« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

脂肪の必要性

0024dsc00406
この一年で急激に体重が増加しました。

これまでどれだけ食べても飲んでも、二十年以上一定体重でしたが急激に変化。

健康診断では常に平均体重以下であり評価は「やせすぎ」または「やせぎみ」。これが先日の健康診断では初めて「標準」になりました。

重量で言えば5kg~6kg増加しており、生後1ヶ月前後の乳幼児または、我家の巨漢のお犬様の体重に等しく、相当量の脂肪である事に違いありません。

運動量が減ってきている状況下において、急激な体重増加は何処に脂肪が付くかと言えば当然ながら腹回り。

ライザップのビフォーを地で行くと家族が酷評するので、腹部から少しでも散らそうと筋トレを続けていますが、覿面に効果は出ておらずワイシャツのサイズが合わなくなり、半分が駄目になりました。

ただ、5kgの脂肪も単純にマイナスではなくプラスの効果も表れています。

スタミナが格段に増て疲れ難くなり、体温も上がっているらしく、今シーズンは比較的薄着で過ごす事が出来ました。風邪も一切ひいていません。

アスリートはインフルエンザや風邪に弱いと言われますが、運動のし過ぎや体脂肪の低下により逆に免疫が落ちてしまう事が原因との事。

折角貯めた脂肪を徐々に筋肉に変えて行きたいと思いますが、花粉で暫く走行出来ない日々が続くため、スポーツ用の花粉マスクが登場していないか探してみたいと思います。

2016年2月28日 (日)

ZERO HALLIBURTON 【ポリカーボネイト】

Dpp_3810
日常的にRIMOWAを使用していますが本当はゼロハリが好みです。

デザインもさることながら開閉時のラッチ操作による「カシャン」という五感を刺激する心地よい”音”が心地よいのです。

ゼロハリは長年愛用しているアルミ製の大小2つを現在も保有していますが、アルミは若干荷物が多くなっても「もう少し」の無理がきかず、四隅をデザインで絞っているため容量が削られるので、何となく使い勝手が悪いと感じて長期ストック状態。

対してリモワはポリカ製なので相当無理して荷物を詰めても、蓋が曲がって何とか蓋が締まり、形状が四角なので四隅まで荷物がしっかり入るので、外径サイズが同じでも格段に荷物が納まります。

ただ、通期電車では大きな鞄は非常に邪魔なので、荷物を最大限減らして小型のゼロハリを多用していましたが、頻度が上がっていたために流石に傷みが目立ってきたので少し休ませるためにも、お蔵入りさせていたこちらを引っ張りだしてみました。

Dpp_3812
確か3年ほど前に購入したもののアルミに比べて質感が劣ると感じ、そのままお蔵入りさせていたのでした。

こちらは軽量化を図ったポリカーボネイトですが、今改めて見てみると違和感はなく、むしろこちらで良いと感じます。人間の主観など時と共に変化するものですね。

サイズは外寸:W:40.5cm×H:27.5cm×D:9cm

このサイズだと電車に乗って膝に乗せてジャストサイズ。取り回しも楽で私が一番使えるサイズだと考えている理想形。

Dpp_3813
このシリーズはボディにタグが打たれていますが、これは正直不要であり撤去したいと当時は考えていましたが、実際に使用してみると気になりません。

シルバーの取っ手だけは機会が有ればクリアハンドルに交換してみたいですね。

Dpp_3811
肝心のラッチの音はバネがクロスされており、従来品よりも若干音が鈍くなっていますが、最近聞き慣れて来たから良い音に感じ始めました。

従来品はラッチの爪を倒したまま蓋を締める事が多々あり、金具が傷だらけになりましたが、このラッチは開放時はレバーが立って開放状態を保つので、蓋が当たる事はほぼなくなりました。

これらの点が改善されたラッチだったのですね。

ポリカなのでリモワ同様に無理がきくので、収納量は若干良くなり、アルミよりも若干軽い事と、アルミ特有の凹み傷の心配が無いので扱いがラフでも大丈夫。

アマゾンで価格を調べてみると¥34,800。私が買った当時は4万を超えていたので、随分安くなっていました。当時より円安に振れているのに..。

ビジネスにもオフでも使い倒せるこのサイズのゼロハリは大変便利ですが、ポリカのゼロハリが使用に伴いどの様に味が出て来るか楽しみです。

2016年2月27日 (土)

BMW TOKYO MINI @二子玉川ライズ

0001dsc01798
私の愛車が展示されました。

という事は無く、たまたま通りかかった二子玉川ライズのガレリアでMINIの特設ブースが設けられていました。

こうやってみるとヘッドライトの黒化を真剣に検討してしまいます。

0004dsc01801
仕事で頻繁に二子玉川に通う様になりましたが、この場所でMINIが設営している機会に遭遇したのは二度目。

MINIは他メーカーよりもこの様なイベントを精力的に展開している様に感じますが、ただ私のMINIに対する感度が高いだけなのかもしれません。

0008dsc01806
一通り拝見しましたが、新車ばかりではなく中古車もプライスタグを付けて並べられていましたが、中古とは思えない強気な価格設定。

印象深かったのは、老略男女問わず、並べられた車両の写真撮影を行っている人々が多かった事。

見るからに購入検討の方ではなく、単にカラフルで可愛い車が並べられているので撮影しているといった方々でしたが、MINIに乗る物としては嬉しい現象。

仕事で同行している方がこの展示を見て、「あら、MINIですね。可愛いけど高そうですよね」と語られ、私これに乗っていますとは言えず、肯くだけの私でした。

2016年2月26日 (金)

BRIAN SETZER'S ROCKABILLY RIOT?

