Tweets

2017年10月22日 (日)

GINZA Global Style

Dsc_5290_2
突然寒くなったので慌てて冬用のスーツを探しますが、3セットしか見つかりません。

しかもその3セットはいずれもサイズが合わなかったりと今一つの物。改めて振り返ると昨シーズン着倒したスーツは傷みも感じ始めていたので、翌シーズン買い替えれば良いと思い切って処分したのでした。

至急調達しなければならなくなりましたが、吊るしにするかオーダーにするか悩んだ挙句、久し振りにオーダーに挑戦することにしました。

私が利用していたのは山形屋ですが、現在多数のオーダースーツショップが登場。

スマホで検索してみると職場近くに数件発見。

価格帯や対応などを調べていくと、GINZA Global Styleなるショップが良さそうなので、電話予約をして来店。

Dsc_5295_2
実はこのお店に行くのは2回目。

最初はスマホで調べてそのまま来店しましたが、店内は多くのお客様で溢れており、オーダースーツの対応には1時間待ちの状況。改めて伺う旨を伝えて退散。

後日改めて予約の電話を入れてお伺いしたのでした。

Dsc_5293_2

久し振りにワイシャツもオーダーしてみました。

体形の採寸を取るだけではなく、首回りや腰回り、袖口の口径まで、事細かに各所フィッティングを行うために5枚ほどのシャツを順に着用し、サイズを徹底的に確定していきます。

山形屋のオーダーシャツはこれほど寸法の追い込みをしておらず、以前作った2枚のワイシャツは今一つで、オーダーシャツはこの程度かと思っていましたが、今回は期待出来そうです。

スーツの採寸も非常に丁寧でありアドバイスも的確。こちらも期待出来そうですが、完成に1ヶ月半も要することが少々残念。せめて3週間ほどにならないものでしょうかね。

完成したワイシャツとスーツは12月初旬に届く予定。出来栄えが楽しみですが、1ヶ月半を現状の3セットでどう乗り切るかですね。

2017年10月 4日 (水)

肉あんかけチャーハン

Dsc_5207
夕飯を何処でとろうか探していたら面白い専門店を見つけました。

その名も肉あんかけチャーハン。

Dsc_5208
新宿西口の雑踏の中に見つけたチャーハン専門店。

チャーハンが好物である私は迷わず入ってみましたが、専門店だけあり安くて美味い。すっかり気に入ってしまったので新宿に来たらここに立ち寄ることが増えそうです。

Dsc_5210
食後にふらふらと西口をそのまま散策。金曜日の夜という事も有り賑やかです。

Dsc_5214
歌舞伎町の様に風俗店が無いので私はもっぱら西口や南口を利用しますが、外国人観光客も大変多かったですね。

Dsc_5215
帰る道すがら面白い立飲み屋を発見。

昼間は単なる大型看板だったはずなのですが、夜は立ち飲み屋になる様です。こんな場所にこんな店といった立地ですがなかなか繁盛していました。

何でもアイデア次第ですね。

2017年10月 3日 (火)

ねずみ

Dsc_5182
毎日掴んでいる物なので少しでも快適で楽しい物と思い、買い足していたらいつのまにか引き出しに4個も溜まっていました。

Dsc_5184
これは最近購入した物ですが、最軽量スケルトン仕様が面白いと思ったのですが、マウスは軽すぎても駄目だという様な手本であり非常に使い難い。

有る程度の重さが有った方が断然使い易いですね。

Dsc_5197
これは一風変わった超薄型マウス。携帯するのに良いかと購入しましたが、ジョグダイヤルが無い代わりに中央を指でスライドするとスクロールする仕組み。

ただ、その反応が今一つなので緊急時に使用するのなら許容範囲ですが、日々使用するにはイライラしてしまうので結局のところお蔵入り。

Dsc_5189
これも持ち運び用に購入した小振りなマウスですが、小振りなだけに掴み辛くこれも日常使いには不向き。

Dsc_5199
結局最初に購入したこちらのマウスが最良。

Dsc_5200
特に特徴は無いマウスですが程よい重量と握った時の感覚が最もしっくりくるのです。

人間工学が得意なマツダがマウスを造ったら非常に面白い物が出来るのではないかとふと考えた今回の在庫整理でした。

2017年9月28日 (木)

使われなくなった香水の行く先

Aj9i5256
ご自宅に使われなくなった香水が眠っていないでしょうか。

私も香水が好きで日常的に使用していますが、日常的に使用している物が飽きて他の物を探したり、免税店でのお買い物に付き合っている暇な時間につい気に入ったものを見つけてしまったり等々で増えて行くというケース。

