« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

MINI クロスオーバーの充電方法

0003dsc03289
MINI クロスオーバーR60の充電方法を備忘録を兼ねて記録。

MINIはR56もこの位置に格納されており作業性が悪い事極まれりといった状況で、手が入らないので蓋を取っただけでは電圧すら測れません。

0005dsc03291
先ずは蓋を外し、右手のホース類をフックから外し、3つの軽量ボルトを外します。プラスチックのボルトであり舐めやすいのでご注意を。

0007dsc03293
邪魔なのでワイパーも外します。キャップを取るとボルトが露出。

0009dsc03295
固着もしておらず簡単に外れます。

0011dsc03297_2
外した部品は無くさないように並べておきましょう。

0012dsc03298
問題は最後の蓋。手前のゴムブレードを引いて外し、カバー自体は斜め右上に差し込まれているので、左手前に抜く様な感じで水平に引いて行くと外れます。

0014dsc03300
外れたカバー。外した方向と感覚を覚えておきましょう。

0015dsc03301
右斜め上に差し込まれているこのこの部分が問題ですね。バッテリーの電圧チェックや充電、交換の度にこれらの作業を繰り返さなくてはなりませんから、非常に面倒ですが覚えておいて損は有りません。

0018dsc03304
1ヶ月以上乗っていない状況でテスターを当てると何と12Vを割っていました。

0021dsc03307
マイナスから外し、厳重にカバーされているプラスを外しますが、この電極に繋がれているナットは実は外れず緩むだけ。

ある程度緩んだらマイナスドライバーを差し込み、緩ませて引っ張り上げましょう。

0030dsc03316
バッテリーを下すのが面倒なので、このまま充電。

0031dsc03317
このユアサのバッテリーチャージャーももう10年以上使っているかもしれませんが、まだ現役。結局6時間ほど充電して12.6Vまで回復しました。

あと4ヶ月で5年になりますが、月に一度しか乗らない状況でも何んとかバッテリーは持っています。ディーラーはやたらとバッテリー交換を勧めますが、頑なに断り続けてここまで持っています。

前回の定期点検で提示されたバッテリー交換費用は何と6万円。流石に何でこんな費用になるのかと抗議しましたが自分で交換するに限ります。

0096dsc03382
蓋を戻すのが何より難しく苦労します。元通りに差し込んでいるつもりでも、手前のクリップが合わず何度も脱着を繰り返す始末。

漸く合いましたがフロントガラスフレームのエンドにカバーが当たり、少々傷つきましたが気にしない気にしない。

充電が終わるまで暇だったので、数年振りにエンジンルームを磨いてみました。最近S660のエンジンを見ているせいか、僅か1.6Lエンジンが非常に大きく感じてしまいます。

2016年11月29日 (火)

郵便窓口の対応も人しだい

0000000000041447
業態を限らず何処のお店に行っても、余り不満を抱く事は以前より少なくなっています。と言いますか不満を抱いた場合二度と行かないので、必然的に少なくなっているのかもしれません。

利用する機会が多い銀行はいずれを利用しても、実に対応が丁寧だと感心します。そして、銀行以上に利用する機会の多い郵便局は、未だに公務員体質が抜け切れていないと感じています。

私が良く利用する郵便局も、待たされる時間が非常に長いので職員の動きを観察していると非常に効率が悪い。一つの仕事をする為に、幾つも引出しを開けたり移動を強いられているので、トヨタのカンバン方式でも見習ってみたらとつい言いたくなってしまいますが、我慢我慢。

先日も郵便窓口で振り込まざるを得ない伝票が有り、例の如く待たされる覚悟で臨みましたが番号札を取ると3番目。15分以上待たされても終わる気配なし。

何をやっているのかと思えば、口座振替えに不備が有ったらしくお客様と延々確認作業、局内には他にも職員2名と女性店長が居ましたが、この状況を見てみぬふり。

いつも利用している郵便局なのでクレームを付けるのも憚られ、番号札を持ったまま何も言わずに出てきましたが、背後から有難うございましたとだけ声を掛けられました。明らかに散々待たされて、怒って帰っているのだから申し訳ございませんだと思うのですが。

どうして郵便局はこんなに使えないのかとイラつく状態でしたが、その日に払わなければならないので、已む無く渋谷の郵便局を再び訪問。

また同じ様な対応をされれば、郵政省に文句を言えば良いのかと考えながら窓口で用紙を提出。

するとこちらも男性職員でしたが全く対応が異なり、既に入金期限を過ぎているので市役所に確認の連絡を取ってい良いですかと尋ね、わざわざ調べて連絡し承諾取得。

普通なら期限切れですから郵便局では使えません、市役所に行って下さいと言われて当然ですがこの方は違いました。手際も良く応対も丁寧で、私の最寄りの担当者と180度違う。

結局、企業も組織も”人”なのだと改めて痛感させられました。

2016年11月28日 (月)

ビスの整理整頓

0024dsc00512
趣味の日曜大工でいざ使おうと思ってもこれまでは無造作に放り込んでいたので、必要とするビスやボルトを探すのに無駄な時間を要していました。

有ると思っていたサイズの物が無かったり、無いと思って買ってきたビスが重複したりとロスも多く、整理整頓を行わないと時間とお金を消費するばかりだと漸く悟り、新しいケースを買い増して整理整頓を実施しました。
0018dsc00506
こちらは20年来使用しているビスケース。未だに何処も破損しておらず素晴らしい造り。

0019dsc00507
ひとつひとつビス箱が取り外して持ち出せます。確か職人さんがこれを持っているのを見て買いに行ったと記憶していますが、小分けになっていないので、どちらかと言えば職人さん向け。

0015dsc00503
ドリルの歯も買い増しているうちに増え過ぎてしまいましたが、こうやって一か所に集めてみると管理も楽。

今まではあっちのケース、こっちのケースと方々に散っていたので使用機会の多いドリルばかりが多数存在。

0016dsc00504
最も悩ましいのがビス類ですが長さや頭の形状、素材によって数多く在庫しておかなけれならず必然的に少量小分けが求められます。

このケースを購入して何とか分別出来ましたが、このケースの優れている点は両面使いになっており非常に大変細かく選別が行える点。0023dsc00511
反して使えないのがこのケース。深いばかりで仕切りも限られており非常に使い辛い。

0021dsc00509
尚且つこのロックするハンドルはいちいち両手で掴まなければならず、操作も固いのでイライラします。こんな商品が存在する事自体がナンセンスですね。