Org_20150910000202
ライブ後、BRIAN SETZER'S ROCKABILLY RIOTとは、どの様な組織なのか調べてみました。

2011年10月にもロカビリー・ライオットとして盟友スリム・ジム・ファントムも加わり来日しているそうです。この様な事実は全く知らず。

Org_20150910000201
2014年8月に『ロカビリー・ライオット:オール・オリジナル』をリリース。ブライアンが”最高のロカビリー・ミュージシャン”と認めるマーク(B.)、ケヴィン(Pf.)、ノア(Dr.)と共に一発録音で制作されたそうですが、このメンバーで今回来日した模様。

News_photo01
ブライアン・セッツアーも今年で57歳ですが、マドンナが58歳、スティーブンタイラーは68歳、ミックジャガーに至っては73歳ですから、まだまだ現役続行。

今回のステージもブライアンの神がかり的ギターテク満載で、精鋭メンバーが奏でるロカビリーは迫力ものでした。

通勤で聞いている英会話を封印し、ロカビリーを聞く日々が暫く続きそうです。

2016年2月25日 (木)

BRIAN SETZER'S ROCKABILLY RIOT

0002img_5344
BRIAN SETZER'S ROCKABILLY RIOT

昨年予約を入れて購入したチケットでしたが、あっという間に開演当日となりました。

私がブライアン・セッツアーのライブに通う様になってから今回が4回目になりますが、悔しいかな黄金期のStraycats当時ではなくソロ活動以降。

現在はぴあでアーティスト登録を行っているので、お目当てのアーティスト情報を見逃す事は無くなりましたが、昔はチケットぴあの雑誌を購入し、電話でチケット申し込みを行う大変面倒な時代でした。
0003img_5334
昨年までブライアン・セッツアーのライブは、渋谷のCCレモンホールが続いていましたが今回は東京ドームシティ。

日本のライブが行える会場は老朽化による建直しや廃止で年々減少しており、アーティストが会場を確保する事が大変困難になっているとの事。

ボブディランは「CDは死んだ音楽。ライブの音楽こそ価値が有る」と唱えていますが、ライブを廃らせてはいけません。

少子高齢化でパッシング状態の日本ですが、世界からアーティストをお迎えできる最低限の会場は税金を投じてでも確保していただきたいものです。
0001img_5332
東京ドームシティを知らない私は東京ドームだと疑わず、チケットを差し出すと開場が違うとの事。

正しい行き先を教えてもらいましたが不案内な私は、後に合流した友人と共に道に迷い無用な距離を歩きました。

これだけの複合施設なのですから、分かり易い案内表記を各所に掲示していただく事を(株)東京ドームに進言したいですね。

0002dsc_0901
チケットは比較的早期に押さえたS席でしたが、アリーナではなく2段目の中腹。チケットはいち早く情報を入手し、間髪入れずに予約しなければなりませんね。

武道館やCCレモンホールよりも座席は高低差が大きく、前者で視界が干渉される事も無く、ステージが見易く音響設備も良い。

ただ、この会場もご多分に漏れず座席の前後左右が狭い。とにかく狭い。

座席を通過する際には、全ての人がウェーブの様に立ち上がらなければならない程前後が狭く、横幅も僅かに体を動かしただけで隣人に干渉してしまうほど。

ロックなのに体を振れず振幅20cmが限界。LCCではないのだからもう少し広く設計致しましょう。

0003dsc_0914
今回は撮影も録画も許可されていましたが、録音機器や一般のデジカメは禁止との事で何故かスマホ限定。

クオリティの高い記録装置は不可で、携帯程度ならばという考えから来ているのでしょうが、今時の最新携帯は専用機と拮抗しているので意味が無いのではと思いながら、自身の旧型スマホを恨めしく感じました。

望遠で寄ってもこの程度のクオリティですから。

0004dsc_0933
実は今回もブライアン・セッツアーオーケストラだとばかり思い込んで訪れたライブが、新しく編成したロカビリーバンドである事を知ったのは開演直前でした。

ウッドベース、ギター、ドラムにピアノという4人編成でネオロカ全開。

往年のStraycatsのヒットナンバーも多数盛り込まれ最高なライブでした。正直、オーケストラよりも今後もこのバンドで活動を継続していただきたい。

今回は会社帰りでしたのでスーツで汗をかいてしまいましたが、次回もROCKABILLY RIOTであれば、アリーナ席で皮パンとライダースで参加したいと思います。

2016年2月24日 (水)

鎌倉 vol.7 cake' Madu ENOSHIMA

0104bo6r3101
江ノ島にcake' Madu ENOSHIMAが誕生していました。

Maduは私が若かりし頃、雑貨屋巡りをして良く立ち寄ったお店で有り、結婚式の引き出物もこのお店で調達しました。

センス良い食事や雑貨を提供するMaduを夫婦揃って気に入っており、この江ノ島のお店を見つけた時は思わず夫婦揃って驚きの声を挙げてしまいました。

0102bo6r3097
時間的な制約で立ち寄るつもりは無かったのですが、想定外の雨に見舞われたため走って飛び込みました。

居抜きなのかもしれませんが、センス良く店づくりが行われています。

0103bo6r3099
店内も素敵で、海を眺められる席やペット同伴の屋外席も有り。

0101bo6r3094
珈琲だけのつもりがクレープセットを注文。それにしても良く食べる夫婦です。

0106bo6r3107
レジ向かいの棚に鎮座していたWOOD ANIMAL TOYの面々。

コンプリートを目論みましたが、ライオンが品切れでウサギは顔が怖かったので、この4匹様と東京へ帰ってきました。

2016年2月23日 (火)