同じ香水を使い続けると嗅覚が慣れてしまい付ける量が増えてしまい、周囲を不快にしてしまうという事も多々ありますから、要望のためにも定期的に変えてみるという事は良いのかもしれません。

そんな事を考えながら、我が家に転がっている香水を探して検証してみました。

Aj9i5205
私の生涯で最も長期に渡って使い続けていたBVLGARI POUR HOMME。安価でオールマイティーな香りなので気に入っていたのですが、モンブランが気に入り乗り換えました。

子供たちにとってこの匂いが私の印象との事なので、確かに長く使っていたからなぁなどと今更ながらに思います。

長く使い続けるつもりだったので、まとめ買いした未開封のこの香水がまだ3箱も保管されていたりします。

Aj9i5240
モンブランに乗り換えた理由はMOMENTUMの付録として付いていたテスターで気に入ってしまったから。こちらももう3年ほど使用しているでしょうか。トップノートはかなり甘い香りなのですが、ミドルノートになると落ち着いた優しい香りに変わります。

ブルガリに比べて倍ほどの値段なのでテスターを探して購入。テスターでも全く中身は同じなのでお得です。

Aj9i5254
こちらは雑誌で高評価だったので購入したのですが、おっさん臭くて駄目。アルファロメオの車内の甘い香りに似ているなどと興味深い説明だったのですが、妙に鼻についてしまう苦手な香り。

使い道が無いのでこれもトイレでしょうか。

Aj9i5243
これはシンガポールの免税店で購入したもの。久し振りに気に入った香水なので気分転換に時折使用しています。

トップノートもミドルノートも嫌みが無いジェントルな香り。

Aj9i5210
トイレに置いてあったこちらの香水は物議をかもしたAbecrombie & Fitchi FIERCE COLOGNE。家内が使っていたものかと思われますが、使わなくなったのかトイレに置かれていました。

先日久し振りに吹いてみたら意外に良い香りであり、トイレ用には少々勿体ないかと思いましたが、気に入らないのでここにあるのでしょう。

Aj9i5246
先日衝動買いしてしまったBLEU DE CHANEL。

初めて購入したCHANELですが、やはり香水はCHANELと言わんばかりの素晴らしい香り。お値段もさすがCHANEと思わせる価格帯ですが奮発した甲斐は有りました。

Aj9i5244
そして調子にのって買増してしまったCHANEL HOMME。勿体なくてまだ使用していないのですが果たしどの様な香りなのか楽しみです。

さて、使われなくなった香水の活用法はトイレ内の芳香剤代わりに使用しているのですが、何かよい使い道が無いものでしょうか。

2017年9月27日 (水)

Daniel & Bob

Aj9i5187
日々仕事ではアタッシュケースを利用していましたが、社用パソコンがモバイル化されたため、日常的にノートパソコンやwi-fi、アダプターを持ち歩く事となり荷物がアタッシュケースに納まらなくなってきました。

TUMIなどのナイロン製バックも購入してみたのですが、どうにもおっさん臭く野暮ったいので仕事にもオフにも使えるような革鞄を探してみたところDaniel&Bobなるブランドを発見。

Aj9i5194
革ジャンに嵌っていた頃は革ジャンだけで10着近くコレクションしていたことも有りましたが現在は3着のみに絞りました。革は手入れしないとカビが生えてしまうので、日常的に着用する事がベストですが、革ジャン自体着用する機会がめっきり減ってしまったので仕方がありません。

そして私が愛する鞄も手入れが要らないゼロハリかリモワ限定でしたが、已む無き事情で初となる革鞄を入手致しました。

一眼レフで撮影すると陰影と光沢が表現され、非常に素敵な鞄に見えるのですが、実際はそれほど光沢は無いので家族からはウンコ色の鞄と酷評。

Aj9i5191
個人的にショルダーと手持ちの2wayが前提なので理にかなった鞄であり、大型なのでパソコンだろうが資料だろうが何でも入る。しかし、欲を言えばもう一回り小さい物が理想でした。

Aj9i5197
この鞄は定価だと10万弱する様ですが中古だったので半値以下で購入できました。

中古なので持ち手は黒く焼けていますが、新品で購入しても半年も経ずにこうなるので気にしません。神経質な方は絶対ダメでしょうが。

Aj9i5199_2
購入して分かったのは内ポケットが一つしかない点。財布と定期を入れたらそれでお仕舞。

鞄自体は大きいので何でも放り込める反面、何が何処に入っているのか、手を突っ込んでゴソゴソする事が非常に多くなりました。

Aj9i5201
何か良い方法は無いかと考えた挙句インナーバックの存在を思い出しました。お誂え向きにアマゾンにそれらの商品が多数出ておりましたが、最も信頼のおける文具のコクヨが反ばしているこちらの商品を購入。