駄作ケースも買った以上暫し使ってみますが、新しいケースを2つ買増した事により20年振りに整理整頓出来ました。

これで無駄な時間とお金を多少なりとも節約出来ればと思います。

2016年11月27日 (日)

コンビにもS660

0007dsc03225
南麻布の超高級マンションに住んでいる方から先日聞いた話ですが、ランボルギーニやフェラーリを所有されている住人は週末に物凄い爆音と共に出掛けて行くのですが、普段は地味な国産コンパクトカーを利用しているとの事。

確かにちょっと近所のスーパーやコンビニに行くのに、スーパーカーを出動させる気にはならないのでしょう。

その点、S660は気分だけスーパーカーであり、これ以上小さくて小回りの利く車も無いので、コンビニや駅の送迎にも普段使い出来ます。

ただ、これで送迎すると同乗者は膝上に荷物満載となりますが。

0021dsc03239
開発者のコンセプト通り交差点を曲がるだけでも楽しい車なので、ちょっと出掛けるだけでもS660を使いたくなります。

家内はジムニーを愛用していますが、私は当面これを足代わりにしてちょこちょこ出掛けてみたいと考えています。

個人的にはクロスオーバーを売却してこちらを可愛がりたいと思いましたが、家族から使えないおもちゃはダメと却下されたので、半年ほど迷って決断したいと思います。

2016年11月26日 (土)

S660 実燃費

0035dsc01375

S660はレギュラーガソリンですが、25Lしか入らないとの事なので早目の給油が欠かせない模様。

しかし、車両到着から入っているガソリンがなかなか減らないので、類稀なるスポーツカーにしては案外燃費も考慮しているのかもしれないと感じ始めていました。
0027dsc03411
スタイル重視、積載能力ゼロの軽規格スポーツカーなので、仮に64馬力の規制枠を無視したハイパワー高回転エンジンを搭載し、リッター10kmを切っても誰も文句は言わず、むしろもっと売れたと思います。

そんな事を考えながら、ゲージが半分に差し掛かっていたので奥多摩に入る前に給油してみました。

0005dsc01336
ゲージは残り半分でしたが入った量は13.16L。この日のレギュラー価格は114円でしたので1540円也。

タンク容量の都合でジムニーの倍ほどスタンド通いになりそうですが、燃費は10km/Lのジムニーに対して15L/kmには届きそうなのでほぼ同等でしょうか。

N-ONEと同じエンジンですが回転はやや高めでFR、そして195のハイグリップタイヤを履いているにも関わらずN-ONEよりも燃費は良い。

MT車と言う事もありますが恐らく実燃費は15km~20kmと思われます。正直、燃費よりもらしさを演出したエンジンに仕上げてもらいたかったと感じますが、まあ燃費は良いに越したことはありませんから、これはこれで認めるしか有りませんね。

2016年11月25日 (金)

ご臨終が続くエアプランツ

0001dsc00001

エアプランツに嵌り半年が経過ししましたが、随分ご臨終させました。

根の先から腐り始めることは理解できたので、根元に水が掛からないように逆さにして水やりを行い、空気清浄機の風で乾かす手間もかけていますが、やはり腐る個体は腐ります。
0017dsc00022_2
だんだんしおれてくる物もあり、これは水を吸わせるためにソーキングを定期的に行いますが衰弱が止まりません。

どうにも生きているのか死んでいるのか変化に貧しいエアプランツなので、判断が非常に難しい。

恐らくこれまでに10株ほどご臨終となったと思われます。最初は何が悪かったのかと悩んだこともありますが、今では「お前もか」と一言呟いてゴミ箱行きへする事に何のためらいも無くなりました。

0020dsc00025
大型の個体は比較的元気に成長中。というか成長しているのか否かもわかりません。

0019dsc00024
エアプランツの耐容温度は5度までらしいので、今度は冷やしすぎないように注意が必要。

日々の変化が全く見えないのに、温度、湿度、通風に注意を払う必要があり、どうもこの手間が見合わないように感じています。

正直、エアプランツにすっかり飽きてしまい、やはり日々の変化が如実に分かる普通の植物が良いと感じています。

2016年11月24日 (木)

S660はオートバイと同義

0071dsc03458

私はバイクに乗りますが、ジムニー以上にS660はバイクと同じような感覚で乗っています。

バイクは極めて積載量が限られる上、自然の影響をもろに受け、時には雨の中を走ることもあり、事故に遭えばただ事では済みません。でも、爽快感や操る楽しさに、この全てのマイナス要素は吹き飛んでします。

だから、S660の積載スペースの無さや2シーターの不便さなど、バイクに比べれば比較にならないほど快適であり、私はこの不便さを許容できてしまうのかもしれません。

0081dsc03468
基本的にバイクの考え方なので極力屋根を開けて乗る事にしています。

そうは言っても都内の渋滞路や真夏は無理。適した気候は極めて限られますが、せめて全走行距離の3分の1はオープンで走行したいものです。

紅葉見学となった同日の奥多摩の気温は12度であり、奥多摩有料道路の山頂付近は10度ほど。日が落ちて更に気温が下がり8度ほどになりましたが、へそまんでオープン状態にしてから自宅までの道中、ずっとオープンのまま帰宅しました。

帰路は渋滞を避けてETCが無いながらも高速を利用しましたが、オープンでも80kmまでは耐えられる状況でした。さすがに80kmを超えると風の巻き込みが強く我慢大会。オープンにして走行車線を制限速度で走るのが大人かもしれません。

0077dsc03464

購入から200kmほど走って良い所も悪い所も徐々に見えてきました。

悪い点も多々存在しますが、何となくスポーツカーと言うかスーパーカー的な佇まいが更に帳消しにしてしまいます。

車を降りて柔軟体操が欠かせませんが、膝屈伸をしながら車を眺めているだけで疲れが幾ばくか緩和される気がしますから。

2016年11月23日 (水)

S660で紅葉狩り

0046dsc03431
名義変更が終了しましたが、晴天なのにそのまま帰るのも悲しいため、急遽奥多摩へ向かう事にしました。

ナビは取付けたもののETCは未装着なので、一般道を奥多摩まで60kmほど走行しましたがこの道中も渋滞であり、へそまんに到着する頃には疲労困憊。

狭く固定されてしまうS660のドラポジは長時間耐えられませんね。エコノミー症候群の言葉通り血流が悪くなっている事が実感でき、腰の痛みも生じました。連続走行は2時間が限界かと思われます。