鎌倉 vol.6 竜宮の亀

0092bo6r3065

岩屋洞窟を訪れるのは今回で二度目。

入口で手燭を拝借し洞内を進んで行きますが、手蝋の意味が無いほど前回より洞窟内が明るくなっている様に感じましたが気のせいでしょうか。

0099bo6r3092
あっという間に手蝋の洞窟を見終わってしまったので、時間をかけて岩屋の構造などを掲示板から学びました。

0093bo6r3069
自然の洞窟とは思えません。

0094bo6r3074
海へ向かう一匹の亀。お分かりになりますか。

0098bo6r3086
人為的に掘られたものらしいですが、竜宮城へ向かう亀なのだとか。

波の浸食によって少しづつ形を変えていきますから、当初はもっとリアルな亀だったのかもしれません。
0089bo6r3050
何故か冬のこの時期に厚い雨雲が空を覆い始めました。

まさか降らないだろうという甘い考えの元、容赦なく冷たい雨が降り始めました。

2016年2月22日 (月)

鎌倉 vol.5 江ノ島シーキャンドル

0061bo6r2881
江ノ島には多くのとんびが大空を舞っています。

以前、おにぎりを浚われた事が有りますが、大空から音もなく滑空し、神業の様に獲物を掴んで去っていく姿を目の当たりにして、単純に芸術だと感じました。

切ない鳴き声で大変可愛い鳥だと思うのですが、あちらこちらにとんびの襲来を注意喚起する掲示が張られていました。

推奨してはいけませんが、これも長閑な日本の日常として外国人に受けるのではないでしょうか。

0086bo6r3040
江ノ島に突き出た妙な鉄塔。

恐らくこの塔を建てる際には景観を破壊すると、反対票も多かったのではと推測されますが、今回初めて登ってみました。

0082bo6r3006
入園券と展望チケットがセットになった妙な500円券を購入し、エレベーターで上がって行きます。

展望台としては小さな規模ですが、元々山頂に立地しているので360度の眺望が楽しめます。スカイツリーからランドマーク、富士山まで見えましたが、前回の海ほたるからの景観がオーバーラップして不思議な気分。

展望デッキはガラスに囲われていていますが、ガラスに張られている遮熱フィルムが歪んでおり臨場感に欠けます。

0080bo6r3002
景観の歪みにがっかりしていると、更なる階上にオープンデッキを発見。

こちらからは素晴らしい景色と解放感が味わえます。

0079bo6r2999
この展望台から見ると、江ノ島が確かに島で有る事が認識出来ます。

0076bo6r2960
江ノ島を飛び交うとんびの雄姿も観察可能。

0083bo6r3018
もう一つこの展望台が面白いのは、エレベーターではなく階段で昇降出来る点。

この階段を通っている人はいませんでしたが、景色を眺めながら解放された螺旋階段を降りる臨場感は一つのアトラクションに相当します。

0084bo6r3026

手摺も低くスリル満点。

この展望台の名がシーキャンドルという素敵な名である事を初めて知りましたが、500円の価格設定が破格で有る事は間違いありません。

2016年2月21日 (日)

鎌倉 vol.4 とびっちょ

0066bo6r2908

江ノ電で再び折り返し、車に戻って次なる目的地の江ノ島へ。

お腹が空いたので恒例のとびっちょへ。平日の11時半でも入店待ちのお客様で溢れていました。

0067bo6r2917
いずれのメニューもボリュームが有る事を忘れ、かき揚げや刺身のセットを頼んでしまい、テーブルに乗り切れないお皿と共に四人掛けの席へ移動していただきました。

出された物は残さない主義ですが、結局かき揚げ一皿を丸々残してリタイア。申し訳ありませんでした。

0064bo6r2891

出っ張ったお腹を押さえながら江ノ島を登って行きます。

0065bo6r2893
平日なのになかなかの人出であり、楽しそうに歩く外国人観光客も多く見受けられました。

散策して楽しい江ノ島は外国人にも受けること間違いありません。

0070bo6r2926
中腹まで登ると梅が咲いていました。桜の季節ももう間もなくですね。

0075bo6r2935
横浜も江ノ島も、何度訪れても飽きる事がありませんね。

2016年2月20日 (土)

鎌倉 vol.3 鎌倉大仏殿高徳院

0040bo6r2811

江ノ電に揺られ3駅目の長谷駅に到着。駅からは徒歩10分でしょうか、てくてく歩いて高徳院に辿り着くと入口にお詫びのお知らせが。

保存・修理工事のため2016年1月13日から3月10日まで、ご尊像を見られないのだとか..。

特典として工事期間中は入場無料でしたが、ご覧のように大仏様は見事に足場と防音シートで厳重に囲われています。

0046bo6r2825

しかし冷静に考えれば貴重な機会であり、足場が組まれ始めた当初などはガンダムの様だと見学者が大挙したのだとか。

知っていたら私も1月に来ていた事でしょう。

0055bo6r2846
大仏の姿を一切窺い知れないお詫びとしてか、大仏に纏わる掲示板が多数掲げられていました。

戦火を逃れた大仏でしたが、関東大震災では巨体が一尺も動いていました。

0056bo6r2848

先ほど訪れたばかりの八幡宮の舞殿も震災で倒壊。一瞬で倒壊した様ですね。

同様の大震災が間近に迫っているとは考えたくないですね。
0049bo6r2832_2
そして、現在の大仏は何と免振構造になっていました。

地面との接地面に御影石を台座とし、大仏をステンレス板に乗せて地震のエネルギーを逃がす免震構造の御手本のような技術が採用されています。

0053bo6r2841

では今回は何の修理なのかと興味が沸きますが、単に損傷記録調査とクリーニング。どうりで工期が短い筈。
0052bo6r2838
一通り掲示を読みましたが、大仏は首が前に倒れているため、頭部の落下防止に首周りにFRPで補強を行ったりと、これまで度々改修作業が行われていました。

