Photo 5DmarkⅣ

2017年2月13日 (月)

CANONキャンペーン

0006dsc02079
突然大きな箱が届きましたが頼んだ覚えも無し。送り主はCANON?

何かと思って開封すると応募していたキャンペーングッツでした。

0002dsc02090
CS100とは何?

軽く調べてみると写真データ等を一次保管してTVで見られるHDの様な物らしい。販売もされており評価を見るとRAW画像が扱えない等、中途半端な物らしく私には不要と判断。

折角いただいたものなので活用したいのですが残念。

0001dsc02074
この迷彩のアルミトランク、造りもしっかりしておりデザインも良し。使ってみたいのですが、私の用途では登場の機会が無さそうです。

これに機材を積んで撮影に行かれる方はセミプロでしょう。私の様なアマチュアには残念ながら宝の持ち腐れ。

妙なキャッシュバックやキャンペーンを行うのであれば最初から販売価格を低減させれば良いと思うのですが、これらのグッツも販売実績に反映さて売上形状させているのかもしれません。

いずれにしても不要な物はネットオークション行きですね。

2016年12月12日 (月)

HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 vo.6

0022aj9i4398
最後は少々アート寄りに撮影してみた写真を。

0019aj9i4362

0025aj9i4492

0029aj9i4565

0032aj9i4597

0033aj9i4659

0036aj9i4752

0035aj9i4724

0039aj9i3769

0066aj9i3836

0043aj9i4820

0067aj9i4965

0044aj9i4822
今回疲れていたのか、現像してみると凝った構図の写真が一枚も無し。最近写真撮影をしていなかった事も一因かもしれません。

昨年は会心の一枚が撮れたのですが、来年また挑戦してみます。

2016年12月11日 (日)

HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 vo.5

0017aj9i4325
バイクにスポットを当ててみましょう。

0058aj9i4906
これは懐かしい、マルボロマンですね。

0061aj9i4929
ど派手なペイントに目を奪われます。

0062aj9i4933
個人的にはこのカラーが最も好みですね。

0059aj9i4912
少々オカルトチックなフレアー。

0063aj9i4935
この手のカスタムには興味が有りません。

0070aj9i4990
往年のハーレーのエンジンが飾られていました。こちらはパンヘッド。

0071aj9i4996
ナックルですね。

0077aj9i5017
ショベルヘットでお仕舞。この先のエボリューションエンジンはブロックヘッドで面白味が無いので展示も無し。

エンジンの配列を見て、何故か大正、明治、昭和という言葉が脳裏に浮かびました。

0074aj9i5006
ハーレーのエンジンも美しいのは片側だけなのですよね。片側は化粧されておらず無味焦燥。

0079aj9i5026
故障のリスクを考えると面倒臭がりの私は、到底ショベルなど所有出来ません。ぎりぎりエボリューションでしょうか。

それにしてもエンジンが絵になってしまうのは、ハーレーだけかもしれませんね。

2016年12月10日 (土)

HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 vo.4

0001aj9i4032
人にスポットを当ててみましょう。

0016aj9i4320
前回は気付かなかったのですが、コンパニオンが各所で活躍されていました。

0007aj9i4126
衣装やメイクを車に合わせている模様。

0081aj9i5034
おっと、これはモデルではありませんね。

0060aj9i4923
人が集まっている所を覗く概ねこの様な状況。実に分かり易い。

0089aj9i5115
こちらも人だかりが出来ていたので再び水着かと思いきや、有名芸能人でありました。

0090aj9i5116
お会いするのは二度目ですが、いつ見てもカッコいいですね。

2016年12月 8日 (木)

HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 vo.3

0051aj9i4875
現像してみると想定以上に様々な型の色取り取りの車両が写っており、改めてほとんどファインダー越しに車を見ていた事が分かります。

混む前に良い写真を撮ろうと焦っており、じっくり造形美を楽しむ余裕が今回無かったという事ですね。
0085aj9i5065
やはり車は視線を落として、この位の低位置から眺めると更に美しいと感じます。