0030dsc03414

たかだか60kmに3時間を要しここまでやってきましたが疲労回復のため、へそまんでお土産と暖かいお饅頭を購入。

0036dsc03420
おまんじゅうは1つ頼んだのですが、ひとつサービスですと二ついただきました。

このようなサービスをされるとまた寄ってしまうのですよね。私が幼少期から存在するへそまんですが、平日にも関わらず次々車が止まりなかなか盛況でした。

0037dsc03421
おまんじゅうでエネルギー補給をし、体を伸ばす柔軟体操も終えたので、ここからは気分を変えて幌を外してオープン走行。

0061dsc03447
単に峠を走りに来たのですが、何と奥多摩の紅葉は今が見ごろ。思いがけないサプライズに家内を連れて来なかった事を後悔。

0056dsc03441
膝を壊して10月に予定していた紅葉見学が全て中止になったので、今年は見られないと思っていたのですが、奥多摩は11月中旬がベストシーズンなのですね。

0067dsc03453
さて、S660の峠は水を得た魚でした。

軽規格のミッドシップは面白いようにコーナーをトレースし、60kmを超える様なハイスピードでも、いとも簡単にクリア。

高回転は使用せず3000~4000キープの3速、4速使用でしたが、登りも下りもトルクは十分でリアルゴーカートを存分に楽しむことが出来ます。

軽の車重に195の幅広ハイグリップタイヤは、Rのきついコーナーにオーバースピードで突っ込んでも一切タイヤは鳴らず、体に強いGを感じさせながら駆け抜けて行きます。電子制御の横滑り防止機能も知らぬ間に利いていると言った感で違和感を感じさせません。

Gをバケットシートで受け止めるため、背中側のアバラが少々痛くなるほど遊べます。

採算を度外視して、ここまで本気の軽を作れたのは世界の自動車メーカーでもホンダだけでしょう。正直200万を越えるプライスでも思わず”安い”と感じてしまいました。

2016年11月22日 (火)

S660 名義変更

0024dsc03408
S660の名義変更に行ってきました。何故か軽自動車は陸運局ではなく軽自動車検査協会という、お役所の縦割りが如実に分かる組織構造。

陸運局と一緒にすれば無駄な血税が使われずに済むものを、敢えて組織を作って役人の仕事を無理やり作り出し、その組織に携わる天下りが高給を得ている訳です。

広い敷地に立派な建物。たかだか軽自動車の為にこんな施設と携わる人間が必要なのでしょうか?と腹立たしい思いをしながらも一応一連の流れに従います。

0012dsc03396
こちらは旧所有者のナンバープレート。なるほど希望ナンバーで660にしたのですね。

名義変更の書類を一式提出し、分かり辛い申請用紙に新所有者、旧所有者、旧使用者などを記載して、次は何番、次は何番とお決まりのたらい回し状態。

実費はナンバープレート登録費用の1,440円だけだと思ったら、車が新しいので取得税がかかるとの事。

新車から何年までこの取得税が掛かるのか尋ねると、S660は高額車両なので掛かってしまうのだとか..。結局10,400円取られました。

0016dsc03400
フロントのナンバーを外すとバンパーを固定しているクリップが現れました。恐らくホーンを交換する際には一度ここを外す事になるでしょう。

N-ONEの時もそうでしたが、計に限らず最近の車はクリップの嵌め込み式になっているので、力加減が難しくバンパーを外すのは非常に難しい。

ショップに頼んで爪を折られるなら自分でやった方がマシですね。

0018dsc03402_2
さて、ナンバーに拘りの無い私は提供されたプレートをいただきその場で取付。軽は封印が無いのでドライバー1本で簡単交換。ナンバーの盗難が怖いので盗難防止ロックを購入しようと思います。

渋滞で到着に1時間嵌りましたが、名義変更自体は30分程であっけなく終了。これにてS660は名実ともに私の相棒となりました。

2016年11月21日 (月)

キャラメルブロックタイヤの修理費用

0007dsc00012
知り合いの整備工場に相談しましたが、四駆の大型タイヤは対応出来ないと断られました。

このまま放置する事も出来ないので最寄りのタイヤ館に電話で問い合わせると、普通に外側から出来る修理で¥2,000強、タイヤをホイールから外して内側から行う修理で¥4,000円。

空いている時間に持ち込んでも1時間程かかるそうなので、費用面にしても時間にしても非常に面倒。

そもそも1本だけ修理しても前輪2本が偏摩耗しているため、この際4本を交換しなければなりません。

ネットで調べた足立区にお店を構えるショップに問い合わせた所、ジオランダーMTを車両持ち込みで交換した際の費用は¥12,500/本。4本だと¥50,000ですが足立区まで車両を持って行く事がまた面倒。

では通販で購入し、最寄りのイエローハットで交換した場合はいかがなものか。

通販だとジオランダーMTは送料込みで¥10,000/本。イエローハットの場合、持ち込みで作業をしてもらった場合は作業工賃¥3,240+タイヤ廃棄費用¥270+エアバルブ交換¥410。作業費用だけで4本で¥15,680ですから、これもタイヤ費用を合わせると¥55,680と見合いません。

0011dsc00016
結局、時間とガソリン代を投じても、足立区のタイヤショップに持ち込んで交換する事が賢明と言う結果になりましたが果たしていつ持っていけるのでしょう。

今の所、パンク修理剤で直っているのでもう暫く走り、落ち着いた年明けに交換しようかと考えています。

また積雪の中を走る事を考えたら、山の無いキャラメルブロックは危険極まりないので仕方が有りませんが2万kmは持たせたかったですね。

2016年11月20日 (日)

S660のナビはCN-G500Dが最適

0005dsc03389_2
方向音痴の私は何が無くともまずはナビを取付なければなりません。しかし狭小空間のS660に手持ちの7インチポータブルナビを取付けられるスペースは存在せず。

センターモニターにスマホのヤフーカーナビかグーグルナビを表示させようと思ったのですが、ホンダの妙なナビしか写らないように細工されているらしく、まずこの目論見は外れました。

ホンダ独自のインターナビは画質も荒く馬鹿で使えないと酷評なので、固定費を払ってまで導入する事も無いと、パナソニックの5インチポータブルナビを購入しました。

パナソニック CN-G500D ¥24,736 ユピテルの貧弱な小型ナビほどの低価格。

さて、何処へ取付けるかと画面を当ててみても、しっくりくる場所がありません。調べた結果、S660専用のスマホホルダーが見つかったのでこちらを購入。

0002dsc03385_2
BEAT SONICのこのスタンドは6000円弱しますが純正の如く良く出来ており、非常に安定しています。しかし、早速取付を試みたところスマホを固定する台座は何と別売りでした。