肝心な大仏を見ることは出来ませんでしたが、大仏を知るまたとない好機になりました。

ためになったねぇ。

2016年2月19日 (金)

鎌倉 vol.2 江ノ電

0030bo6r2757

八幡宮から大仏まで突如歩くことにしましたが、事前に調べていないので方角もわからず。

スマホの地図を見ながらまずは鎌倉駅まで辿り着きました。

0026bo6r2749
江ノ電は鎌倉駅から出ていたのですね。

大仏を訪れる最寄り駅が江ノ電で3つ目であることを知り、またとない機会であると190円の切符を購入しました。

0028bo6r2754

JRの改札を入ると更に江ノ電の改札が。

0033bo6r2764
江ノ電の車内は古めかしく懐かしい。昭和の車両がまだ現役で走っている事を嬉しく思います。

0034bo6r2766
この車両はシートにキャラクターが描かれた物ですが、帰りの車両は手すりが木製である歴史感じる車両でした。

乗り心地やブレーキ音など、アトラクションの乗り物に乗っているような錯覚を受けます。

0038bo6r2796
駅舎も良い雰囲気です。

0036bo6r2777
この車両はラッピングされていましたが、緑や紫など幾つかの車両が有る模様。

噂には聞いていましたが、江ノ電の路線は極めて狭い住宅地の間を通っており、カーブでは車体を塀に擦るからなのか最大限減速して塀の間を抜けて行きました。

現存する路面電車の中で、江ノ電は屈指の存在ですが、市民に愛される足だけではなく、ロケーションからも現在の佇まいを守り続けて欲しいものです。

次回は江ノ電からの車窓を堪能したく、鎌倉から最終駅まで乗ってみようという事になりました。

2016年2月18日 (木)

鎌倉 vol.1 鶴岡八幡宮

0021bo6r2721
度々訪れている鎌倉ですが、家内と訪れた事がこれまで無かったので2月のイベントは鎌倉を選択。

私自身、鶴岡八幡宮は前の道路を素通りするだけで、実際に足を運んだことは中学校の社会科見学以来となりました。

当日は朝5時起床で5時半出発。しかしこの時間だと環八は既に渋滞モードで、朝食休憩を挟んで8時着。

鶴岡八幡宮周辺は意外にもコインパーキングが豊富で有り、駐車し難い立地のパーキングでしたが上限1000円で停める事が出来ました。

0013bo6r2696
8時だと観光客もほぼゼロであり、広い敷地を心行くまで眺めていられます。

0009bo6r2669
普段は観光客で囲まれているこの橋から舞殿をどう写すか、構図を考えながら歩き回る事も可能。

早起きは三文の徳。

0017bo6r2711
さすが鎌倉の鶴岡八幡宮。舞殿も本宮も造形が美しいですね。

0022bo6r2725
本宮内の宝物殿は別料金の割に内容がチープでがっかり。

消化不良気味になったので、予定を変えてここから大仏まで散策しながら歩いてみる事にしました。

2016年2月17日 (水)

懐中電灯の魅力 3

0020dsc00134
昨年購入した懐中電灯は2個。

このランタン型のLED照明は大型で重量も有り。邪魔になるのですが、偶然ネットで見つけてしまい暫く気になっていたので購入。確か5000円前後だったかと。

0021dsc00137
3面の平板全体が光ります。強弱と炎の様に揺らぐ光が選択可能。

非常に明るく部屋全体を照らす事も出来ます。小屋裏収納で使っていますが、本当のランタンの様に手に提げて使うので雰囲気も最高です。

何気なく買ってしまったのですが思いがけず当りでした。

0017dsc00129
番外編ですが、これは廊下のコンセントに埋め込んで使用する常夜灯。

0018dsc00130
10年以上前の物なので捨ててしまおうかと思ったのですが、さすがNational製、まだバッテリーは健在で捨てらず置かれています。

0027dsc00149
最後が驚きの最新型懐中電灯。

懐中電灯を頼んだのですが工具セットの様なケースが届きました。

0029dsc00151
バッテリーはUSBでも充電可能。

0033dsc00155
マグネット式の充電器具にぶら下げて充電。

使い捨て乾電池が使えない事が不便ですが、充電式電池は電圧も高い様で継続使用時間も長め。定期的に充電しておけば大丈夫でしょう。

0040dsc00162
クリップ式ホルダも付属。

0044dsc00166
それにしても小さい。クリップでベルトに下げていても忘れてしまうほど軽量で小型。

にも関わらず、驚くほどの明るさで絶対に直視できない程の光量。有事に限らず自動車に一つ積んでおいても良いかもしれないので、もう一つ購入しようかと考えています。

因みに価格は6000円程度。高性能懐中電灯も随分手頃になったものです。

2016年2月16日 (火)

