« グランドハイアット NY | トップページ | 本場ミュージカル aladdin »

2018年6月29日 (金)

NYの建築事情

3f1a8135
建築に携わる者としてはNYの建築が非常に気になります。

同時多発テロでNYは地震が無いので、超高層でも主要構造部は単純な鉄骨造で構成できる事を知りましたが、今回の旅行でも色々勉強になりました。

3f1a8130
何より驚いたのは兎に角、ありとあらゆる場所で工事を行っているという点。

地元の方に聞くと建物が築50年を超える物がざらであり、常に改修しなければならない状況なのだとか。

実際に歩いてみると歩道に無造作に仮設足場が組まれている場所に頻繁に遭遇します。その足場には注意書きも衝突防止も無く、ガードマンもおらず単純に足場が立っています。

3f1a8133
足場の組み方も結構杜撰であり、安全対策が手緩いので事故も絶えないと思われました。

実際に働いている作業員を見るとほぼ移民や黒人であり、特定の人々の受け皿になっているのが建設業なのだと感じました。
3f1a9175
訴訟大国なのに安全対策が緩い事が不思議ですね。

3f1a9250
一昨年中国を訪れた時の凄まじい建設ラッシュに驚きましたが、NYもそれなりに建設ラッシュであり各所で新しい建物が建設中。

景観条例の有無などは分かりませが、新たに建設中の建物は特徴的なデザインを取り入れた物が多く、この建物などは捻った様な形状になっています。

3f1a9197
こちらは構造が組み上がった状態ですが、建物を支える構造壁や筋交いが恐ろしいほど無く、何かの間違いかと思ってしまいます。

後付けで壁を組んで行くのかと思いましたが、柱や床から接合する背筋や鉄骨が出ておらず、今後の工事の進捗が非常に気になります。

安全対策も周囲に簡単な仮設柵があるだけで転落防止措置は他に無し。日本では考えられない状況。

3f1a9306

日本は大きな災害に見舞われる度に建築基準法が強化されていますが、現在においても十分では無く、直下型や長周期地震動に対して想像以上の被害が出る恐れが有ります。

天高く何処までも伸びて行きそうな超高層タワーを見ていると、地震の無い国が地球上に存在する事が不思議に思われてなりません。

« グランドハイアット NY | トップページ | 本場ミュージカル aladdin »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NYの建築事情:

« グランドハイアット NY | トップページ | 本場ミュージカル aladdin »

フォト
無料ブログはココログ