仕方が無いのでまずはアームのみ取付。

もともとドリンクホルダーが付いていたので、こちらを外してアームを差し込み再びドリンクホルダーを引っ掛けます。このビスの前後関係が良く分からず、付けたり外したりを何度も繰り返しながら漸く終了。

0004dsc03387
後日、アマゾンで追加注文をして固定台座を入手。追加費用¥1,636也。

0007dsc03391
取付完了。画面が二つ並び鬱陶しい車内ですが仕方ありません。

このホルダーは爪が浅い上にホールド力も少々弱め。ナビが振動で飛びそうで不安でしたが、奥多摩のハードな峠道を走っても落ちる事は有りませんでした。

一応取付が済みましたが最も不安だった事がGPSの補足。

0011dsc01344_2
S660はフロントガラスが非常に小さい上にフレームが大きく、ちょうどナビの頭上にこの太いフレームが覆い隠す様に存在するので、GPSが受信できない恐れが有りました。

しかし実際に走行してみると不安を他所に、しっかりGPS信号を受信し的確な案内をしてくれました。

暫くこのアームにスマホを取付けてナビ代わりにしようかとも考えましたが、一日フルにナビを使うとバッテリーの消耗が激しい上に、データ容量が月間上限を圧迫しそうなので、結果的にこの5インチカーナビの採用に至りました。

恐らくS660には取付位置やサイズ共にこの5インチナビが最適かと思われます。

 

2016年11月19日 (土)

パンク修理剤の効果

0005dsc00010

未だにパンクしたタイヤを修理出来ずにスペアタイヤを履かせた状態のジムニーでしたが、ふとタイヤには回転方向が有る事を思い出しました。

0003dsc00008
想定通りしっかり回転方向が指示されていましたが結果は黒。

背負っていたスペアタイヤは左側専用だったので、今回の右後輪には使えず完全なエマージェンシー状態でありました。残念。

0012dsc00017
新品のジオランダーをいつまでも逆回転させておく事も出来ず、何か策がないかと思案した結果、ハイラックスサーフ用に購入した20年前のHoltsパンク修理剤を駄目もとで注入してみることにしました。

0013dsc00018
既にガスも抜けて溶剤も分離しているかと思いましたが一応注入できました。

0010dsc00015
結構盛大に漏れるのでこの様に液だまりが発生。30分程して凝固しているのかと触ってみましたが液体のまま。果たして大丈夫なのでしょうか。

そして何より充填し終わっても空気圧は全く上昇しない事を改めて知りました。何となくこのボンベを積んで置けば注入してとりあえず暫くは走れるのだと思っていましたが、別途充填ポンプ等を積んでおかなければ話にもなりません。

何でも一度実践してみる物ですね。

0002dsc00007

ひと月振りに定位置に戻ったスペアタイヤ。

20kg近い減量は魅力的でしたが、やはりジムニーはスペアタイヤを背負っている姿が様になると思うので、これを正と致しましょう。

応急措置のタイヤと偏摩耗タイヤは遅かれ早かれ交換に持って行こうと考えています。

鞄にいつもDSC-RX100Ⅲ

0001dsc04809
鞄にはいつもSONY DSC-RX100Ⅳを入れています。

ほぼ仕事利用ですが、稀に美しい景色や興味深い物を見付けた際には時折取り出して撮影しています。

DSC-RX100Ⅳは撮り方によって一眼レフと見まがう様な写真が撮影出来るので、高級一眼レフなど要らないのではないかと思う事もしばしば。

0002dsc04818
ただ、小型故についつい片手撮影になり、現像してみるとシャープになっておらずがっかりする事も多々あります。

もう少し本気モードで、しっかり立ち止まり両手固定で構図などにも拘ってみたいものです。

0003dsc04819
たまたま訪れた先で東京タワーがそびえ立っていたので一押ししてみましたが、写真だとその情景が上手く切り取れませんね。

鞄にいつも入れているコンデジですが重い荷物を少しでも減らしたいので、僅か200gのDSC-RX100Ⅳでも置いて行く事が有りますが、そんな時に限って夕日が非常に綺麗だったりするのですね。

2016年11月18日 (金)

アイアンマンフィギュア2

0013dsc00743_2
アイアンマンフィギュアですが、邪魔にされながらタンスの上でいつも身構えています。

0009dsc00735_2
箱を捨てられそうになって避難していると、何やら手の部品などが残されている事に気付きました。

こうやって見ると昔絶対に買って貰えなかったマジンガーZの超合金を思い出しました。

超合金と言う言葉はこの年になって考えると何ぞやと思いますが、純粋な少年達はこの響きとズシリと重いおもちゃに憧れたものです。

交換部品なのか背面の説明を読み説くと、パーツの組換えでハンドビームも出せる様です。芸が細かいですね。

0011dsc00738
なるほど、手を交換してビームを固定すれば良い訳ですね。

0012dsc00740
完成図。

確かに手からビームが照射されている様に見えます。よくこの状況を作ろうと考えたものですね。

忘れた頃にまた組み直してみようかと思いますが、この形態の変化に家族は何も触れようとはしません。完全に見捨てられましたね。

2016年11月17日 (木)

エアプランツも通販

0010dsc05926
エアプランツ熱もかなり沈静化。というよりも完全に終わりました。

一気に買い集めたプランツを地道に育てていましたが、ホームセンターで扱っていないものかネット検索した所、通販でも購入可能な事を知り手頃な値段の物を二つほど購入してみました。

0011dsc01843
注文から数日して箱が届きましたが、物が物だけに何も入っていない程に軽量。宅配業者さんも中身は何かと不思議に思った事でしょう。

開梱すると紙に包まれ、壊れないように上手くテーピング固定されていました。

0014dsc01846
真っ白な雪を被った様な面白いプランツ。名前は何だったか覚えていません。

0018dsc01850
これも細い幹から華奢な葉が伸びた奇妙なプランツ。

0016dsc01848
この形状に近い小さなプランツを持っていましたが、見事に全て腐らせてしまいました。

水やりが非常に難しく、簡単に下部の幹から腐り始めました。

0021dsc01853
果たしていつまでこのまま元気に育ってくれるのか。

既に購入から2ヶ月が経過しましたが、こちらは未だに腐らず育ってくれています。先に購入したプランツは既に10株近くご臨終されましたが。

2016年11月16日 (水)

