« 2017奥多摩 走り納め | トップページ | いよいよ電動化 QZT空気入れ »

2017年12月 1日 (金)

ジムニー vs ロードスターRF 実燃費比較

Dsc_5421
ガソリン販売の寡占化と原油価格の上昇により、じわじわと価格が上昇していますが、新聞ではレギュラーガソリンの価格が140円を超えたとの報道も。

ジムニーの給油ランプが点灯したとの事でガソリン充填のお使いを頼まれ、久し振りにジムニーに乗ってスタンドへ向かいました。

Dsc_5425
我が家からほど近い最寄りのスタンドはメジャー系でないので、寡占化に少しでも抵抗する意味合いも含め出来る限りそこで入れています。

何より最寄りのスタンドが潰れてしまっては本当に困るので、地元愛全開という方が正しいのかもしれませんが、この日の価格は125円/Lで35L入り4400円。

ジムニーはやはり軽自動車とは思えないタンク容量と燃費。ATタイヤに交換してから正確に計測していませんが、若干改善して恐らく11~12km/Lといったところでしょう。

次期ジムニーは当然新エンジンでしょうから、マニュアル車の設定があるのであれば最低でも3~5kmは伸びて欲しいところですが、スズキお得意のエネチャージですかね。

Dsc_5470
因みに先日ロマンチック街道を500km走ったロードスターは上下含め17.2km/Lをマーク。この日は燃費を一切意識せず、峠も高速も従来よりかなり上まで回したのですが高燃費。

マツダのスカイアクティブはもう少し回転上昇が早ければと思うものの、1tを超えるNAの2Lでこの高燃費は凄いですね。

因みにクロスオーバーで今回の500kmを走ったとすれば14前後。最近一般道利用がメインになっているのですが実燃費は概ね10km前後。あの車格とパワーで考えれば十分。

ジムニーはレギュラーですから単純に比較出来ませんが、各車それぞれの特性や楽しさを燃費に照らしたコストパフォーマンスは、個人的な主観としてはジムニー < MINI < ロードスターという順になりますが、現在のジムニーも超が付くほど楽しいので単に燃費だけで買い替えにはならないでしょう。

« 2017奥多摩 走り納め | トップページ | いよいよ電動化 QZT空気入れ »

Roadstar RF」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジムニー vs ロードスターRF 実燃費比較:

« 2017奥多摩 走り納め | トップページ | いよいよ電動化 QZT空気入れ »

フォト
無料ブログはココログ