« シャトーカミヤ vol.2 | トップページ | 筑波宇宙センター vol.2 »

2016年3月16日 (水)

筑波宇宙センター vol.1

0015bo6r3222
シャトーカミヤから10kmほどの場所に位置する筑波宇宙センターへ。

JAXAは国立研究開発法人ですから駐車場も入館料も無料。

0017bo6r3227
展示館「スペースドーム」

常設展示館ですが、ロケットや衛星が並んでいます。

0016bo6r3224
宇宙に興味が無い方にも日本の宇宙開発技術が、我々の生活に役立っている事を学びましょう。

0018bo6r3231
国際宇宙ステーションへの物資輸送を米露がたて続けに失敗し、日本が送り届ける事ができたこうのとりがこちら。

この巨大な装置をロケット先端に格納するロケットの大きさは果たしてどれほどのものなのでしょう。

0019bo6r3232
宇宙空間へ物資を送り届けるこうのとりのカプセルの大きさは、長さ約10メートル、直径4.4メートルの円筒形で、ISSに最大6トンの荷物を運ぶことができるそうです。

米露がそれぞれ失敗しているという事は、貴重な物資12トンが灰になったということ。

国際宇宙ステーションで物資を待つ人々にとって、打上げ失敗の悲報は衝撃であったに違いありません。

0020bo6r3235
こちらは晴海の宇宙博でも展示されていた日本の実験棟。ここから会場まで運ばれたのですね。

0024bo6r3252
宇宙博の様な、米国の宇宙探査機や派手な宇宙服などが無く地味な印象を受ける展示。

農業と同様に宇宙に関する装置や機器もデザイン性を向上させれば、その道を目指す人が増え業界全体が盛り上がると思うのですが。

« シャトーカミヤ vol.2 | トップページ | 筑波宇宙センター vol.2 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑波宇宙センター vol.1:

« シャトーカミヤ vol.2 | トップページ | 筑波宇宙センター vol.2 »

フォト
無料ブログはココログ