« シドニーのユニクロ | トップページ | シドニーのトイレ »

2018年9月24日 (月)

オーストラリアのコーヒー

3f1a3368
コーヒーは米国が一番美味しいと認識していた私は、今回オーストラリア旅行でそれは間違いだったことに気付きました。

オーストラリアでコーヒーをお願いすると、何のコーヒー?と必ず尋ねられます。豆の種類も多ければ、ラテ、エスプレッソなど7種類の選択肢が有り。

そしてそのコーヒーのいずれもが美味しい。

Img_4044
これはブジッジクライムの待合所で頼んだコーヒーなのですが、これも実に美味しい。

現地の方に聞くと、オーストラリアは何処よりもコーヒーに拘りを持っており、その数も豊富で断然美味しいのだとか。

嘗てスターバックスが出店したが、全く勝てずに撤退したことからも明らかだと教えていただいたので、早速調べてみましたが確かにほぼ駆逐。

確かに言われてみれば、GWに訪れたNYで飲んだ何れのコーヒーに何も感じることが無かったどころか、スタバでも水の様に薄いコーヒーばかりで一度も美味しいと感じた事が有りませんでした。

3f1a3321
是非コーヒー豆を売っているお店で買って帰ろうと検索したのですが、お店が少ない上に何れの店も営業時間が10時から16時など有り得ない設定で、一つも行くことが叶いませんでした。

豆の持ち帰りを諦めていましたが、スーパーマーケットに1kgパックでこの2種が置いてあったので両方買ってきました。

3f1a3322
このvittoria Coffeeの文字は街中で見かけた事があるので、ある程度知られたブランドなのかもしれません。

ESPRESSOと書かれているので、エスプレッソ用の豆なのだと思いますが、エスプレッソマシンは我が家に有りませんので、普通にドリップで飲んでみました。

渋みは弱く重めの味わいで、スタバのブレンドより格段に美味しい。

3f1a3323
このOROという豆はスーパーで売っているくらいなので、普及品の中でも低級と思われ失敗だろうと覚悟していましたが、これがまた美味しい。

香りは弱く渋みが強いのですが、この独特の風味がまた美味しく感じます。

再びオーストラリアを訪れる機会があれば、コーヒーをまとめ買いして来ようと思います。

« シドニーのユニクロ | トップページ | シドニーのトイレ »

Trip・Touring」カテゴリの記事

コメント

僕も初めてオーストラリアに行ったときには、コーヒーの勉強をしてから行きました。
特にメルボルンは、カフェが非常に多く、コーヒーもメニューがないのに何にするか聞かれると言われ、緊張したのを覚えています。
トイレに関しては、小をするときに「壁」だけがある場所が多かったように思います。
公衆トイレも壁、レストランも壁w
もちろん、ホテルは違いましたけどね(笑)
また行きたい国です!

のんちさん

コメント有難うございます。のんちさんもオーストラリア行かれたのですね。

素敵な国ですよね、オーストラリア。次はメルボルンかケアンズかと思いをはせてしまいまよね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアのコーヒー:

« シドニーのユニクロ | トップページ | シドニーのトイレ »

フォト
無料ブログはココログ