懐中電灯の魅力 2

0009dsc00113
東日本大震災後の計画停電の話が出た為、急遽懐中電灯を買いに行きましたが、何処も懐中電灯はおろか乾電池も完売。

ネットでもほぼ売り切れが続き、唯一購入出来たのがこのコールマンのLED照明。

0010dsc00116
単三を4本も使用する割には対して明るくありません。現在も一切活用していませんが、定価で買った以上捨てられずに現存。

0008dsc00110
マグネット式になっており張り付けて使用出来ますが、本当の災害時でなければ登場する機会は無いでしょう。

0011dsc00117
これも震災後にホームセンターで購入した怪しい小型LED懐中電灯。

メーカーも不明な中華製でしたが、震災後に店頭で見つけたのでつい購入。

0013dsc00122
案の定、直ぐにLEDランプが切れ出し今では半分も点灯していません。使用時間も僅かなのですが、中華製はとにかく粗悪品ばかりですね。

0022dsc00138
確かこれは10年以上前に購入した大型懐中電灯。

護身にも使用でき、明るさ耐久性共に折り紙付きでしたが、如何せん当時は経済的に困窮していたのでなかなか手が出せず、大変悩んだ挙句購入した記憶が有ります。1万円もしなかった筈なのですが。

0024dsc00144
当時は閃光のようなLEDの明るさに驚いた物です。

0025dsc00146
単二4本使用で明るさも点灯時間も十分。

今でも夜間の害虫退治等、この懐中電灯が最も活躍しています。

2016年2月15日 (月)

懐中電灯の魅力

0001dsc00089
懐中電灯好きな男性は多いのではないでしょうか。

事が有るごとに買い足して行った懐中電灯。果たして我家にはどれだけの懐中電灯が存在するのか掻き集めてみた結果が上記の写真です。

恐いながらも懐中電灯片手に暗闇を歩く事が子供の頃から好きでした。人類は火を制した唯一の生き物ですが、火と同様の明かりを制する喜びが遺伝子に組み込まれているのかもしれません。

0003dsc00096
我家で最古のコールマンの懐中電灯。

昔は筒型かこの大型懐中電灯ばかりでしたが、単一電池を使用している割には大きさばかりで明るくなく、消費電力も大。

この化石の様な懐中電灯も、先日落下させてしまい遂に壊れてしまいました。

0015dsc00127
これも古いですね。アウトドアに凝っていた頃に購入した、テント内で使用するランタン代わりの懐中電灯。

0016dsc00128
良く見るとNational製。何でNationalがアウトドアの懐中電灯を作っていたのか分かりませんが、こんな時代も有ったという事でしょう。

既に懐中電灯もLED化されておりますが、この2台は懐かしい電球仕様。今後活躍しそうも有りませんが、捨てるのも忍びないので何処かに仕舞っておこうと思います。

2016年2月14日 (日)

フラッグシップヘッドホン SONY MDR-Z7

00027q3a7177_2
SONY MDR-Z7 定価\55,000

MDR-1ABTを購入し、その音質には十分満足していたのですが、更に上位機種となるフラッグシップのヘッドフォンは果たしてどの様な音質なのだろうかと気になり出しました。

良く有る構図ですね。

販売価格だと9000円差ですが、MDR-1ABTを売却しMDR-Z7を購入したので、1万円ほど余計な出費になってしまいました。

00047q3a7183
フラッグシップはアームに本革が奢られていたりします。

00037q3a7180_2
対してイヤー部は色気の無い単一プラスチック。MDR-1ABTの赤いラインの如く、Z7にも何かアクセントが欲しい所ですね。

パットは合皮パットで装着感は良いのですが耐用年数は短いでしょう。

全体的に大きく携帯性はゼロゆえ宅内利用前提。

00067q3a7187
ケーブルは音質優先のために左右独立。ねじ込み式になっており簡単には抜けない構造ですが、ケーブルの取り回しが少々面倒。

00057q3a7185
そして音質のために太いケーブルが採用されている上に、2mもの長さが有るのでケーブルが邪魔で仕方ありません。

オーディオのジャックに差し込んで、ソファーで聞くなどの用途だと2mが適正なのかもしれませんが、ウォークマンで聴く私にとっては1.2mが望ましい。

已む無く輪ゴムで縛りました。

00077q3a7200
肝心な音質ですが驚愕ものです。

アーティストが作りだした作品を忠実に再現しうる、本当の音源を生きている間に聴けて良かったと思えるほどに感動します。

メーカーによれば大口径70mmドライバーユニットを搭載し、大口径化により平面に近い波面を再現。音の波面が広く平らになることで、スピーカーで音楽を聴いている時のような、自然な響きを体感できます。また、可聴帯域をはるかに超える低域から100kHzに至るワイドレンジ再生により、ハイレゾ音源特有の空気感に富んだ楽曲のニュアンスをあますところなく再現します。

と、長い説明が有りますが百聞は一見に如かず、一度聞いてみて下さい。

2016年2月13日 (土)

備蓄品管理

0012dsc01187
平和な日が続くと、ついつい備えを忘れてしまいます。

我家では毎月1日を防災の日に設定していますが、ここ数ヶ月は何もせず。重い腰を上げて、備蓄倉庫内の総点検を行ってみました。

0005dsc01177
震災の時に完売となったガスボンベは20本以上を備蓄。3本パックで250円程度ですが、確か震災の時には1000円に跳ね上がっていた記憶があります。