S660磨き

0039dsc03325
あまりに汚いS660を一日かけて綺麗にしました。

ボディ洗浄にワックス掛けでかなり蘇りました。タールやピッチ、擦れた様な黒ずみはホワイト車専用の磨き剤を後日購入してくれば解決するでしょう。

0085dsc03371_2
プラスチック部は愛用のケミカル剤で新車の輝きに復活。まだ下地が荒れる前で助かりました。

0044dsc03330
タイヤは横浜のネオバというハイグリップタイヤらしいのですが、良く見るとまだ接地面の髭が残っており、やはり1000km走っていない事が改めて分かりました。

少々酷い買い物でしたが、一日の労力で新車同様に戻せたので、終わってみれば悪い買い物ではなかったかもしれません。

漸く人様の面前に出しても恥ずかしくない状態になったので、セキュリティ、ETC、ホーンの交換を行おうと考えています。

2016年11月15日 (火)

安い物には理由が有る

0030dsc03248
訳ありS660ですが当然200万を超える新車など変える筈も無く中古です。走行1000kmに満たずほぼ新古車状態で1年落ち。

物価の安い地方の掘り出し物だったので、はるばる1000km以上離れた地からやってきましたが、想定以上に大切にされておらず安さの理由が受け取って初めて分かりました。

何事にも安い物には理由が有るのです。

0006dsc03224
新車から一回もワックス掛けはされておらずホワイトパールに黒い染みが点在。ガラスも撥水加工の痕跡すらなくざらざら。

エンジンも車内も真っ白。趣味性の高い車ですからせめてもう少し可愛がってあげればと思うのですが、所有者はどうしてこの車を購入したのか不思議でなりません。

0048dsc03268
車内は搬送業者の体臭なのか、エアコンも回していなのに所謂洗濯物が生乾きになったような臭いが漂います。

掃除機を掛けて隅々まで拭きあげ車内中をファブリーズで消毒。一日この様な天日干し状態で漸く改善されました。

0001dsc03219
S660の適正空気圧は前後共1.9kpa。タイヤが妙に潰れているので計測してみると、何と前輪は1.4で後輪はゲージの通り1.6。こんな状態で陸送されて来たとは。

そして最悪なのは、価格を比較して2割ほど安かったカー・エントランスという陸送会社に依頼しましたが、こちらにも安いなりの理由が。

電話対応の方が大丈夫かと思わせるほどの高齢者でしたが、運転して来たドライバーも大変な高齢者。約束の時間になっても来ないので、どうしたのかと思っていたら船便で受け取った際にバッテリーが上がっており、本日ジャンプスタートして来たとの事。

おいおい、プロが陸送中にバッテリー上げるか普通。

このカーエントランスに電話を入れると、知らぬ存ぜぬ、上がったのなら充電すれば良いだろうと高齢の担当者は宣います。貴方では話にならないので、車に詳しい人を出してくれと言っても、貴方より私の方がよっぽど車に詳しいとこの高齢者は譲りません。

恐らくこのカーエントランスはこの高齢者が代表でこの人しか居ないのでしょう。この様なクレームは日常茶飯事で有り、何が有っても認めないという姿勢が見え見えでした。少々高くてもゼロの様な規模の会社に頼むべきでしたね。

2016年11月14日 (月)

S660がやってきた

0037dsc03256
突然ですが訳有ってS660がやってきました。偶然にもFLHXがドナドナとなる前日に届きました。

思えば前々回のTOKYO MOTOR SHOWにて、並んでまで見たS660に乗る機会が来ようとは夢にも思いませんでした。

0029dsc03247
友人が免停になったため貸してあげると言われたBEETで、1000kmほど走った事が20年ほど前にありますが、その時の楽しさを今でも忘れていません。

NAの660でしたがバイクの様に吹け上がるエンジン、ダイレクトに伝わるハンドリング、ルーフの無い解放感。初めて乗ったオープンカーと言う事もあり衝撃でした。

その後、限定車のNA1.6ロードスターも半年程所有した事が有りましたが、何故かBEETのインパクトの方が強く残っています。

0045dsc03264
N-ONEでは期待を裏切られ半年程でジムニーに乗り換えましたが、果たしてS660はいかがなものか。

試乗を兼ねルーフを外して10kmほど走ってみましたが、これは期待以上でした。

ネットを見るとS660に対する評価は真っ二つですが、批判しているのは実際に購入していない外野ばかりであり、購入した方の評価は概ね良好。

小さく狭苦しい軽規格スポーツカーですが、乗車してみるとその狭さも何故か心地良い。全くのノーマルですがそれなりに良く出来ています。

2016年11月13日 (日)

さよならFLHX

0001dsc03271
本日、10年の長きに渡り私と共に在ったFLHXがドナドナとなりました。

思い返せばおっさんバイクだと思っていたツーリング系にFLHXが登場し、試乗してしまったのが運の尽き。

思いの他扱いやすく威風堂々とした車格にオーディオ付き。エンジンは躍動感が無く最悪でしたが、コンピューターとマフラーを弄ればどうにかなるさと、FLSTNを2年で下取りに出し、不足分の100万をローンを積んで30代で購入致しました。

しかし購入当時は頻繁にツーリングに出たものの、ロードバイクに趣味の主軸が移り、仕事の忙しさもあり長期休眠状態。

乗らない事が何より可愛そうな状態でしたが今回諸事情もあり遂に決断しました。

ご購入いただいたのは岐阜県にお住まいのS様。何と深夜バスで東京まで来られ、早朝8時に車両をお引き渡しさせていただきました。

0012dsc03282
こちらが最後の雄姿ですが、S様は現在もハーレーに乗っておられる純然たるバイカー。

現在のバイクをご友人に譲られFLHXに乗り換えられるのだとか。

僅か12,000kmで手放す事になってしまいましたが、岐阜の大地をこれから走り続けていただけると思うと、FLHXにとってこれ以上の幸せは無いと思われます。

さよならFLHX。S様、本当に有難うございました。この場を借りまして心よりお礼申し上げます。

2016年11月12日 (土)

