります。カモメは実に起用で利口な鳥の様です。

Dpp_0015

人に慣れているようで接近してもなかなか逃げません。よく観察してみると白い体に薄いグレーの羽が水彩絵の具の様であり実に美しく、赤い水かきも非常に可愛らしい。

Dpp_0002
餌の供給者が居ない時は一同休憩。

Dpp_0004

氷川丸を係留している鎖に並んでいる姿は日常の光景ですが、野鳥の観察や撮影は案外面白いのかもしれません。

2016年1月 3日 (日)

2016年 横浜詣で

Dpp_0007
2016年も正月恒例の横浜詣でへ出かけました。

もう彼此10年近く続けている我が家の行事ですが、今年初めて1名欠員が出てしまい少々寂しい散策。

子供が巣立てばそもそも揃わなくなる訳であり正月早々、感慨深いものが有りました。

Dpp_0006
今年も赤レンガ倉庫からスタート。例年利用していた駐車場に新たな施設が建設されており、変更を余儀なくされました。

横浜に通うようになってから、度々駐車場が同様の状況で変更されましたが、今回駐車したスペースも来年には無くなっているかもしれません。バブル崩壊で塩漬けとなっていた土地が再び活用され始めていますね。

Dpp_0005
昨年あたりから妻子のショッピングが恒例化しはじめ、私はお留守番と称して喫茶店待機。

1時間待った挙句、購入してきたのはこのシロクマさん。来年からは別行動にしないと耐えられません。世のお父様方と同じ境遇になって来ました。

Dpp_0008
山下公園ではこちらも恒例の大道芸。高度な技を間近で楽しませていただきました。

Dpp_0020
再びショッピングへ同行。あまりに暇なので商店街を歩き回って撮影散策しましたが、1月2日だというのにかなりの人出で思うようにならず。

Dpp_0023
ショッピング同行だけで無残にも夕暮れ。私自身何も得るものがないまま中華街へ。

昨年と比較して赤レンガ倉庫では門松が無くなり、中華街では照明の飾り付けが廃止。相当なコストカットが実施されている様で実に寂しい正月風景。

景気は上向いていない証を証明している様で一抹の不安を抱きました。

Dpp_0029

こちらは景気に左右されない横浜の夜景。ここからの夜景を臨んでから帰路につきますが、今年も横浜を堪能させていただく事が出来ました。

来年からはショッピングは別行動という事を、今から忘れないようにスケジュールに記載しておこうと思います。

2016年1月 2日 (土)

2016年 走り始め

0007p1010034

2016年元旦は快晴。

北風が若干強く吹いていましたが今年は元旦から走る事にしました。

0005p1010024
正月で産業活動が停止しているため空気も澄んでおり、富士山が大変綺麗に見えたので写真撮影。

しかしながらカメラに収めると例の如く全く写っていません。

0003p1010020
持参しているオリンパスの防水コンデジの最大望遠で漸く捉えられましたが、これが限界であり、人間の眼球が如何に高性能かという事を改めて感じます。

お正月から走った甲斐有り、富士山を拝む事が出来たので今年も良い一年になりそうな気がします。
0006p1010033
元日なので出走台数も交通量も非常に少なく快適でしたが、この日の気温も3月並の11℃もあり汗ばむ陽気。

そして街を眺めると店舗は開店しており、各所で元旦ミーティングが行われている風景も垣間見られ、寝正月という言葉は死語になって行くのかもしれないと思われました。

0009p1010041
足が一向に回らない状況はブランクが長い証。前回は10月12日でしたから2ヶ月半振り。時折ローラー台には乗っていますが実走とは比較になりません。

筋力、体力の低下と共に体自体のスタミナが無くなり、疲れやすくなってき事を覿面に感じ始めた昨今、漸く走る事が出来ましたが、もう間もなく花粉が飛散し始めますから走り貯めが必要です。

汗を流す元旦は思いのほか新鮮で気分も爽快なので、これからも習慣化したいと思います。

走行距離 55.7m

平均/最大心拍 143/163bpm

平均/最大ケイデンス 63/89rpm

走行時間  2:19

消費カロリー 1545kcal

消費飲料1.0L

2016年1月 1日 (金)

2016年 元旦

00097q3a5617
2016年 新年明けましておめでとうございます。

気分を切り替えられる元旦の意味は重要ですね。

本年もあっと言う間に消滅してしまうと思われますが、少しでも抗う為に一日一日を大切に過ごして行きたいと思います。本年も宜しくお願い致します。

00017q3a5611
さて、こちらは大晦日の朝刊に織り込まれていた広告。

いずれも元旦から初売り開始。一度は正月は一斉休業する動きも有りましたが、3日が2日になり、再び元旦初売りとなった模様。

日本人の元日の意識が薄まり、元旦から外出する人が増えたと聞いたことが有りますが、限られたパイの争奪とはいえ何だか忙しないですね。

とある有名デパートの初売りに販売員として駆り出された事が有りますが、2日早朝からの出勤は随分と気が重かった記憶が有ります。

しかし巨大デパートの従業員は何と1万人であり、同じ気分で出勤している同胞を気の毒に思いましたが、これが元旦からであれば尚更ですね。

00077q3a5610
そして、これも大晦日の新聞に挟まれていましたが、元旦は折り込み広告が倍増し約3倍の量になるという事。

企業活動が停止している元旦は、折り込みチラシが殆ど無いという認識でしたがこれは間違いだった様です。

新聞の到着を楽しみに待ってみたいと思います。

フォト
無料ブログはココログ