« セントーサ島 | トップページ | NYの治安 »

2018年6月11日 (月)

ANAのビジネスクラス

Dsc09032
JALとANA、どちらが良いかと問われればJALなのですが、JALは国の後ろ盾がある上、経営危機でも国が救済しておりフェアではありません。日本郵政と同じですね。

よって個人的にはANAを応援したい気持ちが強いですね。

Img_1211
どの航空会社もビジネスクラスのシートの造りは同じだとばかり思っていたら、若干異なっていました。

飛行機の型式によっても差が有るので一概に比較は難しいのでしょうが、前回のJALでは前後左右が上手く遮蔽されていたのですが、今回は前方の状況が丸見えで少々残念。

Img_1212
それにしてもフルフラットで眠れる事は本当に有難いのですが、冷静に考えるとこれは車中泊と同じですね。

Img_1213_2
アメニティの類はほぼ同等。

Img_1224
羽田~NYまでの距離6702マイル、所要時間11時間44分。やはりこの長時間、エコノミーで耐える事は体力的にも厳しい。

Img_1235
ウェルカムドリンクとしてシャンパンが配られましたが、私はもっぱらビールなのでその後に続くお酒はメニューの4種からモルツを選択させていただきました。

Img_1240
食事も選択肢が豊富ですが配給する方々はその分業務が増えて大変です。

Img_1263
機内でもグラスで飲むビールは格段に美味しく感じられます。

ビールはグラス、コーヒーも陶器で支給していただけるのですが、食事同様狭い機内であり、まして激しく揺れる場合も有るため、グラスや陶器の扱いは想像以上に大変な事なのだと推測されます。

Img_1274
しっかりした食事であり、どれも美味しかったですね。

Img_1278
今回のNY旅行では肉を一切食べる機会が無く、唯一機内食のステーキのみが旅行中のお肉となりました。

Img_1281
デザートまで、有難うございます。

Img_1282
今回映画は時期的にもあまり面白い物が無かったですね。

シェイプ・オブ・ウォーターとDEATH WISHのみ視聴し、後はずっと寝ていました。

Img_1287

13時間時差が有るので夕食なのか朝食なのか判断に迷いますが、こちらもしっかり頂戴いたしました。

12時間全く動かずに食べてばかりなので、完全なブロイラー状態であり体に悪い事この上ない状況ですがこればかりは仕方有りませんね。

会社は違えどビジネスクラスは必ずフルフラットで眠れるので、長時間のフライトでも苦痛ではなくあっと言う間に到着してしまいますが、それだけ快適だという事ですね。

« セントーサ島 | トップページ | NYの治安 »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ANAのビジネスクラス:

« セントーサ島 | トップページ | NYの治安 »

フォト
無料ブログはココログ