0006dsc01178
最近備蓄用に購入したRITZ。5年ほど持つので2缶購入。食料というには少々心細い商品ですが、非常事態で苛まれた心を癒す効果は有りそうですから。

0008dsc01181
昨年夏に余ってしまったひやむぎですが、日持ちがするので備蓄品に加えました。お湯さえ沸かせればお腹が満たせます。

0009dsc01179
問題なのは水。一人で一日2L必要ですから、相当数を備蓄しておかなければなりません。

20本ほど備蓄していますが、何と2016年1月で全て消費期限切れ。まあ腐るものでもないので、適宜更新して行こうと考えています。

0010dsc01184
マカロニも全て昨年の12月で期限切れ。確か2年ほど持つと思って購入しているので、あっという間にその歳月が流れたと言う事。

何事も無かった事を有り難く思いましょう。

0011dsc01185
最も早く手軽に食べられるとパック米を3セット購入していましたが、こちらも1月で全て期限切れ。備蓄管理は非常に難しいと感じます。

今回大量に期限切れが有る事が発覚したため、我家では暫く妙な献立が続きそうです。

2016年2月12日 (金)

SONY HAP-S1

0014dsc00757
SONY HAP-S1 ¥62,000

これまで使用していたSONYのHDジュークボックスに不満は無かったのですが、ハイレゾ音源非対応であることから思い切って買い換えました。

0022dsc00765
前機はミニコンポの延長だったので造りもデザインもお粗末でしたが、こちらはアルミ削り出しのボディはシャープであり、操作スイッチもセンス良く配置されているので高級機の様相。

大きさはコンパクトですが高級機並みにずっしりと重い。

0028dsc00771
左のジョグダイヤルで主操作を行いますが課題がひとつ。

このダイヤル一つで、曲やアーティストを探しますが、かなりの数このダイヤルを回さなければなりません。

簡単に探せる方法が無いのかと説明書を読み直しましたが存在しません。液晶画面がタッチパネルでi-Phoneの様に操作出来れば良いのですが、検索機能は大変御粗末。

0044dsc00787
設置はアンプ一体型のHDオーディオなのでスピーカーを接続するだけで完結。

肝心な音質ですが、MP3の圧縮音源でも以前のジュークボックスより格段に改善されており必要にして十分。

0039dsc00782
シンプルで洗練されたスティックリモコンですが、安価なプラスチック製で有り残念な質感。これは多少重くなってもアルミかステンレスにすべきですね。

このリモコンも選曲操作は皆無で有り音量調整と曲送りだけで全く役に立ちません。

限られたスペースに置いて、音楽をかけっぱなしにしている私の用途としてはHAP-S1は理想のオーディオなのですが、選曲機能だけは何とかならない物でしょうか。

2016年2月11日 (木)

延長コードによる火災

0001dsc01171

たこ足配線は危険だと分かっていても家中に繋がれている延長コード。

収納の裏に物を落としてしまい、それを拾おうと手を伸ばして延長コードに触れたところ名に熱くなっている事に気付きました。

この延長コードには空気清浄機しか接続されていないにも関わらず。
0002dsc01173_2
冬場なのにタップもケーブルもはっきり分かるほど熱い。明らかな異常加熱。

危険なので即刻取り外してコードを観察するとメーカー不詳。

0006dsc01176
詳細を観察するとコード自体が熱で溶けたような状態になっています。

別段束ねたり引っ張ったりという事は一切ありません。

0005dsc01174
老朽化した家屋で稀に電気のショートが原因で火災が発生しますが、この延長コードもこのまま知らずに使用していれば火災に繋がっていたかもしれません。

何処でいつ購入したのか覚えていませんが、コンビニ等で購入したものかと思われます。

中華性の液晶モニターやLEDランプで、これまで散々失敗しているので、メーカーがはっきりしない物は購入しないようにしていますが、知らず知らずのうちに使用しているのかもしれません。

直ちに家中の延長コードを総点検した事は言うまでもありません。

2016年2月10日 (水)

エクストリームアイロニング

0017dsc00051
ワイシャツをクリーニングに出しに行く手間が面倒になり、ノーアイロンタイプを購入するも結局皺が残ってしまうので、アイロン掛けを行う習慣が身についてから10年以上になります。

意外にアイロンがけは面倒な作業ではなく、エクストリームアイロニングの如く、アイロンに惹かれる男性の気持ちに同感できてしまいます。

アイロン掛けを楽しむには、お気に入りのアイロンが欠かせません。

これまで愛用してきたアイロンはパナソニック製。いつの間にか入水口のゴムパッキンが取れてしまっていたので修理するよりも買替と考え、東芝のアイロンを購入してみました。

0021dsc00058
機能的な差異が見出しにくいアイロンは、いずれのメーカーもほぼ同形状であり比較が困難。何となくメタリックレッドの色に惹かれて東芝のアイロンを購入してみました。

価格も1万円強ですから悩む必要も無いと考え適当に選択したのですが。

0024dsc00061
東芝アイロンの特徴はこの口ばし。ボタン廻りの皺伸ばしに有効なのだとか。

確かにこの点は優位性有りかと思いましたが、実際使用してみると生地との滑り具合や、スチーム量など細かな点が気になり出しました。

一番要らない機能は台座がくるくる回転する点。コードレスアイロンは頻繁に台座に置いて加熱しなければなりませんが、台座が回る事によって定位置に納まりづらく、かえって不便。