中板も2枚入っていて造りもしっかり、ポケットも小分けになっており申し分なし。

Aj9i5202
歯ブラシからペン、名刺入れ等々、細かく仕分けする事が可能で、これが鞄の中に有る事により鞄自体の骨格を保つ事にも貢献。

日々使う鞄なので、少々奮発してでも愛着ある物を使いたいと考えていましたが、偶然良い物を発見できましたので大切に使っていきたいと思います。

2017年9月26日 (火)

Bruno Mars

Dsc02868
深夜にJ-WAVEを聞いていたところ、偶然Bruno Marsの特集を行っていました。

これまで耳にしていた数々の曲がBruno Marsだと知って驚愕。早速彼のアルバムを3枚購入してみました。

いや、凄いですねBruno Mars。間違いなくマイケルジャクソンの再来。

ロックからバラード、レゲーにヒップホップまで実に多種多様な曲を全て自分の物にしています。

すっかり参ってしまい、日々この3枚を延々繰り返して聞いています。

Dsc02863
普通は3枚もアルバムを買えば外れ当たりがはっきりするのですが、どれも甲乙付け難いほどの出来であり素晴らしいの一言。

Dsc02864
ジャケットも曲と同様に固定観念にと囚われないデザイン。

来年4月のライブチケットは何れも外れましたが、追加公演が決定したので両日とも第五候補まで全て申し込みました。

前回は10万円のSUPER VIP席まで悉く外れたので、今回は4000円を支払ってプラチナ会員になってから申し込みました。最悪スタンディング席でも構わないので何とか当選しますように。

2017年9月23日 (土)

消える給油所

Dsc_5125
日経新聞に掲載されていた消える給油所の記事ですが、考えさせられました。

完全なEV車の普及率は1%にも満たない状況ですが、ハイブリット車の普及や一般車でも燃費向上により年々数%ずつ燃料消費量は減少。

都心でもガソリンスタンドが無くなる状況は続いており、我が家の周辺でもこの10年で幾つものスタンドがお店を畳みました。

急激にEVが普及しても化石燃料で走る車が無くなることは無く、統計的に見てもこれから20年先も過半以上は化石燃料車が占めるとのことですが、この記事の通り地方からスタンドが次々消えており、自宅周辺にスタンドが無くなったので已む無くEVに乗り換えるという構図は今後益々増える模様。

確かに自宅から最寄りのスタンドまで30分もかかれば、私もEVすべきか真剣に考えてしまいますが、いつまでガソリン車に乗り続けられるのかやはり不安になりますね。

Dsc_5129
同日の新聞にジムニーの記事も有り。

日経新聞にまでジムニーの記事が載るとは少々驚き。2018年に新型が登場する事がリリースされましたが、20年振りのフルモデルチェンジはジムニー乗りならずとも気になるでしょうか。

でもスパイショットを拝見しましたが、ハスラーの変形型の様で少々残念なデザインかと思われましたので、またアフターパーツで100万円コースでしょうか。

2017年9月22日 (金)

DURAN DURAN ペイパー・ゴッズ・ジャパン・ツアー2017

Dsc_5160
DURAN DURAN ペイパー・ゴッズ・ジャパン・ツアー2017

締め切り間近で購入したDURAN DURANのチケット、S席 \16,500と決して安くはなかったのですが9月20日に行って来ました。

例の如く懐かしい往年のスターなので、皆さんしっかり歳を取って丸くなっていました。

今回のライブで困ったのは、S席でしたがS-M-38番だったのですが、2段目の最後尾のステージから見て真正面。

ステージが真正面なので距離はあるものの見やすい席かと思いましたが、スピーカーの音源がこの場所らしく異常に音が大きく、しかも強烈な照明がこれでもかと直に当たる場所。