0006aj9i4082


0007aj9i3703


0015aj9i4308


0021aj9i4396


0028aj9i4552


0023aj9i3747


0033aj9i3761


0037aj9i4766


0039aj9i4779
今回私が最も美しいと感じた車両。色と造形が最高です。

2016年12月 6日 (火)

HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 vo.2

0011aj9i4758
昨年12月14日の来場者は1万5000人を超えたのだとか。

早朝は当然ながらまだ空いていますが、お昼前から一気に人が増え、落ち着いて写真が撮れない状況に陥ります。

それを見込んで今回も前回同様に入場から昼まで、ほぼ4時間弱ひたすら歩きながら写真を撮り続けましたが集中力はこれが限界ですね。

0010aj9i4736
今回はタイプ名が分かりませんが、4輪むき出しの初期型フォードの様な車が多かった様に感じました。

0002aj9i3686
今年もこの中央通りに爆音全開のハーレー登場。私は興味が無いので爆音と、酷い排ガスを感じながらひたすら撮影継続。

0003aj9i3694
ナンバーが付いている所を見ると実際に走行可能なのかもしれません。

0005aj9i3714
パシフィコ横浜は広いのか狭いのかいま一つピンと来ませんが、一日で1万5000人が訪れる事が出来る事を考えれば相応の広さなのでしょう。

0006aj9i3732

0009aj9i4227

0014aj9i5035
全部見終わったかと思ったら、ショップの奥にもワーゲンのカスタム車両が勢ぞろい。

0015aj9i5086
個人的には造形美溢れるこのタイプの車が好みですね。

0016aj9i5104

0012aj9i4829
やはり局面が美しいこのマッコウクジラが最高です。

2016年12月 5日 (月)

HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 vo.1

0005aj9i3671
前回のHOT ROD SHOWは今冬開催されたものだとばかり思っていたら、一年が経過するのは実に早い物で何と昨年でした。

たまたま友人との会話の中でこの話が出て調べたところ既に前売りチケット販売中。翌日にローソンで購入しましたが前売りは500円も安いのですね。

昨年は前売りを入手していなかったためチケットを買うだけで相当並んだ記憶があったので、今回は事前に購入出来て幸運でした。

0001aj9i3652
前回は9時開場だと思って訪れたら既に8時に開場しており出遅れました。今回は8時目掛けて5時起床の5時40分自宅発。

幸い予定よりも更に一本早い急行に乗れたため、みなとみらいに7時着。備忘録のため来年も5時51分の電車で訪れようと思います。

しかしみなとみらい駅周辺も流石に7時ではナチュラルローソンしか開いておらず、昨年開いていたコーヒーショップもクローズ。唯一開いていたマックで腹ごしらえをしていざ会場へ。
0002aj9i3656_2
昨日の事のように覚えているので定刻に会場入り。いかにもというファッションの方々が大挙して会場方向に流れていました。

0003aj9i3666
HOT ROD CUSTOMという催し物の特性上、過去に改造車、改造バイクが大挙して集まってしまった対策として、パシフィコ横浜は車の入場制限、周辺はバイクの交通規制との事でしたが、駐車場は8時の時点で既に満車であり、バイクも普通に走っていました。

私もドライブがてらS660で行こうと思っていたのですが、この駐車場の件が有ったので電車にしましたが、やはり電車の方が安い上に楽ですね。

0004aj9i3667
今回は待たずに入場かと思いきや8時前から入場ゲートから長蛇の列。

結局最後尾に並ばされ、長蛇の列を蛇行しながら進み入場出来たのは8時20分。入場した頃には長蛇の列もほぼ解消されており、並ばずに8時半に入った方が利口だったかと後悔。

少々出鼻をくじかれた感が有りましたが、1DXを抱えいざ被写体探しへ。

2016年11月19日 (土)