0025dsc00063
結局、東芝アイロンにどうも馴染めず1ヶ月使用して断念。

こちらの以前使用していたパナソニックの後継機種に買換え。台座は回転しないので安定しており、前後同形状のアイロン面はやはり使い易い。

パナソニックの商品を購入する機会が多いのですが、デザインや機能性は格段に他メーカーより優れていると感じます。

アイロン如きにシャンパンゴールドを用意している点など非常にセンス良し。

0020dsc00057
SONYとPANASONICばかりを購入してるので、他メーカーもたまには購入してみようと、ちょっとした支援のつもりで東芝製品を購入したのですが、どうにも駄目でしたね。

2016年2月 9日 (火)

マクロレンズ EF100mm F2.8L IS USM 試写

0005dsc01211

レンズに刻印されたMACRO100mmと共にCANONの浮文字。

レンズ脳天にこの様に刻印されている例は他レンズに無かった様な気もしますが、メーカーとしてこのレンズには特別な思い入れでもあるのでしょうか。
00087q3a7202
部屋中を見まわし、キャビネットに佇んでいるバズーのフィギュアを撮影。

00097q3a7209
これだけ寄れます。なるほどマクロはアイデア次第で遊べるレンズですね。

00107q3a7215
マクロだとそもそも至近距離撮影なので、F値の変動感覚が通常と異なります。

IS付だから手振れ防止効果は絶大かと考えていましたが、至近距離だけにラフに扱うと当然ながらブレます。少々使い倒して感覚を掴むしかありませんね。

2016年2月 8日 (月)

マクロレンズ EF100mm F2.8L IS USM

0006dsc01214
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

数年前に購入して数回撮影しただけで眠っていた、EF100mm F2.8 マクロ USMを売却してIS付きに買換えました。

面倒な事が嫌いな私は三脚を据えてまでマクロ撮影したくなく、IS付きのこちらに買換える機会を考えていましたが漸く目的が果たせました。

0002dsc01208
最短撮影距離は30cmなのでレンズ先端から14cm迄接近できます。撮影距離範囲切替も有りますが私はFULLにしたまま切替える事は無いでしょう。

EF100mm F2.8 USMは作りや形状が最悪でしたが、このマクロレンズは比較にならないほど質感が上がっています。

0009dsc01218
旧レンズが3万円強で売れ、こちらは新古として7万円で購入。4万円の負担にはなりましたが良いトレードだったと思います。

0001dsc01206
このマクロレンズはデザインも質感もすこぶる気に入ったので、末永く付き合って行けそう。

マクロレンズではありますが単に100mmとしても使用してみたいですね。

2016年2月 7日 (日)

マイナス金利

00117q3a7219
黒田バズーカも弾切れであり、中東情勢不安、原油安なども踏まえ、アナリストと同様に115円近くまで円高が進むと呼んでいましたが、日銀がマイナス金利に踏み切るとは意外でした。

119円で5万ドル購入したポジションが長らく負の遺産になっていましたが、マイナス金利公表で一気に120円を超えたので漸く解消されました。

それにしても、雀の涙ほどの金利しかついていない現状から更に金利が下がって行きます。自身の現金を下ろすだけで108円も搾取されるのに。

1億円預けて1年の利子が800円ですからね(税引後)。

流石に個人口座はマイナス金利にはなりませんが、銀行に預けているだけでは全く増えません。

慎ましい蓄えを今後どの様に運用して行けば良いのか悩ましいところです。

2016年2月 5日 (金)

鋸山 心臓破りの急階段

00497q3a7040
山寺、京都の伏見稲荷など急勾配階段は多々体験しましたが、鋸山の階段は最強かもしれません。

全てが階段という訳ではなく、階段も平坦で踏み板も十分に確保されているのですが、何故かきつく感じます。体力が落ちた証だと悲しいのですが。

00487q3a7036
地獄のぞきから駐車場まで迂回して歩くと、岩の窪みに多くの観音像が並べられています。

00507q3a7048
道に沿って岩が削られていますが、それぞれ岩の表情が変化しており楽しんで歩けますが、ペース配分は重要かもしれません。

00517q3a7051
観音像とは思えないほどリアルな物も多く、夜は一人で歩けないでしょう。

00537q3a7077_2
崖地に張り巡らされた芸術的な根。

崩壊した崖から落ちかかっている樹木が必死に根を張って耐えています。蜘蛛の巣の様に張り巡らされた根を見ていると、樹木に感情が有る様に感じました。

00547q3a7109
岩をえぐったトンネルが幾つか存在しますが、何れも非常に趣が有ります。

北欧の古城へ続く石階段の様相。

00557q3a7113

前日に思いついて選択した鋸山観光でしたが、のんびり海ほたるで過ごして、鋸山を歩いてただ帰る。これだけで十分楽しめた有意義な一日でした。

観光だけではなく有酸素運動も兼ねる事が出来る鋸山、是非訪れてみて下さい。

2016年2月 4日 (木)

日本寺 地獄のぞき

00407q3a6950
更に進んで最終目的地である地獄のぞきへ。

00397q3a6915
この写真では判りづらいのですが、右側から突き出している岩が”地獄のぞき”と呼ばれる展望台。

見事に足元の岩盤が無くなっており、確かに鋸の刃先の様な形状になっています。

00427q3a6972
実際の鋸の刃先がこちら。

ステンレス製の頑丈な柵で囲われているため、何の恐怖も感じません。手摺の高さが半分だとかなりスリリングです。

00457q3a7005
柵から覗くと地獄は見えませんが、先ほどの百尺観音の足元に集う人々が見えました。

00447q3a7002
崖に沿って同じような柵が並んでいます。それにしても見事な垂直の崖。

00467q3a7007
幸い穏やかな冬晴れで無風であったので、長時間眺望を楽しむ事が出来ましたが、遮るものが無い山頂なので強風の日は留まる事が難しいでしょう。

00477q3a7011

更に展望岩の様な小山があり、そこに上がると360度のパノラマが楽しめます。

2016年2月 3日 (水)