いやはや視力と聴力の低下どろこか、失明、鼓膜破損の恐れすらある危険な席でした。

Dsc_5167
前座のニールロジャーなるバンドは1時間も演奏。恐らく著名なギターリストらしかったのですが、全く知り得ないバンドなので興味なし。

やたらと長く騒がしい曲だと思っていたところ、マドンナやデビッドボウイの往年のヒット曲を演奏したので暫し退屈から逃れられました。

この前座の時からガンガン、チカチカで拷問状態。

Dsc_5170
実際にはこんなものではありません。サングラスをかけていても目が開けられないほど強烈で、終始涙目だった私。

さて、いよいよDURAN DURAN登場。曲は昔から散々聞いているものの、ボーカルの名前すら知らないことに初めて気づきました。

DURAN DURANは現在も活動中なのか、過半が知らない曲ばかりであり少々付いていけず。知っている曲だけノリノリという妙な盛り上がりでした。

Dsc_5176
アンコールは2曲で終了しましたが、とにかくこの苦痛から退避したく曲が完全に終わると同時に退散。

漸く苦痛から逃れられたと思ったら、眼底が痛いは、耳鳴りはするはで疲労困憊の状態でした。あの席が行けないのか、アーティスト側のリクエストで音も光も最大限派手にしたのかわかりませんが、苦痛だったのは我々だけではなかったはず。

冷静に考えても、前座もDURAN DURANも通常よりも音源を上げ過ぎで肝心なボーカルの音声が埋没、光の演出も派手過ぎて演出が台無し。背景の画像も短い間隔のリピートなので非常に安っぽく見えました。

前回のSTINGのライブが良すぎた影響なのか、席が悪かっただけなのか、今回は悲惨で残念な結果に終わりました。

次回BRUNO MARSに期待ですが、今のところ2日間とも抽選に外れてしまったので、諦めずに追加公演に再チャレンジです。

2017年9月21日 (木)

愛おしきカマキリ

Dsc_5083
子供の頃から昆虫が大好きなのですが、その中でもそのメカニカルな容姿や所作からカマキリが好きでたまりません。

愛好家だからなのか、自宅周辺にカマキリが多数出没するので、度々捕まえてはじっくり観察してまた返すという事を繰り返しています。

夜中に遭遇する事は珍しいのですが、こちらは自宅の裏手で偶然見つけたカマキリ。

夜中は目が夜間モードに変化するのか両目とも真黒に変化していました。眼球の色が変化する事も夜間も活動する事もこれまで知らなかったので、実に興味深い。。

お腹も大きいので間もなく産卵予定の雌カマキリですが、我が家の外壁にはカマキリが毎年必ず卵を産む場所が有ります。恐らく安全な場所だと知ってそこへ産卵しているのでしょうが、毎年そこで生まれ育ったカマキリが再び産卵しているのかもしれません。

外壁が汚れるのは嫌なのですが、カマキリのためなら致し方ありません。

Dsc02873
カマキリを探していたら、イタリアンパセリが丸裸になっており、丸々太ったアゲハチョウの幼虫が群生している状況を発見。これらも手に取って戯れるとぷにぷにしていて非常に気持ちが良く、正しく癒されるイモムシ。

アゲハチョウの幼虫も実にコミカルで美しい蝶になるので、我が家の場合、いつも駆除できずに植物が犠牲になっています。

猫の額ほどしか無い狭小庭ですが、これらの昆虫との触れ合いが出来る私にとっての貴重なビオトープ。都心のマンション住まいだとこれらの楽しみが無いので、私は死ぬまで郊外派なのです。

2017年9月19日 (火)

台風一過の車たち

Dsc02878
3連休に大型台風が日本列島を横断という事で対策を考えていましたが、北に逸れる予報に変わったので油断していました。

カバーを掛けると風でカバーが煽られて傷が入るので、ロードスターに関してはそのままカーポートへ格納。ジムニーはカバーなど元から無いのでロードスターと並べてカーポートへ。

Dsc02880
夜中、急激に雨と風が強くなり家が揺れました。家もそうですが車は大丈夫かと思いながら夜が明けてみると、何かが飛来してきて損傷という事態は生じていませんでしたが、洗車したばかりの車体が見るも無残な姿に変化。

Dsc02893
枯葉の粉や粉じんが車体全体に広がっています。

Dsc02886
フロントガラスも真っ白。やれやれ。

Dsc02891
ジムニーも同様に全身粉じんだらけ。ボンネットには鳥の羽が乗っていました。

結局このまま放置も出来ず、台風一過で一気に32度まで気温が上昇した天候のもと、再び汗だくになりながら2台の洗車作業となりました。

夢のガレージが欲しいですね。

Dsc_5157
クロスオーバーはカバーを掛けたまま放置していましたが、左右にウエイトを吊るしておくことを忘れており、見事にこの様な状態になっていました。

吹っ飛んでいかなかっただけ良かったのですが、この状態から察するに相当傷が入ってしまったことでしょう。白なので傷が目立ち難い事がまだ救いですが。

今年もまだ幾つかの台風の襲撃を受ける恐れがありますから、次回はしっかり対策を講じようと思います。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