鞄にいつもDSC-RX100Ⅲ

0001dsc04809
鞄にはいつもSONY DSC-RX100Ⅳを入れています。

ほぼ仕事利用ですが、稀に美しい景色や興味深い物を見付けた際には時折取り出して撮影しています。

DSC-RX100Ⅳは撮り方によって一眼レフと見まがう様な写真が撮影出来るので、高級一眼レフなど要らないのではないかと思う事もしばしば。

0002dsc04818
ただ、小型故についつい片手撮影になり、現像してみるとシャープになっておらずがっかりする事も多々あります。

もう少し本気モードで、しっかり立ち止まり両手固定で構図などにも拘ってみたいものです。

0003dsc04819
たまたま訪れた先で東京タワーがそびえ立っていたので一押ししてみましたが、写真だとその情景が上手く切り取れませんね。

鞄にいつも入れているコンデジですが重い荷物を少しでも減らしたいので、僅か200gのDSC-RX100Ⅳでも置いて行く事が有りますが、そんな時に限って夕日が非常に綺麗だったりするのですね。

2016年10月11日 (火)

SONY RX100Ⅳの実力

0008dsc00520
私が愛してやまないコンパクトデジカメ SONY RX100Ⅳを子供が旅行に持参しました。

高価なコンデジだと説いても、結局雑に扱われるので最後まで拒んだのですが負けました。兎に角落とさないように、濡らさないようにと注意して貸与していましたが、帰国して現像してみると改めてSONY RX100Ⅳの実力のほどが分かりました。

0001dsc00500
オニヅカ情報センターから一気に登る急斜面、上手く風景が流れて臨場感が出ています。私より子供のセンスの方が良いという証。

0004dsc00510
すばる望遠鏡の形状の違いが上手く表現されています。

0013dsc00531
PモードかAモードだと思われますが、画質、色彩共に文句無し。5DⅢと同等というようりも上かもしれません。

0017dsc00539

0022dsc00549
写真に興味など無く、日頃スマホでしか撮影してない子供でありますが、RX100Ⅳだとこれだけ美しい写真が手軽に撮影出来てしまう。

私は重い機材をリュックに抱え、子供はコンデジをポケットに入れているだけと全く相反する状況でしたが、何とも皮肉なものです。

0027dsc00558
日没後、まだ青く白む薄明かりの元、急勾配のダートを下って行くバンの状況が上手く表現されています。

手軽にスナップ撮影でき、且つ高画質撮影が可能なRX100Ⅳは改めて素晴らしいと思います。

2016年8月27日 (土)

5D MARKⅢ 互換バッテリーの品質

0002dsc00251
5D MARKⅣ発売がリリースされましたが買換える動機も余裕も無く、今回の旅行にも5DⅢを持参する事にしましたが、そろそろバッテリーの寿命が気になり始めましたので買い増しする事にしました。

しかしアマゾン価格でもCanon 純正バッテリーパック  LP-E6は1個で ¥6,980。互換品が多数ヒットした、購入したこちらの商品は2個セットで¥4,000。

0004dsc00253
【エーポケ】2個セット キャノン LP-E6 互換バッテリー EOS 6D/ EOS 5D ¥3,999

評価を見ると純正と比較して3割ほど減りが早いとの事ですが、2個セットでこの価格であればこの選択も間違いではないでしょう。

0006dsc00255
純正と刻印などが異なりますが、まず違いに気付かないほど酷似しています。

もっと安価な物も有ったのですが、粗悪バッテリーは破裂や火災が生じる危険な商品ですから、過電流保護、過充電防止、過放電防止の保護回路が内蔵されているこのバッテリーを選びました。

先日も飛行機の中でモバイルバッテリーが煙を吹いて離陸できなかった例がありますから。

0007dsc00256
保護ケースも同様ですが、充電状況を簡易表示させておく青表示は有りません。

カメラに装備しましたが今の所、問題無く作動しています。電池の減り具合は実際に使用して検証してみます。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