« 春の嵐 | トップページ | Bruno Mars 24K MAGIC WORLD TOUR 2018 0411① »

2018年4月11日 (水)

火事故

Dsc00260
今回も仕事という口実のもと富士山を目指して走ってきました。

仕事をいかに短時間で終了させられるかによって、楽しく走れる時間が確保されるのでこの日も必死に仕事を終わらせました。人間何かが賭かっていると、飛躍的にポテンシャルが上がります。

Dsc00266
いつもの場所で記念撮影。1月中旬に撮影した富士山は既に雪が溶けて黒くなっていましたが、4月の富士山は再び雪が降ったらしく真っ白に復活。

しかしその雪は凍っている様子で光り輝いていました。

Dsc00289
この日の気温は15度前後。日差しもまだ柔らかく適温であり正しくオープンカー日和。

寒さ、暑さ、日差しと、日本の気候はオープンカー向きでは有りませんが、電動ルーフだと簡単に開閉が出来るので僅かな好条件を狙って楽しむ事が出来ます。

Dsc00293
ワインディングを走りたいので帰りは下道を快調に走っていましたが、暫くすると山間から勢いよく煙が立ち上り始めました。

最初は何かを焼いているのかと思いましたが、黒煙の塊が勢い良く吹き上がり出したので、昨今各地で始まっている噴火ではないかと身構えました。

オープンにしているので噴石にやられれば一溜りもないので、停止するか進むべきか思案しながらも走っていると、燃えカスが車内に降り始めました。

噴火でない事を知り安心しましたが、果たして何が燃えているのか間もなく見えてくるだろうと、コーナーを抜けると何と路肩から数mの炎が立ち上っており最早止まることが危険な状況。

アクセルを踏むしか無く、炎を避けるように走り抜けましたが、オープンにしていたので車内に煙と熱が流れ込んで来て一瞬怖い思いをしました。

こういう時はクローズに限りますね。

Dsc00292
この写真は炎を抜けて停車した状況ですが、カメラを持って戻ると消防車が駆け付け道路封鎖が始まりました。

ここはかなりの田舎らしく、消防車も地元の消火車庫に保管されていた様な小型のものばかり。火の勢いが激しく、アナウンスで地元の消防団の招集号令がかかっていました。

地元の人の話では誰も住んでいない家が突然燃え出したとの話でしたが、果たして原因は何だったのか。

Dsc00308
その後は再びワインディングを走り、相模原で高速に乗ると今度は突然事故渋滞。

これまたオープンにしていたので周辺のトラックの排ガスを浴びながらひたすら耐えること30分。2kmの表示でしたが結局5km以上足止めされました。

Dsc00309_2
これまたどの様な事故かと思って進むとバイクと車が接触した様で、ネイキッドモデルが追い越し車線に横倒しになっていました。

ツーリング中の事故らしく仲間のバイクとバンパーが外れたワンボックスが停止中。ライダーが無事でありますように。

火災も事故も他人事ではないと感じた一日でした。

« 春の嵐 | トップページ | Bruno Mars 24K MAGIC WORLD TOUR 2018 0411① »

Roadstar RF」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火事故:

« 春の嵐 | トップページ | Bruno Mars 24K MAGIC WORLD TOUR 2018 0411① »

フォト
無料ブログはココログ