ひざ故障の怖さ

0002dsc01965
実は膝を故障したのは10月初旬であり現在は杖も取れました。

そしてこの高級杖は結局外を歩くには大き過ぎたので、その後3000円で購入した杖を活用。

結局杖生活を2週間ほど送り、今でも痛みや膝に違和感を抱くもののどうにか日常生活を送れるようになりました。

膝を壊した人々に聞くと1ヶ月が痛みとの闘いで、更に完治に2ヶ月かかったと聞いて居たので、そこまで酷くならず本当に良かったと安堵。

この1ヶ月の間に足の筋肉は二回りほど細くなり、落ちた筋肉の影響もあり3kgほど痩せましたが、タイミング悪く膝を傷めると同時に風邪をひいたのか膝の影響なのか、この1ヶ月37℃~38℃の微熱も発生。

流石にこれは宜しくないと日赤で診てもらい、緊急精密検査も受けましたが血中の消炎反応は出ているものの異常は発見されず。何事も無かったのは幸いですが、検査に15,500円かかり手痛い出費。

膝に限らず間接は大切に致しましょう。

2016年11月11日 (金)

杖の効能

0001dsc01964
藁にもすがる思いで訪れた整形外科が改めて効果が無かった事が分かり、兎に角自力で歩くために、その晩にアマゾンで杖を手配。

しかしながらどの杖も到着に数日かかるので、唯一翌日配送可能であったこの杖を購入。よりによって最も高額な杖。

早速開封したもののどうやって使えば良いか分かりません。YOU TUBEで杖の使い方を調べてみると、何と右足を故障した場合、杖は左手で使用する事が判明。

故障した右足をリカバリーするので、てっきり右手だと思った私が手配した杖は右手用。やっていまいました。

改めて左右の違いを調べてみると確かにレバーハンドルが右側に微妙に曲がっています。今更交換する時間も無いので無視して左で強行利用。

暫く練習が必要でしたが、この杖が有ればどうにか歩く事が出来る様になりました。ただ、故障した膝の負担をゼロに出来る訳ではないので、傷みを我慢しながらどうにか歩けると言った具合。

いつも10分で歩く距離がやはり倍かかりますね。

使い慣れない筋肉も使うので多量の汗をかく上に妙な疲労が生じます。膝の故障でこれほど苦労する事になろうとは夢にも思いませんでした。

2016年11月10日 (木)

整形外科の意味

0001dsc01398
膝の痛みを我慢しながら仕事をしていたら、いよいよ立っても居られなくなったのでスマホ検索で最寄りの整形外科を検索。

直ぐに足を引きずりながら来院し症状を伝えてレントゲン等を取ってもらいましたが、膝の皿が右上方に引っ張られて妙な位置に移動している以外異常無し。

患者で溢れた非常に盛況な整形外科でしたが、結局痛み止めの注射を膝に打たれ、若い整体師に訳の分からないテーピングを足裏に何重にも巻かれ終了。

ドクターズハイなのか一時改善した気がして病院を後にしましたが、100mも歩くと全く改善していない事に気付かされました。単なる痛み止めの注射が効いていただけかもしれません。

何の役にも立たなかった治療に憤慨し、3日間そのままにしておくように言われたテーピングは帰宅後即刻剥がしました。

写真のテーピングのゴミが施術されたなれの果て。こんなテーピングを足裏に施されてされて3日もそのままにしていたら、不潔極まりなく別の病気になります。

昔から日本の整形外科の有り方には疑問を持っていましたが、まともな治療を受けられずに通院を重ねている人々が大変多い気がします。

野戦病院の様に治療を受ける数十人の人々を見乍ら、改めてそう実感しました。

2016年11月 9日 (水)

シューズ選びは重要

0040dsc01382
9月から秋雨前線の影響や台風で連日曇りか雨模様であり、ロードバイクに乗る機会も僅か。

ローラー台に乗るのも飽きたので、多少の雨でもジョギングなら簡単に出来ると考え、眠っていた運動靴を発掘し、以前走っていた10kmコースを数年振りに走ってみました。

ロードバイクとは使う筋肉が全く違うので初日から筋肉痛になりましたが想定よりも普通に走れたので、1週間の間に10km単位で数本を実施。

0041dsc01383
ジョギングはかなり緩めに走っても1時間で1000kcal弱消費出来る上に、仕事から帰って来て夜間に走ることも可能なので、今後はジョギングも取り入れようかと思い始めた頃、異変が生じました。

普通に仕事に向かう際、駅の階段を下っていたら膝に突然違和感を覚えました。突然傷みが走ったと思ったらその痛みは強くなる一方であり、滔々2日目にして全く歩けなくなりました。

間接を傷めた事がこれまで一度も無かったので軽く考えておりました。

原因を探るべくネットを駆使して情報を集めると、そもそもジョギングを急に始めた事も当然ですが、適正なランニングシューズを履いていなかった事も大いなる原因。

改めてシューズを検証するとAIRとは書いてありますが、これは普通の運動靴ですね。初心者向けのエアソール満載のジョギングシューズを購入すべきでした。

足の運び方もフォームも悪いジョギングの素人が、普通の運動靴を履いてバタバタ走っていたら、ただでさえ膝や足首に負担が掛かるジョギングで関節を破壊する事は時間の問題。

全く情けない話ですが前途多難です。

2016年11月 8日 (火)

THE NEW MINI CROSSOVER

00_keyvisual
そろそろ出ますよと、ディーラーさんからも聞いていた新しいクロスオーバーに関する情報がメールで届きました。

写真を拝見しましたがこれは何とも酷いデザインですね。

最近のMINIのデザインはデザイナーが変わったのか変化を求め過ぎなのか、はたまた行き詰ったのか。

パッと見、現行型のMINI 5ドアかと思わせるフォルムでクロスオーバーという感じを全く受けません。私が購入したクロスオーバーはパンフを見ただけで、純粋に「欲しい」という衝動が起こりましたが、これでは全く触手が働きません。

3vis_2

バックショットも平凡ですね。5ドアのプラットフォームに車高を幾ばくか高くしたボディを乗せただけに感じます。

実車を見ればもう少し見る目も変わるのでしょうが、普通なら数枚の写真だけで購買欲をそそるデザインの筈。

未だに現行MINIのデザインに違和感が拭えないのはきっと私だけではないでしょう。前モデルの丸みを帯びたデザインが今でも私の好みで有ります。

内装や装備は当然現行型が良いのですが、外観がこれでは買換えに到りません。果たしてこれは売れるのでしょうか。

現行よりも幅で70mm、全長で200mmも大きくなるらしく、何処に標準を置いているのかもはや分かりません。恐らく昨今の流れからマニュアル設定も無いので、私の場合益々MINIを選ぶメリットが無くなり、現行のクロスオーバーを潰すまで乗るか他社に乗り換える事になるでしょう。

