« Next Sports | トップページ | 東名・新東名 驚異の遠回り »

2017年6月28日 (水)

不親切な日本の案内表記(名古屋)

Dsc_0504
次期なるスポーツカーを受け取りに、遠路遥々名古屋に行くことになりました。

グーグルマップに住所を打ち込み乗り換え案内で経路を検索。今の時代、スマホ片手に簡単に辿り着けると安易に考えていましたが、やはり名古屋から迷いました。

Dsc_0507
東京駅までは簡単に到着できましたが、新幹線は事前にチケットを買っていなかったのでJRの対人窓口にて購入。手際の良い女性担当者が瞬く間に10分後の新幹線のチケットを手配してくれました。

そのままホームに上がり、コーヒーとサンドイッチを購入してそのまま新幹線へ。久々の新幹線は意外に楽しく、1時間40分があっという間に過ぎて名古屋へ到着。

Dsc_0510
さてここからが問題。

全く土地勘の無い場所なので右も左も分からず、目的の地下鉄を探しますが様々な路線が乗り入れており目当ての地下鉄が見つかりません。

Dsc_0511
あちらこちらで尋ね歩き、漸くここだと思ったら東山線ではないので一旦地上に出て反対側の地下鉄に行ってくださいとのこと。

Dsc_0512
漸く東山線に辿り着きましたが、案内を見ても目的の方向表示が不案内で散々迷う事になりました。

東山線だと分かっても不安は拭えず目的の藤が丘まで行くのか、念のため駅員さんに再度訪ねてから改札を通過しました。

今回、外国人観光客の気持ちが改めて分かりましたが、やはり日本の案内表示は分かり辛く不親切ですね。

私の様に初めて訪れた人でも容易く目的地が分かるように、番号や色で識別し易い様に改良し、英語表記や案内表示の高さや位置を工夫するべきです。

« Next Sports | トップページ | 東名・新東名 驚異の遠回り »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不親切な日本の案内表記(名古屋):

« Next Sports | トップページ | 東名・新東名 驚異の遠回り »

フォト
無料ブログはココログ