日本寺 百尺観音

00347q3a6889

十州一展望台を降りて次に向かったのは百尺観音。

世界戦争戦死病没殉難者供養と交通犠牲者供養のために発願され、昭和35年から6年の歳月をかけ昭和41年に、石切場跡に彫刻されたもので、航海、航空、陸上交通の安全を守る本尊として崇めらています。

という説明ですがあまりに広義過ぎませんかね。

00317q3a6809

インディージョーンズの如く断崖の谷間を進んで行きます。

00327q3a6871
読んで字の如く百尺ですから30mの大きさ。

こちらの観音像を見てガンダムをイメージしたので、いずれが大きいのかスマホ検索してみるとガンダムは18mと判明。便利な時代です。

00357q3a6893
どうも平面的な観音像に違和感を覚え、足元から凹凸感を観察。

私も過去に彫刻を嗜んだ事がありますが、もう少し方法が有ったのではないかと思えてしまう程の立体感の貧しさ。

00377q3a6905
どうにも有難味を感じ辛い観音様ですが、交通安全の本尊との事なので一応参拝しておきました。

左手上部にうっすらと見えるのが鋸山で最も有名な”地獄のぞき”。大仏、百尺観音、地獄のぞきの構成状況が初めて理解出来ました。

00387q3a6907

私にとってはこの渓谷道の方が興味深かったりします。

2016年2月 2日 (火)

金属疲労

0062img_4441
オルカに装着しており破断したミノウラのドリンクホルダー。

ドリンクの抜き差しと振動による金属疲労が原因ですが、3年以上使用していますから十分お役目は果たしていただきました。

その後放置していましたが、ガラクタ箱を探したところカーボンのドリンクホルダーが遊んでいたため交換しました。

カーボン製はこのホルダーよりも4、5倍の価格ですが、重さは互角で有り、脱着はむしろしカーボンの方がし辛いのでアルミにしていました。

何事も物事を始めた際は良かれと思って、情報に惑わされて高い物を購入してしまいがちですが、経験すると事の本質が見えて来て実は無駄だったと分かる事が多いですね。
0060img_4438
確か1000円もしなかったと思いますが、通販で購入しても送料の方が割高なので、機会を見てショップで購入してこようと思います。

2016年2月 1日 (月)

日本一の大仏 千葉鋸山 薬師瑠璃光如来

00247q3a6735
日本一の大仏と言えば奈良、鎌倉と思いがちですが、意外にも千葉の大仏が日本一でした。

千葉の鋸山に有る日本寺の薬師瑠璃光如来が日本一。

薬師瑠璃光如来は総高31.05m・御丈21.3m。鎌倉の大仏は総高13.35m・御丈11.312m。奈良の大仏は総高18.18m・御丈14.85mなので、鎌倉の大仏の2倍以上になるようです。

00237q3a6731
鋸山へは県道から妙な有料道路を1000円も支払い、急勾配、急カーブを登って行きます。

中腹と頂上にそれぞれ駐車場が存在しますが、中腹に駐車して大仏を見て、再度車に戻ってから頂上の駐車場へ移動する事をお勧めします。

これは、入館口の叔父さんから教えていただいた鋸山の攻略法ですが、確かにこの言葉を無視して地図通りに歩いて行くと悲惨な事になる、それほど急峻な山に観光スポットが点在しています。

00227q3a6715
大仏の周辺は広大な原っぱ。東屋から入江の眺望も楽しめます。

00217q3a6701
入江の風景。

このお天気が何よりの御馳走だねと、お隣の老夫婦がお弁当を食べながら話していたそうです。確かに、その位この日の天気は穏やかで快晴でした。

00167q3a6650

開放された場所に建造されているせいか、日本一の大きさには感じません。むしろ奈良や鎌倉の方が大きく思えてしまいますが、訪れた人々も異口同音に同様の話をされていました。

人間の感覚などあてにならないものですね。

日本寺 通天窟

00277q3a6758
大仏口からそのまま水平方向に歩くルートで通天窟に辿り着けます。

日本寺は1300年の歴史を誇りますが、昭和14年に登山者の失火によって、国宝仏像や建物を全て失ったそうですが、その大火を免れた建物の一つがこの通天窟であり、この石造物は異彩を放っており気圧されます。

00257q3a6743

通天窟には日本寺の曹洞九世高雅愚伝禅師と道元禅師、瑩山禅師が祀れているとの事。大きな岩を手作業でくり抜いた窟内はただならぬ空気が漂っています。


00267q3a6749
この佇まいに1300年の歴史を感じましょう。

00287q3a6764
車に戻って頂上へ移動。

再び入場門をくぐって直ぐの十州一展望台へ向かいますが、急勾配の階段が待っており心拍は140まで急上昇。

汗が吹き出し、とてもダウンジャケットは着ていられませんでした。

00297q3a6766
この展望台からの見晴らしも素晴らしい。

00307q3a6779
東京と千葉を橋渡しするフェリーが航行していました。

70mmでもここまで迫れますね。

フォト
無料ブログはココログ