2016年11月 7日 (月)

11月の収穫

0003dsc01253
今年も瞬間蒸発的な速さで終わりが近づいていますが残すところ2ヶ月弱。

東京は日中こそ20度近くまで上昇しますが、朝晩の冷え込みが10度を割る様になり寒さに弱い植物たちを室内へ移動し始めています。

0028dsc01283
既に終わっている筈のピーマンの苗が11月初旬になってもまだ健闘中。

0005dsc01256
この日も立派なピーマンが6個も収獲出来ました。野菜がまだまだ高騰している状況において非常に有り難い恵み。

0009dsc01260
冬の殺風景な庭に彩りを与えるべく、半月ほど前に植えたパンジーやビオラが根付き始めました。定期的に肥料を与えると春まで綺麗な花を次々に咲かせてくれます。

0018dsc01272
ナメクジの群衆に襲われ瀕死の状態だったマリーゴールドが見事に咲き乱れています。

植栽業者さんと仲良くなり、兎に角肥料を定期的にやり過ぎ?と思われる程与えると聞いて実践した結果がこちら。今までこんなに盛大に咲いた事は過去に有りません。

何事もプロの意見は貴重ですね。

0031dsc01286
もう20年近いお付き合いのキャットテール。このふわふわした赤いシッポがたまらなく可愛いプランツですが、寒さに弱いので今年も室内へ移動して越冬。

生育が悪く一時は危なかったのですが、鉢に対して根が張り過ぎていた事が原因だったので株分けしたところ2鉢が満開になりました。

0034dsc01289
お犬様もプランツと一緒に日向ぼっこ。

今年も例年同様に秋が無く冬が一気にやって来た感が有りますが、この位の温度帯も悪くはありませんね。

2016年11月 6日 (日)

紫外線対策 アイリスオーヤマ UVシート 4ヶ月後

0045dsc01387
紫外線対策として購入し、早速使用しているアイリスオーヤマ UVシートの4ヶ月後。

今の所裂けたり破れたりしていないのですが、生地が明らかに痩せています。当初肉厚だったのに熱に負けて薄くなっています。

0046dsc01388
肉厚のシートでこれですから薄手の方であればどうなっているのか。

夏場に効果を見るためにシートが掛かっている物と、掛かっていない物の熱を手で触って比較してみましたが、確かに違いは有るものの期待ほどでは無いかと感じました。

遮熱対策と言うよりも紫外線対策なのでしょう。

0048dsc01390
FLXHを覆う様に被せていますが半年の効果は明らか。カバーが掛かっていない部分のみ白く変色していました。

UVシートですが浸透性は無く雨は完全に弾いてくれるので、バイクが濡れる事は有りません。今後このUVシートがどれくらい持つのか引き続き検証して行きます。

2016年11月 5日 (土)

ジムニーがやってきて2年半

0035dsc01377

ジムニーが我が家にやって来て早2年半が経過。

今でもジムニーに対する評価は私も家内もすこぶる高く、これに変わる車は無いという程に愛しています。

古い設計であり遅くてどん臭いのですが、そのどん臭さが人間的で親しみやすく、おもちゃの様な昔ながらの操縦感が飽きさせないのだと思います。どん臭い副産物として絶対速度超過で捕まりません。

0044dsc01386
そろそろオイルの交換時期かと思いましたが、前回のブログを振り返ると目標が14,000kmなのでまだ未達。私は時折借りる程度なので、私が走った距離はせいぜい2000kmほどでしょう。

0013dsc01355_2
パンクしたタイヤは放置したまま暫く何も背負わずに走っています。僅か1本のタイヤですがお尻の突端に20kg弱の荷重が無くなったので、走っていて非常に軽くなったと感じます。

このまま積むのを止めてしまおうかとも思いますが、見た目やパンク時の事を考えると再び積む事が正なのでしょう。

0038dsc01380
マフラーの音量は当初より若干大きくなっている様に感じますが、やはり住宅街での使用は気を使います。白昼でも響く低音で帰ってきたことが分かる位ですから。

間もなく車検ですがタイヤの全交換が何より億劫ですね。定期点検の際には、ヘッドライトもHIDが若干青いかもしれないので車検の際はノーマルに戻して下さいとディーラーで言われました。

そんな事は無いだろうとハイビームにしてみると、確かにローとハイの切替えに一瞬ライトが消えてします。しかもローとハイの高さが変わらない..。やはり中華製の安価なHIDは駄目でしたね。もう少しまともな企業の物に交換する必要が有りそうです。

2年半の間にはぶつけられたり、少々擦ったりと傷も増えましたが、頑丈で乗って楽しく見て可愛いというMINIに通じる愛嬌がジムニーには有ります。

何より20cmの積雪で家族を普通に送迎出来た事が最も楽しかった出来事でしょうか。いつ何時、災害救助車となるかもしれませんから、この先も大切に付き合っていきたいと思います。

2016年11月 4日 (金)

ハチミツ価格の高騰

0002aj9i3490
我家ではハチミツを使う機会が多く、これまでディスカウントストアーにて定期的に購入していました。

いつも購入するのは定番のサクラ印 純粋ハチミツ。

いつも同じハチミツを購入しているので、1本の価格を覚えています。

かなり価格が変動するのですが、850gで800円前後だったと思います。一時期、150g増量で850円前後だった時があり買いだめしていたのですが、在庫が無くなって買いに行くと、あまりの高騰振りに驚きました。

何と1400円!

