« ANAのビジネスクラス | トップページ | NYの歴史的建造物 GRAND CENTRAL TERMINAL »

2018年6月13日 (水)

NYの治安

3f1a7905
25年ほど前にNYを訪れた時は、このブロックから外には絶対に出ないようにと危険な場所を事前に指示され、移動できる場所が限定されていました。

ホテル周辺の安全な場所やTIMES SQUAREなどでも深夜の外出は控えるように言われており、この時の経験が有ったので今回の旅行も目立つような服装は控え、夜間などは出歩けないと考えていました。

3f1a8121
しかし、現地の方の誰に聞いても安全だと言われました。

ジュリアーニ市長になってから格段に治安が良くなってきていたのですが、皮肉な事に同時多発テロが起こり警備が厳重になったことで、必然的に治安が良くなったのだとか。

確かに街を歩いていると、頻繁にパトカーや警察官に遭遇します。

3f1a7967
グランドセントラルの駅構内には軍服を着てM16を持つ軍人3名が立っていました。

3f1a8955
パトカーに描かれているNYPDの意味を調べると、NEW YORK CITY POLICE DEPARTMENTの頭文字をとったもので、ニューヨーク市警察の意味でした。

3f1a9728
パトカーは概ねフォードですね。

3f1a9730
この日はパレードが催されるために5th avenewが通行止め。ごみのパッカー車で完全に閉鎖する所が米国流。

Img_2114
スクーターによる交通警備も絵になっていました。

Img_1868
道路閉鎖するためのバリケードを運搬する車両も米国サイズ。

Dsc09131

ミュージカルを見て23時を回ったTIMES SQUAREですが、ここにも警察官が多数待機しており安心して歩けました。

NY市だけで年間観光客数が何と6000万人を突破(2016年)し、市内には観光客が溢れています。警察官が増員され警備が厳重になった事に加え、観光客も急増したことで更に治安が良くなった模様です。

実際にNY市内を広範囲に50km歩き、早朝から深夜まで出歩きましたが、ほとんど危険を感じる事は無かったですね。

ただ、油断するとやられますよと現地の方も言っていたので、日本の感覚でいると痛い目にあう事でしょう。

« ANAのビジネスクラス | トップページ | NYの歴史的建造物 GRAND CENTRAL TERMINAL »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NYの治安:

« ANAのビジネスクラス | トップページ | NYの歴史的建造物 GRAND CENTRAL TERMINAL »

フォト
無料ブログはココログ