ほぼ倍になった感が有ります。

0004aj9i3494
さすがにこれは何かの間違いだろうと、帰宅して調べてみると何れのショップもほぼ1400円前後。

気候変動の影響なのか寄生虫が原因なのか、ミツバチが大量に消えてしまったりという話も聞いていましたが、はたまた中国に買い負けているのか、いずれにせよ高騰している事には間違いが有りません。

ネットで調べた結果、意外にも楽天よりもアマゾンの方が安く、恐らく今後も価格が下がる事は無いでしょうから、結局8本をまとめ買いしました。

これで半年くらい持つと思われますが、半年後の価格が怖いですね。

2016年11月 3日 (木)

トヨタ自動車とスズキが業務提携

Icon_400x400
ジムニーを購入してからいつしかスズキファンになっています。

トヨタ自動車とスズキが業務提携に向けた検討を開始との報道を受け、分かっていながらも非常に残念に感じました。

自動車業界は自動運転に凌ぎを削り、開発費用が従来に無いほど膨れ上がっており、もはや単独では生き残れない状況。

鈴木会長も苦渋の決断だったことでしょう。

トヨタはダイハツ工業を完全子会社にしているのにスズキと業務提携。スズキの軽に特化した技術が欲しいのか、インド市場を切り開いたブランドが欲しいのか。憶測は飛び交うばかり。

具体的な内容はこれからとの事ですがビジネスに綺麗事は存在せず、何年先になるか分かりませんが、いずれにスズキはトヨタの多大な影響を受ける事になるでしょう。

ただスズキを取り込むと独禁法に抵触する様なので、トヨタもどのように取り込むのか慎重に進める事でしょう。

私はトヨタ嫌いなのですがスズキの独創性が失われ、ジムニーの様な稀少な車が無くなってしまう事を危惧しています。

2016年11月 2日 (水)

ジムニー ジオランダーの適正空気圧は1.8kPm

0030dsc01372
タイヤに関してやってしまった最悪の事態とは。

こちらはスペアタイヤを履かせた状態のタイヤなので新品のジオランダーMT。新品だとこれだけ山があるわけです。

0031dsc01373_5
対してこちらがパンクで抜いたタイヤですが、走行にして1.2万キロ。

駆動輪であるリアタイヤでこの程度の減りなので、思っていた以上に舗装道路でマッドテレーンを使用しても持ちは良い。

ロードノイズは高く燃費も悪いデメリットは有りますが、雪道で大活躍した事と見た目を考慮すれば次もマッドテレーンにしようと思います。

0028dsc01370
そして何をやらかしてしまったかと言うと前輪タイヤ。

後輪に対して異常にタイヤが減っています。そして写真では分かり辛いのですが、キャラメルブロックの凹凸がいずれもガタガタになっています。

何故路面に接するタイヤ表面に凹凸が生じているのかというと、空気圧が異常に低いまま走行した状況のタイヤを適正空気圧まで加圧したから。

ジムニーの標準タイヤの場合、空気圧は前輪が160kPa(1.6kgf/cm2)、後輪が180kPa(1.8kgf/cm2)。説明書では175/80R 16を履くジムニーも205/70Rを履くシエラも同じ空気圧になっています。

当時ジオランダーを購入したショップの店員さんに、ジオランダーの大径タイヤは明らかに空気の量が違うので空気圧の設定数値を尋ねたところ、メーカー標準の通りで良いと言われたのでそれを鵜呑みにしていました。

しかし。

0027dsc01369_4
2枚前の写真と比較していただけると良く分かると思われますが、山が大きく減っている上に完全にショルダーの部分が無くなっています。

店員さんの指示通り1.6kPaに設定していましたが、どうもロードノイズが異常に大きいと当時から感じていました。

前回空気圧を計測したのは半年ほど前だったかと思われますが、今回計測したところ、前輪が1.4kPa、後輪が1.6kPaで全体で0.2kPaずつ綺麗に下がっていました。この減り具合を考えると1年ほどチェックしていなかったのかもしれません。

しかしながら適正量よりも同じ割合で少なかった前後のタイヤで、前輪だけ偏摩耗が出ることはおかしい。

単純に考えると重いエンジンを積んでいるフロントの方が空気圧が高いように思いますが、そもそもメーカーの指定は正しいのか?ショップの店員の見解はタイヤメーカーの見解と同じなのか?

疑問は尽きませんが恐らくこの結果から判断すると、ジオランダーMTで舗装路を走る場合、最低でも1.6kPaの空気圧は必要ということでしょう。1.6を下回るとキャラメルブロックの少ない路面設置面積では山を支えられなくなるのだと思われます。

よって、私の見解としては4輪とも1.8kPaにする事にしました。これならば、全体で0.2kPa下がったとしてもタイヤは許容を下回らず、危惧しているフロントヘビーも何となく解消。

実際に1.8kPaで走ってみましたが、ロードノイズも減少しハンドルも軽くなりました。これで当面様子を見ようと思いますが、パンクしたスペアと偏摩耗した前輪2本は交換するべきか悩ましい所です。

2016年11月 1日 (火)

キャラメルブロックタイヤもパンクします

0015dsc01357
これまで4輪駆動車であるエスクード、ハイラックスに乗っていてパンクした事はありません。

いずれもBF-Goodrichのオールテレーンを履いていましたが、ジムニーに至ってはジオランダーのマッドテレーンですから凹凸が更に激しく、パンクとは無縁だと勝手に考えていましたがそれは誤りでした。

久しぶりにジムニーの空気圧を調整しようとタイヤを覗いたところ、たまたま釘のような物が刺さっているのが見えました。

幸いキャラメルブロックの凸部に刺さっていたので、空気層まで到達していなくて良かったと思いながら、めり込んだ釘頭を引き抜る作業を開始しました。

しかしペンチで力いっぱい引っ張りますが簡単に抜けません。

0006dsc01348
まさかこの太さの釘が綺麗に刺さっている?いやそんな筈は無いと引き抜きますが、こんな状態になってもまだ釘の全貌が見えません。

しかも空気圧も適性でしたからこの状態でも空気は抜けていません。

0009dsc01351
結局引き抜くと見事に5寸釘が綺麗に直角に刺さっていました。Oh my goodness!

そして引き抜いたとたんに景気良く空気が抜け始めました。このまま刺したままにしておいた方が良かったのだろうかと自問自答。

そして恒例のチューブレスタイヤ修理キットで修復を試みましたが、何とキャラメルブロックの凸部からではチューブの器具やゴム材がチューブ内に到達しないためお手上げ。

0013dsc01355
初めてスペアタイヤを下すことになりました。

0018dsc01360
いつか見た懐かしい光景。リフトアップしたジムニーに対して使用するジャッキすら忘れていました。

他のタイヤは1万km以上を走行しており、スペアタイヤは新品のひげ付きなので1本だけ口径が異なることになりますが仕方がありません。

0023dsc01365
何処に刺さっていたのか見失わないためにマーキング。これは果たして直せるのでしょうか。

0024dsc01366
1本だけ新品のタイヤが装着されたジムニー。テカリ具合が不釣り合いなので、既存3本も磨いてタイヤスプレーで磨いておきました。

それにしてもジムニーがパンクするとは夢にも思いませんでしたが、それよりもまずいことが判明したのでした。

フォト
無料ブログはココログ